プレスリリース「軽井沢ウイスキー蒸留所設備の今後の利用方針について」

2015年10月25日

関係者各位

ガイアフローディスティリング株式会社
代表取締役 中村大航

プレスリリース「軽井沢ウイスキー蒸留所設備の今後の利用方針について」

弊社が取得いたしました軽井沢蒸留所の製造設備一式につきまして、今後の具体的な利用方針が決まりましたのでお知らせいたします。

弊社が16年春の竣工を予定している静岡蒸溜所において、歴史ある軽井沢蒸留所の資産をできるかぎり再稼働させるべく、各設備ごと専門業者による詳細な現状の確認を行いました。その結果を踏まえて、今後の使用に耐えうる設備を選定いたしました。操業停止から長い年月が経過しているため、残念ながら稼働を断念せざるえない設備が多くありましたが、専門家が手を入れることによって蘇る機械もいくつかあることが分かりました。それらの設備はメンテナンスを経て、静岡蒸溜所に移設する予定です。貴重な機械を、静岡の地にて再び動かすことができますことを、とても嬉しく思います。

軽井沢ウイスキー蒸留所
メルシャンが長野県御代田町に所有していたウイスキーの蒸留所。1955年に操業を開始し、2011年11月に閉鎖となった。同蒸留所のウイスキーは、2001年にIWSC(インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション)で金賞を受賞するなど、ジャパニーズウイスキーの世界的評価を高める先駆けとなった。現在も、世界のウイスキー愛好家の間で絶大な人気を誇っている。
住所:〒389-0207 長野県御代田町馬瀬口1795-2

主な設備について
蒸留機3号機(再留釜):製造元の株式会社三宅製作所(本社:東京都台東区)にて修繕・改修の後、静岡蒸溜所へ移設し、製造に使用の予定。
蒸留機1号機・2号機(初留釜)および番号無し(再留釜):老朽化のため、使用不可能。静岡蒸溜所にて展示の予定
ポーティアス破砕機:明治機械株式会社(本社:栃木県足利市)にてオーバーホールの上、静岡蒸溜所にて製造に使用の予定
樽タガ締め機:静岡蒸溜所に移設して使用の予定
ロイター濾過器および糖化槽:老朽化のため、使用不可能
木製発酵槽 全5機:木材腐敗のため、使用不可能

搬出作業について
蒸留機の搬出は、11月17日(火)から24日(火)までの間に行います。作業の取材を希望されます場合は、弊社までご連絡をお願いします。詳しい作業スケジュールをお知らせします。

連絡先
ガイアフローディスティリング株式会社
電話:054-355-2355 担当:中村

【メディア】SAKEDORI「Cutting Edge」独占インタビュー

人とお酒をつなぐサイト SAKEDORI に、代表 中村大航のロング・インタビューが掲載されました。

洋酒業界の最前線で活躍している人々へのインタビュー特集「Cutting Edge」の第一弾として、取り上げていただきました。

静岡蒸溜所の建設予定地にて数時間かけて行われた撮影とインタビューが、前後半の2回にまとめられています。ウイスキー製造を決意した動機、ガイアフローの経緯、そして中村のウイスキーとの関わりなど、多岐に渡った内容が余すところなく収録されています。

盛りだくさんの内容ですが、ぜひご一読ください。

 

静岡蒸溜所 ガイアフローディスティリング中村大航氏 独占インタビュー
第1回 その夢のカタチ
http://www.sakedori.com/content/interview1_shizuokadistillery/
e5d605a18de60d41984305f746c03a54

 

静岡蒸溜所 ガイアフローディスティリング中村大航氏 独占インタビュー
第2回 その夢と挑戦
http://www.sakedori.com/content/interview2_shizuokadistillery/
543657b175c3dd4e6f3e6056677c9250

【メディア】2015年10月1日 玉川ローカル紙「玉川新聞」

2015年10月1日(木) 玉川ローカル紙「玉川新聞」

ウィスキー蒸留所、ついに地鎮祭!

