【11月新商品】スモーキー or フルーティ? ビギナーからマニアまで大満足の厳選ボトル!

異例ともいえる暑さの続く秋から、一気に本格的な冷え込みが始まってきました。気温差の激しい今日この頃、体調管理に気をつけたいですね!
オクシズは紅葉の見頃を迎え、景色が日々色とりどりに移り変わっています。

今月は、ブラックアダーから新作アイラ2種とイングリッシュウイスキーの再入荷。
フェイブルはブレアアソールと新作ブレンデッドモルトが到着です。また、アスタモリスのジャマイカ長熟シングルカスクラムも!

パワフルなピート爆弾から、爽やかで飲み飽きない万能アイテムまで、さまざまなニーズにお応えできるラインナップをご用意いたしました。

全国の酒販店様では11月28日(火)発売。

【2023年11月30日(木)発売:商品詳細】

<ブラックアダー >

ロウカスク カリラ 2012 10年 PXカスクフィニッシュ
RAW CASK CAOL ILA 2012 10YO PX CASK FINISH Hogshead No.14827 59.1%

ロウカスクから人気のアイラモルト、カリラの登場です。

ウイスキーファンの中では非常に知名度の高い蒸溜所ですが、シングルモルトとしてリリースされるようになったのは比較的最近、2002年のことです。以来、アイラらしい特徴的なピーティーさがありながらも、華やかでライトなタイプで、バランスの良さが支持されています。

今回はペドロヒメネスフィニッシュのシングルカスクボトリング、日本限定です。甘く奥深い樽由来の味わいを、ロウカスクでダイレクトにお届けします。

【テイスティングノート】
香り:濃密なピート香に続く、甘いフルーツのアロマ。ほのかにハーブが見え隠れする。

味わい:爽やかな潮風の中の焚火、甘く煮たプラムのペストリー。とてもまろやかな口当たり。

余韻:熟したフルーツを包み込むようなピートがいつまでも続く、あたたかいフィニッシュ。

ロウカスク スモーキングアイラ アイラブレンデッドモルトスコッチウイスキー 10年
RAW CASK SMOKING ISLAY ISLAY BLENDED MALT SCOTCH WHISKY 10YO CASK REF.SI2022-4 60.5%

アイラモルトだけをブレンドしたブレンデッドモルト「スモーキングアイラ」、久しぶりの新入荷です。

使用した原酒の蒸留所名や比率などは非公表で、味わった人の想像を刺激する神秘的なボトル。
今回は、10年熟成ということだけが明かされています。

ラベルに「とてもスモーキーでとてもピーティー」と記されている通り、アイラ好きにはたまらないピート香が爆発する1本。

さらにピートのパワーだけに頼らない、繊細で複雑な味わいを実現するブレンドは、ブラックアダーが長年積み重ねてきた技術。締めの1杯に最適な、満足度の高いボトルです。

【テイスティングノート】
香り:目の醒めるようなスモーキーさに始まり、焦げたクッキーや蜂蜜、カスタードクリームの甘い香り。

味わい:熱さを感じるパワフルなピートスモークが徐々におさまり、洋ナシのコンポートやバニラとバランスよくまとまってくる。

余韻:粉っぽい炭、キャラメルソースにスパイシーな刺激。甘さもあるが最後はややビター。

<ブラックアダー 再入荷>

ロウカスク イングリッシュシングルモルトウイスキー
RAW CASK ENGLISH SINGLE MALT WHISKY BOURBON CASK CASK ref:B2/001 64.7%

イングランド ノーフォーク近郊のセントジョージズ蒸留所のシングルカスクの再入荷です。

軽やかで柔らかく、すっきりとした個性のイングリッシュウイスキー。100年以上も途絶えたイングランドでのウイスキーづくりを、2016年に復活。当時の皇太子、現チャールズ国王が公式にオープンしたことで話題になり、今も王室と深いつながりを持つ蒸溜所です。

バーボン樽熟成で原酒本来の爽やかでみずみずしい特徴を活かした、これぞイングリッシュウイスキーという味わいの1本。少量のみの再入荷です。どうぞお見逃しなく。

【テイスティングノート】
香り:まだ青さの残るバナナの香り。たっぷりとしたバニラ。白い花のようなフローラルな香りに、ほんの少し干し草。加水をすると、バニラの香りがさらに引き立つ。

味わい:アルコール感は強いが、すぐにたっぷりとした麦芽、バニラの甘みが広がる。胡椒やチリペッパーのようなピリピリとした刺激を舌先に感じる。バナナ、ミント。メープルシロップのようなあっさりとした甘み。
加水をしても、麦芽の甘みやバニラはそのまま。スパイシーな刺激はやや弱まり、ミントのような爽やかさが増す。

余韻:ピリピリとした刺激が残る、ドライな後味。少しウッディーな余韻。

<フェイブル>

チャプター6 “クロウ” – ブレアアソール2012 10年
Chapter 6 “Crows” – BLAIR ATHOL 2012 10YO Cask 16997 63.4%

