【静岡フェア】出展ブース紹介☆ビールその1

7月に突入し、静岡クラフトビール&ウイスキーフェアまで、残り1ヶ月を切りました!

Facebookページで紹介しておりますが、ここであらためて、出展ブースさんの紹介をしていきたいと思います。

気になるブースをチェックして、当日は真っ先に突撃だー!


【静岡フェア】出展ブース紹介☆ビールその1


 

ビールの出展社さんは、全部合わせて17社です。
一度に全てを紹介すると長〜〜い記事になってしまうので、半分ずつ、ご紹介。

【沼津クラフト(静岡県沼津市)】

静岡県内にオープンした新規参入ブルワリーのうちの一つ、「沼津クラフト」さん。
柿田川ブリューイング株式会社が、母体となるブルワリーです。
この柿田川、日本の三大清流のうちの一つで、その柿田川の湧き水を仕込み水として使用しています。
ホップも、花のままのホールホップを使用するという贅沢仕様。

今回のフェアでは、こだわりビールの中から、こちらをお持ちいただきます。
・バイカモIPA
・マージーサイドESB(エクストラスペシャルビター)
・クリームラガー
・ライウィート

その名も特徴的な「バイカモIPA」は、三島市内に、富士山の湧水で育つ梅花藻という水草が生息していることから名付けられました。地元愛が十二分に詰まったIPA。
「マージーサイドEBS」は、ブリティッシュスタイルのモルティでコクがありつつ、後味すっきりなビール。ビートルズでも有名なイギリスのリヴァプールをこよなく愛する、ブルーマスターの片岡哲也氏の命名です。
小麦の麦芽(wheat malt)を使ってまろやかな味わいに仕上げた「クリームラガー」、そして今だけしか飲めないシーズナルの上に珍しいライ麦使用の小麦ビール「ライウィート」もお飲みいただけます。

 

【OCTAGON BREWING(静岡県浜松市)】

浜松市を中心に不動産などを手掛ける丸八不動産さんが、今年2018  年にオープンさせたのがブルーパブ「OCTAGON BREWING」さん。

「ビールには人を繋げる力がある!」という信念のもと、ただ単にお酒を飲むスペースというだけではなく、地域の人々を繋ぐコミュニティの核として、そして浜松の街を元気にしたいという思いを込めて、美味しいビールを造っています。

「OCTAGON BREWING」さんの目指すビールはズバリ「きれいなビール」。
もちろん単にクリアーというだけではなく、雑味など余分なものを排除した、モルトとホップの組合せで醸し出すビール本来の味を楽しめるビールです。
その他にもレモンを使ったハウスビールなど、バラエティ豊かな「近所でお隣さんと飲めるビール」がラインナップ。

当日は、セッションIPA、アンバーエール等をお持ちくださいます。
お楽しみに♪

今回、醸造責任者の千葉恭広氏によるビールセミナーも開催。
千葉氏は、ミュンヘン工科大醸造科で醸造を学び、Diplom Braumeisterの資格も持つ人物。
なかなか外からは伺い知る事の出来ない、ミュンヘン工科大醸造科や世界のビール界に燦然と輝くヴァイエンシュテファンの姿をたっぷりと話してもらいますので、ビール醸造に興味のある方には特に目が離せない注目のセミナーです。
ご予約はこちらからどうぞ 。
Octagon Brewing 千葉恭広氏「ドイツの学生生活と醸造所での日常」

【南信州ビール(長野県駒ヶ根市)】

南信州ビールさんが、今年も参加してくれます!

南信州ビールさんのすごいところ、其の一。
中央アルプス駒ヶ根山麓標高800mに位置する素敵な立地。
こんな環境で造ったビールなら、美味しいに決まっています!

南信州ビールさんのすごいところ、其の二。
仕込みに使用される水がすごい!
アルプスの雪解け水を豊富に含んだ地下水を汲み上げ、ビールを仕込んでいます。

こんな素敵な環境と、上質な水を使用して作られる南信州ビールさん。
今や全国区の人気となっているのが、南信州産のりんごをまるごと絞って造られる「アップルホップ」。
りんごとホップの絶妙なバランスの組み合わせて造られた、ちょっとアルコール高め、でも爽やかなエールとして日本各地のビアパブでも人気の銘柄となっています。
今年も、アップルホップは提供予定です!

