【イベント】モダンモルトウイスキーマーケット2018に出展します!

各地で台風の猛威が吹き荒れましたが、くれぐれもお気をつけくださいね。
静岡は、朝にも雨が降り出すなど、不安定なお天気でしたが、今はすっかり晴れ。気持ちのいい青空が広がっています。

この時期の恒例イベントといえば「モダンモルトウイスキーマーケット」!
料飲食店や酒販店など、プロの方をお招きして開催されるウイスキーイベントです。

本日は、9月7日(金)に開催されるこのイベントのお知らせです。


モダンモルトウイスキーマーケット2018に出展します!


三陽物産さまが主催する、シングルモルト中心の“プロ”向けイベント。
様々なインポーターやメーカーが出展し、世界各国、いろんな種類のウイスキーを試飲していただけます。

ガイアフローでは、おなじみの人気商品をはじめ、普段のイベントではお出しできない高級ボトルを有料(バウチャー)にてご提供!

そして今回は!!!日本未発売のNEWブランドのお披露目をいたします!
もちろん、試飲もしていただけますので、ぜひお試しください。

会場には、ブラックアダー代表ロビン氏、スウェーデンボックス蒸溜所のアンバサダーのアンドリュー氏も参加いたします!
直接質問ができる機会ですので、いろいろと聞いてみてください♪

お気に召しましたボトルがありましたら、三陽物産さまへご注文をお願いいたします。
みなさまのお越しをお待ちしています♪

【イベント】8月26日(日)第4回玉川夏祭りに出展します!

あっという間に、8月も終わりを告げようとしています。
夏を締めくくるのは、ガイアフロー静岡蒸溜所がある、地元玉川地区の夏祭り!
第4回となるこのイベントに、今年も出展いたします。

本日は、8月26日(日)第4回玉川夏祭り出展のお知らせです。


8月26日(日)第4回玉川夏祭りに出展します!


日時:2018年8月26日(日)9:30〜14:00
場所:農産物加工所玉ゆら付近にて(ガイアフロー静岡蒸溜所の斜向い)
https://goo.gl/maps/hctRnQz62RM2

公式サイト:第4回玉川夏祭り

*ガイアフロー静岡蒸溜所敷地内への立ち入りはできません。ご了承ください。

毎年開催される地元玉川の夏祭り。
地元のお野菜や、ハンドメイド品、お茶や木工品などが販売され、玉川地区のあったかい素朴な人柄を楽しめるイベントです!

今年は台風の影響があったため、あいにく川遊びはできませんが、恒例の川魚のつかみ取りもできますよ♪

捕まえたお魚は、その場ですぐ下処理をして炭火で焼いていただけます。
ほっくり焼きあがったお魚の味わいといったら最高です!!!

ご家族で、カップルで、お友達と、おひとりでも!
開催時間が短いですが、ランチを兼ねたドライブに最適です。

会場には、「玉川マルシェ」という屋台スペースもあります。
農産加工所たまゆらさんのお弁当や、おかあさんたちが作る焼きそばなど。まさに夏祭りといった感じ。

ジビエやピクルス、地元のちょっと珍しいお野菜を販売するスペースもあり、おいしいもの好きなら、ぜひいらしていただきたいイベントです。

この屋台スペースに、ガイアフロー静岡蒸溜所も出展します!
インドのアムルット蒸溜所のウイスキーや、オランダズイダム蒸溜所のジンなどを提供します。
もちろん、静岡蒸溜所で造られているニューメイクや熟成させたカスクサンプルもお持ちしますよ♪

ストレートだけじゃなく、ソーダ割りやロックもできますので、いろいろな飲み方で楽しんでくださいね。

みなさまのお越しをお待ちしています♪

**アクセス方法**

【お車の場合】
・新東名高速道路 新静岡ICより、クルマで20分。
・JR静岡駅より、タクシーまたはレンタカーで45分。
(参考)Google map:https://goo.gl/maps/2uYx9Zj5Ncr

【路線バスをご利用の場合】
・JR静岡駅より、路線バスで60分。
「静岡駅前」9番線乗り場 安倍線(118) 上落合行 「奥の原上」下車

(参考)
往路:「静岡駅前」8:06発→「奥の原上」9:06着
「静岡駅前」12:06発→「奥の原上」13:07着

復路:「奥の原上」10:41発→「静岡駅前」11:37着
「奥の原上」14:41発→「静岡駅前」15:37着

しずてつジャストラインホームページ:
https://www.justline.co.jp

主要バス乗り場案内図:
https://www.justline.co.jp/busstop/s-shizuoka/

【イベント】北海道ウイスキーフェス2018に出展いたします!

