【コラム】クラフトとは何か?クラフトウイスキーとクラフトディスティラリー

【コラム】クラフトとは何か?クラフトウイスキーとクラフトディスティラリー

ガイアフロー静岡蒸溜所 代表の中村大航です。

今回のコラムは「クラフトとは何か?」というテーマで、「クラフトウイスキー」と「クラフトディスティラリー」という言葉について書きます。

「クラフトディスティラリー」という言葉は、ウイスキー関係のメディアでは使われますが、あくまで専門用語であり、一般の人が知っている言葉とは言えないでしょう。

一方、「クラフトウイスキー」という言葉は、今では新聞、雑誌、テレビなどのメディアでも使われ、日本国内で定着した感がありますが、意外と新しい言葉なのです。

「クラフトウイスキー」は、2015年3月から普及した

「クラフトウイスキー」という単語は2015年、弊社ガイアフローが発信したプレスリリースの中で使ったのが、国内のウイスキー業界で先駆けとなります。

2015年3月30日 発表
「 クラフトウイスキー蒸溜所を、静岡に! 」
〜 ウイスキー製造プロジェクト始動のご報告 〜

このプレスリリースの中では、誰もが見慣れない、耳慣れないであろう「クラフトウイスキー」という言葉を、下記のように定義しました。

<クラフトウイスキーとは>
世界のウイスキー業界で新しいトレンドになった、小規模蒸溜所(クラフト・ディスティラリー)で製造されるウイスキー。日本の小規模蒸溜所には、江井ヶ嶋ウイスキー蒸留所、信州マルス蒸留所、秩父蒸溜所がある。スコットランドでは、エドラダワー、アラン、キルホーマン他。

元々は「クラフトディスティラリー」が使われていた

それまでの日本のウイスキー業界では、小規模な蒸留所を表す「クラフトディスティラリー」という言葉しかありませんでした。

実際、2014年に国内で実際にウイスキーを蒸留している小規模蒸留所は限られていて、江井ヶ嶋ウイスキー蒸留所、信州マルス蒸留所、秩父蒸溜所しかありませんでした。(当時、宮下酒造株式会社でもウイスキーの蒸留はされていますが、蒸留所としての体裁は無いという認識です)

2014年2月、初めて開催された秩父ウイスキー祭にて、私は「世界のクラフトディスティラリー」というテーマでセミナーを行いました。

「世界のクラフトディスティラリー」セミナーをレポートするFacebookの投稿https://www.facebook.com/taiko.nakamura.17/posts/670313356344335

世界的に小規模蒸留所が注目を集めるようになってきたものの、まだあまり情報が無かったときでした。数カ国の小規模蒸留所を巡り歩いていた私に、依頼が来たのは自然な流れでした。

小規模蒸留所は、マイクロディスティラリーとか、ファームディスティラリーとも呼ばれていましたが、多くはクラフトディスティラリーという言葉が使われることが多かったと思います。

「クラフトディスティラリー」の定義

2014年、北米では小規模蒸留所が急速に増えつつあり、クラフトという言葉が多様される状況があったそうです。

しかし、クラフトという言葉に対する法的な定義は無く、混乱を招いていたため、自治体や団体が下記のような独自の定義をそれぞれ発表していました。

地域の法律によるもの(2014年当時)

ワシントン州(アメリカ)
年間生産量:6万ガロン(22万8千リッター)未満

ブリティッシュ・コロンビア州(カナダ)
年間生産量:1千 〜 5万リッター
蒸留機のサイズ:100 〜 5,000リッター

任意団体の指針によるもの(2014年当時)

DISCUS (米国蒸留酒協議会)
年間生産量:4万ケース(36万リッター)未満

American Craft Distillers Association
年間生産量:75万プルーフガロン(142万リッター)未満

American Distilling Institute
年間販売量:10万プルーフガロン(19万リッター)未満
資本の独立:大会社の持ち株比率が25%未満

それが現在では様相が一変しています。ひと言で言うと、クラフトの定義が無くなってきているのです。

現在では、小規模蒸留所の生産量が増えてきたため、生産量による定義は無くなりつつあるようです。また、大企業と資本提携する事例も増えてきたのか、資本の独立性に関する定義も見かけなくなりました。

クラフトディスティラリーの増加、多様化が、数値基準による区別を難しくしたと言えるでしょう。

「クラフトディスティラリー」に代わる言葉はないか?

