【メディア】テレビ東京「モーニングサテライト」2017年7月5日

テレビ東京「モーニングサテライト」
2017年7月5日05:45〜07:05

ウイスキー業界期待の小規模蒸溜所
vc-2017-07-07-00h12m47s290

「今日本でクラフトビールならぬクラフトウイスキーを製造する小規模な蒸溜所が次々と誕生しています。」
「異業種からも新規参入。ビジネスチャンスを狙っています。」

vc-2017-07-07-00h16m46s665

「日本のウイスキーの事情でいうと、1989年に酒税が改正されたことによって、それまで級別でウイスキーのクラスが決まっていたのが、廃止されたことによって税率が一律になると。」

vc-2017-07-07-00h16m58s742 vc-2017-07-07-00h17m09s405 vc-2017-07-07-00h17m15s539 vc-2017-07-07-00h17m22s871

「小さい蒸溜所が作っていたウイスキーは、おのずとメリットがなくなってしまって、自然淘汰的に減っていってしまって。」

vc-2017-07-07-00h17m43s617

ウイスキーの消費量は、2008年にはピーク時の5分の1までに落ち込みましたが、ハイボールブームや連続ドラマなどによって回復。逆に製造が追いつかないという事態に陥っているのです。

vc-2017-07-07-00h17m55s512 vc-2017-07-07-00h18m02s992

今、新たなビジネスチャンスと、全国にクラフトウイスキーの蒸留所が立ち上がりました。

vc-2017-07-07-00h18m33s802 vc-2017-07-07-00h18m39s703 vc-2017-07-07-00h18m50s067

静岡市の中心部から、北へおよそ20キロ進んだ山あいにある、ガイアフロー静岡蒸溜所。

vc-2017-07-07-00h34m27s505

林業が盛んなこの土地で、地元の木材を建物の内装や設備の部材に用いています。

vc-2017-07-07-00h34m59s850 vc-2017-07-07-00h35m07s201 vc-2017-07-07-00h35m14s199 vc-2017-07-07-00h35m23s710

「ここはですね、実はウイスキーに、ウイスキーの製造においてとてもこう、向いている場所だったんですね。おいしい水が豊富にあること、空気がきれいで、そして自然が豊かであること。樽が熟成するのに、空気がきれいである必要があるからですね。」

vc-2017-07-07-00h35m30s361

中村さんは、かつて精密部品メーカーの経営者でした。

vc-2017-07-07-00h35m42s745

ウイスキーづくりに魅せられて、社長の座を捨て、去年、ウイスキー製造に乗り出したのです。

vc-2017-07-07-00h35m51s912

「例えば日本酒だともう、1,300以上の酒蔵が日本全国であります。で、それに対してウイスキーの蒸留所っていうのは、ほんとに両手で足りるくらいしかなかったわけです。」

vc-2017-07-07-00h36m11s737 vc-2017-07-07-00h36m17s808

「ウイスキーをつくるっていうこと自体が、実はこれからの日本でひとつの永続的なビジネスの可能性としてあるんじゃないかということに気がついたんですね。」

vc-2017-07-07-00h36m24s435 vc-2017-07-07-00h36m56s399 vc-2017-07-07-00h37m02s719

蒸溜所の建設に6億円を投じ、去年10月にウイスキーの製造を始めましたが、飲める状態になるには最低でも3年寝かせる必要があります。

vc-2017-07-07-00h37m10s942 vc-2017-07-07-00h37m31s946

ガイアフローは、ウイスキーをつくる前から予約販売をすることで運転資金を調達しました。

vc-2017-07-07-00h37m39s491 vc-2017-07-07-00h37m45s651

今年秋に製造予定のウイスキーを、事前に樽ごと販売する制度で、価格は一番小さい55リットルの樽でおよそ323,000円。3年寝かせた後、瓶詰めして購入した人に届けます。

vc-2017-07-07-00h39m21s098

「昨年の12月に1回目の予約の受付をしたんですけれども、その時でだいたい150樽以上ご用意をしてたんですが、ほぼ1日で完売と。」

vc-2017-07-07-00h39m41s454 vc-2017-07-07-00h39m55s288

同じ静岡県内でスーパーを営む経営者は、ウイスキーを事前購入した一人です。

「初めて静岡でつくられるウイスキーということで、私も地元で作っているお酒の味を知りたいというのが1番の理由です。」

vc-2017-07-07-00h40m59s557 vc-2017-07-07-00h41m05s249

国内市場は、サントリーとニッカでシェア9割を占める中、どう勝負していくのでしょうか?

vc-2017-07-07-00h41m27s666 vc-2017-07-07-00h41m37s097 vc-2017-07-07-00h41m41s428 vc-2017-07-07-00h41m54s271

「いかに安くつくるか、大量につくるかとういうことでビジネスを成り立たせようという人たちはたくさんいます。で、そうではなくて、いかに人間が手間暇かけてつくっているか、他と違う味わい、まぁそんなに量はできないにしても特徴のあるものっていうのをつくりたい。」

vc-2017-07-07-00h42m13s784 vc-2017-07-07-00h42m24s360

「グラフをご覧いただきたいんですが、国産ウイスキーの輸出、急増しているんですね。2005年におよそ9億円にまで落ち込んでいたんですけれども、去年はおよそ108億円と、およそ12倍に増加しているということで、この小さな蒸溜所が、世界で名だたるブランドになるのかどうかというあたり、注目ですね。」

vc-2017-07-07-00h42m49s326

「昔に比べてなんていうんですか、輸出というのも随分としやすくなるというのも変ですけれども、メイドインジャパンという意味でいいですよね、ウイスキーも。」
「そうですよね〜。で、またインターネットとかそういったものを活用すれば認知度も。」

vc-2017-07-07-00h43m02s064

「やはり情報がもう、とにかく小規模でもですね、あらゆる情報が駆使できるというメリットが生かせるっていうことだと思いますね。」