タグ別アーカイブ: ボックス蒸溜所

【イベント】名古屋 BAR BARNSにて「ボックス蒸溜所 × 静岡蒸溜所 サンプリング会 」を開催します!

2017年も残り2週間となりました!!!
1年が過ぎるのは本当に早いですね〜

さて、中部地区のみなさま、お待たせいたしました☆
本日は、2018年最初のイベント「ボックス × 静岡蒸溜所 サンプリング会 in 名古屋 BAR BARNS」のお知らせです。


名古屋 BAR BARNSにて「ボックス蒸溜所 × 静岡蒸溜所 サンプリング会 」を開催します!


22042004_1687454621296865_3942821745350755315_o

日時:2018年1月7日(日)
   第1部 13:00〜16:00
第2部 17:00〜20:00
※セミナー内容は同一です。

場所:BAR BARNS
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2丁目3−32
google: https://goo.gl/maps/hi2X7F2Aa6w

会費:5,000円
※当日、会場にてお支払いください。

申込方法:お電話もしくはフォームよりお申込みいただけます。
電話番号 052-203-1114 (BAR BARNS)
申込フォーム →コチラから
※募集人数が定員に達しましたら、締め切りとなります。

2018年最初のイベントは、名古屋のバーバーンズさんから始まります!
バーンズさんは、言わずと知れた名古屋を代表するバーのひとつで、定期的にセミナーと試飲を合わせた「サンプリング会」を実施しています。

そんな素敵なバーで、スウェーデンのボックス蒸溜所と、ガイアフロー静岡蒸溜所のニューメイクが楽しめる、サンプリング会を開催できることになりました♪

ボックス蒸溜所からは、クオリティマネージャーのラーシュ・カールソン氏が来日します!

スクリーンショット 2017-12-18 17.44.42

世界が注目する北欧のカリスマ、ボックス蒸溜所の生のレポートを聞ける、またとないチャンス。
こだわりのつまったウイスキーづくりについて、ボックスのウイスキーを味わいながら、じっくりとお聞きください♪

ガイアフロー静岡蒸溜所からは、もちろん代表の中村大航が参ります。

240208nakamura118k

ニューメイク・カスクサンプルを合計4種!
昨年2016年から始まったウイスキー造りも、ようやく1年が過ぎ、試行錯誤が形になってきました!
静岡蒸溜所の「今」をお愉しみいただける、ニューメイクとカスクサンプル。
ぜひ、ご堪能ください。

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております♪

 

ボックス蒸溜所ローンチ・レセプションを開催します!

いよいよ発売となる、北欧スウェーデンのボックス蒸溜所のウイスキー。
リリースを記念し、東京・大阪の2大都市にて、レセプションを開催いたします♪

本日は、ボックス蒸溜所ローンチ・レセプションのお知らせです。


ボックス蒸溜所ローンチ・レセプションを開催します!


Distillery3_light

今回のローンチ・レセプションは、10月23日(月)に東京のウイスキーライブラリーで、10月24日(火)に大阪のバーピーコートさんで開催いたします。
どちらもフリーテイスティング形式。
先日ご紹介した、ダルヴィバッチ3アーリーデイズバッチ2はもちろんのこと、これからリリース予定のものも先行でお試しいただけます♪

BX_Dalvve_V3_1BX_EarlyDays002_1BOX_2nd_step_coll_3_1000px_72dpi

 

両日とも会場には、遠くスウェーデンの地より特別ゲストが駆けつけてくださいます。
その特別ゲストとは!

