【イベント】ウイスキー ダブルセミナー&テイスティング in 福岡バー・ライカード開催します!

11月に開催される数々のイベントに、ワクワクしている方も多いことでしょう!
そのワクワクを盛り上げる、耳寄りなイベント情報をお届けいたします!

なんと、ボックス蒸溜所と静岡蒸溜所のダブルセミナーを福岡でも開催できることになりました!!
ウイスキーに興味をお持ちの方、ウイスキーがお好きな方ならどなたでもご参加いただけますよ。

本日は、「静岡蒸溜所&ボックス蒸溜所ダブルセミナー in 福岡バー・ライカード」開催のお知らせです。


ウイスキーダブルセミナー&テイスティング in 福岡バー・ライカード開催します!


日時:2018年11月17日(土)13:00〜17:00

13:00~14:30 静岡蒸溜所&ボックス蒸溜所ダブルセミナー
(各テイスティングアイテム4種類ずつ合計8種類)

15:00~17:00 フリーテイスティング(ガイアフロー取扱いウイスキー12種類)

場所:BAR Leichhardt  バー ライカード
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通2-2-1 西村ビル5F

参加費用:5,000円
参加人数:18名様限定

申し込み方法:フェイスブックのイベントページにある参加ボタンを押した上で、参加する旨のメッセージをお願いいたします。
イベントページ(フェイスブック):
ウイスキー ダブルセミナー&テイスティング

続きを読む “【イベント】ウイスキー ダブルセミナー&テイスティング in 福岡バー・ライカード開催します!”

【イベント】ボックス&静岡蒸溜所セミナー in BAR芦屋日記開催します!

だいぶ冷え込みが厳しくなってきて、ウイスキーをじっくり味わえる季節になってきましたね。
静岡蒸溜所内は、発酵の熱やボイラーの熱で外とは大違いの暖かさですよ。

11月は日本最大のウイスキーイベント!もあり、たくさんの海外ゲストがやってきます。スウェーデンのボックス蒸溜所からも、クオリティマネージャーのラーシュ・カールソン氏が来日!
そこで!兵庫県芦屋市にある、BAR芦屋日記さんでイベントを開催することになりました。

本日は、「ボックス&静岡蒸溜所セミナー in BAR芦屋日記」開催のお知らせです。


ボックス&静岡蒸溜所セミナー in BAR芦屋日記開催します!


日時:2018年11月15日(木)19:00〜21:00
(受付 18:30〜)

場所:BAR 芦屋日記
〒659-0065 兵庫県芦屋市公光町9−3 izaビル4F
google:https://goo.gl/maps/LJvAKvehdRN2

会費:4,000円
定員:15名(先着順)
試飲アイテム:ボックス蒸溜所(4アイテム)+静岡蒸溜所(4アイテム)

申込方法:店舗へお電話にて直接お申し込みください。
電話番号:0797-23-5252(BAR 芦屋日記)
※募集人数が定員に達しましたら、締め切りとなります。

久しぶりに帰ってまいりました!
ボックス蒸溜所と静岡蒸溜所によるセミナーです。

会場は、兵庫県芦屋市にある「BAR 芦屋日記」さん。
兵庫というと遠そうに聞こえますが、実は大阪から20分の距離。関西圏のみなさんも、お気軽にきていただける場所なんです!
芦屋日記さんは、住宅街にある隠れ家的バーで、カウンターあり、ゆったりくつろげるソファー席ありの素敵なバー。
ウイスキートーク福岡のスタッフとして、各地イベントでも活躍されている草野智和氏にご協力いただき、兵庫で初めてイベントを開催できることとなりました!

