【メディア】 日本経済新聞 2016年12月17日

2016年12月17日
日本経済新聞 朝刊 静岡経済面

ウイスキー樽ごと販売
ガイアフロー、予約開始
来秋から3年以上熟成

静岡市玉川地区でウイスキーを製造するガイアフローは、19日から初めてウイスキーの販売予約を受け付ける。商品が届くのは最も早くて2020年の秋。樽(たる)ごと販売し、2017年秋の樽詰めから3 年以上熟成した後、瓶詰めして届ける。
インターネットで予約を受け付ける。180リットル、110リットル、55リットルの3サイズから選ぶ。価格はそれぞれ99万9000 円、59万9000 円、29万9000 円(税抜き)。17年10〜12月に樽詰めをした後3年以降、それぞれ最長10年、7 年、5 年までの期間内で商品を届ける。
貯蔵庫への来訪や郵送で試飲し、瓶詰めの時期を決められる。同社は9月に蒸留施設建設にとりかかり、10月末から初のウイスキー製造を始めた。

media-2016-12-17-%e6%97%a5%e7%b5%8c%e6%96%b0%e8%81%9e

【メディア】SBSテレビ 「イブアイしずおか」2016年12月9日

2016年12月9日 16:45〜

SBSテレビ 「イブアイしずおか」

蒸留所で樽詰め 静岡市で初めてのウイスキー

vc-2016-12-10-01h25m59s438「静岡市の山間部、オクシズにウイスキー蒸留所が完成し、
今日、初めての樽詰め作業が行われました」
「静岡市で初めてのウイスキーの仕込み、
どうやって蒸留するのかも、見せてもらいました」

vc-2016-12-10-01h26m11s085こちらがガイアフロー静岡蒸溜所です。

vc-2016-12-10-01h26m56s274中村「これがサイロで、中に麦芽が入っています」

vc-2016-12-10-01h26m39s983水野アナ「ホントだ!つぶつぶ!
これが静岡産ウイスキーの原料になるんですね?」

vc-2016-12-10-01h27m11s919 vc-2016-12-10-01h27m37s027案内をしてくれたのは、ガイアフロー社長の中村大航さん。
大好きなウイスキーを自分で造りたいと、
静岡の山里に蒸留所をつくりました。

vc-2016-12-10-01h27m49s300 vc-2016-12-10-01h28m08s099水野アナ「うわー、これ、酵母の力ですか?
力強くて、ここまで香りが運ばれるような」

vc-2016-12-10-01h28m17s947 vc-2016-12-10-01h28m27s487中村「ええ、酵母が発酵することによって、
アルコールを造ってくれるんです」

vc-2016-12-10-01h28m39s658 vc-2016-12-10-01h29m27s090vc-2016-12-10-02h05m33s986

水野アナ「玉川の水の力も入っているんですね?」

vc-2016-12-10-01h30m42s725 vc-2016-12-10-01h30m57s147

蒸留装置の仕組みを説明してもらいました。

vc-2016-12-10-01h31m22s555 vc-2016-12-10-01h32m53s781 vc-2016-12-10-01h33m03s682 vc-2016-12-10-01h33m18s208 vc-2016-12-10-01h33m30s675 vc-2016-12-10-01h33m45s531

バルブが開けられ、蒸留が始まりました。

vc-2016-12-10-01h33m51s434 vc-2016-12-10-01h34m12s935

蒸留から54分後、出てきたのは混じり物が少ない、
ウイスキーになる原酒です。

vc-2016-12-10-01h34m26s167 vc-2016-12-10-01h34m40s628

今日はこの蒸留所で、初めての樽詰めがありました。
社長自らが、バーボンで使われた香りのある樽に
原酒を流し込んでいきます。

vc-2016-12-10-01h34m47s271 vc-2016-12-10-01h34m52s792 vc-2016-12-10-01h35m12s823 vc-2016-12-10-01h35m31s805

透明な原酒が3年をかけて、琥珀色に変わっていきます。

vc-2016-12-10-01h35m43s340 vc-2016-12-10-01h35m49s304

2020年に発売されるボトルは
『シングルモルトウイスキー静岡』
という名前にしたいということです。

vc-2016-12-10-01h35m57s881

建物の前には、蒸留に使う地元の木の薪が並んでいました。

vc-2016-12-10-01h36m05s601 vc-2016-12-10-01h36m10s265

地元の木を使うことで、林業も応援しています。

vc-2016-12-10-01h36m17s382

中村「案内つきで、中を全て見ていただくツアーをしたいと思ってます」

vc-2016-12-10-01h36m53s768

中村「たくさんの方に、静岡の玉川に来ていただきたい」

vc-2016-12-10-01h37m14s068 vc-2016-12-10-01h37m31s602

この蒸留所では、来年の春以降、見学を始める予定で
地元産の大麦でウイスキーをつくる計画もあります。

vc-2016-12-10-01h37m58s899 vc-2016-12-10-01h38m09s432 vc-2016-12-10-01h38m25s032 vc-2016-12-10-01h38m33s282

