AMRUT アムルット

インディアン・シングルモルトウイスキー

アムルット

世界最大のウイスキーの生産国および消費国であるインドにおいて、アムルットは同国初のシングルモルトとして誕生しました。

アムルットのシングルモルトウイスキーは、世界に通用するクオリティの高いインド初のシングルモルトウイスキーとして1985年から製造が開始され、20年を超える歴史があります。

「AMRUT」とは、サンスクリット語で「人生の霊酒」という意味です。アムルット蒸留所は、1948年に、ラダクリシュナ・ジャグデール氏によって、インド南部カルナータカ州の州都バンガロールで創業しました。

アムルット蒸溜所 全景

ウイスキーの蒸留所としては世界で最も高い場所である、標高920mに建設されています。南インドの熱帯性気候に属し、年間の総雨量は860ミリに達します。この清潔で緑豊かなバンガロールという気候に恵まれた土地で、素晴らしいウイスキーが熟成されています。創業以来、60年以上もの間、少ないながらも素晴らしい蒸留酒を作り続けてきました。

原料となる麦芽は、インド北西部にある、パンジャーブ地方やラジャスタン地方で栽培された六条大麦です。パンジャーブ地方のヒマラヤ山脈から流れ出た水は、サトレジ川に流れ込み、バクラナンガル・ダムから、国中に供給されています。ラジャスタン地方は、イギリスのインド統治時代の貴族が数多く住み、遺跡も多い場所です。寒い冬と暑い夏があることで、コクのある味わいを秘めた個性豊かな大麦が育っています。この大麦は、ジャイプールとデリーでモルティング(製麦)されています。麦芽はその後、アムルット蒸溜所があるインド南部のバンガロールに運ばれ、自然そのままの香りを損ねないよう、少量ずつマッシング(糖化)し、蒸溜します。

アムルットは、製造においても独自の哲学を持ち、インド製の設備を使っています。発酵においては、水冷式のカバーを付けたステンレス製の発酵槽で28度〜30度の温度に調整をしながら、ディスティラリー酵母で6日間という長い日数をかけて発酵させます。

水冷式ステンレス製発酵槽

そして、ゆっくりと時間をかけた蒸留で生み出されたウイスキーの原酒は、機械化を好まないアムルットの人々の力で、大切に育てられていきます。1989年には、蒸留酒コンサルタントのジム・スワン博士に製造工程の指導を受け、その味わいにより磨きをかけました。

再留蒸溜機

初留蒸溜機

標高920メートルを超えるバンガロールは、夏の気温が32℃、冬は12℃という年間を通じて過ごしやすい温暖な気候です。インドの田園都市とも呼ばれ、農作物も豊かに実る土地です。 高地と温暖な気候という特異な「テロワール」は、アムルット蒸留所が作り出すウイスキーの熟成に大きな影響を与えています。

ウイスキーは、樽の中で蒸散、呼吸と濃縮を繰り返すことで熟成が進み、琥珀に色づき、香りが複雑さを増していきます。スコットランドでは、その過程において樽の中のウイスキーは年間約3%がエンジェルシェアとして蒸発していきます。

このバンガロールにある蒸溜所の敷地内に貯蔵庫は建っており、この内部は熱帯のような独特な環境となっています。その中で、オーク樽に入れたウイスキーを3年以上熟成させるのです。この自然地理的な要因によって、熟成は急速に進みます。そのため、“エンジェルズ・シェア(天使の分け前)”と呼ばれる、熟成中に揮発蒸散していくウイスキーの割合は、スコットランドの約3倍の10~16%、平均で年間12%と非常に高いものとなっています。アムルット蒸留所で熟成するウイスキーは、スコットランドと比べて3倍のはやさで熟成が進むと言われています。

熟成庫

この事実は、樽の中で蒸散、呼吸と濃縮がより多くなされていることを意味し、熟成が短期間で進んでいることを示しています。「約4年で熟成がピークに差し掛かるため、それ以降は樽から染み出るタンニン質の影響を細かくチェックしていかなければならない」と、マスター・ディスティラーのスリンデル・クマール氏は語ります。