<ボックス蒸溜所セミナー>

ボックス蒸溜所のセミナー講師を務めるのは、クオリティマネージャーのラーシュ・カールソン氏。

世界が注目する北欧のカリスマ、ボックス蒸溜所の生のレポートを聞ける、またとないチャンス。
ボックスこだわりのクオリティについて、じっくりお話しいただきますよ♪

試飲アイテムは、4アイテム。日本未発売のものも含めて、お愉しみいただきます。北欧スウェーデンの地で育まれるウイスキーの味わいを、ぜひ体験してみてください。
質問があれば通訳もしますので、どんどん質問してみてくださいね♪

<ガイアフロー静岡蒸溜所セミナー>

12月からいよいよ見学ツアーがスタートする、ガイアフロー静岡蒸溜所。セミナー講師を務めるのは、もちろん代表の中村大航です。

静岡蒸溜所で造られるウイスキーを樽単位でご予約いただく、プライベートカスク2019で樽詰めされるニューメイクや、熟成途中のカスクサンプルなどをお持ちします。

軽井沢蒸留所から移設した間接加熱方式の蒸留機と、薪を使用した直火加熱の蒸留機。一言に蒸留機といっても、全く異なる味わいのニューメイクが生み出されます。
百聞は一見に如かず!ぜひこの機会にお試しくださいね♪

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております♪

申込方法:店舗へお電話にて直接お申し込みください。
電話番号:0797-23-5252(BAR 芦屋日記)
※募集人数が定員に達しましたら、締め切りとなります。

4月発売:スウェーデン「ボックス蒸溜所」新シリーズ!!!

あっという間に3月ももう半ば!

桜の開花が待ち遠しい今日この頃です。早くお花見がしたい!

そんな中、さむ〜いスウェーデンのボックス蒸溜所から、新シリーズがリリースされるとのお知らせが!!!

本日は、4月発売予定のボックス蒸溜所新シリーズ商品のお知らせです!


4月発売:スウェーデン「ボックス蒸溜所」新シリーズ!!!


スウェーデンのカリスマ「ボックス蒸溜所」から、新シリーズ「クエルクス」が、ようやくお披露目となります!

このクエルクスシリーズは、ボックス蒸溜所初のアンピーテッドウイスキー。
ピートを焚いていないからこそ味わえる、ボックスらしい、繊細な味わいと樽熟成の面白さが、より一層感じられます。

これまで、先行試飲という形で、イベント等でのみ、ご紹介をしていたアイテムです。
2月の秩父ウイスキー祭でも、多くの方に試飲いただき、いち早く試飲ボトルがなくなってしまったほど。

4月18日(水)に発売となるこの商品、いち早くブログでお知らせいたします♪


【4月18日(水)発売:商品詳細】

☆ボックスBOX新商品☆

クエルクス 1 ローバー
Quercus 1 Robur 50.8%

※現在は、品切れの状態で公開しております。

クエルクスとは、ラテン語で「オーク(楢)」のこと。
この「クエルクス」シリーズは、樽材として使われるオークの種類に着目したものです。
熟成させる樽材をそれぞれ限定して、熟成させているのだとか。

第1弾となるのは、こちらの「クエルクス 1 ローバー」。
ローバーとは、コモンオークの学名です。
その名の通り、コモンオークで造られた新樽でウイスキーを熟成させました。

ワインやコニャックの熟成で使用されることの多いコモンオーク樽。
同じようにワイン樽として使用される、ヨーロピアンオークや、フレンチオークなどと混同されることもありますが、含まれるタンニンやオークラクトンの量が
異なります。

コモンオークは、タンニンやポリフェノールを多く含み、バニリンやオークラクトンが比較的少ないのが特徴です。
そのため、この樽で熟成をさせると、通常よりスパイシーで、甘みの強いウイスキーになります。

熟成に使用したコモンオークの新樽は、スウェーデン国内から材を調達し、組み上げたというこだわりが感じられる樽です。

さらに、今回初の試みとして、100%アンピーテッドタイプのウイスキーを使用。
ボックス蒸溜所の、丹念につくり込まれた味わいと、樽が与える影響をよりはっきりと感じられる1本です。