新たな玉川の賑わいの拠点となりそうです。

vc-2016-12-10-01h38m42s498

蒸留したての原酒は、青リンゴのような香りがしました。
3年後にウイスキー、そして玉川地区がどう変化していくのか、楽しみです。

【メディア】テレビ静岡「みんなのニュースしずおか」2016年12月8日

テレビ静岡「みんなのニュースしずおか」2016年12月8日

静岡発!ウイスキー工場 スコットランドから特注の蒸留器

vc-2016-12-08-20h51m16s834「静岡市の山間部に、来年の春、ウイスキー工場が本格稼働する予定です」
「この工場に海外から取り寄せた特注の蒸留器が届きました」

vc-2016-12-08-20h51m50s321海外ウイスキーの輸入販売を営むガイアフローは、
葵区の山間部、玉川地区にウイスキー工場を造り、
今年9月、静岡産ウイスキーの製造を開始しています。

vc-2016-12-08-20h51m56s477vc-2016-12-08-20h52m28s312 vc-2016-12-08-20h52m56s394今日はウイスキー生産の要である蒸留機が、2年半の歳月を経て、
海外の業者から工場に届きました。

vc-2016-12-08-20h53m14s275vc-2016-12-08-20h53m33s874 vc-2016-12-08-20h53m42s488「およそ1万キロ離れたスコットランドから来た蒸留機が、
ついにその姿を現しました!」

vc-2016-12-08-20h53m50s339vc-2016-12-08-20h54m06s612蒸留機は、ウイスキーの本場スコットランドの老舗メーカーが
製造したもので、世界中の蒸溜所から注文が相次ぐため、
日本でお目にかかることは滅多にありません。

vc-2016-12-08-20h54m20s068 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-22-24-53 vc-2016-12-08-20h55m19s858 vc-2016-12-08-20h55m31s190 vc-2016-12-08-20h55m37s285 vc-2016-12-08-20h56m15s448 vc-2016-12-08-20h56m39s562「来年の春、本格稼働した段階で、工場内を一般公開するということで、
静岡産のウイスキーがどのようにできあがるのか、
是非見てみたいですよね」
「わざわざスコットランドから蒸留機を取り寄せた訳ですから、
どんな味になるのか楽しみです」

【メディア】テレビ静岡「てっぺん静岡」2016年10月18日

テレビ静岡「てっぺん静岡」2016年10月18日

今注目のエリア オクシズ・玉川地区

この秋稼働!! ウイスキー蒸溜所

vc-2016-11-30-18h45m22s747

vc-2016-11-30-18h45m59s154

吉澤美菜アナウンサー「こんにちは。吉澤です。」

vc-2016-11-30-18h46m18s216

ウイスキー好きが高じて、蒸溜所を造ってしまったという中村さん

vc-2016-11-30-18h47m09s251 vc-2016-11-30-18h47m52s765

一足お先に中を見せていただくことに…

vc-2016-11-30-18h48m07s022 vc-2016-11-30-18h48m38s843

「この機械は何ですか??」

vc-2016-11-30-18h48m51s681 vc-2016-11-30-18h52m27s924

稼働すると麦だらけになってしまうので一般の人は入ることができないのです
こんな大きなタンクふたつで、40トンの大麦を貯蔵することができます

vc-2016-11-30-18h53m08s642

「ウイスキーは蒸留すると、最初のもろみの10%になってしまうんです」

vc-2016-11-30-18h53m17s284 vc-2016-11-30-18h53m28s487

洋酒とあってか、機械がなんだかオシャレ!

vc-2016-11-30-18h53m34s530

スコットランドから取り寄せたこの機械も
なんだかインテリアみたいですよね?

vc-2016-11-30-18h54m23s642

そして、こちらは仕込用のタンク!
麦芽の糖分とお湯を混ぜ合わせるんです。

vc-2016-11-30-18h54m37s878 vc-2016-11-30-18h54m54s669 vc-2016-11-30-18h55m22s824 vc-2016-11-30-18h55m32s694vc-2016-11-30-18h56m22s952 vc-2016-11-30-18h56m13s980

「すごい! カッコイイ!!」

vc-2016-11-30-18h56m53s226

「なんで、玉川に蒸溜所なんですか?」

vc-2016-11-30-18h57m20s117 vc-2016-11-30-18h57m26s344 vc-2016-11-30-19h02m59s250

「来てみたら、すごくいい場所でビックリしたんです!」

vc-2016-11-30-19h03m10s965 vc-2016-11-30-19h03m38s705 vc-2016-11-30-19h03m44s779 vc-2016-11-30-19h03m58s178 vc-2016-11-30-19h04m11s788 vc-2016-11-30-19h04m21s843