2014年の前半、私と妻の美香(現 副社長)は、静岡蒸溜所のコンセプトを練っていました。

ブランディングの専門家である友人、江上隆夫氏(株式会社ディープビジョン研究所)の協力を得て、数ヶ月かけてブランドの有るべき姿を模索していました。

その中で、大きな課題となったのが、新しいムーブメントである「小規模蒸留所のウイスキー」という新しいスタイルを、いかに言葉で表現するか?でした。

ひとつの参考事例として取り上げたのは、コーヒーの価値を追求する流れを表す「サードウェーブコーヒー」でした。

クラフトディスティラリーで造られたウイスキーを、何か分かりやすい言葉で表現できないだろうか?その言葉を普及させることで、日本国内で新しいマーケットを創造できるだろうと考えていました。

その最有力候補が「クラフトディスティラリー」でした。

しかし、そもそも蒸留所を意味する英単語「ディスティラリー」という言葉は、日本人には難しすぎます。実際、ウイスキー愛好家だった私の父でさえ、ガイアフローディスティリング株式会社の社名を「ガイアフローディストラリー」と誤記するほどでした。

「ディスティラリー」という英単語を国内で一般に普及させることは無理だと判断するしかありませんでした。

「クラフトビール」をヒントに生まれた「クラフトウイスキー」

2014年6月に、静岡蒸溜所の候補地が見つかり、プロジェクトは一気に現実味を帯びてきました。

地元の建築家デレック・バストン氏(WEST COAST DESIGN社長。その後、WEST COAST BREWINGを起ち上げる)と手を組み、蒸溜所のグランドデザインの検討が始まりました。

そして、2014年7月29日、とあるセミナーに参加したことが、「クラフトウイスキー」という言葉の誕生に繋がります。そのセミナーでは、デザインについて下記の3名の経営者が登壇してお話をされました。

朝霧重治 氏  (株式会社協同商事コエドブルワリー 代表取締役)
山井 太 氏  (株式会社スノーピーク 代表取締役)
渡辺孝雄 氏  (トーヨーキッチン&リビング株式会社 代表取締役)

その中で、コエドブルワリーの朝霧氏が、とても大事なことを発言されました。
「地ビールじゃなくて、クラフトビールと呼んだ」
この一節が、私の耳に残って離れませんでした。

そして後日、ブランドのコンセプトを言語化するミーティングをしている中で、「クラフトビール」をヒントとして「クラフトウイスキー」という言葉が誕生しました。

今になってみると、当たり前の言葉だと思えるのですが、当時は誰も使っていませんでした。その「クラフトウイスキー」という言葉が、アタマの中で産まれた瞬間の衝撃は、今でも忘れられません。

定着した「クラフトウイスキー」という概念

そして「クラフトウイスキー」という言葉を、いつ公に使うは大事な課題でした。

結果として、多くの方々が目にするであろう、弊社のウイスキー製造事業参入のプレスリリースで使うことを決め、2015年3月末まで待つことになったわけです。

それから6年経ちますが、「クラフトウイスキー」という言葉は完全に市民権を得たように感じます。

静岡蒸溜所は、2016年当時、全国で10カ所目のウイスキー蒸溜所でしたが、現在は30カ所を優に超えていることを見ても、クラフトウイスキーというジャンルが形成されつつあると言えるでしょう。

改めての問い、「クラフトとは何か?」

日本で多くの小規模蒸留所が稼働し、そのクラフトウイスキーが世に出始めつつある今日、改めて「クラフトとは何か?」を問うことが必要ではないかと感じています。

「クラフトウイスキー」がクラフトたりえる事由とは、何なのか?

生産量なのか?だとしたら中量生産?それとも少量生産?
大手との違いは何か?資本の独立性なのか?
手造りによる価値はあるのか?工芸品としての価値か?
それともアートなのか?価値はどこにあるのか?

