タグ別アーカイブ: HOROMATA EXPORTS(NZ)LIMITED

【静岡フェア】出展ブース紹介☆ウイスキーその2

静岡フェア出展ブース紹介、4日目となりまして、ビール、ウイスキー、ビール、ときて、そう、またウイスキーのご紹介です。

お酒のブース紹介は、これで最後になります。

開催日までに、何度も読み返して、狙いを定めてください!

もちろん、私はすでに決まってます♡


【静岡フェア】出展ブース紹介☆ウイスキーその2


【HOROMATA EXPORTS(NZ)LIMITED(ニュージーランド)】

初参加、HOROMATA EXPORTS(NZ)LIMITEDさん。
社名を見てわかる通り、ニュージーランドの商品を輸入しています。

HOROMATAホロマタ、なんだか一見、日本語のようにも思いますが、これはニュージーランドの原住民マオリ族の言葉で、PURE=純粋、と表すそうです。
ニュージーランド産のワイン、ウイスキー、ビールにジンまで、様々なお酒を輸入販売していらっしゃいます。

CEOである宮﨑和男さんは、観光で訪れたニュージーランドがとっても好きになってしまって、移住、それからビジネスをはじめてしまったそう。
ニュージーランドが好きだから住む、ニュージーランドのお酒の品質が良かったから日本に輸入する。
シンプルだけど、愛のある企業であることがわかります。

初日の28日(土)には、代表の酒詰(さかづめ)智史 氏によるセミナーも開催いたします。
ニュージーランドでウイスキー?という疑問を解き明かすお話を、歴史背景も織り交ぜながら聞くことができますよ。

セミナーの試飲アイテムは、日本未入荷のものも。
25年もののニュージーランドウイスキーもあるそうですよ♪

セミナーのお申し込みはコチラから。
HOROMATA EXPORTS(NZ)LIMITED酒詰智史 氏「ニュージーランドウイスキーの歴史とトムソンウイスキー」

【ウィスク・イー(東京都千代田区)】

ビール好きさんはもちろんご存知、スコットランドの「ブリュードッグ」や、デンマークの「ミッケラー」。
こちらを輸入しているのがウィスク・イーさんです。
と言っても、会社名にある通り、元々はウイスキーの輸入販売から始まりました。

1995年、日本におけるアラン蒸溜所の東京インフォメーションセンターとして始まりました。その後、アラン蒸溜所のウイスキーや、スプリングバンク、ベンリアック、などなど、スコッチ好きにはおなじみのウイスキーを数多く輸入販売しています。

近頃、国内外で盛り上がっているクラフトジンのジャンルでは、京都蒸溜所の「季の美」の販売代理店でもあります。
ロンドンドライジンのスタイルに、和の要素が加わり、上品で香り高い味わいが魅力的です。

『ビールは知っていたけど…』という方は是非、この機会にウィスク・イーさんのウイスキーのことも知ってください!
ウイスキー好きはもちろん、お好みのスコッチをお楽しみください♡

 

【信濃屋(SHINANOYA)(東京都世田谷区)】

ウイスキーの販売だけでなく、インポーターとしても活躍する信濃屋さん。
オフィシャル、ボトラーズ、多くのブランドを取り扱っていて、家飲み派さんは、一度は利用したことがあるはずです。

信濃屋さんといえば、プライベートボトルの多さ!
超有名RPGや、日本を代表する怪獣などなどなど、今までにないコラボレーションを実現しています☆
思わず手に取ってしまうような、魅力的なラベルのプライベートボトリングの数々。
そして当然のことながら、見た目だけではなく、味わいも折り紙つき。

そんな魅力的なウイスキーを選んでいるのが、スピリッツバイヤーの北梶氏。
世界中を飛び回り、素晴らしいカスクを選定。
信濃屋さんとしてのプライベートボトルはもちろん、バーやイベントなどでコラボレーションボトルとしてリリースされています。

北梶さんの確かな知識と、豊富な経験によって厳選されたカスク数々は、常に注目の的です。
当日は、その北梶さんもブースに立って、自慢のウイスキーを紹介してくださいます。
お楽しみに!!