静岡フェアの興奮冷めやらぬまま、早くも8月に突入しようとしています!
今週末8月5日(日)は、北海道で初となるウイスキーイベント「北海道ウイスキーフェス2018」が開催されますよ♪

北海道ならではの魅力あふれるこのイベント。
こちらも要チェックです!!!
本日は、北海道ウイスキーフェス2018のお知らせです。


北海道ウイスキーフェス2018に出展いたします!


日時:2018年8月5日(日)11:00〜17:00
場所:ロイトン札幌3F
〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西11丁目
Google:https://goo.gl/maps/SNVWtknqxQS2

入場料:前売券のみ4,500円
*公式サイトに、チケット購入サイトのリンクがありますので、そちらからお申し込みください。

公式サイト:北海道ウイスキーフェス2018

近年各地で開催されるようになった、ウイスキーイベント。
北海道の地でも、開催されることとなりました!

ご存知のように、北海道といえば、日本有数の観光エリア。
風光明媚で、食べ物も美味しい。そして、日本のウイスキーの父竹鶴政孝氏が1934年に創業した「余市蒸溜所」がある場所。
2016年には、ガイアフロー静岡蒸溜所と同じく、「厚岸蒸溜所」も稼働しました。

初開催となる今回のイベントでは、国内外の有名メーカーをはじめ、話題のクラフトディスティラリー、インポーターや販売店等が多数出展。
そこに、ガイアフロー静岡蒸溜所も出展します!

コアなウイスキーラバーの方にも楽しんでいただける、充実のセミナーも開催。
「北海道WHISKY FES 2018記念ボトル」もリリースされるとか♪

今週も、楽しい週末になりそうですね。
そこで、ガイアフローブースで出展するボトルを一足先にご紹介します。

<ブラックアダーBLACKADDER>

ブラックアダー ブラックスネーク ヴァット No1 フォースヴェノム 59.9%
BLACKADDER BLACK SNAKE VAT No.1 FOURTH VENOM 59.9%

ブラックアダーの代表作を取り揃えました!

シェリー樽フィニッシュで人気のブラックスネーク。
蒸溜所名非公開のシングルモルトで、バーボン樽で熟成後、シェリー樽で1年間さらに熟成。樽の2/3だけボトリングして、残りの1/3に同じ蒸溜所のモルトを継ぎ足してまた熟成させてボトリング…という、一風変わった熟成方法をとる商品です。

フィニッシュをかけるシェリー樽は、オロロソやペドロヒメネスなど。それぞれナンバリングがされていて、それがバットナンバー(VAT No.)となっています。
また、何回目のボトリングなのかは、ヴェノム(VENOM)で表されているのですが、VENOM=ヘビの毒液のこと。
ブラックアダー(黒い毒ヘビ)というブランド名にふさわしい、ニヤリとする表現になっています。

今回ご用意したのは、オロロソシェリー樽の1番樽、4回目のボトリングのアイテム。
プラムや干しあんずのような、品のあるシェリー感と、ほのかなバニラやキャラメルを感じるウッディーさが癖になる味わいです。

同じ蒸溜所のモルトを使用した兄弟シリーズの、レッドスネークもお持ちしますので、こちらもお楽しみに♪

ブラックアダー ブレンデッドモルト スコッチウイスキー キメラ Cask ref:CH1-2017 46%
BLACKADDER BLENDED MALT SCOTCH WHISKY CHIMERA Cask ref:CH1-2017 46%

また、ブラックアダーでは初となる、ブレンデッドモルト「キメラ」も。
昨年、先行予約で即完売となったアイテムのニューバージョンをお持ちします!

ブラックアダーのトレードマークの毒ヘビが、美しくカラフルに描かれたデザイン。グラフィカルで目を引くラベルとなっています。

キメラとは、ライオンの頭と山羊の胴体、毒蛇の尻尾を持つギリシア神話の伝説の怪物のこと。
シングルモルトの持つ味わいを巧みにブレンドしたブレンデッドモルトを、さまざまな生物が融合した伝説の怪物になぞらえたアイテム。

パンチの強い味わいながらも、度数は46%と抑えめで、飲みやすいブレンデットモルトです。

*ブレンデッドモルト:
シングルモルトをヴァッティングしたもの。グレーンウイスキーは、含まれておりません。

ロウカスク(RAW CASK)シリーズも、もちろんございます!
まさに樽出し、最低限の濾過のみのパワフルな味わいをお楽しみいただけます。

 

