ブラックアダー・ウイスキーディナーin横浜中華街を行いました!

こんにちは、担当Mです。

先週末、ウイスキーフェスティバルがついに終わりました。

女子スタッフと、イベントの反省や愚痴(笑)を言いながら、新幹線で飲むビールが好きです!!

今日は、一週前の出来事になりますが、ブラックアダー・ウイスキーディナーin横浜のイベントレポになります。


ブラックアダー・ウイスキーディナーin横浜中華街を行いました!


IMG_6971

2015年11月21日(土)17:30〜20:00

ローズホテル横浜 10F プライベートダイニング「バレンシア」にて、重慶飯店の本格四川料理とブラックアダーの ウイスキーとのペアリングを楽しめる、「ブラックアダー・ディナー」が開催されました。

会場では既に、テーブルのセットがされていました。

IMG_7002

お料理のメニューには、提供ボトルも明記してありました。

持ち帰るのを忘れてしまったので、後悔しています。

 

パタパタと準備をして、あっという間に開場の17時半になりました。

早くから待ってくださる方もいて、早速受付を開始しました。

IMG_6972

18時には全てのお客様にお集り頂けたので、早速一番最初のウイスキーを配ってもらいました。

これら配布は全て、重慶飯店のスタッフさんがやってくださいました!

ありがとうございました。

IMG_6976

まずは弊社社長中村よりご挨拶。

ちょっと緊張しましたねえ。

IMG_6979

ロビンもご挨拶。

この日は歯が痛かったらしく、「オレンジジュースにウォッカを混ぜたもののウォッカ抜き」という名のオレンジジュースを飲んでいました。

お酒が全てのテーブルに配布され、乾杯をしました。

IMG_6991

一品目は、五種前菜の盛合わせ

ペアリングウイスキーは、A DROP OF THE IRISH UNPEATED 1996 14yo 58.2%でした。

お料理の名前一つ一つはわからないので、少しだけ紹介します。

蒸しエビでしょうか、しっかりとした身のプリンっとした食感、塩気がちょうど良く、ウイスキーとバッチリ合いました。

真ん中にあるアンモナイトのようなものは、なんとクラゲでした!コリコリの歯ごたえはそのままに、しかし柔らかーい!面白かったです(大きなクラゲ初体験)

五種の盛り合わせなので、インパクトが強すぎないドロップオブジアイリッシュでウォーミングアップといった感じでした。

IMG_7009

二品目は、海外産ロブスターとユリネ・白キクラゲの塩味炒め

ペアリングウイスキーは、RAW CASK ENGLISH WHISKY SAUTERNES CASK 2007 7yo Cask No:804 63.5%(12月発売)でした。

何と言ったら正しいのかわかりませんが、中華の塩味・・・それでプリプリのロブスターに、しっとりサクサクのユリネ、白キクラゲと野菜を、たっぷりの油で炒めてありました。

油はたっぷり使用しますが、こってりしすぎず、絶妙な塩味。

ソーテルヌカスクの甘みと若干の渋みが、塩味とマッチしました。

IMG_7015

三品目は、和牛モモ肉と舞茸のにんにく辛子炒め

ペアリングウイスキーは、BLACK SNAKE VAT5 2ND VENOM from PX Cask N/A 58.0%(12月発売)。

普段、牛肉は滅多に食べないのですが、モモ肉というので歯ごたえしっかりかな?と思いきや、牛の脂を感じないのにふわふわで驚きました。

辛さはピリ辛より上のような、でも後に残らない刺激が少しだけ舌に残ります。

ヴァット5セカンドヴェノムの酸味が辛さと合い、PXカスクから出るドライフルーツの香りがニンニクの香りを少し和らげてくれました。

IMG_7017

四品目は、中華街と言えば、お馴染みの北京ダック

全ての料理が、まず大皿で各テーブルに持ってきてくれて、お皿を見せながら料理の紹介をして、それから小皿に取り分けて持ってきてくれました。

北京ダックの場合は、こう!

IMG_7020

巻いてくれるんです!ありがたい!食べやすい!

ペアリングウイスキーは、RAW CASK TORMORE 1990 23yo 59.8%でした。

パリパリの皮が、甘いタレと共にもちもちのバオピンに包まれています。一口ではもったいなかったので、まずは小さく一口。

モチパリ〜甘〜、からの、薬味でしっかり〆!