マスター・ディスティラー スリンデル・クマール氏

ウイスキーの個性を保つために、アムルットのシングルモルトウイスキーは冷却濾過をしていません。そのため、低い温度のときや、加水した際に濁りが出ることがありますが、これは伝統的なウイスキーに共通して起こることで、昔ながらの濾過方法を採るとこのような現象が起きます。

際立った環境の中で生まれるインディアン・シングル・モルト・ウイスキー。ウイスキー・バイブルの著者であるジム・マーレイ氏は「アムルット・フュージョン」を2010年の著書の中で100点満点中97点という大変な高得点を付け、その味わいを「世界第三位のウイスキー」と讃えました。その他にも、モルト・マニアックス・アワード2008にて最高賞「ノンプルスウルトラ賞」を獲得いたしました。

欧州をはじめ、アジア、北米など世界各国のウイスキー愛好家の中から熱狂的なファンを生み出し、限定品商品などは世界中であっという間に完売する「アムルット・フィーバー」と呼ばれる現象とまでなっています。

世界のウイスキー・プロフェッショナルから認められた「人生の霊酒」アムルット。その特徴的な味わいを、存分にお楽しみください。


アムルット蒸溜所の沿革

1948
アムルット蒸溜所の前身は、創業者 J.N.ラダクリシュナ氏によって設立されたアムルット研究所でした。創業者の指揮の下、アムルット蒸溜所は急ピッチで成長を遂げます。

1960年代
ラム事業に参入し、蒸溜を開始。

1970年代
ブランデー事業に参入し、蒸溜を開始。

J.N.ラダクリシュナ・ラオ・ジャグデール氏の急逝により、息子のニーラカンタ・ラオ氏が後を継ぎ、アムルット蒸溜所を国際的なブランドに育てました。

1980年代
インドの消費者の高品質な酒類を求める声に応じ、アムルットは業界トップクラスのモルトウイスキーの蒸溜を開始。

2002
これら多くのことは、ジャグデール家の次世代にあたるラクシス・ジャグデール氏によって成されました。

2004
インド初のシングルモルトウイスキー・アムルットを、スコットランドのグラスゴーにあるカフェ・インディアにて初披露。

2010
前年にリリースされたアムルット・フュージョンが、ジム・マレー著ウイスキーバイブル2011のワールドウイスキー部門にて、全世界4,000種類のウイスキーの中から世界第3位に輝く。

2016
インドで過去最長の熟成年数を誇るシングルモルトウイスキー アムルット・グリーディーエンジェル12年チェアマンズ・リザーブをリリース。

2019
新しいウイスキー蒸溜所が完成し、蒸溜を開始。


メディア掲載記事

【メディア】ウイスキー・ガロア 第7号 緊急リポート アムルット

【メディア】ウイスキー通信 No.23 アムルット蒸留所 ブランドアンバサダー アショック・チョカリンガムさんに聞く


主な商品

AMRUT INDIAN
SINGLE MALT WHISKY 46%

アムルットの最もスタンダードなシングルモルトです。インド産の六条大麦麦芽を使用しています。

AMRUT PEATED INDIAN
SINGLE MALT WHISKY 46%

アムルットのスタンダードなシングルモルトのピーテッドタイプ。スコットランド産ピーテッド麦芽を使用。

AMRUT fusion
SINGLE MALT WHISKY 50%

フュージョンという名前は、インド産麦芽とスコットランド産麦芽をブレンドしていることに由来します。
ウイスキー・バイブル2010にて、著者ジム・マーレイ氏が「世界第3位のウイスキー」と評価。

AMRUT naarangi
SINGLE MALT WHISKY 50%

オレンジの入ったシェリー樽で熟成された、世界初のシングルモルトウイスキー。

AMRUT Kadhambam
SINGLE MALT WHISKY 50%

タミル語で「融合」を意味するカダンバムは、ラム、シェリー、ブランデーの香りのする、新しいシングルモルトウイスキーです。

AMRUT SINGLE MALT WHISKY
Greedy Angels
Chairman’s Reserve 12Years Old 60%

アムルットのみならず、インドのシングルモルトウイスキーとして、12年という最長熟成年数を誇る逸品。