<アスタモリスASTA MORRIS>

ザ ソウル ジン バッチ3 46%
The Soul Gin Batch 3 46%

ノグ! ノー オーディナリー ジン Batch No.GF001 
NOG! – No Ordinary Gin – Batch No.GF001 

ジンのシリーズ+ジンカスクでフィニッシュをかけたアイテムもお持ちします!
代表のバート氏がレシピから創り上げたジンを、モートラックの樽で9ヶ月熟成したノグ!(NOG!)。
そして日本限定の、熟成前のソウルジンは、ラベンダーの華やかな香りが魅力のバッチ3をご用意いたしました。

8月発売予定の、ノグ!のカスクで熟成させたウイスキー「グローリアス・バスタード」の新作も♪
前回は、ベンリアックをノグ!のカスクでフィニッシュしたものでしたが、今回はまた別のモルトとのこと。
ぜひ、ブースでお試しくださいね。

浮世絵ラベルで人気の東海道五十三次シリーズでは、近年ボトリングの中でも評価の高い1996年蒸留のベンネヴィスと、ペドロヒメネスのシェリー樽で熟成されたグレンバーギー
こちらも見逃せないアイテムです。

 

<アムルットAMRUT>

(写真左)アムルット シングル モルト インディアン ウイスキー 46%
AMRUT SINGLE MALT INDIAN WHISKY 46%

(写真右)アムルット トゥー・インディーズ・ラム 42.8%
Amrut Two Indies Rum 42.8%

近年特に注目が集まるインドの蒸溜所。
その中でもアムルット蒸溜所は、インドのバンガロールに位置し、標高は約900m。1980年代初頭にモルトウイスキーの生産を始め、2004年からは、シングルモルトの「アムルット」をリリースしています。

使用する麦芽にもこだわりが。アンピーテッドタイプのインディアンウイスキーには、インド産の六条大麦を使用。華やかで独特のスパイシーな味わいが魅力です。

また、夏にぴったりのラムもありますよ!
東インドと西インド諸島、ふたつのインドで造られたラムを合わせていることから名付けられたトゥー・インディーズ・ラム。

東インド 西インド諸島
アムルット バルバドス
ガイアナ
ジャマイカ

このラムで使用されたのは、サトウキビから作る天然甘味料のジャッカリー。

ジャッガリーとはインドの天然甘味料で、さとうきびの良質な成分を独自の製法で抽出したものです。
インドでは古くから愛用されており、お菓子に使われたり、栄養源としてはもちろん、内臓を綺麗にする作用があると言い伝えられています。
個性的で芳醇な甘さが特徴なので、ぜひ会場でお試しくださいね。

この機会にぜひどうぞ。

<ボックスBOX>

ボックス ダルヴィ バッチ4 46%
BOX DALVVE BATCH 04 46%

ボックス クエルクスⅠ ローバー 50.8%
BOX QuercusⅠ Robur 50.8%

ボックス アーリーデイズ バッチ002
BOX EARLY DAYS BATCH 002 51.5%

スウェーデンのカリスマ、ボックス蒸溜所。
今回は、3アイテムを出展いたします!

ボックスのフラッグシップアイテム「ダルヴィ」。スウェーデンの少数民族サーミ族の言葉で「冬」を意味する、ほんのりピーティな逸品です。

再入荷した、海外市場向けの「アーリーデイズ」も!
ダルヴィよりさらにピートを効かせ、アメリカンバーボン樽で熟成させたアイテム。バニラの甘みと、完熟の洋梨、スモーキーさが広がる絶妙なバランスの1本です。

「クエルクス ローバー」は、ボックス初のアンピーテッドアイテム。樽の材質に焦点を当てた、クエルクスシリーズ第1弾。ヨーロピアンオークで熟成させた、個性光るアイテムです。
樽熟成の面白さを体感してくださいね♪

 

<ガイアフロー静岡蒸溜所>

今回も、静岡蒸溜所で造られたニューメイクと、カスクサンプルをお持ちします!!!