まだ問いが浮かんだばかりで、答えなど全く見つからないのですが、これからウイスキーを造り、販売しながら探していきたいと考えています。

Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaに参加しました!〜後編〜

こんにちは、担当Mです。

今回のイベント、撮影係という役目だったので、画像の数が多くて、前編後編と引っ張ってしまいました(笑)

それでは早速、後編に参りたいと思います!


Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaに参加しました!〜後編〜


IMG_5215

前編からお伝えしてきました、Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaですが、乾杯を行った後、みなさま気になるブースを見てみたり・・・

別に自慢じゃないですけど〜・・・正直、うちのブースが一番気になる雰囲気だったと思います(笑)

それでは、各ブースの紹介をしたいと思います。

IMG_9308_1

まず弊社ブースですが、いつも通り・・・ではありません!

ボトル紹介ポップに、ピンクの紙がついている!?

IMG_5051

ハニーハイボール、ジントニック、ソーダ割り、トニック割り・・・

そうです、今回簡単なカクテルにしてお出ししていました。

いきなりウイスキーは、という方の為に、もっと飲み易い、親しみのある飲み方にして、いつもとは違ったハイボールやジントニックを楽しんで頂けたかと思います。

IMG_5068

AOI BREWINGさんでは、ペールエールツヴィートラハトの二種類を提供。

こちらはもうお馴染みの味なので、静岡の街中で飲み歩いている方には定番商品です。

IMG_9314

素敵なサーバーですね!これだけで、かなり迫力があります!

IMG_5111

ビールのヨコタさんでは、ベアードビールさんのわびさびジャパンペールエールと、黒船ポーターの二種類を提供していました。

IMG_5284

なんとこの日、ベアードビールの方がお手伝いに来てくれていました!

気になるわびさびジャパンペールエールを注いでもらったのですが、少し注いだところで終わってしまい・・・樽交換中の写真です(泣)

黒船ポーターは、ベアードビールの工場見学で飲ませて頂いた麦汁の甘〜い香りがとっても良かったです。

IMG_5183

湧登さんでは、バイエルンマイスターさんのクローネと、トロピカルホップの二種類を提供していました。

IMG_5290

・・・と、生ハム!

パルマハム ガローニ ゴールドというものです。薄くて、ふわふわで美味しかった〜!

IMG_5212

静岡の老舗食品問屋である富士農商事さんは、ドライフルーツ盛り合わせ枝豆ポテトONクリームグラタン・チーズ入りフランクフルト・枝豆の盛り合わせの三種類を提供していました。

IMG_5075

準備中からめちゃくちゃいいにおいがしたので、私もすぐに買っちゃいました!クリームグラタンが美味しかったです。

IMG_5118

この日の救世主!ハワイウォーターさんです!

お水の提供をしてくれました。この水、かなり美味しかったです。

IMG_5065

ディスプレイがかわいい〜!!

ガイアフローブースで、水割りを希望される方も居たので、その際にもお世話になりました。ハワイウォーターさん、ありがとうございました!!

 

IMG_9317

気付くと、会場はたくさんの人で溢れていました。

時計が映っていますが、この時点で開場から1時間も経たない12時のようです。

 

あ!12時と言えば・・・

AOI BREWINGさんの「静岡市におけるビール造り」というセミナーの時間です!

IMG_9320

撮影の為、セミナールームに入った時は、既に満席でした!

ビールとおつまみを片手に、気軽に聞いて頂けるようになっております。

IMG_5234

まずは、代表の満藤さんより、なぜ静岡市でビールの醸造をはじめたかのお話し。

IMG_5249

そして醸造責任者の高さんより、静岡でのビール造りについてのお話しでした。

高さん、真ん中でお話しするのは恥ずかしいらしく、照れながら端へ行く姿がなんともかわいらしかったです(笑)

 

さらに、13時からはガイアフロー代表中村による「来春誕生!静岡蒸溜所」セミナーも行われました。

IMG_5264

こちらも満員御礼!!