【テイスティングノート】
香り:新樽のウッディさ、黒胡椒のような香り。バニラ、クリームブリュレ、ナツメグ。

味わい:スパイシーでピリピリとした胡椒のような味わい。バニラの甘さが広がり、ウッディさと、ナツメグのような味わいが感じられる。

余韻:トウガラシのような風味がほのかに感じられる、ほどよくドライな余韻。

【構成原酒】
100%アンピーテッドウイスキー
200ℓのバーボン樽で4年1ヶ月熟成させた後、40ℓのコモンオークでできた新樽で7ヶ月フィニッシュをかけたもの。

【樽】
200ℓのバーボン樽は、アメリカのケンタッキー州でつくられたもの。コモンオークの新樽は、全てスウェーデン産。スウェーデンの最南端から材を調達し、ThorslundsKaggeという樽メーカーが、40ℓの樽に組み上げました。

2012年から2014年10月までダンネージ式の貯蔵庫で熟成させた後、2017年8月まで乾燥した環境のボックス蒸溜所第3貯蔵庫で熟成。

2017年1月17日にバーボン樽から払い出した時点では、アルコール度数は60.4%から55%になっていました。

その後、100樽のスウェーデン産コモンオークの新樽(40ℓ)に詰め替えをしました。スウェーデン産コモンオークの新樽は、ゆっくりと内部を焦がすトースティングをした後、強火で内部を炭化させるチャーリングをしています。100樽のうち、99樽は強めのミディアムトーストをし、残りの1樽はハードトーストをしました。

2017年8月31日に、樽から払い出しをし、ボトリングは、アルコール度数50.8%に調整をしました。

クエルクス1ローバーは、9月4日~9月6日にかけて8,229本ボトリングされました。

グラスに注いだ後、少しだけ時間を置いてからお飲みください。また、加水により味わいや香りがより一層引き立ちます。

また、冷却濾過やカラーリングは一切していません。

 

【原材料】
酵母:Fermentis Safwhisky M-1.

アンピーテッド麦芽:ピルスナー麦芽。スウェーデンのハルムスタッドにあるVikingmaltより。

麦芽の種類:Henley、Sebastian

仕込水:Bålsdjön湖の水を、砂と炭のフィルターにかけたもの
冷却水:Ångerman川の水

仕込ロットナンバー:115A-121A、129B-132A

1仕込麦芽使用量:1.2トン

平均発酵時間:ステンレス製発酵槽で80時間

蒸留日:2012年10月3日〜10月12日

ミドルカット開始時間:流出から13分

ミドルカット終了:Alc.67%(20℃)

 

【基本データ】
アルコール度数:50.8%
熟成年数:4年8ヶ月22日
フェノール値:0ppm
樽:ファーストフィルバーボン樽+コモンオーク新樽
ボトリング本数:8,229本
内容量:500ml

 

※現在は、品切れの状態で公開しております。

4月18日(水)午前10時より発売となります。

ご注文、お待ちしております♪

【メディア】ボックス蒸溜所がオンラインマガジンPAPPAに掲載されました!

北欧発のオンラインマガジンPAPPAにて、スウェーデンのカリスマ蒸溜所「ボックス」が掲載されました!

水の国で生まれた、心躍るウイスキーBOX WHISKY

という、素敵なタイトル!

レンガ造りの建物が美しいボックス蒸溜所とともに、初のシリーズ商品「ダルヴィ」をご紹介いただきました。

BOX_Dalvve_w_box_v2_72dpi

ボックス ダルヴィ バッチ03 46%
BOX DÁLVVE BATCH 03 46%

スウェーデン在住の KENNETH ISHII 氏による、ボックス蒸溜所の素敵な映像もご覧いただけますよ♪

硬質な美しさのあるスウェーデンの街並みと、ボックス蒸溜所が映し出された素晴らしい作品です。
ボックスのウイスキーを楽しむスウェーデンの人々の笑顔を見ると、タイトル通り「心躍る」ものがあります。