 

【スコッチモルト販売(東京都板橋区)】

初出展となる「スコッチモルト販売」さん。
実にわかりやすいお名前〜!
そう、その名の通り、スコッチウイスキーをはじめとするウイスキーやスピリッツなどを販売していて、オリジナルのボトリングもしているインポーターさんです。

スコッチモルト販売さんの運営する通販サイト「saketry」。
こちらは利用したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

saketry=サケトライ=酒 トライ、
ということで、お酒のボトルをいきなり買うのではなく、いろいろなサンプルボトルを購入し、お試ししてから、ボトルを購入するというかたちを勧めている通販サイトです。
新しい商品を購入するときは、ちょっと覚悟が必要です。
そんな時、お手頃価格でまずはお試しができたなら。
決して安いとは言えないお酒ですから、お試しして、美味しい!の発見があったら、こんなに嬉しいことはないですよね。
その「saketry」を運営しているのが、スコッチモルト販売さんなのです!

中でも人気なのは、1800年代に創業、そして廃墟となったが再生したウルフバーン、そしてコーヴァルではないでしょうか。
コーヴァルはシカゴにある蒸溜所。
近頃は、静岡市内のバーでも、コーヴァルのクラフトジンを取り扱っているところもありますよ。

当日は、コーヴァル専属のバーテンダー マイケル・マッターズバーガーさんがいらしてくださいます!
コーヴァルの美味しい飲み方を、教えてくれるはず♡
もちろんスコッチやウイスキーもたっぷりありますので、ぜひtryしてみてください♪

 

【ブルックラディ蒸溜所(スコットランド・アイラ島)】

ブルックラディ蒸溜所といえば、スコットランドはアイラ島にあります、超有名&超絶人気の蒸溜所・・・!!

設立されたのは、1881年。長い歴史を持つ蒸溜所です。
その歴史の中では、もちろん順調なことばかりではなく、多くの蒸溜所がそうであるように、生産の停止や、閉鎖もありました。
2001年に生産を再開し、現在は、フランスの大手飲料メーカーであるレミー・コアントロー社の所有となっています。
今回は、そのレミー・コアントローさんが、人気ボトルを持ってご参加くださいます。

ブルックラディ蒸溜所のオフィシャルボトルといえば、鮮やかなカラーリングの、現代的なデザイン。一見、流行りのクラフトジンのような派手なデザインですが、見た目だけではありません。

アイラ島では珍しい、アンピーテッドタイプのウイスキー。複雑で華やか、フローラルな味わいが魅力です。スコットランドの、そしてアイラ島のテロワールを重視し、蒸留から熟成、瓶詰めに至るまで、全てアイラ島で行なっています。

2013年からは、「スコティッシュ・バーレイ」「アイラ・バーレイ」という、原料の麦芽の生産地を限定したシリーズもリリースされています。
収穫された年や、土地によってウイスキーの味わいが変化することから、毎年楽しみにしているファンも多くいます。

他にも、ブルックラディ蒸溜所では、ポートシャーロットやオクトモアというモルトも製造しています。
こちらも、オフィシャルのボトルはかなりおしゃれなデザインとなっています。
ブースもおしゃれで、当日は一際目を引く存在感となる予感です!!
お飲み逃しなく・・・☆

*当日は、レミー・コアントロー社の方が、商品の提供をいたします。

 

【ウイスキーラバーズ名古屋実行委員会】

静岡はもちろんのこと、世界各地、日本でも様々な場所でウイスキーの祭典は開催されています。
愛知県名古屋市で、2017年より開催されているのが、「ウイスキーラバーズ名古屋」。
 
ウイスキーラバーによる
ウイスキーラバーがつくる
ウイスキーラバーの祭典
 
こちらをコンセプトに、人と人、人とウイスキー、新しい発見と出会いに満ちたウイスキーイベントを目指しているとのこと。
名古屋市内だけではなく、東海地区や関西、関東、日本中からたくさんのウイスキーラバーが集います。
 
イベントを運営しているのは、バーテンダーをはじめとした、ウイスキーを愛する有志のみなさん。
「ウイスキーラバーズ名古屋実行委員会」として、各地のイベントでもPRをしています。
 
そんな実行委員会の方々が、静岡にもいらっしゃいます!
当日試飲いただけるのは、ウイスキーラバーズ名古屋で発表された記念ボトルの数々。
今年のイベントに参加できなかったみなさま、改めてその味わいをお確かめくださいね。