先日概要が発表された、静岡プライベートカスク2019。
2019年バージョンでは、蒸留機が選べます!
そこで、その味わいの違いをいち早く知っていただくために、それぞれの蒸留機で蒸留したニューメイクをお試しいただけます♪

初留(1回目)に使用する蒸留機
蒸留機 スコットランド フォーサイス社製の薪直火で加熱する蒸留機 軽井沢蒸留所から移設した、一般的な蒸気による間接加熱の蒸留機
味わい ヘビー&スウィート
ほのかにスモーキーで、どっしりとしたコクのあるパワフルな味わい
ライト&フルーティ
フルーティで軽やか、かつ華やかな味わい

また、熟成させたカスクサンプルは、プライベートカスク2018で樽詰めされるニューメイクと同じレシピで熟成させたもの。
アンピーテッドタイプと、ピーテッドタイプをそれぞれお持ちしますよ♪

静岡プライベートカスク2019では、アンピーテッドのみとなります。
ピーテッドタイプをご希望の方は、8月31日までにお申し込みください!

静岡蒸溜所のウイスキーの熟成過程を年ごとに体感できる「プレミアムボトル・セレクション」も、2019年バージョンが6月5日から受付開始しています。
5年間かけて、静岡蒸溜所の熟成過程を1年ごとに体験できるシリーズ。

詳しくはコチラから。
プライベートカスク2018(予約締切:2018年8月31日)
プレミアムボトル・セレクション2019

みなさまのお越しを、お待ちしております♪

 

【静岡フェア】豪華メンバーによるトークショー、無料セミナーのご案内


豪華メンバーによるトークショー、無料セミナーのご案内


開催直前! 静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018情報

今年も待ちに待ったクラフトビールとウイスキーの祭典、開催が迫ってきました!
今日は無料で楽しめる&学べる、メイン会場ステージでの催しについて、ご紹介いたします!


7月28日(土)大会議室 ステージ


セミナー番号:A
日時:28日(土)13:30〜14:00
タイトル:これでバッチリ!ウイスキーの楽しみ方ABC
形式:セミナー
料金:無料
ジャンル:ウイスキー
講師:中村大航(ガイアフロー株式会社 代表取締役)


セミナー番号:B
日時:28日(土)14:30〜15:00
タイトル:そもそもビールとは何なのか?基礎知識と大まかな歴史
形式:セミナー
料金:無料
ジャンル:ビール
講師:伏見陽介 氏(クラフトビアマップ主宰)


セミナー番号:C
日時:28日(土)15:00〜15:30
タイトル:静岡が熱い!市内ビアパブ事情 May the Beer be with you.
形式:トークショー
料金:無料
ジャンル:ビール
司会:伏見陽介 氏(クラフトビアマップ主宰)
パネラー:
小島直哉 氏(Craft Beer Station)
Fredy Garcia氏 (FIESTA GARCIA)
鈴木 京 氏(HugHop)
Derrek Buston 氏 (12-twlelve)


セミナー番号:D
日時:28日(土)16:00〜16:30
タイトル:バーテンダートーク「ようこそ、BARの街 静岡へ!」
形式:トークショー
料金:無料
ジャンル:ウイスキー
司会:渡邉祥子 氏(Bar  Blue Label バーテンダー)

パネラー:
林 道良 氏(BAR REMEMBER オーナーバーテンダー)
持山政司 氏(BAR OZ オーナーバーテンダー、日本バーテンダー協会 静岡支部 前支部長)
田井中正剛 氏(Bar Le Refuge オーナーバーテンダー、Bartender’s Club Shizuoka 代表)


7月29日(日)大会議室 ステージ


セミナー番号:E
日時:29日(日)11:00〜11:30
タイトル:ビールを広めるための方法を共に考えるワークショップ
〜人生をビールに捧げる会社員〜
料金:無料
ジャンル:ビール
形式:セミナー
講師:伏見陽介 氏(クラフトビアマップ主宰)


セミナー番号:F
日時:29日(日)12:00〜12:30
タイトル:モルト女子のランチタイム☆トーク
料金:無料
ジャンル:ウイスキー
形式:トークショー
司会:砂山芽久 氏(ウイスキー文化研究所 ウイスキーフェスティバル統括)

パネラー:
吉川由美 氏(株式会社ベンチャーウイスキー アンバサダー)
平田彩子 氏(株式会社ウィスク・イー セールスデパートメント、元 目白田中屋 バイヤー)
中村美香(ガイアフローディスティリング株式会社 副社長)


セミナー番号:G
日時:29日(日)13:00〜13:30
タイトル:徹底討論!ジャパニーズウイスキーの明日はどっちだ!?
料金:無料
ジャンル:ウイスキー
形式:トークショー
司会:中村大航(ガイアフローディスティリング株式会社 代表取締役)

パネラー:
平石幹郎 氏(江井ヶ嶋酒造株式会社 代表取締役社長)
山口哲蔵 氏(笹の川酒造株式会社 代表取締役社長)
竹平考輝 氏(本坊酒造株式会社 マルス蒸溜所 信州蒸溜所所長)