個性的なラベルと確かなクオリティで安定した人気を確立したフェイブル。
セカンドリリース第6弾、ブレアアソールの登場です。

絵画のように美しく趣のあるピトロッホリーに、1798年に設立されたブレアアソールは、スコットランドで最も古い蒸留所の1つです。

有名なブレンデッド・スコッチのベルの原酒であり、ブレンドに濃厚でフルーティーな風味をもたらしています。

樽を選ぶ際に重視したのは、フルーティーな個性。
トフィーがけの青リンゴ、マーマレード、メイプルシロップを思わせる味わいです。

飲むほどにさまざまな表情を見せてくれるボトルと言えるでしょう。

【テイスティングノート】 
詳細なテイスティングコメントはございません。 

ブレンデッドモルト バッチ4 ザ・フィーンディシュ・キング 5年
Blended Malt – Batch 4 “The Fiendish King” 5YO 46.5%

フェイブルのブレンデッドモルトの4作目となる、「ザ・フィーンディッシュ・キング(残忍な王)」がリリース。こちらも「クランヤード・ベイのゴーストパイパー」のスピンオフとなる、ストーリーとイラストが展開されています。

物語は洞窟に取り残されたバグパイパーが、悪い妖精たちの王になるという急展開を迎えます。
ラベルに再び登場する猟犬も、重要な役割を果たしています。

ウイスキーはEXバーボン樽、ホグスヘッドで最低5年熟成されたシングルモルトをブレンド。世界9,000本の限定リリースとなります。

スコットランドの伝説に基づいた物語は、フェイブルブランドページにてご紹介しています。

【テイスティングノート】
香り:新鮮なレモン、ジャスミン、爽やかな青リンゴが調和する、魅惑的な香り。

味わい:青リンゴの甘さ、レモンチーズケーキ、ラベンダーが、濃厚であたたかみのあるハチミツの甘さで結びつく。

余韻:甘く花のような後味が漂う、エレガントなフィニッシュ。

<アスタモリス>

ラスタモリス ジャマイカ 2005/2022 17年
JAMAICA 2005/2022 17yo AMERICAN OAK RM031 52.7%

アスタモリスのプレミアムラムブランド「ラスタモリス」新作です。

ラベルに表記されているのは「Lluidas Vale近郊の蒸留所」ですが、ジャマイカ最古として知られるワーシーパーク蒸留所と思われます。

ワーシーパークはジャマイカ唯一のシングルエステートラムで、敷地内に砂糖工場を保有。フォーサイス社製の銅製ポットスティルで蒸留しています。その特徴は力強くフルボディで、エステリー。どっしりとした酒質が、長期熟成により円熟し、優雅に仕上がっています。

人気急上昇のプレミアムラムカテゴリーにおいても希少な超熟シングルカスク。ぜひお試しください。

【テイスティングノート】
香り:フルーティー、完熟したバナナとパイナップル。濃厚な甘い香りの中にドライであたたかいウッディさが現れる。

味わい:バランスの良い甘さ。南国のマーケットを思わせるさまざまなフルーツに、バニラ、黒コショウのアクセント。

余韻:複雑なスパイスとチョコレートが広がり、トフィーの甘さがゆったりと続く。

  • All
  • AMRUT
  • ASTA MORRIS
  • BLACKADDER
  • box
  • fable
  • notice
  • shizuoka-fair
  • SPEY
  • お知らせ
  • イベント情報
  • プライベートカスク
  • プレスリリース
  • メディア情報
  • 創業者コラム
  • 商品紹介
  • 静岡蒸溜所
All
  • All
  • AMRUT
  • ASTA MORRIS
  • BLACKADDER
  • box
  • fable
  • notice
  • shizuoka-fair
  • SPEY
  • お知らせ
  • イベント情報
  • プライベートカスク
  • プレスリリース
  • メディア情報
  • 創業者コラム
  • 商品紹介
  • 静岡蒸溜所
2024may.001 商品紹介

【5月新商品】初夏に咲くボトラーズ名作カルテット!

S-news-ec.001 メディア情報

【メディア】静岡新聞 2024年4月17日 「オール静岡県産ウイスキー誕生」

RR-ec 静岡蒸溜所

【レポート】ルーキーレーシングのモリゾウさん(トヨタ自動車 会長 豊田章男氏)、静岡蒸溜所にご来場されました!

JAN2024-ec.001 メディア情報

【メディア】日本農業新聞 2024年4月10日 「静岡県産大麦のウイスキー完成」

Nikkei0326-ec.001 メディア情報

【メディア】日本経済新聞 2024年3月28日 「静岡市の蒸留所、『オール県産』ウイスキーを商品化」

0326-EC.001 静岡蒸溜所

【レポート】「100%静岡大麦」完成報告 静岡県知事を表敬訪問

PAGE TOP