お楽しみに♪

ビールやウイスキーの有料セミナーも開催します。
事前申し込みができますので、こちらからお早めのご予約を!
有料セミナー事前申し込みページ


【最新情報は、こちらから】
イベントの最新情報および過去のレポートはFacebookでも発信しています。
静岡クラフトビール&ウイスキーフェア Facebookページ

イベントページもありますので、来場される方はぜひ参加予定のボタンを押してください!
静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018 Facebookイベントページ

7月28日、29日は静岡で、みなさまのお越しをお待ちしています☆

【ボランティアスタッフ募集】
静岡フェアを一緒に盛り上げてくれるボランティアスタッフさんの募集も行っております!
ボランティアスタッフ希望の方は、こちらのブログ記事をご覧ください。

静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018ボランティアスタッフを募集!

【告知ご協力のお願い】
静岡フェアを応援してくださる飲食店を募集中!!!

もし、「静岡フェアを応援してるよ!お店にチラシ置いてもいいよ!」という飲食店さんがいらっしゃいましたら、下記お問い合わせフォームより、ご一報ください。
ポスターとチラシの設置可能枚数をお知らせいただければ、こちらからお送りいたします。

お問い合わせフォームはこちら

静岡県内・外問いません!
よろしくお願いいたします!

静岡フェア2018【ウイスキー】有料セミナー、事前申込を受付中!

静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018では、セミナーもパワーアップ!
2日間でなんと、合計14コマ!の有料セミナーが開催されます。

聞いてみたかったアレやコレ、講演者の方々に直接伺えるチャンスです!
この機会にぜひ、セミナーも受講してみてはいかがですか?

本日は、スケジュールのご紹介とセミナー受講方法についてお知らせします。


静岡フェア2018、有料セミナーの内容および申込方法を発表!【ウイスキー】


セミナー会場は、全部で3つ。
会場ごとに定員が異なりますので、ご注意ください。

●第1会議室(定員60名)
●第2会議室(定員27名)
●第3会議室(定員21名)

今年は、事前申込を受け付けます!


629日(金)正午12時 受付スタート!


お申し込みは、通販サイト WHISKY PORT にて。
予約ページが出現しますので、そちらからお申し込みをお願いいたします。

セミナーごとに申し込みページのリンクからも、予約ページに行くことができますよ。
なお、お支払い方法はクレジットカードのみとなります。ご了承ください。

チケットの発行・事前送付はありません。
当日、セミナー会場まで直接お越しいただいた際に、申し込みの確認をいたします。
注文確定メールが、事前申し込み確定の証明となります。
受付でご提示いただく場合がありますので、大切に保管してください。

日にちごとに、ウイスキーセミナーの詳細をご紹介いたします。

ウイスキーセミナー
2018年7月28日(土)

時間 第1会議室
60名)
2会議室
27名)
3会議室
21名)
12:30

13:30
セミナー番号:1
アオイブリューイング
福山康大氏
「<実演>
誰でもわかる
ビールの作り方」
セミナー番号:2
江井ヶ嶋酒造
株式会社
平石幹郎 氏
「江井ヶ嶋酒造の
ウイスキー造り」
13:30

14:30
セミナー番号:3
Octagon Brewing
千葉恭広 氏
「ドイツの学生生活と
醸造所での日常」
14:30

15:30
セミナー番号:4
ガイアフロー
静岡蒸溜所
中村大航
「3年目を迎える
静岡蒸溜所の
酒造りとは」
15:30

16:30
セミナー番号:5
熊谷陣屋氏
「2018年5月
米国クラフトビール
最新事情取材記」
16:30

17:30
セミナー番号:6
よなよなエール
田上峻氏
「木樽熟成ビール
について」
セミナー番号:7
HOROMATA
EXPORTS(NZ)
LIMITED
酒詰智史 氏
「ニュージーランド
ウイスキーの歴史と
トムソンウイスキー」

 

まずは、初日の28日(土)。
ウイスキーセミナーは、ガイアフロー静岡蒸溜所も含めて3つ。

・江井ヶ嶋酒造株式会社(講演者:平石幹郎氏)
・ガイアフロー静岡蒸溜所(講演者:中村大航 氏)
・HOROMATA EXPORTS(NZ)LIMITEDさん(講演者:酒詰智史 氏)