トーモアのバターやクリーム感が甘いタレとバオピンと相性が良く、また薬味の味も邪魔をしませんでした。

北京ダックとトーモアを一口ずつ味わうごとに、香りから余韻までがひとまとまりとなり、とても気持ちの良いペアリングでした。

IMG_7027

五品目は、松茸入りフカヒレの姿煮

ペアリングウイスキーは、RAW CASK VINTAGE COGNAC BRUGEROLLE 1989 Cask No.1 60.7%でした。

とても大きくて分厚いフカヒレでしたよ〜!松茸の香りが餡に染み出ていて、口に含むと一瞬で香りが広がります。

これにコニャックって、喧嘩しないのか?と思いましたが、鼻に抜ける松茸の香りに、コニャックのきついアルコール、そして濃厚な味わい。

香りと味わいと、別の層で絶妙なマッチングをしました。

IMG_7041

六品目は、活鮑のXO醤蒸し

ペアリングウイスキーは、BLACKADDER Chichibu 5yo 2010 61.4% Vol Cask No.745 ex-Cognac Caskでした。

個人的に貝類が好きなので、鮑が食べられたのは嬉しかったです!

活鮑なので、身が分厚くて、ふんわり柔らかく、心の中で「うわー美味しいー!」と叫びました!

こちらは、実はシークレットボトルでのペアリングでした。

XO醤の濃さと貝類特有のマイルドな旨味が、コニャックカスクの甘みと、61度のアルコールでグッと引き立てられ、濃厚な味わいを楽しめました。

IMG_7055

七品目は、とび子入り蒸し餃子

ペアリングウイスキーは、STATEMENT NO.6 RAW CASK BUNNAHABHAIN 1990 22yo 54.2% Cask no.36でした。

蒸籠に入れられやってきたのは、とび子入り蒸し餃子さんでした。お好みで醤油を、とのことでしたが、この醤油がまた美味しいんですよねえ。

半透明の皮に、黄色いつぶつぶ、神秘的な造形・・・

もちろんお醤油を掛けて頂きました。

プリッ噛み切ると、皮の中にジューシーな具。少し酸味のある醤油によく合います。

ここにまろやかな口当たりのステートメントブナハーブンを合わせると、なんと見事にマッチします。

舌触りの良いウイスキーなので、具のジューシーさも邪魔せず、また時折はじけるとび子がプチプチと気持ち良い食感でした。

IMG_7062

八品目、最後のお料理は海鮮入りチャーハン

ペアリングウイスキーは、またまたシークレットで、ロビンの本当に個人的なコレクションから、RAW CASK STATEMENT GLEN ESK 1983 28yo 54.6%を持参してくれました。

海鮮入りということで、エビやカニが入っていましたが、なんでチャーハンに入ってるカニってあんなに美味しいんでしょう・・・大好き・・・

グレンエスクは、28年という長熟に加え、リフィルシェリーバットということもあり、安定した美味しさがありました。

〆のチャーハンに、 すわりの良いウイスキー、ほっとする味わいでした。

IMG_7100

デザートに、黒ごまプリンとお茶が出されました。

冷たすぎず、控えめな甘さ、そこに熱すぎない、飲みやすい温度のお茶を流し込むと、ここまでの刺激的な食事とウイスキーを、すっと落ち着かせてくれるような、身も心も和むデザートでした。

 

お料理の紹介ばかりでしたが、会の様子も紹介いたします。

IMG_7013

ペアリングウイスキーは、ロビンが一本ずつ説明してくれました。

ボトルやラインの説明もしてくれて、正直、私も初めて知ったこともありました…

でも、それは会場にいるほとんどの方が同じでしょうし、ブラックアダーファンとしては、とても嬉しい情報だったと思います。

IMG_7070

一番最後のシークレットボトルで出してくれた、ステートメントグレンエスクは、ロビンが一人一人に注いで回りました。

「ストップって言ってね」と優しいロビン。女性には若干多めに注ぎます(笑)

IMG_7044

弊社社長も、テーブルでお客様にお酒の説明をしたり、談笑したりしていました。

3テーブルありましたが、皆さん笑顔で、お食事やウイスキーについて語り合っていました。

Chichibuが出たときは、「これ買えなかったよね〜」なんて、近くの方と意気投合したり。

IMG_7081

実は今回、抽選会によるプレゼント当選もありました。

受付の際に番号を書いた札をお渡しして、ロビンが抽選する・・・何番かな〜というロビンのムフフ顔です(笑)

当たった3名の方、おめでとうございました!