当日のラインナップは、こちら。
・ゴールデンエール
・アルプスヴァイツェン
・アップルホップ
・ワンダーバーレー茜

所長の竹平考輝氏によるセミナーも、ありますよ♪
造り手にしかわからない、酵母の違いによる味わいの違いをとことん学ぶチャンス。
普段知ることのできないお話し、聞き逃せません!
ご予約はこちらからどうぞ。
南信州ビール 竹平考輝氏「イースト特性と香味について」

【ブラックアイル By キムラ(広島県広島市)】

静岡フェア初出展、広島県広島市にあります「株式会社キムラ」さん。
3ブランド持っての出展ですが、ここではビールのみの紹介を。

1998年創業の、スコットランド・ハイランド地方にあるブルワリー「ブラックアイル」。

オーガニックビールとして、スコットランドを始め、日本でも愛されています。
バーやビアパブでは樽が提供されていますが、当日お持ちいただくのは330mlの瓶入りタイプ。
グラスで飲むビールもいいですが、瓶ビールも良いですよね♪

スコットランドで愛されるビール、一体どんな味わいでしょう♡

 

【カケガワビール (静岡県掛川市)】

こちらも、静岡の新しい醸造所。
今春、オープンした掛川市にある、その名もズバリ「カケガワビール」さん。

オーナーは、市内で3店舗の飲食店を手がけている杉浦建美氏。
日本各地で造られる個性豊かなクラフトビールに惹かれて、あちらこちらと飲み歩き、次第に「地元掛川の食材もふんだんに取り入れたクラフトビールを造りたい」と思うように。

夢の実現に大きく一歩踏み出す大転機となったのが、現在ビアパブBUCKET HEREの店長として活躍する、高宮峻氏の参入。
その高宮氏が、元同僚でもある西中明日翔氏にブルーマスターとして声をかけ、カケガワビールさんは誕生しました。

掛川の街中で、地域の特産物を原料にたっぷり取り入れて、掛川の自慢となるようなビールを生み出しています。

ブルーマスターの西中氏は、ご両親が日本人とベルギー人。生まれながらにしてベルギービールのDNAが体中駆け巡っている上に、ベルギーで醸造を学んだ後グラゼントールン醸造所をはじめ様々な醸造所で研鑽を重ねた方です。
ブルワーとして、これ以上うってつけの人物はいないのではないでしょうか。
フェアでは、そんな西中氏が醸し出すベルギー感たっぷりの様々なエールをお楽しみいただけます。

当日のラインナップをご覧ください。
・新茶ビール(セゾン)
・ほうじ茶エール(アンバーエール)
・トリプルウイスキーバレルエイジ
・サワーオークエイジ(オールドエール)

セミナーにも西中氏は登場いたしますので、ベルギー時代の話なども含め、たっぷりと語っていただきます。
ご予約はこちらからどうぞ。
カケガワビール 西中明日翔氏「ベルギービールと醸造」

 

【よなよなエール(長野県佐久市)】

ヤッホーブルーイングさんは、日本の観光業界勝の代表格ともいえる星野リゾートの星野佳路社長が、1996年に立ち上げた醸造所。
今や国内クラフトビールメーカー最大手として君臨しています。

昨年のフェアでは、バレルフカミダスという、貴重なビールを出展してくださいました。このバレルフカミダス、外のビールイベントには一度も持ち出した事のない逸品!
参加者のみなさまもびっくりなアイテムで、大人気でした。
そんなバレルフカミダスを、今年も出展いただけるとのこと。ぜひ会場で味わってみてくださいね♪

・よなよなエール(アメリカンペールエール)
・インドの青鬼無ろ過ver.(アメリカンIPA)
・軽井沢高原ビールワイルドフォレスト(ブロンドエール)
・軽井沢高原ビール夏限定(セッションIPA)
・Pale2018(アメリカンペールエール)
・バレルフカミダス(バレルエイジドバーレイワイン)

そして、昨年大人気だった田上峻氏によるセミナーが、今年も開催!
「木樽熟成ビール」をテーマに木樽とビールの素敵な関係について、面白い話をたっぷりと知ることができますよ。
昨年話が聞けなかったとお嘆きのみなさま、今年はぜひ。
ご予約はこちらからどうぞ。
よなよなエール 田上峻氏「木樽熟成ビールについて」

 

【AOI BREWING(静岡県静岡市)】

静岡市初のクラフトビールメーカーとして誕生した、「AOI BREWING」さん。
ブルワリーだけでなく、系列の店舗が市内に4店舗、そしてお隣愛知県にも進出して、名古屋市に1店舗あります!