9月16日、砂防ランドにてウィスキー蒸留所の地鎮祭が行われました。建設予定地の砂防ランド中央には蒸留所をかたどるように白いロープが地面に張られ、その中に大きなテントが立てられました。

久能山の宮司さんが式を取り仕切り、祝詞ではガイアフロー株式会社中村大航社長の想いやこれまでの経緯も奏上されました。神聖な雰囲気の中、地鎮祭は滞りなく行われました。

「ウィスキーをつくりたい、という夢を描いた時から3年経ちました。多くの人にご協力いただきながらようやくここまで来たか、という思いです。」と中村さん。狩野宏会長は「正直ほっとしてます。この広場ができて、10以上の話があったけど、どれも流れてしまった。今日を迎えられてよかった。」玉川産のウィスキー、楽しみですね。いよいよ10月から着工です!

Media-2015-10-01

静岡蒸溜所の地鎮祭を行いました

こんにちは、担当Mです。

皆様、シルバーウィークはいかが過ごされましたでしょうか?

私としては、展示会があったので、それがシルバーウィークの思い出です!

展示会レポもしたいのですが、本日は、9月16日(水)に行われた地鎮祭のレポです。


静岡蒸溜所の地鎮祭を行いました


IMG_6462

先週、9月16日(水)は臨時休業として、お休みを頂いておりましたが、実は、蒸溜所建設予定地にて地鎮祭を行っていました。

私は初めての地鎮祭でしたので、他スタッフに「神様が来るんだよ」と言われ、かなり緊張しました(笑)

150916_009

関係の方々がたくさん来てくださったのですが、なんと社長のご両親もいらしてくれました。

実はお父様が、かなり楽しみにしているみたいです!

150916_030

ロビンも来てくれましたよ!

ブルーのスーツが、派手ですが、よく似合っています!

まずは手水ですが、上手にできるかな?

前の人に倣って・・・

150916_033

上手にできたようです。

ロビンは地鎮祭は初めてだったのでしょうか。

中でもキョロキョロしたり、写メを撮ったりして楽しそうにしていました。

150916_047

ついに、地鎮祭が始まりました。

天候も不安だったため、テントを張ってテント内で行われました。

テント内は、参加している方の緊張と、全て覆われて風が入らないのとで、ちょっと暑かったです(笑)

150916_080

祝詞奏上で、神様に、ここに蒸溜所を建てます、社長はこんな人です、よろしくお願いします、のようなことを詳しくお話ししていました。

とってもスペシャルな祝詞奏上を、ありがとうございました!

祝詞奏上の独特な読み方で、ウイスキーとか、スコットランドとかカタカナの言葉を使っているので、ちょっと変な感じがしましたが、神様に全てをお伝えしなければいけないようでした。

150916_096

四方祓で、地面に敷かれた白い枠内をお祓いして、清めてくれました。

150916_124

地鎮の儀の様子です。

設計者である有限会社アド設計の相川さまは、忌鍬を。

150916_130

建築主である社長は、忌鍬を。

150916_134

施工者である株式会社ウェスト・コーストのデレックさまは、忌鋤を。

そして、おわかりだろうか・・・ロビンの興味深そうな顔(笑)

 

150916_207

一通りの儀式が終了し、社長が挨拶をしました。

ここまでやってこれたのには、色んな人との出会いがあったからで、その出会いや皆様の人柄の良さもあり輸入業も軌道に乗り、蒸溜所建設を計画することができ、これから実際に社屋が建つ、そんなお話しと、感謝の気持ちを伝えていました。

image

実は、宮司の加藤様はウイスキー好きらしく、とても楽しみにしています!と言ってくださいました。

IMG_6472

デレック氏は英語と日本語が話せるので、ロビンに式の作法を説明してくれたりしました。

 

今回のブログの写真のほとんどは、プロのカメラマンの高田 将史さんが撮影してくださいました!

私もカメラを持っていたんですが、ほとんど撮影できませんでした><。

高田 将史さん、ありがとうございました!!

 

今後は、建設の様子もたまに見に行って、少しずつご報告出来たらと思っております!

これからも、応援してくださると嬉しいです〜!