【静岡フェア】出展ブース紹介☆ウイスキーその2

静岡フェア出展ブース紹介、4日目となりまして、ビール、ウイスキー、ビール、ときて、そう、またウイスキーのご紹介です。

お酒のブース紹介は、これで最後になります。

開催日までに、何度も読み返して、狙いを定めてください!

もちろん、私はすでに決まってます♡


【静岡フェア】出展ブース紹介☆ウイスキーその2


【HOROMATA EXPORTS(NZ)LIMITED(ニュージーランド)】

初参加、HOROMATA EXPORTS(NZ)LIMITEDさん。
社名を見てわかる通り、ニュージーランドの商品を輸入しています。

HOROMATAホロマタ、なんだか一見、日本語のようにも思いますが、これはニュージーランドの原住民マオリ族の言葉で、PURE=純粋、と表すそうです。
ニュージーランド産のワイン、ウイスキー、ビールにジンまで、様々なお酒を輸入販売していらっしゃいます。

CEOである宮﨑和男さんは、観光で訪れたニュージーランドがとっても好きになってしまって、移住、それからビジネスをはじめてしまったそう。
ニュージーランドが好きだから住む、ニュージーランドのお酒の品質が良かったから日本に輸入する。
シンプルだけど、愛のある企業であることがわかります。

初日の28日(土)には、代表の酒詰(さかづめ)智史 氏によるセミナーも開催いたします。
ニュージーランドでウイスキー?という疑問を解き明かすお話を、歴史背景も織り交ぜながら聞くことができますよ。

セミナーの試飲アイテムは、日本未入荷のものも。
25年もののニュージーランドウイスキーもあるそうですよ♪

セミナーのお申し込みはコチラから。
HOROMATA EXPORTS(NZ)LIMITED酒詰智史 氏「ニュージーランドウイスキーの歴史とトムソンウイスキー」

【ウィスク・イー(東京都千代田区)】

ビール好きさんはもちろんご存知、スコットランドの「ブリュードッグ」や、デンマークの「ミッケラー」。
こちらを輸入しているのがウィスク・イーさんです。
と言っても、会社名にある通り、元々はウイスキーの輸入販売から始まりました。

1995年、日本におけるアラン蒸溜所の東京インフォメーションセンターとして始まりました。その後、アラン蒸溜所のウイスキーや、スプリングバンク、ベンリアック、などなど、スコッチ好きにはおなじみのウイスキーを数多く輸入販売しています。

近頃、国内外で盛り上がっているクラフトジンのジャンルでは、京都蒸溜所の「季の美」の販売代理店でもあります。
ロンドンドライジンのスタイルに、和の要素が加わり、上品で香り高い味わいが魅力的です。

『ビールは知っていたけど…』という方は是非、この機会にウィスク・イーさんのウイスキーのことも知ってください!
ウイスキー好きはもちろん、お好みのスコッチをお楽しみください♡

 

【信濃屋(SHINANOYA)(東京都世田谷区)】

ウイスキーの販売だけでなく、インポーターとしても活躍する信濃屋さん。
オフィシャル、ボトラーズ、多くのブランドを取り扱っていて、家飲み派さんは、一度は利用したことがあるはずです。

信濃屋さんといえば、プライベートボトルの多さ!
超有名RPGや、日本を代表する怪獣などなどなど、今までにないコラボレーションを実現しています☆
思わず手に取ってしまうような、魅力的なラベルのプライベートボトリングの数々。
そして当然のことながら、見た目だけではなく、味わいも折り紙つき。

そんな魅力的なウイスキーを選んでいるのが、スピリッツバイヤーの北梶氏。
世界中を飛び回り、素晴らしいカスクを選定。
信濃屋さんとしてのプライベートボトルはもちろん、バーやイベントなどでコラボレーションボトルとしてリリースされています。

北梶さんの確かな知識と、豊富な経験によって厳選されたカスク数々は、常に注目の的です。
当日は、その北梶さんもブースに立って、自慢のウイスキーを紹介してくださいます。
お楽しみに!!

 

【スコッチモルト販売(東京都板橋区)】

初出展となる「スコッチモルト販売」さん。
実にわかりやすいお名前〜!
そう、その名の通り、スコッチウイスキーをはじめとするウイスキーやスピリッツなどを販売していて、オリジナルのボトリングもしているインポーターさんです。

スコッチモルト販売さんの運営する通販サイト「saketry」。
こちらは利用したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

saketry=サケトライ=酒 トライ、
ということで、お酒のボトルをいきなり買うのではなく、いろいろなサンプルボトルを購入し、お試ししてから、ボトルを購入するというかたちを勧めている通販サイトです。
新しい商品を購入するときは、ちょっと覚悟が必要です。
そんな時、お手頃価格でまずはお試しができたなら。
決して安いとは言えないお酒ですから、お試しして、美味しい!の発見があったら、こんなに嬉しいことはないですよね。
その「saketry」を運営しているのが、スコッチモルト販売さんなのです!