IMG_7065

この日、代表取締役の李 宏道さんが来てくれました。

ウイスキーも楽しんで頂いたようですし、何よりロビンや同席の方への配慮が素晴らしかったです。

ありがとうございました。

IMG_7098

そして、一番お礼を言いたいのは、お料理を作ってくださった料理長さんです!

美味しいお食事をありがとうございました!!

 

会全体のまとめとしては、正直100点!本当に楽しんで頂けたと思います。

美味しいお料理はもちろん、ロビンの選んだペアリングもバッチリ合っていて、ロビン直々にボトル説明もあり、先述の通り私も知らないことまでお話ししてくれました。

会場は次の予約があったのですが、別のお部屋を用意してくださり、お時間に余裕のある方はそちらでもう少しだけ、ロビンや参加者さんたちとお話しを続けていました。

イベントを開催して、カメラを持っているとき、いつも思うのですが、皆様の笑顔が撮れると、弊社のカメラマンになってよかったなーと思います。

ブログ用にはモザイクをかけていますが、皆様の笑顔をたくさん撮りましたよ〜!

 

今回参加出来なかった方には、ぜひ次回参加して頂きたいです!

とはいえ、まだ決まっていませんが・・・

ロビンは、日本食をみんなで食べたい!と言っていたので、またやりたいという気持ちは十分あるようです(笑)

参加してくださった方、ローズホテル並びに会場スタッフの方、お料理を作ってくださった方、ありがとうございました!!

 

そして最後に、私と同じテーブルだった方、何度も中座してしまい申し訳ありませんでした。それでも、いいよいいよ、と一緒にお話しして、お酒を飲んでくださりありがとうございました。

私もそういう優しい人間になりたい!なります!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

11月新商品のご紹介:ブラックアダー、アスタモリス、アムルット

こんにちは、担当Mです。

先週はブラックアダー×重慶飯店ディナーありがとうございました!

レポートは・・・ら、来週で・・・(汗)

遅くなりましたが、本日は11月新商品の紹介を紹介したいと思います。


11月新商品のご紹介:ブラックアダー、アスタモリス、アムルット


20151119-01

今月は、なんと9本発売となりました!

まずは、ブラックアダーから紹介します。

1_000000000721

BLACKADDER BLACK SNAKE VAT3 SECOND VENOM N/A 57.3%

言わずと知れた人気商品、ブラックスネークのヴァット3 セカンドヴェノムが登場。

ナッツや樽、ヨードと湿気を帯びた香り。
口に含むと、複雑なビターから甘みへなめらかに変化します。

 

1_000000000720

BLACKADDER RAW CASK INVERGORDON SINGLE GRAIN SCOTCH WHISKY 1984 30yo Cask ref:11185 64.3%

こちらは初登場、グレーンウイスキーです。

ウッディ、ダークチョコレートのような香り。
アルコールのパンチが強いが、穀物感なめらかな口当たり。
穀物の甘みと、胡椒のようなピリピリする刺激が続きます。

 

1_000000000710

BLACKADDER RAW CASK ENGLISH SINGLE MALT WHISKY MOSCATEL WINE CASK 2007 7yo Cask No.794 63.2%

イングリッシュウイスキーが初登場、ENGLISH WHISKY COのボトラー物になります。

モスカテルカスクでの熟成。
柑橘・チョコレート・レーズンのドライな香り。
塩気を帯びたビターな味わいと余韻が特徴的です。

 

1_000000000711

BLACKADDER RAW CASK PEATED ENGLISH SINGLE MALT WHISKY MOSCATEL WINE CASK 2007 7yo Cask No.789 63.4%

ピーティーな原酒を、モスカテルカスクで熟成。
干し草やドライアプリコットに似た香りと味わい。
強めの甘みと苦みがバランスよく感じられます。

 

続いては、アスタモリスです。

1_0000000007362_000000000736

Asta Morris for Gaiaflow Caperdonich “Kusatsu” 20yo 1995/2015 48.0%

ブランド、シリーズともに人気がグングン上がってきました。
東海道五十三次シリーズ、今回は「草津」です。

香り:石灰などミネラル、さっぱりとしていて、白桃、ほんのりとハーブが感じられ、時間とともに開いていく。
味わい:ピリッとして、多少ドライではあるが、白桃や麦芽の甘み、リコリス。
余韻:やや長めで、麦芽の甘み、白桃、バナナやシトラスが続いていく。(バート・ブラネル氏)