こちらの映像を撮影したKENNETH ISHII 氏は、こんな方です。
KENNETH ISHII
66781-Kenneth-S-I-kopia

数多くの映像作品を手掛けていらっしゃいます。

ボックス蒸溜所のページは、こちらからご覧ください。
PAPPA:水の国で生まれた、心躍るウィスキー BOX WHISKY


オンラインマガジンのPAPPAについても、あわせてご紹介いたします♪pappa-youtube-オンラインマガジンPAPPA

PAPPA とは、スウェーデン語で 「パパ 」お父さんを意味しています。

配信をしている奥畑知佳氏は、お子さんが生まれることをきっかけに、スウェーデンに移住したそうです。
そこで目の当たりにしたのは、日本にはない、新しい視点や価値観、そして父親像。
北欧ならではのこの文化を、日本に住むお父さん、そしてこれから親となる若い人に伝えるべく、このオンラインマガジンは始まりました。

配信されるコンテンツは、北欧のライフスタイルから環境問題、最新の音楽、アート、ファッションなど。
動画をメインに、現地から配信される情報は、多岐にわたります。

また、サイト内にはPAPPA SHOPというショッピングカテゴリーもあり、独自にセレクトされた北欧アイテムが紹介されています。

日本と北欧をつなぐ、新しいメディアプラットフォームPAPPA。
ぜひご覧くださいね♪

 

 

 

 

【イベント】名古屋 BAR BARNSにて「ボックス蒸溜所 × 静岡蒸溜所 サンプリング会 」を開催します!

2017年も残り2週間となりました!!!
1年が過ぎるのは本当に早いですね〜

さて、中部地区のみなさま、お待たせいたしました☆
本日は、2018年最初のイベント「ボックス × 静岡蒸溜所 サンプリング会 in 名古屋 BAR BARNS」のお知らせです。


名古屋 BAR BARNSにて「ボックス蒸溜所 × 静岡蒸溜所 サンプリング会 」を開催します!


22042004_1687454621296865_3942821745350755315_o

日時:2018年1月7日(日)
   第1部 13:00〜16:00
   第2部 17:00〜20:00
※セミナー内容は同一です。

場所:BAR BARNS
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2丁目3−32
google: https://goo.gl/maps/hi2X7F2Aa6w

会費:5,000円
※当日、会場にてお支払いください。

申込方法:お電話もしくはフォームよりお申込みいただけます。
電話番号 052-203-1114 (BAR BARNS)
申込フォーム →コチラから
※募集人数が定員に達しましたら、締め切りとなります。

2018年最初のイベントは、名古屋のバーバーンズさんから始まります!
バーンズさんは、言わずと知れた名古屋を代表するバーのひとつで、定期的にセミナーと試飲を合わせた「サンプリング会」を実施しています。

そんな素敵なバーで、スウェーデンのボックス蒸溜所と、ガイアフロー静岡蒸溜所のニューメイクが楽しめる、サンプリング会を開催できることになりました♪

ボックス蒸溜所からは、クオリティマネージャーのラーシュ・カールソン氏が来日します!

スクリーンショット 2017-12-18 17.44.42

世界が注目する北欧のカリスマ、ボックス蒸溜所の生のレポートを聞ける、またとないチャンス。
こだわりのつまったウイスキーづくりについて、ボックスのウイスキーを味わいながら、じっくりとお聞きください♪

ガイアフロー静岡蒸溜所からは、もちろん代表の中村大航が参ります。

240208nakamura118k

ニューメイク・カスクサンプルを合計4種!
昨年2016年から始まったウイスキー造りも、ようやく1年が過ぎ、試行錯誤が形になってきました!
静岡蒸溜所の「今」をお愉しみいただける、ニューメイクとカスクサンプル。
ぜひ、ご堪能ください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております♪