【メディア】NHK静岡「たっぷり静岡」2017年3月8日

NHK静岡「たっぷり静岡」2017年3月8日18:10〜

てくてくライブ
オクシズで世界でひとつのウイスキー

vc-2017-03-09-12h30m42s941

「世界中で愛されているウイスキー。
ここ、静岡市の山あいでも
ウイスキー造りが始まりました」

vc-2017-03-09-12h31m17s429 vc-2017-03-09-12h31m25s959 vc-2017-03-09-12h32m02s576 vc-2017-03-09-12h32m19s989

吉田アナ(男性)「静岡市の山あい、玉川地区で
ウイスキーを造る蒸留所が完成しました」
秋枝アナ(女性)「すでにウイスキー造りが始まっています」

vc-2017-03-09-12h32m28s715 vc-2017-03-09-12h32m40s108 vc-2017-03-09-12h33m28s891

鈴木アナ「ウイスキーと一言で言っても、
世界中には様々なウイスキーがありますよね。
ここ、静岡市の山あいオクシズでも、
いよいよウイスキー造りが始まりました」

vc-2017-03-09-12h33m35s061

鈴木アナ「いま私がお邪魔しているのは、オシャレなバー、
ではありません。蒸留所の中なんです。こちらをご覧ください」

vc-2017-03-09-12h33m44s813 vc-2017-03-09-12h33m50s220

鈴木アナ「今まさにウイスキーを造っているところを
眺めることができるんです。
ここはウイスキーを造るだけではなくて、
ウイスキー造りを見せる蒸留所でもあるんです」

vc-2017-03-09-12h34m13s502

鈴木アナ「今日は特別に中を見せていただきます。
行きましょう!
蒸留所のいたるところに、
静岡県産の木が使われています。
すごく暖かみのある空間です」

vc-2017-03-09-12h34m35s686 vc-2017-03-09-12h34m43s019

鈴木アナ「オクシズといえば、緑が豊か、
近くに川も流れていますから、水も綺麗ということで、
ウイスキー造りに欠かせない条件が揃った場所なんです」

vc-2017-03-09-12h34m48s658 vc-2017-03-09-12h35m00s948

鈴木アナ「そして、ココ!
発酵が行われているところです」

vc-2017-03-09-12h35m21s003 vc-2017-03-09-12h36m29s945

鈴木アナ「木の桶がいくつかありますけれど
一部、静岡の杉の木が使われています。
さて、中がどうなっているのか、
今日は特別に見せていただきます。
お願いします!」

vc-2017-03-09-12h37m10s151 vc-2017-03-09-12h37m14s799 vc-2017-03-09-12h37m31s966 vc-2017-03-09-12h37m38s767

鈴木アナ「見えますか?」
吉田アナ「うわーっ、発酵してる!」
鈴木アナ「そうなんですよ。ひっきりなしに
泡が立っているのが見えるでしょう?
水と麦が酵母の力でアルコールに変わっている
その合図なんですね」

vc-2017-03-09-12h38m00s818

鈴木アナ「香りがすごく甘くて、
ピーナッツのような香ばしい香りがするんです。
一方で比べていただきたいのが、
隣の桶も見てみましょうか」

vc-2017-03-09-12h38m12s159 vc-2017-03-09-12h38m31s373 vc-2017-03-09-12h38m38s771

鈴木アナ「隣の中をご覧いただくと、
泡が立っていないのが分かるでしょう?
漬け物のような酸っぱい香りがします」

vc-2017-03-09-12h39m46s778

鈴木アナ「この桶には乳酸菌が住み着いていて、
ウイスキーをより美味しくしてくれている
とのことなんですね」

vc-2017-03-09-12h39m53s379 vc-2017-03-09-12h40m13s179

鈴木アナ「こういった香りが楽しめるのも、
ウイスキーの声が聞こえてくるようで、
とても楽しいんです」
吉田アナ「アラ、素敵な感じ」

vc-2017-03-09-12h40m55s790

鈴木アナ「発酵が終わると、いよいよ蒸留が行われます」

vc-2017-03-09-12h41m19s967

鈴木アナ「私の目の前に見えているのが、ウイスキーの蒸留機です!
今から、その近くに移動しますよ〜!」

vc-2017-03-09-12h41m26s188 vc-2017-03-09-12h41m33s235

秋枝アナ「カッコイイですね…」
吉田アナ「ドラマでよく見たカタチ…」
秋枝アナ「そうですよね…」

vc-2017-03-09-12h42m08s940

鈴木アナ「けっこう大きいでしょう?
人と比べると、大きさが分かると思うんですけれど」
秋枝アナ「鈴木さん、奥から来ましたね。
あ、比べると本当に大きいですねえ!」

vc-2017-03-09-12h42m30s936 vc-2017-03-09-12h43m08s393

鈴木アナ「この蒸留機、ウイスキーの本場、
スコットランドから取り寄せたということなんですね。
さあ、ここからは静岡のマッサンに案内していただきましょう!
中村さ〜ん、お願いしま〜す!」