 

1_000000000738

Asta Morris Glenburgie by SIGNATORY 1995 19yo Cask No.6475 50.5%

またまたやってきました、アスタモリス by シグナトリー
入荷本数が少なく、今日の時点で既に在庫が10本以下となっております。

強かなモルトに、フルーティーさとクリーミーさがとても口当たりが良く
スペイサイドらしい味わいです。

 

1_000000000734

Asta Morris The Soul Gin Batch 2 46%

ジンフリークを沸かせたソウルジンのバッチ2が登場。
ボタニカルを、ほんのわずかに変更しました。
この繊細さはアスタモリスにしか産み出せない味わいです。

 

最後に、アムルットより、またまた驚きの商品が登場です。

1_000000000737

AMRUT NAARANGI SINGLE MALT WHISKY 50%

EUでは、こう規定されているそうです。
「ウイスキーに何か添加すると、それはウイスキーではない」
つまり、このウイスキーにはオレンジは入っていません。

ナーランジの製造には、スペイン産オロロソシェリーにオレンジピールを入れ、3年間熟成させます。そして、このオレンジの風味がついた樽にシングルモルトウイスキーを詰め、更に3年間熟成させました。

このようにしてアムルットは、規定に触れることなく、オレンジウイスキーの製造に成功しました。アムルットの挑戦はいつまでも続くでしょう!

 

以上の商品が、11月19日に発売となりました。

また、今週末に行われるWhisky Festival 2015 in Tokyoにて試飲可能です。

イベント参加について公開したこちらの記事では、他にも紹介されているボトルがありますが、そちらは来月以降の発売となりますので、いずれ本ブログで順次ご紹介していきます。

来月の発売に併せてクリスマスラッピングも開始予定なので、クリスマスに贈るウイスキーを、ぜひ会場でお試しくださいませ♪

【メディア】ウイスキー専門誌 Whisky World 2015 DECEMBER 特集記事

ウイスキー専門誌 Whisky World 2015 DECEMBER 特集記事に掲載されました。

今号の特集は「日本にクラフトディスティラリー時代がやって来た」
その冒頭で、見開き4ページの記事で取り上げていただいています。

取材当日は、世界中の蒸留所を訪問しているウイスキー評論家の土屋守氏が、建設の始まった静岡蒸溜所を訪れました。周辺の様子も含めて、現地を子細に見て回り、「茶畑と蒸留所が一緒に見えるのは、ここだけだろう」と驚かれていました。

記事では、中村がウイスキー造りを志したきっかけや、インポーターを始めた経緯、静岡蒸溜所がどんなものになるのか、などをご紹介しています。

Whisky World 2015 DECEMBER は、11月29日のウイスキーフェスティバル東京を皮切りに発売されます。どうぞお楽しみに。

ウイスキーワールド 公式サイト
http://yumedia-net.co.jp/whisky-world

 

12250073_1099502310061137_4013544354441286652_n

ww16-17

ww18-19

【メディア】雑誌 BARATEE vol.3 特集インタビュー

雑誌 BARATEE vol.3 に、弊社代表 中村のインタビューが掲載されました。

BARATEE は、「大人をちょっとだけ楽しく暮らすためのワンテーママガジン」をコンセプトに静岡で編集・発行されている雑誌です。

11月20日に発売された今号の特集テーマは
「イマジン 10人のイマジンが、創り出す今。」

映画『ラストナイツ』の紀里谷和明監督を先頭に、10人のインタビューが掲載されている中、中村はウイスキー×イマジンとして9人目で登場しています。

取材は、静岡蒸溜所の建設工事が始まる前に行われ、まだ何も無かった更地の真ん中にイスを並べてインタビューが進みました。

ウイスキーに詳しいインタビュアーの方が来てくださり、ウイスキー製造に取り組むことを決意した経緯や、静岡蒸溜所が実現するに至ったいきさつ、夢だったヴィジョンがなぜ実現に向けて動き出すことができたのか、などを語っています。

静岡の戸田書店および丸善ほか、いくつかの店舗で購入することができます。
その他の販売店および通販は、下記のリンクをご覧ください。
http://baratee.jp/#buy

バラッティ 公式サイト
http://baratee.jp/

BARATEE-Vol3

BARATEE-Vol3-1-2

BARATEE-3-Taiko-Nakamura

11月末開催イベントのお知らせ

11月も終わりに近づき、だんだん寒さも増してきた今日この頃。
ウイスキーを楽しむのには、よりいっそういい気候になってきたのではないでしょうか?
そんななか、以下のイベントが開催されます!