江井ヶ嶋酒造さんのセミナーは、今回初めて。滅多に聞けないお話の宝庫です。
3シーズン目を見据えた静岡蒸溜所は、これまでとこれからをたくさんの試飲サンプルとともにお届けします。
そしてニュージーランドのウイスキーを輸入しているHOROMATA EXPORTSさんも、今回が初セミナー。日本未入荷アイテムを携えてのセミナーです。

どれも見逃せない内容ですよ♪

<セミナー番号:2>

ブランド:江井ヶ嶋酒造株式会社
講演者:平石幹郎氏(代表取締役社長)
タイトル:江井ヶ嶋酒造のウイスキー造り
試飲アイテム:3種
シングルモルトあかし 10年 オールドシェリーバット
シングルモルトあかし 3年 SAKE CASK
シングルモルトあかし(NAS)

時間:12301330
会場:第2会議室
定員:27名
受講料:2,000円

セミナー開催は初!の江井ヶ嶋酒造さん。
今回はなんと、代表取締役社長の平石幹郎氏にいらっしゃっていただくことができました!!!

江井ヶ嶋酒造さんは、風光明媚な瀬戸内海に面した兵庫県明石市にある蒸溜所。
目の前には海が広がる、日本で最も海に近い蒸溜所です。
瀬戸内の焼けるような暑さの中で蒸留されるウイスキーは、まさに職人さんの汗の結晶・・・。
そんな江井ヶ嶋酒造さんでのウイスキー造り、じっくり聞いてみてください。

また、試飲アイテムも見逃せません。
シングルモルトあかしが3種類。
10年もののシェリーバットで熟成、と聞いただけで飲んでみたくなりますが、日本酒の樽で熟成させたウイスキーは、なかなかお目にかかれない逸品ではないでしょうか?
ノーエイジのあかしと飲み比べもお試しくださいね♪

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ

<セミナー番号:4>

ブランド:ガイアフロー静岡蒸溜所
講演者:中村大航(代表取締役社長)
タイトル:3年目を迎える静岡蒸溜所の酒造りとは
試飲アイテム:8種(ニューメイク4種、カスクサンプル4種)

時間:14301530
会場:第1会議室
定員:60名
受講料:2,000円

静岡フェアの実行委員でもあるガイアフロー代表の中村大航によるセミナーです。
2016年10月から製造を開始し、ようやく2シーズン目の製造終了が見えてきた静岡蒸溜所。
これまでの試行錯誤の結果生み出されたニューメイクや、熟成途中のカスクサンプルをなんと8種類ご用意いたします!

3年目を迎えるにあたっての新たな試みも、色々と準備中です。

ぜひ、たくさんの方に聞いていただければと思います。

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ

<セミナー番号:7>


ブランド:HOROMATA EXPORTS(NZ)LIMITED
講演者:酒詰智史 氏(代表)
タイトル:ニュージーランドウイスキーの歴史とトムソンウイスキー
試飲アイテム:2種
トムソンRYE & BARELY (日本未入荷)
The New Zealand Whisky 25 year old 

時間:16301730
会場:第3会議室
定員:21名
受講料:1,001円

これまでなかった、インポーターによるセミナーです。

社名にNZと入っている通り、ニュージーランド産のウイスキーを輸入しています。
HOROMATA=ホロマタ、と読むのですが、これはニュージーランドの原住民マオリ族の言葉で、純粋を意味しているそうです。
ニュージーランドのお酒に対する愛情が込められた、素敵な名前ですよね♪

講演いただくのは、代表の酒詰(さかづめ)智史 氏。
思わず「本名ですか?」と聞いてしまうような、まさにお酒業界にふさわしい名前の持ち主です。

広告会社に22年勤務後、惚れ込んだニュージーランドで会社を設立。
ニュージーランドでウイスキー?という疑問を解き明かすお話を、歴史背景も織り交ぜながら聞くことができますよ。

試飲アイテムは、日本未入荷のものも。
25年もののニュージーランドウイスキー、ぜひ味わってみたいです♪

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ


ウイスキーセミナー
2018年7月29日(日)