DSC01862-e1363178263767-480x384

蒸溜所長のロジャー・メランダー氏!
所長自らが、ボックス蒸溜所のウイスキーについてお伝えいたします。

また、ブランドアンバサダーのアンドリュー・ホーガン氏も来場しますよ♪
お二方に、蒸溜所の特徴・アグレッシヴな試み等を伺いながら、ボックス蒸溜所の魅力をじっくりと ご堪能ください。

案内役は、ガイアフロー代表の中村大航。

240208nakamura118k

2012年に、蒸溜所建設の夢を胸に訪れたのが、創業間もないボックス蒸溜所。
こだわりのウイスキーを味わい、その可能性に驚いてすぐにでも日本に輸入したい!と思ったものの、当時は製造量も少なく、難しい状況でした。
それから5年。幾度となく交渉を続け、ようやく実現したボックス蒸溜所のウイスキーの輸入。
秘められた熱い想いを、みなさまにお伝えいたします。

 

<10月23日(月)東京>

003

日時:10月23日(月)19:00〜21:00
場所:TOKYO WHISKY LIBRARY
〒107-0062 東京都港区南青山5-5-24  南青山サンタキアラ教会2階
google:https://goo.gl/yt3wBG
会費:2,500円(会場にてお支払いください)
定員:50名

南青山にある「TOKYO WHISKY LIBRARY」。
まるで図書館のように、約1,000種のウイスキーが 並ぶ様は圧巻の一言です。
たくさんのウイスキーに囲まれて、スウェーデンから来たカリスマ蒸溜所のウイスキーをお愉しみください♪

前売りのお申し込みは終了しました。
東京会場:ボックス蒸溜所ローンチ・レセプション

*14:00〜16:00は、酒販店・バーテンダーの方向けのボックス蒸溜所ウイスキーセミナーを開催いたします。
ご参加を希望される酒販店・バーテンダーの方は、事前にお送りしているメールもしくはハガキに記載の方法にてお申し込みください。

 

<10月24日(火)大阪>

misemae

日時:10月24日(火)19:00〜21:00
場所:BARピーコート
〒543-0063 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町2−9
google:https://goo.gl/AciKXH
会費:2,500円(会場にてお支払いください)
定員:20名

前売りの申込は終了しました。
大阪会場:ボックス蒸溜所ローンチ・レセプション

ピーコートさんは、日本でいち早くボックス蒸溜所のウイスキーを取り入れてくださったバー。
お店の20周年記念で、まだ創業間もないボックス蒸溜所のウイスキーをプライベートボトルとしてリリースしてくださいました。

なんとこのボトル、当時スウェーデン国内だけの流通だったボックス蒸溜所が輸出した初めての商品だったんです。
そういう意味でも記念すべきボトルで、感慨もひとしおです。

当日は、この記念ボトルを含めてご提供いたしますよ!

11665730_851942844890100_8281332961655446670_n

 

東京会場、大阪会場と2ヶ所での開催です。
みなさまのご参加、お待ちしています♪

 

北欧のカリスマウイスキー「BOX」、ついに日本上陸!!

2010年に創業し、ウイスキーマニアの多い北欧スウェーデンにて圧倒的な人気を誇るボックス蒸溜所。
国内の熱狂的なファンに後押しされ、待ちに待った日本への輸入がいよいよ始まります!

Distillery3_light

ボックス蒸溜所とは —ABOUT BOX DISTILLERY—

スウェーデン北部を流れるオンゲルマン川沿いに位置するボックス蒸溜所。
20世紀初頭、オンゲルマン川沿いの一帯は、世界有数の製材拠点として、広く知られていました。
また、そこには世界中の国や地域へ材木を運搬するための燃料を作る、薪や蒸気を使用した発電所もありました。

Distillery2 _light

それは、1912年から1960年代まで稼働した、古き良き赤レンガの発電所でした。
これらを見たヴァル兄弟は、この地こそウイスキー造りに相応しい場所だと感じ、その発電所を蒸溜所にするのだと決心しました。
また、その隣にある製材所ではイギリスへ向けた木箱が製作されていたことから、「ボックス」蒸溜所と名付けられました。

Box_Båda-pannorna_Webb-695x355

資金調達も含め、準備に数年間を費やしたボックス蒸溜所。
そして順調にウイスキーの製造が始まり、2010年12月2日午前10時18分、ついにその最初のひとしずくが流れ出しました。