11月28日(土) 長野屋試飲会 in 西麻布
http://www.nagano-ya.com/shopdetail/000000001248/004/X/page1/order/

11月29日(日) Whisky Festival 2015 in 東京
http://whiskyfestival.jp

11月30日(月) THE MASH TUN TOKYO in 目黒
https://www.facebook.com/events/459382000907375/

 

12243106_1235973909761570_4062674969429450767_n

<THE MASH TUN TOKYO in 目黒>

【日時】11月30日(月) 20:00〜22:30
【場所】THE MASH TUN TOKYO
    東京都品川区上大崎2−14−3 三笠ビルB棟2階
    https://goo.gl/PBf24j
「バートさん、ロビンさん、中村さんとゆるく飲む会」と銘打ってイベントを企画していただきました。
アスタモリス代表バート・ブラネル氏、ブラックアダー代表ロビン・トゥチェック氏、そして弊社社長中村と語らいながら、ウイスキーをお楽しみいただけます。
この機会に気になっていたアスタモリス、ブラックアダー両ブランドのボトルをお試しになってみたらいかがでしょうか?
リリース前の商品もお試しいただけるのでお楽しみに!

 

 

 

0000000012482

<長野屋試飲会 in 西麻布>

【日時】11月28日(土) 13:30〜17:00
【場所】GOBLIN(ゴブリン)、 BOSTOK(ボストーク)
    *当日の受付はGOBLIN(ゴブリン)にて行います。
    GOBLIN http://www.goblin.co.jp
    BOSTOK  http://bar-boctok.com

*** 本イベントのチケットは完売しております ***

シャンパーニュを広めようと始まったこのイベント、今回16回目を迎えました。
16社の生産者やインポーターが集結し、100種類以上のお酒を試飲することができます。
西麻布の2カ所の飲食店をグラスを持って回る、という一風変わった趣向になっています。
弊社も新商品のウイスキーに加え、ジンやコニャックなどもご用意し、みなさんをお待ちしております!

 

img_main_2nd
<Whisky Festival 2015 in 東京>

【日時】11月29日(日) 11:00〜18:00
【場所】ホテルイースト21東京 1F 「イースト21ホール」
    http://www.hotel-east21.co.jp/

言わずと知れた一大展示試飲イベントです!
弊社ブースでは、話題のブラックアダーのイングリッシュウイスキーやアスタモリスのウイスキー樽で熟成されたジンなど様々なボトルを揃えました。
ブラックアダーのジャパニーズの第二弾の発表もありますのでお楽しみに!
ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

スペシャルセミナーでは、弊社社長中村が16:30〜17:30の時間帯で「日本のクラフトウイスキー、そして静岡蒸溜所」というセミナーを開催いたします。
*** チケット完売のためキャンセル待ちとなっております ***

主な出展ボトルはこちら。
BLACKADDER
RAW CASK ENGLISH WHISKY MOSCATEL CASK No:794 7yo 2007
RAW CASK PEATED ENGLISH WHISKY MOSCATEL CASK No:789 7yo 2007
RAW CASK ENGLISH WHISKY SAUTERNES CASK No:804 7yo 2007
BLACK SNAKE VAT 3 2ND VENOM from Ororoso Cask N/A
BLACK SNAKE VAT 5 2ND VENOM from PX Cask N/A
RAW CASK INVERGORDON SINGLE GRAIN 1984 30yo Cask ref:11185
RAW CASK DAILUAINE 1996 19yo Cask no 7538
RAW CASK GLEN MORAY 2001 13yo Cask ref:6752
ABERDEEN AUCHROISK SINGLE MALT 2009 6yo Cask ref:ABD1014
ABERDEEN CRAIGELLACHIE SINGLE MALT 2008 6yo Cask ref:ABD1018

ASTA MORRIS
Caperdonich 20yo 1995/2015 草津
Glen Moray 10yo 2005/2015 神奈川
ASTA MORRIS Gin SOUL Batch 2
NOG! – No Ordinary Gin

AMRUT
Amrut naarangi