時間 第1会議室
60名)
2会議室
27名)
3会議室
21名)
11:00

12:00
セミナー番号:8
本坊酒造(株)
マルス蒸溜所
竹平考輝 氏
河上國洋 氏
「マルス信州蒸溜所の
継承と変革」
セミナー番号:9
カケガワビール
西中明日翔氏
「ベルギービールと
醸造」
12:00

13:00
完売御礼!
セミナー番号:10
ウイスキーファインド
Odin Chou 氏
「ウイスキーファインド
が樽を選ぶ哲学」
13:00

14:00
セミナー番号:11
一騎醸造
IKKI BREWING
阿久澤健志 氏
「伝統と文化を
ヒントにした
麹との調和を目指す
ビール造り」
14:00

15:00
セミナー番号:12
笹の川酒造
安積蒸溜所
山口哲蔵 氏
「笹の川酒造と
安積蒸溜所の
稼働まで」
15:00

16:00
セミナー番号:13
(株)ベンチャー
ウイスキー
吉川由美 氏
「一周回って、
ブレンドの魅力」
セミナー番号:14
南信州ビール
竹平考輝 氏
「イースト特性と
香味について」

 

29日(日)の有料ウイスキーセミナーは、全部で4つ。

・本坊酒造(株)マルス蒸溜所(講演者:竹平考輝 氏・河上國洋 氏)
・ウイスキーファインド by キムラ(講演者:Odin Chou 氏)
・笹の川酒造 安積蒸溜所(講演者:山口哲蔵氏)
・(株)ベンチャーウイスキー(講演者:吉川由美氏)

毎年完売御礼となる、マルス蒸溜所や秩父のベンチャーウイスキーのセミナー。人気の高さが伺えます。
福島県の安積蒸溜所は、戦後間も無くからウイスキー製造を始めた歴史ある蒸溜所。近年設備を増強し、さらなる飛躍を遂げています。
また、今年は台湾のボトラー、ウイスキーファインドさんのセミナーも!!!

順番にご紹介いたします。

<セミナー番号:8>

ブランド:本坊酒造(株)マルス蒸溜所
講演者:竹平考輝 氏(信州蒸溜所所長)・河上國洋
タイトル:マルス信州蒸溜所の継承と変革
試飲アイテム:3種
2014年原酒
2015年原酒
2018年ニューメイク

時間:11001200
会場:第1会議室
定員:60名
受講料:2,000円

長野県上伊那郡にあるマルス蒸溜所さん。
雪深い駒ヶ根の地でゆっくりと熟成されるウイスキーがある一方、自社で保有する屋久島でもウイスキーを熟成させています。

蒸溜所所長の竹平氏がお伝えする、マルス蒸溜所の2011年から2018年の歩み。

お話を伺いながら味わう試飲アイテムの3種は、新しい驚きを感じられるハズ。
ウイスキー造りにおける、継承と変革をぜひご自身で体験してみてくださいね。

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ

<セミナー番号:10>完売御礼!

おかげさまで、完売いたしました!

ブランド:ウイスキーファインド by キムラ
講演者:Odin Chou
タイトル:ウイスキーファインドが樽を選ぶ哲学
試飲アイテム:5種
山海経1989
鄭問三國誌1977 Blended Malt
鄭問三國誌Ledaig 1997
Filmnik! Orkney 1999
Silent Third Fire Bruichladdich 2004

時間:12001300
会場:第3会議室
定員:21名
受講料:1,001円

バーや酒屋さんで、ちょっと変わったデザインのウイスキーを見たことはありませんか?
これは、独立系瓶詰業者(インディペンデント・ボトラーズ)が、蒸溜所から原酒を樽ごと購入して、独自にボトリングをしたもの。
このようなボトルを「ボトラーズ」と言います。
これに対し、各蒸溜所で、製造からボトリングをまでをしているウイスキーは、「オフィシャル(公式)」ボトルと呼ばれています。

ボトラーズでは、樽ごと購入した原酒をさらに熟成させたり、異なる樽に詰め替えて熟成させたり、オフィシャルにはない独自の味わいが楽しめます。
ブラックアダーやアスタモリスも、この「ボトラーズ」に該当します。

そんなボトラーズの中から、今回セミナーをしてくださるのは、台湾のウイスキーファインドさん。
2014年に設立された、新進気鋭のボトラーです。

そのウイスキーファインドさんから、創業者であるオーディン氏が来日し、セミナーをしていただけることになりました!

