静岡蒸溜所プライベートカスク、12月よりご予約承ります!

Print

大切な記念日に、お友達とご一緒に、お店の周年祝いに。

あなただけのプライベートカスク。

静岡蒸溜所で2017年に蒸溜するウイスキーを、ひと樽丸ごとご注文頂けます!

最低3年間の熟成期間を経て、ボトリング時期はご自由にお選びいただけます。

ラベルは規定のものをご用意しますが、オリジナルデザインで制作することも可能になる予定です。

※小規模での蒸溜を行っておりますので、販売数に限りがございます。ご了承くださいませ。

樽の容量、金額などの詳しいご案内は、メールマガジン会員様に先行で近日中にお知らせ致します。

→こちら よりメルマガをご登録くださいませ。
→https://www.makeshop.jp/ssl/popup_mailmagazine.html?db=gaiaflow

 

ガイアフロー代表 中村大航から、みなさまへのメッセージ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

静岡蒸溜所のウイスキーの樽オーナーになりませんか?
いよいよ製造が始まった静岡蒸溜所では、12月から樽オーナーの募集を開始する予定です。

「静岡プライベートカスク2017」は、2017年に静岡蒸溜所で製造されたニューポット(ウイスキーの原酒)を、ひと樽丸ごと購入する樽オーナー制度です。

樽詰めから3年間の熟成期間を経た後、お好きなタイミングでボトリングして、お手元にお届けします。

このような制度は、世界中の蒸溜所で提供されています。私自身、現在、スウェーデンのマックミラ、ボックス、そしてスコットランドのウルフバーンで樽オーナーになっています。

以前は、サントリーのオーナーズカスク制度があり、仲間とともに白州でひと樽購入し、10年待ってボトリングしたこともありました。しかしながら現在では、日本国内において樽オーナーになるチャンスはほとんど無いかと思います。

樽詰めのワクワク、熟成を待つ年月と、熟成サンプルを味わうドキドキ感。そしてボトリングしたウイスキーが手元に届いたときの、何とも言えない感慨深さ…。ウイスキーファンの夢とも言える、ウイスキーを樽で所有する喜びは、何物にも代えがたいものだと感じます。

初年度となる2017年は、ご提供できる樽は限られた数になりそうですが、この機会にあなたの夢を叶えてみませんか?

現在、より多くの方々に参加していただけるよう、メニューを企画中です。

詳細は、近日中に弊社メルマガで先行してご案内します。読者登録をして、お待ちください。

ガイアフロー代表 中村大航

→こちら よりメルマガをご登録くださいませ。
→https://www.makeshop.jp/ssl/popup_mailmagazine.html?db=gaiaflow