飽きのこない味わいのクラフトビールに、店舗には人懐っこいスタッフさん、そして美味しいお料理を楽しめるなんて、静岡に生まれて良かった!
4年ほど前に出来たばかりのブルワリーですが、もうすっかり馴染みのビールとして、静岡市民に定着しています。

静岡に遊びに来たなら、お茶エールを飲んでおけば、静岡のお茶とクラフトビールを一気に制覇!!!
期間限定のフルーツエールは、今回は桃。
お客さんと一緒に果物の下処理をし、それを絞って造られています。人と人との繋がりがあったかい♡静岡らしい味わいですよ♪

・ゴールデンエール(ゴールデンエール)
・IPA(ブリティッシュIPA)
・グラスウィートエール(ホワイトエール)
・お茶エール(お茶エール)
・桃ホワイト(フルーツエール) 15L 2本

静岡のいいところが詰まっている「AOI BREWING」さん、当日は若手ブルワー福山康大氏のセミナーも開催!
静岡フェアのセミナーで初の実演セミナー。
どんな化学反応が起こるのか!?
ご予約はこちらからどうぞ。
アオイブリューイング 福山康大氏「<実演>誰でもわかるビールの作り方」

 

【  合資会社ベアードブルーイング(静岡県伊豆市)】

国内屈指の規模を誇る「ブルワリーガーデン修善寺」に拠点を移し、クラフトビール界で常に注目を浴びる「合資会社ベアードブルーイング」さん。

現在では、都内各所や横浜にもベアードタップルームが作られ、アメリカへも日本のクラフトビールとして輸出(逆輸入?)されています。
そんなベアードブルーイングさんは、今から18年前、沼津港の真ん前「ベアードビール タップルーム沼津」から始まりました。事務所奥にある小さなスペースを利用した、ある意味画期的ともいえる醸造スタイルで、当時の地ビールファンも度肝を抜かれたそう。

規模だけでなく、そのラインナップは国内メーカー屈指の豊富さ。
常時造られる定番だけでも、たくさんの種類があります。
さらに季節ごとの限定もの、月ごとの限定もの、スペシャルな限定ものも。

7月のフェアには夏限定のクールブリーズピルスを始め、数種類のビールをご用意いただけるそうですよ♪

 

【リパブリュー(静岡県沼津市)】

こちらも、静岡県内新設ブルワリー&ブルーパブ。沼津駅前にブルーパブを構える「リパブリュー」さん。

ブルーパブとは、飲食店内でビール醸造をしたクラフトビールを提供する場所のこと。大都市圏を中心に、現在急増している形態であり、「出来立て」「鮮度」を大々的にうたっている大手ビールメーカーさんをも凌ぐ、最速でフレッシュなビールを味わえます。

そのブルーパブを、沼津という地方都市で立ち上げたのが、オーナーであり醸造長でもある 畑翔麻氏と料理長 小峰氏。
お二人とも、20代という若さにして一国一城の主’sとなりました。

醸造長の畑氏は、数多い静岡県内のクラフトビールメーカーでも長い歴史を誇る、酪農王国オラッチェさんで4年半、ブルワーとしてご活躍された方。
長年の夢だったブルーパブをオープンするに当たり、畑氏は料理人の道に進んだ高校の同級生小峰氏を口説いて、共同経営者兼料理長として招き入れました。
そうして、ビールと料理のペアリングを本格的に楽しめる、”Chef&brewer Repubrew”をオープンさせたのです。

フェアで提供されるビールは…じっくり思案中だそうですので、ぜひぜひお楽しみに ♪

 

今日はここまで。

次回の紹介もお楽しみに♪

こちらで紹介しているビールブースさんは、静岡フェアのFacebookページでご覧いただけます。
お時間のある方は、こちらも是非どうぞ。
静岡クラフトビール&ウイスキーフェア

Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaに参加しました!〜後編〜

こんにちは、担当Mです。

今回のイベント、撮影係という役目だったので、画像の数が多くて、前編後編と引っ張ってしまいました(笑)

それでは早速、後編に参りたいと思います!


Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaに参加しました!〜後編〜


IMG_5215

前編からお伝えしてきました、Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaですが、乾杯を行った後、みなさま気になるブースを見てみたり・・・

別に自慢じゃないですけど〜・・・正直、うちのブースが一番気になる雰囲気だったと思います(笑)

それでは、各ブースの紹介をしたいと思います。

IMG_9308_1

まず弊社ブースですが、いつも通り・・・ではありません!

ボトル紹介ポップに、ピンクの紙がついている!?

IMG_5051

ハニーハイボール、ジントニック、ソーダ割り、トニック割り・・・

そうです、今回簡単なカクテルにしてお出ししていました。

いきなりウイスキーは、という方の為に、もっと飲み易い、親しみのある飲み方にして、いつもとは違ったハイボールやジントニックを楽しんで頂けたかと思います。

IMG_5068

AOI BREWINGさんでは、ペールエールツヴィートラハトの二種類を提供。

こちらはもうお馴染みの味なので、静岡の街中で飲み歩いている方には定番商品です。

IMG_9314

素敵なサーバーですね!これだけで、かなり迫力があります!

