江井ヶ嶋「桜」発売に寄せて、代表 中村より

江井ヶ嶋ウイスキーのプライベートボトル第3弾「桜」を発売いたします。2013年10月の「紅葉」、2014年12月の「桐」に続く、シリーズ最新作となります。

前作「桐」は、おかげさまで大変な人気で、即日完売となりました。今回の「桜」は400本ご用意させていただきましたが、全国の酒販店様から驚くほど多くのご注文をいただき、その数分の一しかお応えできない結果となりましたことをお詫び申し上げます。

さて「桜」について、ご紹介しましょう。昨年春に江井ヶ嶋酒造を訪問した際、平石社長から「ひとつだけ変わった樽がある」とご紹介いただきました。それが今回の赤ワイン樽でした。

社長からは「詰め替えて日が浅いから、味は…?」とお聞きしましたが、とにかく貯蔵庫に出向いて、樽から直接試飲してみたのです。そうしたら、ベリーを思わせる甘さが際立つ、とても個性的で美しい味わいでした。試飲した瞬間、思わず平石社長と顔を見合わせて、ふたりで「いいですね!やりましょう!」と即決でした。ただし、年数も若く、味わいも強すぎる面もあったため、もうひと夏越すことにしたのです。とはいえ、それが味わいにどう影響するかは、その時点では全く予想がつきませんでした。

今年になって改めテイスティングしたところ、とろりとした甘みが見事に落ち着いて、タンニンを程良く楽しめるウイスキーになっていたことを確認できました。赤ワイン樽フィニッシュが、上品に実を結んだと言えるでしょう。弊社の女性スタッフ陣の評判も良く、みなさんの感想が今から楽しみです。

さて、今回はラベルも桜をテーマにデザインいたしました。筆文字は、女流書道家の岡西祐奈さんからご提供いただきました。岡西さんは、個展やパフォーマンス、作品提供など幅広く活動され、国内のみならず海外でもご活躍されています。(公式サイト http://okanishi-yuuna.com/ )

題字「桜」ですが、その形は人が疾走しているかのようなスピード感、筆運びからは力強さ、そして脆さを、さらに墨の淡さが儚さを感じさせ、まさに求めていたイメージそのものです。

最後に、この「桜」を含めた江井ヶ嶋プライベートボトルの影の立役者である福谷潤一氏をご紹介いたします。弊社がブラックアダーの総輸入元になる以前から、福谷氏には多岐に渡ってご支援をいただいておりました。氏から江井ヶ嶋酒造をご紹介いただいたことがキッカケで、最初の「紅葉」も誕生しました。元はメルシャンの営業職として、軽井沢ウイスキーを販売していたともお聞きしたことがあります。そして長年の間、ブラックアダーのロビン・トゥチェック氏をサポートされてきた方でもありました。

残念なことに、福谷氏は昨年末に急逝されました。享年48歳。弊社で打合せを元気にこなしてから、たった一週間後の出来事。早すぎる逝去でした。

故人は表舞台に立つことを良しとせず、いつも裏方として仕事の下支えをされていました。何か仕事の結果が出たときには必ず「いやぁ、ありがとうございます。中村さんのお陰ですよ」と言っていただきました。故人がそのときに見せる、自らも達成感に溢れた満足そうな笑みは忘れられません。そして、いつも続けてこう言っていただきました。

「これから面白くなりますよ!」

日本のウイスキー業界がもっともっと面白くなるよう、故人の分も合わせて精進していくことを改めてここに誓い、さらに前へと進んでいきたいと思います。

春に咲く江井ヶ嶋「桜」を、故福谷潤一氏に捧げます。

ガイアフロー株式会社
代表取締役 中村大航

写真 2015-03-28 9 07 29

江井ヶ嶋「桜」3月31日(火)発売!

こんにちは、担当Mです。

お陰様でASTAMORRISの東海道五十三次シリーズが大人気で、初見の方はほとんどがシリーズで購入されています。

ASTAMORRISの人気がこれからもっと出てくれたら嬉しいなと思っております。

しかし今日は、ASTAMORRIS人気を遥かに上回る人気の、江井ヶ嶋のご紹介です!

これ、何シリーズかお気付きの方はいらっしゃるのでしょうか?

お気付きの方はこっそり教えてくださいね♪


江井ヶ嶋 桜 赤ワインカスクフィニッシュ 3月31日(火)発売!


20150330-01

江井ヶ嶋 桜 赤ワインカスクフィニッシュ 3月31日(火)午前10時より発売!