中でも人気なのは、1800年代に創業、そして廃墟となったが再生したウルフバーン、そしてコーヴァルではないでしょうか。
コーヴァルはシカゴにある蒸溜所。
近頃は、静岡市内のバーでも、コーヴァルのクラフトジンを取り扱っているところもありますよ。

当日は、コーヴァル専属のバーテンダー マイケル・マッターズバーガーさんがいらしてくださいます!
コーヴァルの美味しい飲み方を、教えてくれるはず♡
もちろんスコッチやウイスキーもたっぷりありますので、ぜひtryしてみてください♪

 

【ブルックラディ蒸溜所(スコットランド・アイラ島)】

ブルックラディ蒸溜所といえば、スコットランドはアイラ島にあります、超有名&超絶人気の蒸溜所・・・!!

設立されたのは、1881年。長い歴史を持つ蒸溜所です。
その歴史の中では、もちろん順調なことばかりではなく、多くの蒸溜所がそうであるように、生産の停止や、閉鎖もありました。
2001年に生産を再開し、現在は、フランスの大手飲料メーカーであるレミー・コアントロー社の所有となっています。
今回は、そのレミー・コアントローさんが、人気ボトルを持ってご参加くださいます。

ブルックラディ蒸溜所のオフィシャルボトルといえば、鮮やかなカラーリングの、現代的なデザイン。一見、流行りのクラフトジンのような派手なデザインですが、見た目だけではありません。

アイラ島では珍しい、アンピーテッドタイプのウイスキー。複雑で華やか、フローラルな味わいが魅力です。スコットランドの、そしてアイラ島のテロワールを重視し、蒸留から熟成、瓶詰めに至るまで、全てアイラ島で行なっています。

2013年からは、「スコティッシュ・バーレイ」「アイラ・バーレイ」という、原料の麦芽の生産地を限定したシリーズもリリースされています。
収穫された年や、土地によってウイスキーの味わいが変化することから、毎年楽しみにしているファンも多くいます。

他にも、ブルックラディ蒸溜所では、ポートシャーロットやオクトモアというモルトも製造しています。
こちらも、オフィシャルのボトルはかなりおしゃれなデザインとなっています。
ブースもおしゃれで、当日は一際目を引く存在感となる予感です!!
お飲み逃しなく・・・☆

*当日は、レミー・コアントロー社の方が、商品の提供をいたします。

 

【ウイスキーラバーズ名古屋実行委員会】

静岡はもちろんのこと、世界各地、日本でも様々な場所でウイスキーの祭典は開催されています。
愛知県名古屋市で、2017年より開催されているのが、「ウイスキーラバーズ名古屋」。
 
ウイスキーラバーによる
ウイスキーラバーがつくる
ウイスキーラバーの祭典
 
こちらをコンセプトに、人と人、人とウイスキー、新しい発見と出会いに満ちたウイスキーイベントを目指しているとのこと。
名古屋市内だけではなく、東海地区や関西、関東、日本中からたくさんのウイスキーラバーが集います。
 
イベントを運営しているのは、バーテンダーをはじめとした、ウイスキーを愛する有志のみなさん。
「ウイスキーラバーズ名古屋実行委員会」として、各地のイベントでもPRをしています。
 
そんな実行委員会の方々が、静岡にもいらっしゃいます!
当日試飲いただけるのは、ウイスキーラバーズ名古屋で発表された記念ボトルの数々。
今年のイベントに参加できなかったみなさま、改めてその味わいをお確かめくださいね。

お楽しみに♪

ビールやウイスキーの有料セミナーも開催します。
事前申し込みができますので、こちらからお早めのご予約を!
有料セミナー事前申し込みページ


【最新情報は、こちらから】
イベントの最新情報および過去のレポートはFacebookでも発信しています。
静岡クラフトビール&ウイスキーフェア Facebookページ

イベントページもありますので、来場される方はぜひ参加予定のボタンを押してください!
静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018 Facebookイベントページ

7月28日、29日は静岡で、みなさまのお越しをお待ちしています☆

【ボランティアスタッフ募集】
静岡フェアを一緒に盛り上げてくれるボランティアスタッフさんの募集も行っております!
ボランティアスタッフ希望の方は、こちらのブログ記事をご覧ください。

静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018ボランティアスタッフを募集!

【告知ご協力のお願い】
静岡フェアを応援してくださる飲食店を募集中!!!

もし、「静岡フェアを応援してるよ!お店にチラシ置いてもいいよ!」という飲食店さんがいらっしゃいましたら、下記お問い合わせフォームより、ご一報ください。
ポスターとチラシの設置可能枚数をお知らせいただければ、こちらからお送りいたします。

お問い合わせフォームはこちら

静岡県内・外問いません!
よろしくお願いいたします!

【静岡フェア】出展ブース紹介☆ウイスキーその2」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。