IMG_5111

ビールのヨコタさんでは、ベアードビールさんのわびさびジャパンペールエールと、黒船ポーターの二種類を提供していました。

IMG_5284

なんとこの日、ベアードビールの方がお手伝いに来てくれていました!

気になるわびさびジャパンペールエールを注いでもらったのですが、少し注いだところで終わってしまい・・・樽交換中の写真です(泣)

黒船ポーターは、ベアードビールの工場見学で飲ませて頂いた麦汁の甘〜い香りがとっても良かったです。

IMG_5183

湧登さんでは、バイエルンマイスターさんのクローネと、トロピカルホップの二種類を提供していました。

IMG_5290

・・・と、生ハム!

パルマハム ガローニ ゴールドというものです。薄くて、ふわふわで美味しかった〜!

IMG_5212

静岡の老舗食品問屋である富士農商事さんは、ドライフルーツ盛り合わせ枝豆ポテトONクリームグラタン・チーズ入りフランクフルト・枝豆の盛り合わせの三種類を提供していました。

IMG_5075

準備中からめちゃくちゃいいにおいがしたので、私もすぐに買っちゃいました!クリームグラタンが美味しかったです。

IMG_5118

この日の救世主!ハワイウォーターさんです!

お水の提供をしてくれました。この水、かなり美味しかったです。

IMG_5065

ディスプレイがかわいい〜!!

ガイアフローブースで、水割りを希望される方も居たので、その際にもお世話になりました。ハワイウォーターさん、ありがとうございました!!

 

IMG_9317

気付くと、会場はたくさんの人で溢れていました。

時計が映っていますが、この時点で開場から1時間も経たない12時のようです。

 

あ!12時と言えば・・・

AOI BREWINGさんの「静岡市におけるビール造り」というセミナーの時間です!

IMG_9320

撮影の為、セミナールームに入った時は、既に満席でした!

ビールとおつまみを片手に、気軽に聞いて頂けるようになっております。

IMG_5234

まずは、代表の満藤さんより、なぜ静岡市でビールの醸造をはじめたかのお話し。

IMG_5249

そして醸造責任者の高さんより、静岡でのビール造りについてのお話しでした。

高さん、真ん中でお話しするのは恥ずかしいらしく、照れながら端へ行く姿がなんともかわいらしかったです(笑)

 

さらに、13時からはガイアフロー代表中村による「来春誕生!静岡蒸溜所」セミナーも行われました。

IMG_5264

こちらも満員御礼!!

IMG_5273

スライドショーを使用したセミナーが中村スタイルです。

今回は、静岡市との土地賃貸借契約が締結されて以降、初めてのセミナーなので、蒸溜所について詳しく解説されました。

 

セミナーが開催されている間は、メイン会場内の人が少なくなるんですが、終わるとまただんだんと人が増え、そしてまた飲む(笑)

IMG_5294

みなさん、最後までたくさんたくさん飲んでくださいました。

正直、このイベント、大成功だったと感じています!

ビール好きの人はもちろん、静岡のビールや、輸入されているウイスキーを知ることができ、かなり刺激的な機会だったのではないでしょうか。

また来年も計画して、今度はもっと規模の大きなものを目指したいと思っております!!

このブログを読んで、ガイアフローのお客様が静岡のビールに興味を持ってくれたら嬉しいです。

予習して、次回のCraft Beer & Craft Whisky in Shizuokaに来てくれたら、もっともっと嬉しいです!!

Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaに参加しました!〜前編〜

こんにちは、担当Mです。

土曜からお天気で、暑い日が続いていますね。

そんな晴天の先週末、Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaが開催されました!


Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaに参加しました!〜前編〜


IMG_5079

Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaは、静岡市葵区にある、DenBillというビルの2階で行われました。

IMG_5152

開場前から並んでくれている方がいました!

IMG_5157

一番乗りらしき2人組のお兄さん、勿論一番最初にチケットを購入!

この瞬間、「いよいよ始まるな」 と、気持ちが引き締まりました。

 

まずは、第一回ということで、主催3社の代表の挨拶をしました、ぺこり。

IMG_5163

左から、弊社社長中村、CSA不動産社長小島、AOI BREWING代表満藤です。

そして、来賓挨拶。

IMG_5168

静岡商工会議所の専務理事 熱川裕 様と、

IMG_9299_1

静岡市の経済局長 築地伸幸 様です。

ここまで、ちょっと雰囲気カタいかな…と思ったのですが、熱川さんの「早く飲みたい」という一言で場が和み、皆さん真剣に聞いてくれました。

 

来賓挨拶が終了したら、まずは乾杯に向けて最初のドリンクを交換しに行きます。

IMG_5185

こちらはAOI BREWINGさんです。

醸造責任者の高さんが自ら注いでくれます!作り手自らお客様にお届けする、作り手さんから頂ける、これはかなり嬉しいです!!