ボトラーとして、オーディン氏が樽を選ぶ際に重要視するものは何か?じっくり聞いてみましょう!
物語性のあるラベルも特徴的な、ウイスキーファインドのボトル達。
その中から、話題の5種をご提供いたします。

通訳の方もいるので、言葉の心配はしなくても大丈夫!
今までにない新しい世界を覗いてみましょう♪

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ

<セミナー番号:12>

ブランド:笹の川酒造 安積蒸溜所
講演者:山口哲蔵 氏(代表取締役社長)
タイトル:笹の川酒造と安積蒸溜所の稼働まで
試飲アイテム:なし
*書籍「ジャリ道ーそれでも立ち上がった経営者たち」のお土産付き

時間:14001500
会場:第2会議室
定員:27名
受講料:3,000円

福島県にある、笹の川酒造の安積蒸溜所さん。
もともと造り酒屋である笹の川酒造さんは、多種多様なお酒を造っています。
ウイスキーの製造は、戦後間も無くから。
かつての社名「山桜」の名前を冠したウイスキーをリリースしています。

その笹の川酒造さんの新たな取り組みが、創業250年の節目にはじめた「安積蒸溜所」です。
貯蔵庫の一角を改装し、日本の三宅製作所製のポットスチルを新たに設置。本格的にモルトウイスキーの製造を開始しました。

この安積蒸溜所の稼働に至るまでの軌跡を、お話ししてくださいます。

また、笹の川酒造さんは、秩父蒸溜所=イチローズモルトとも深い関わりのあることで知られています。
秩父蒸溜所の肥土伊知郎氏の祖父は、同じ埼玉にある東亜酒造の創業者。事業再編により、行き場を失ったウイスキーの樽を預かったのが、笹の川酒造さんだったのです。

笹の川酒造の山口氏と、肥土氏との出会いについては、埼玉新聞社から出版されている「ジャリ道ーそれでも立ち上がった経営者たち」に掲載されています。
この本を、セミナー受講者のみなさまにプレゼント!
こちらも面白い内容ですので、要チェックですね♪

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ

<セミナー番号:13>

ブランド:(株)ベンチャーウイスキー
講演者:吉川由美 氏(ブランドアンバサダー)
タイトル:一周回って、ブレンドの魅力
試飲アイテム:カスクサンプル5種

時間:15001600
会場:第1会議室
定員:60名
受講料:2,000円

秩父のベンチャーウイスキーで、ブランドアンバサダーとしてご活躍されている吉川氏。
バーテンダーの経験もあり、またウイスキーの本場スコットランドでもウイスキーづくりに携わったことも。

これまでも、さまざまなセミナーがありましたが、今回はなんと!「一周回って、ブレンドの魅力」。
ベンチャーウイスキーならではの、魅惑のブレンドの世界にご案内いたします。

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ

申し込み開始は、6月29日(金)正午12:00〜
お楽しみに♪


【最新情報は、こちらから】
イベントの最新情報および過去のレポートはFacebookでも発信しています。
静岡クラフトビール&ウイスキーフェア Facebookページ

イベントページもありますので、来場される方はぜひ参加予定のボタンを押してください!
静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018 Facebookイベントページ

7月28日、29日は静岡で、みなさまのお越しをお待ちしています☆

【ボランティアスタッフ募集】
静岡フェアを一緒に盛り上げてくれるボランティアスタッフさんの募集も行っております!
ボランティアスタッフ希望の方は、こちらのブログ記事をご覧ください。

静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018ボランティアスタッフを募集!

【告知ご協力のお願い】
静岡フェアを応援してくださる飲食店を募集中!!!

もし、「静岡フェアを応援してるよ!お店にチラシ置いてもいいよ!」という飲食店さんがいらっしゃいましたら、下記お問い合わせフォームより、ご一報ください。
ポスターとチラシの設置可能枚数をお知らせいただければ、こちらからお送りいたします。

お問い合わせフォームはこちら

静岡県内・外問いません!
よろしくお願いいたします!