【静岡蒸溜所】オール静岡産のウイスキー!大きな一歩!!

通常は海外から原材料を輸入して造られているウイスキー。
全てを地元の原材料でのウイスキー製造は、ジャパニーズウイスキーとしては珍しく、とても貴重なものです。

今回、ガイアフロー静岡蒸溜所は、原材料全てを地元・静岡産のものを使用し、ウイスキーの原酒を製造いたしました!年内はこの1回の仕込みだけですが、夢のオール静岡産ウイスキーの、大きな第一歩です!


オール静岡産のウイスキー!大きな一歩!!


ウイスキーを造るために必要な原料は、麦芽・酵母・水。

麦芽は、国内で生産される量も少なく、日本の主な蒸溜所はスコットランドなど海外からの輸入をしています。また、発酵に使用する酵母は、ウイスキーの性質にあったものを使用する必要があり、静岡蒸溜所でも通常は海外から輸入をしています。

このような状況の中、せっかく静岡でウイスキーを造るなら、原材料をすべて地元・静岡産にして造りたい!という思いがありました。
そのため、地元の方に大麦を栽培していただいたり、酵母を開発していただいたりと準備を進めてきました。そうしてようやく製造に至ったのが、今回の仕込みなんです。


【仕込み水】
静岡蒸溜所の地下を流れる、安倍中河内川の伏流水。ウイスキーの仕込みから加水に至るまで、敷地内の井戸から汲み上げたものを使用しています。

【麦芽】
地元の玉川地区桂山及び富士宮で栽培された大麦麦芽。
特に地元玉川地区の麦芽は、株式会社山本建材(静岡市葵区松野)様が、静岡蒸溜所の近くにある桂山(かやま)で栽培したもの。大麦の栽培がほとんどない静岡県内でも稀な、貴重な麦芽です。

【酵母】
沼津工業技術支援センターで、ウイスキーやビールの麦芽用に開発された新しい静岡モルト酵母(NMZ-0688)。これまでも、清酒酵母「静岡酵母」を開発しており、日本酒の全国新酒鑑評会でも高く評価されています。

【燃料】
世界で唯一と言われる、薪を燃やして蒸留する直火蒸留機。その薪は玉川地区の間伐材を、敷地内で薪割り・乾燥して使用しています。株式会社玉川きこり社(静岡市葵区桂山)に供給していただいています。

いずれも地域の協力がなくては成立し得ない原料です。

続きを読む “【静岡蒸溜所】オール静岡産のウイスキー!大きな一歩!!”