IMG_5179

こちらはベアードビールを提供してくれていたビールのヨコタさん。

トレードマークとも言える「うまいビールあるよ」のヨコタTシャツで参加してくれました。注いでいるのは、ペールエールですね。私も大好きです。

IMG_5195

こちらはバイエルンマイスターを提供してくれていた湧登さん。

なんでも、ビールサーバーがドイツ式だそうで、ちょっとむずかしいらしいです。

IMG_5182

自社を紹介し忘れていましたが、若干数ウイスキーで乾杯してくれる方もいましたよ!

IMG_5194

みなさんビールやウイスキーを片手に、一口も飲まずに待っていてくれました!

そして、乾杯の音頭は、AOI BREWING代表満藤さんに!

IMG_5204

「乾杯」ではなく、『LOVE 静岡』という乾杯でした!

もちろん、み〜んな静岡が大好きですから、大きな声で『LOVE 静岡〜っ!!』と乾杯、お隣の方と乾杯♪

 

乾杯のあとは、みなさま思い思いにビールやウイスキーを楽しんでいただきました。

その様子は後編にてお伝えいたします!

Craft Beer&Craft Whisky in SHIZUOKA開催します!

こんにちは、担当Mです。

自宅の電波時計に室温が出るんですが、もう夏の数値出してます。文字にすると暑くなるから文字にはしませんが、夏が来てるのをひしひしと感じています。

そんなじわりじわりと迫り来る夏、ガイアフローが静岡でイベントやっちゃいます!


Craft Beer & Craft Whisky in SHIZUOKA開催します!


20150712poster

2015年7月12日(日)11:00〜17:00

静岡県静岡市葵区御幸町4-6 Den Bill 2F

 

ガイアフローのある静岡市にて開催致します!

弊社の取り扱うクラフトウイスキーはもちろん、静岡のクラフトビールも参加する、静岡の「クラフト」に特化したイベントです!!!

出店企業を簡単ですがご紹介致します。

AOI BREWING

2014年創業のまだ新しいクラフトビールながら、リリース当初から爆発的な人気で静岡を騒がせています。静岡のみかんやお茶、季節に合わせたビールを出して、いま静岡市で一番人気を集めているクラフトビールです!

Bayern Meister bier by 湧登

バイエルンマイスタービールという、その名の通り、ドイツビールのクラフトビールです。醸造所は富士市にあり、富士山水とドイツ産麦芽とホップの見事な融合がクセになります!今回は静岡駅から徒歩3分の鉄板焼き屋さん湧登(ゆうと)さんがご提供いたします!

Baird Beer by ビールのヨコタ

静岡市葵区呉服町にあるビールのヨコタさんからは、ベアードビールが提供されます。ベアードビールは、既に都内進出しているので、知っている方も少なくないと思いますが、個性的だけどクセになる、魅力的なクラフトビールです!

GAIAFLOW

スコッチウイスキーを中心に、世界のウイスキー、スピリッツ、リキュールの輸入販売を行っております。来春、静岡市内に蒸溜所開設予定!

富士農商事株式会社

静岡市内に本社をおく、総合食品問屋さんです。創業65年!最近は静岡県内のお客様とタイアップして、静岡県のオリジナル商品の開発もしているとか!今回は、静岡のビールに合ったおつまみを提供してくださる予定です。

また、GAIAFLOWの代表中村とAOI BREWINGの代表満藤さんによる無料セミナーも行う予定です!

残念ながら私は参加できないのですが、大変いいお話しが聞けるとおもいますので、参加を推奨いたします!!

正直、内容濃すぎます。

県外からのお客様にもぜひ来て頂きたいです。

県外から行くよ!と言ってくださる方は、わからないことがあれば、メールやtwitterでご質問ください!

実は、静岡でクラフトビールやクラフトウイスキーのイベントをやるのは初めての試み。

ということで、昨日ブログに先駆けて作成したFaceBookページが大注目されています。

たくさんのいいね!やシェアをして頂いていますー!パチパチー!

今後、企業の紹介などを詳しくしていく予定なので、よろしければ、いいね!してください☆

Craft Beer & Craft Whisky in ShizuokaのFaceBookページ