セミナー番号:H
日時:29日(日)14:00〜14:30
タイトル:静岡のクラフトビールを熱くする新設ブルワリー解体新書
料金:無料
ジャンル:ビール
形式:トークショー
司会:山口紗佳 氏(ビアジャーナリスト)

パネラー:
畑 翔麻 氏(リパブリュー)
片岡哲也 氏(柿田川ブリューイング<沼津クラフト>)
西中明日翔 氏(掛川ファームブルーイング)
千葉恭広 氏(オクタゴンブリューイング)

以上、メイン会場の大会議室で開催される、トークショー&無料セミナーのお知らせでした。
気になるセミナーがありましたら、お気軽にステージ前にお集まりください!

有料セミナーも好評前売り中!!!

マニアックな有料セミナーも、絶賛前売り中です!
ビール、ウイスキー各7コマの計14コマもあります!
セミナーの詳細、事前お申込は下記のページからどうぞ。

静岡フェア2018【ビール】有料セミナー、事前申込を受付中!

静岡フェア2018【ウイスキー】有料セミナー、事前申込を受付中!

【静岡フェア】ボランティア・カメラマン募集!!!

静岡クラフトビール&ウイスキーフェア(7月28日・29日)で、イベントの模様を撮影する、カメラマンのボランティアスタッフを若干名募集します!

本イベントでは、プロカメラマンの方にたくさんの写真を撮っていただいています。
写真は、ブログに掲載するだけではなく、将来にわたる記録として、大切に保管しています。プロのカメラマンが撮影した写真は素晴らしいですが、もっといろんな光景を残したい!ということで、ボランティアカメラマンのお力もお借りしたいのです。

撮影ボランティアの方は、イベント公式カメラマンとして、会場内のあらゆる場所で撮影が可能です。特にスナップ写真や、記念写真の撮影が得意な方を歓迎します。当日撮影した写真が、ずっと後の時代までウェブやメディアに載り続けるかもしれません。
ぜひ、あなたの才能をお貸しください!

*ご提供いただいたデータは、ブログにて掲載するほか、Facebook 等SNSや広告物等に使用させていただきます。撮影機材については、ご自身で所有されているものをお使いください。機材は、以下の要件を満たしていれば問題ありません。動画の撮影が得意な方は、動画撮影もあわせてお願いします。

  • 600万画素以上のデジタル一眼レフ(メーカー不問・ミラーレス一眼も可)
  • 35mm換算28~85mm程度の標準ズーム(APS-Cの場合18-55mm等)※35mm換算で24mm~200mmの範囲をカバー出来れば、ほぼ何も問題なく撮影できます。
  • 持っていれば外付けストロボ(主に逆光対策。中型以上のクリップオンがあればOK)
  • 画素数はあまり必要としませんので、旧型でも合焦速度が速い機種の方が撮影しやすいです(一眼レフであればほぼ問題ありません)。

その他

  • データは、当日イベント終了直後、撮影した全データを無加工の状態でご提供いただきます。
  • 撮影データの著作権は、弊社に帰属しますが、撮影者様による二次使用等に制限はございません。
  • 撮影に対する報酬は一切発生いたしませんのでご了承ください。
  • 公式カメラマン認定の際には選考がございます。参考のため、ご自身が撮影されたスナップ写真などが掲載されているサイトのURL等をお知らせください。

 

撮影日時: 2018年7月28日(土)9:00〜20:00

2018年7月29日(日)9:00〜17:00

撮影内容: 静岡市民文化会館メイン会場・セミナー会場スナップ
〒420-0856 静岡県静岡市葵区駿府町2番90号
公式サイト:http://scch.shizuoka-city.or.jp/
募集人数: 2〜3名
*年齢不問。プロ/アマは問いません。
使用機材: デジタル一眼レフ
(原則ご自身の機材をお使いいただきますが、貸し出しも可能です)
撮影データ: JPGもしくはRAW
イベント終了直後にデータの複製をいただきます。
※加工・修正をしないこと。
※いただいた写真をすべて掲載すると限りませんので、ご了承ください。
募集締切: 7月17日(火)
募集方法: 下記の申し込みフォームより、お申し込みください。

ボランティア・カメラマン申し込みフォーム

みなさまのご応募、お待ちしています♪

なお、普通のボランティアスタッフさんも募集しています。
特典がありますので、ぜひご参加ください!

ボランティアスタッフ応募フォーム