発売の度、大盛況の江井ヶ嶋のこのシリーズ、今回はなんと赤ワインカスクフィニッシュということで、とても濃い色合いとなっております。

香り:レーズン、なめし革、オレンジピール、アーモンド、古い樽
味わい:軽い甘さの後に、穏やかな渋みと苦味がゆっくりと続く。黒蜜、かりんとう、濃い紅茶
余韻:焦げた炭の香り、柔らかい渋みがキレイに消えていく。
加水:少量の加水で、味わいに軽やかさが出てくる。
総評:甘さ控えめで程よいタンニンを楽しめる一本。

2010年7月蒸留。焼酎カスク+ホグスヘッドで3年間の熟成の後、2013年9月にカベルネフラン赤ワインカスク(フレンチオーク220L)にて1年半の後熟をしています。

※限定商品の為、数に限りがございます。ご了承ください。

東海道五十三次シリーズ第三弾

こんにちは、担当Mです。

最近、アスタモリスをシリーズで購入されるお客様が増えています!

とても嬉しいです!

第0弾のグレントファースから購入される方も多く、まだ最後まで物がないのに、早く完結させたいです(笑)

さて本日は3月15日に発売になります、第三弾のご紹介です!


東海道五十三次シリーズ 第三弾 ARDMORE 「品川」


20150315

Asta Morris for Gaiaflow Ardmore 2000/2014 52.4%

香り:とても複雑で心地よい。オレンジ・ピール。とてもエレガントなピーティーさとスモーキーさが重なり合う。幾分かのミネラルと土っぽさ。
味わい:スパイシーで、ちょっとクリーミー。とても穏やかでエレガントなピートを感じる。
余韻:複雑。フルーティーでピーティー。

アスタモリスの繊細さが際立つ一本だと思います。

複雑な味わいですが、奥に潜む香りや味わいを探して深酒・・・なんてことになりそうですね。

そんな夜もあってもいいでしょう!春だもの!

 

※ 現在WHISKY PORTでは品切れの状態で公開しておりますが、3月16日(月)午前10時に販売開始となります。

【メディア】読売新聞 2015年3月3日 朝刊 長野面

2015年3月3日(火)読売新聞 長野面 朝刊

ウイスキー蒸留設備505万で落札

御代田町が出品 静岡の洋酒輸入業者

御代田町は2日、インターネットの官公庁オークション(ヤフー)に出品していたウイスキー蒸留設備が505万で落札されたと発表した。落札したのは、静岡市の洋酒輸入業ガイアフローディスティリング。9組が入札し、100万以上の札を入れたのは酒類関連業者の2組だった。

町財政課は「想定を大きく超える金額でほっとしている」と話している。NHK連続テレビ小説「マッサン」の効果もあるようだ。

設備は、撤退を決めたメルシャンから、町が敷地、建物とともに一括して購入したもの。7年前までは軽井沢蒸留所として実際に稼働し、特に2005年製造のウイスキー「軽井沢17年」が海外でも評判を呼び、プレミアがついてボトル1本10万程度の値がつく人気だという。

ガイアフローは「設備を可能な限り保全し、酒製造に生かしたい」としている。

Print

プレスリリース「 軽井沢蒸留所 製造設備一式 落札のご報告 」

関係者各位

2015年3月2日
ガイアフロー株式会社
代表取締役 中村大航

「 軽井沢蒸留所 製造設備一式 落札のご報告 」

過日、御代田町が開催した軽井沢蒸留所の製造設備一式の競売に、ガイアフローのグループ会社であるガイアフローディスティリング株式会社が入札し、金額505万円にて落札したことをご報告いたします。

今回の落札は、歴史ある軽井沢蒸留所の設備を可能な限り保全するとともに、酒類の製造のために稼働させることを目的としています。

ジャパニーズ・ウイスキーの歴史を語る上で、欠くことのできない存在である軽井沢蒸留所の資産を引き継ぐことになりますことを、大変嬉しく感じております。

なお、現時点において、各設備をどのように取り扱うかにつきましては未定となっております。後日、各設備の状況を詳細に確認した上で検討してまいります。

また、ガイアフローディスティリング株式会社の事業の詳細につきましては、後日、発表いたします。恐れ入りますが、今暫くお待ちいただきますようお願い申し上げます。

<参考リンク>
御代田町 一般競争入札による町有財産の売払いについて
http://www.town.miyota.nagano.jp/cyousei_zaisei/zaisei/1418607716_6800.html

<ガイアフロー株式会社について>
ウイスキー&スピリッツのインポーター。日本のウイスキー市場にニューワールド・ウイスキー(5大ウイスキー以外の国で製造されたウイスキー)を紹介し、新らしいジャンルの確立を目指している。
主な取扱ブランドは、アスタモリス(ベルギー)、ブラックアダー(英国)、アムルット(インド)、ズイダム(オランダ)、ランガタン(スイス)、マックミラ、ボックス(共にスウェーデン)

<お問い合わせ先>
ガイアフロー株式会社
424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町263番地
電話: 054-355-2355 FAX: 054-355-2370
http://www.gaiaflow.co.jp/