吉澤アナ「スコットランドのウイスキー、スコッチがありますけれども…」

vc-2016-11-30-19h04m52s143

吉澤アナ「『たまっち』になるんですか?!」

vc-2016-11-30-19h05m08s417

中村「それは思いつきませんでした(笑)採用します!」

vc-2016-11-30-19h05m20s557 vc-2016-11-30-19h05m27s005 vc-2016-11-30-19h05m46s643 vc-2016-11-30-19h06m08s138 vc-2016-11-30-19h06m16s190 vc-2016-11-30-19h06m40s875 vc-2016-11-30-19h06m49s980 vc-2016-11-30-19h07m42s454

「いま日本のウイスキーがとっても美味しくなった!って
注目されているんですけれども、とても楽しみですよね。
見てるだけでも、美味しいウイスキーができそうな自然環境!」

【メディア】朝日新聞 2016年9月16日 夕刊 一面

朝日新聞 2016年9月16日 夕刊 一面

個性派がお好きでしょ

ウイスキー 各地に小規模蒸留所

ハイボール人気やNHKの連続テレビ小説「マッサン」の影響などにより活況が続く国産ウイスキー業界で、小規模ながら個性的な味で勝負するクラフト蒸留所が注目されている。1980年代に手軽な値段で流行した「地ウイスキー」とは一線を画し、目指すは高品質の本格派。異業種からの参入も目立つ。

福島県郡山市の「笹の川酒造」は創業251年の今年、約25年ぶりの蒸留再開に向けて設備を新調した。社長の山口哲蔵さん(63)は「何年も熟成させるウイスキーには、1年ごとに時間が巡る日本酒とは異なるロマンがある」と話す。

戦後、進駐軍向けにウイスキー製造免許を取得。80年代は「チェリーウイスキー」が飛ぶように売れたが、89年の酒税法改正に伴う値上げで需要が低迷。蒸留をやめ、主に他社から買った原酒をブレンドしたウイスキーを売ってきた。

だが、「色々なウイスキーの味を楽しむ人が増え、市場が広がっている」と気づき、再開を決めた。きっかけは、国内唯一のウイスキー専業メーカー「ベンチャーウイスキー」(埼玉県秩父市)の肥土伊知郎さん(50)との出会いだ。

肥土さんはサントリーに勤務後、父の求めで家業の酒造会社に入った。日本酒や祖父が蒸留を始めたウイスキーを製造・販売していたが、業績不振で2004年に事業を譲渡することに。譲渡先は約400樽分のウイスキーの原酒の廃棄を決定。「『子供たち』が捨てられる。世に出したい」とつてをたどり、山口さんに買い取りを頼んだ。

海外で高い評価

翌年、肥土さんは笹の川酒造から「イチローズモルト」の名で600本を発売。売り切るのに2年かかったが、評判は愛好家の集うバーを中心に徐々に広まり、同じ原酒を使った別シリーズは海外のウイスキー専門誌で高く評価された。

04年には自身の会社を設立し、08年に秩父蒸留所で生産を始めた。麦を発芽させるのに一部手作業を導入するなど、小規模ならではの手作り感を大事にする。

兵庫県明石市の江井ヶ酒造は日本酒造のかたわら、1960年代にウイスキー製造免許の自社蒸留をスタート。淡路島を望む海辺に蒸留所がある。2007年から本格志向の「シングルモルトあかし」を売り出すと、愛好家を中心に反響が広がった。「海のにおいがする」とも評され、現在、年間約2万本を発売、フランスや米国へも輸出する。

社長の平石幹郎さん(65)は「各地の蒸留所のいろいろなウイスキーが話題になって、愛好家のすそ野が広がれば嬉しい」と話す。

異業種から参入

業界街から「ロマン」を求めて挑戦する人たちも。静岡市の洋酒輸入販売会社ガイアフロー社長の中村大航さん(47)は、精密部品製造会社の3代目。新規事業を探していた12年、本場スコットランドで創業7年の蒸留所を見学した。

小設備でローテクだが、そのウイスキーは日本でも話題だった。「小さなブランドでも、個性で世界展開できる」。川沿いの市有地を借り、この秋、蒸留所を始動する予定だ。

北海道厚岸町でも、東京の製菓原料輸入販売会社が秋の蒸留所稼働目指す。20年来のウイスキー愛好家という社長の樋田恵一さん(49)は「厚岸特産のカキに合う味を作りたい」。

Print

2 / 1012345...10...最後 »