vc-2017-03-09-12h43m22s133 vc-2017-03-09-12h43m49s709

鈴木アナ「静岡蒸溜所 代表の中村大航さんです」

vc-2017-03-09-12h44m23s325

鈴木アナ「4年越しのウイスキー造りが
やっと始動したということなんですけれど
いまの心持ち、いかがですか?」
中村「ようやく蒸留所が完成して、ホッとした気持ちと
これから長い時間をかけてウイスキー造りが始まるので
身が引き締まる思いもあります」
鈴木アナ「ドキドキしますよね」

vc-2017-03-09-12h44m33s216

鈴木アナ「いま、発酵しているところを見せていただいたのですが、
そのモロミがここで蒸留されていると?」
中村「そうです、ここで蒸留しています」
鈴木アナ「どんな仕組みなんですか?」

vc-2017-03-09-12h44m40s283

中村「ここに蒸留機があるんですけれど、
その一番下の膨らんでいる釜の中に
アルコールができたモロミが入っています」

vc-2017-03-09-12h44m48s147 vc-2017-03-09-12h44m56s818

中村「それを下から熱してあげることで、
アルコールが気体になって上にあがっていくんですね。
そして、横の方にパイプを通って伝わっていて
縦の太いパイプの中で、アルコールが冷却されて
液体となって出てくるというわけです」

vc-2017-03-09-12h45m07s027 vc-2017-03-09-12h45m12s062 vc-2017-03-09-12h45m16s941 vc-2017-03-09-12h45m32s932

鈴木アナ「まさに今、蒸溜したての原酒があるということで、
見せていただいてもよろしいでしょうか?」
中村「ハイ」
鈴木アナ「お願いします」

vc-2017-03-09-12h45m42s488

吉田アナ「これは貴重ですよねー」
鈴木アナ「ウイスキーの原酒って、見たことあります?」
吉田・秋枝アナ「ないです、ないです」

vc-2017-03-09-12h45m58s867

鈴木アナ「ここから流れ出ているわけなんですが、
一杯すくっていただいてもいいですか?」
花里「ハイ」

vc-2017-03-09-12h46m06s511

鈴木アナ「もうね、香りがね、
ここにくると、かなり強くなってきてますよ」

vc-2017-03-09-12h46m31s413 vc-2017-03-09-12h47m00s938 vc-2017-03-09-12h47m09s940

吉田アナ「透明なんですね!」
鈴木アナ「そう、透明なんです。
木の樽で熟成させることで、
ウイスキーの琥珀色になるんです」

vc-2017-03-09-12h47m32s400

鈴木アナ「ちょっと香りを楽しんでみますと…
すごくフルーティーな香りがしますね」

vc-2017-03-09-12h47m51s312

鈴木アナ「そして麦の香りが、すごく心地いい…」

vc-2017-03-09-12h48m25s476

鈴木アナ「これでアルコール度数は何%くらいあるんですか?」
中村「60度以上あります」

vc-2017-03-09-12h48m36s375

鈴木アナ「ちょっと…あの…ちょっとね…」
吉田アナ「イケるんじゃないですか、鈴木さん?」
秋枝アナ「ねえ、お酒好きですからね」
鈴木アナ「いい気分になるかもしれませんよ?(笑)」
吉田アナ「たしかに話せなくなったら困りますのでね(笑)」
鈴木アナ「そうです、困りますから(笑)」

vc-2017-03-09-12h49m06s806 vc-2017-03-09-12h50m27s602

鈴木アナ「いま、これ透明ですけれど
3年後はどんな味わいになればと思っていますか?」
中村「まろやかな感じがありつつも、膨らみがあって
ついつい、グラスが進んでしまうような
ずーっと飲んでいたくなるようなウイスキーに
なってほしいですね」
鈴木アナ「楽しみですね」

vc-2017-03-09-12h50m49s200

鈴木アナ「この施設、オクシズにできたわけですけれども、
どんな蒸留所になればいいと思いますか?」
中村「やっぱり、いろいろな方々に来ていただきたいですね。
全国はもちろん、全世界の方々に
この蒸留所に集まっていただけるよう、
ウイスキーを造っている静岡へ行きたい!
とみなさんにそう思っていただけるといいな、
と思っています」
鈴木アナ「新たな観光スポット、人が賑わいそうですよね」

vc-2017-03-09-12h51m04s743

鈴木アナ「完成は3年後です。
静岡のウイスキー、どんな物になるのか?
みなさん、お楽しみに!」

vc-2017-03-09-12h51m41s477vc-2017-03-09-12h51m17s277vc-2017-03-09-12h52m08s591

秋枝アナ「いやぁ、楽しみですねぇ」
吉田アナ「ウイスキーの造り方って、
たしかに飲んではいても知らないですから、
それを見られるというだけでも楽しいですし
また3年待たないと飲めないというのも、
ちょっとしたロマンを感じますね」
秋枝アナ「あのオクシズでいただくというのも、
あの自然を独り占めする感じで!」
吉田アナ「景色をツマミで!」
秋枝アナ「いいですよね!」
吉田アナ「飲みたいわ〜! 3年後か、でも(笑)」

vc-2017-03-09-12h51m59s179

秋枝アナ「今後は地元の麦を使ったり、
地元の薪を燃やして直火で蒸留を行ったりと、
オール静岡のウイスキー造りを目指していく
ということなんです。
この蒸留所の一般公開ですが、
今年夏からを予定していて、
オクシズの新たな観光の拠点としても
期待されています」