今日、ボックス蒸溜所では週6日の稼働、年間100,000リットルのウイスキーを製造しています。
これらのウイスキーは、十分にグローバル・スタンダードと言えるクオリティを持ち、世界的なウイスキー誌でも「世界で最も心を躍らせる、クラフトウイスキー界のスーパールーキーである」と評価されています。

warehouseL3 のコピー


ガイアフロー代表 中村より

2012年に、スウェーデンの首都ストックホルムから北に500キロも離れたBOX蒸溜所を訪れた際、蒸溜所長のロジャー・メランダー氏は、わざわざ空港まで迎えに来ていただき、
「日本からお越しいただいたのは、中村さんが初めてです」
と言って歓迎してくれました。

彼が丹精込めて造ったこだわりのウイスキーを味わい、その可能性に驚き、すぐにでも日本に輸入したい!と思いましたが、 当時は製造開始からまだ3年を経過しておらず、販売が始まっても当面は国内市場に専念するとのことで、首を縦に振ってはいただけない状況でした。

それから5年、何度となくBOX関係者との交渉を続け、ようやくBOXウイスキーの輸入が実現します!

ロジャー氏はウイスキーマニアらしい新しい試みを次々と実践しています。 ボトリング毎の詳細なスペックの公開も、他では見たことがありません。

BOX蒸溜所では、アンカー樽という40リッターに満たない小さな樽のカスクオーナー制度があり、私自身もカスクオーナーになっています。

スウェーデンにおいて、いま最も注目を集めているウイスキーの味わいを、ぜひみなさまにも楽しんでいただきたいです!


今回入荷することになりました4商品のうち、2種類を先行でご紹介いたします!

BOX_Dalvve_w_box_v2_72dpi

ダルヴィ バッチ3
DÁLVVE BATCH 03 46% 700ml

2017年10月発売予定

ボックス蒸溜所の初めてのシリーズ商品、「ダルヴィ」。
「ダルヴィ」とは、スウェーデンの少数民族サーミ族の言葉で「冬」を意味しており、寒さの厳しいボックス蒸溜所で熟成されるウイスキーの特徴を表現。
ボックス蒸溜所のフラッグシップ商品です。
ダルヴィの特徴は、シリーズを通して、ほのかにピートを効かせてある点にあります。

バッチ3では、すべてのウイスキーを135ℓのクォーターカスクで熟成をさせていて、そのうちの24%がピーテッドウイスキーで、よりピートの味わいが強いバッチとなっています。

【構成原酒】
24%:ピーテッドタイプ。
135ℓのファーストフィルバーボン樽で5年1ヶ月弱熟成。

76%:ノンピーテッドタイプ。
135ℓのファーストフィルバーボン樽で5年1ヶ月弱熟成。

【基本データ】
アルコール度数:46%
熟成年数:5年1ヶ月弱
使用麦芽フェノール値:0、40ppm
平均フェノール値:10ppm
樽:ファーストフィルバーボン樽
ボトリング本数:13,475本
内容量:700ml

BOX_Early_Days_batch_2_300dpi_light

アーリーデイズ バッチ2
EARLY DAYS BATCH 002 51.5% 500ml

2017年10月発売予定

ボックス蒸溜所の海外市場向けシリーズ、「アーリーデイズ」。
200ℓのバーボン樽を130ℓに組み直し、ピーテッドウイスキーとアンピーテッドウイスキーを熟成させ、ブレンドしたものです。そのうち、ピーテッドウイスキーの割合が3分の2で、スモーキーなウイスキーに仕上がっています。

仕込みには、ビールやウイスキーにおいて一時代前に用いられていた、伝統的なピルスナー麦芽が使用されています。
バーボン樽の特徴が活かされ、フレッシュさとリッチさを兼ねた、バランス良く味わい豊かなウイスキーです。

【テイスティングコメント】
フルーティーなエステル香に、完熟の洋梨、ハネデューメロンの香り。
塩気を感じるピート香がかすかに感じられます。
甘美なバニラと熟した洋梨、スモーキーさが口の中に広がり、コクとあたたかさのある味わいです。
余韻は長く、ドライで、胡椒のようなピリピリとした刺激が続いていきます。