IMG_5273

スライドショーを使用したセミナーが中村スタイルです。

今回は、静岡市との土地賃貸借契約が締結されて以降、初めてのセミナーなので、蒸溜所について詳しく解説されました。

 

セミナーが開催されている間は、メイン会場内の人が少なくなるんですが、終わるとまただんだんと人が増え、そしてまた飲む(笑)

IMG_5294

みなさん、最後までたくさんたくさん飲んでくださいました。

正直、このイベント、大成功だったと感じています!

ビール好きの人はもちろん、静岡のビールや、輸入されているウイスキーを知ることができ、かなり刺激的な機会だったのではないでしょうか。

また来年も計画して、今度はもっと規模の大きなものを目指したいと思っております!!

このブログを読んで、ガイアフローのお客様が静岡のビールに興味を持ってくれたら嬉しいです。

予習して、次回のCraft Beer & Craft Whisky in Shizuokaに来てくれたら、もっともっと嬉しいです!!

Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaに参加しました!〜前編〜

こんにちは、担当Mです。

土曜からお天気で、暑い日が続いていますね。

そんな晴天の先週末、Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaが開催されました!


Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaに参加しました!〜前編〜


IMG_5079

Craft Beer&Craft Whisky in Shizuokaは、静岡市葵区にある、DenBillというビルの2階で行われました。

IMG_5152

開場前から並んでくれている方がいました!

IMG_5157

一番乗りらしき2人組のお兄さん、勿論一番最初にチケットを購入!

この瞬間、「いよいよ始まるな」 と、気持ちが引き締まりました。

 

まずは、第一回ということで、主催3社の代表の挨拶をしました、ぺこり。

IMG_5163

左から、弊社社長中村、CSA不動産社長小島、AOI BREWING代表満藤です。

そして、来賓挨拶。

IMG_5168

静岡商工会議所の専務理事 熱川裕 様と、

IMG_9299_1

静岡市の経済局長 築地伸幸 様です。

ここまで、ちょっと雰囲気カタいかな…と思ったのですが、熱川さんの「早く飲みたい」という一言で場が和み、皆さん真剣に聞いてくれました。

 

来賓挨拶が終了したら、まずは乾杯に向けて最初のドリンクを交換しに行きます。

IMG_5185

こちらはAOI BREWINGさんです。

醸造責任者の高さんが自ら注いでくれます!作り手自らお客様にお届けする、作り手さんから頂ける、これはかなり嬉しいです!!

IMG_5179

こちらはベアードビールを提供してくれていたビールのヨコタさん。

トレードマークとも言える「うまいビールあるよ」のヨコタTシャツで参加してくれました。注いでいるのは、ペールエールですね。私も大好きです。

IMG_5195

こちらはバイエルンマイスターを提供してくれていた湧登さん。

なんでも、ビールサーバーがドイツ式だそうで、ちょっとむずかしいらしいです。

IMG_5182

自社を紹介し忘れていましたが、若干数ウイスキーで乾杯してくれる方もいましたよ!

IMG_5194

みなさんビールやウイスキーを片手に、一口も飲まずに待っていてくれました!

そして、乾杯の音頭は、AOI BREWING代表満藤さんに!

IMG_5204

「乾杯」ではなく、『LOVE 静岡』という乾杯でした!

もちろん、み〜んな静岡が大好きですから、大きな声で『LOVE 静岡〜っ!!』と乾杯、お隣の方と乾杯♪

 

乾杯のあとは、みなさま思い思いにビールやウイスキーを楽しんでいただきました。

その様子は後編にてお伝えいたします!

Craft Beer&Craft Whisky in SHIZUOKA開催します!

こんにちは、担当Mです。

自宅の電波時計に室温が出るんですが、もう夏の数値出してます。文字にすると暑くなるから文字にはしませんが、夏が来てるのをひしひしと感じています。

そんなじわりじわりと迫り来る夏、ガイアフローが静岡でイベントやっちゃいます!


Craft Beer & Craft Whisky in SHIZUOKA開催します!


20150712poster

2015年7月12日(日)11:00〜17:00

静岡県静岡市葵区御幸町4-6 Den Bill 2F

 

ガイアフローのある静岡市にて開催致します!

弊社の取り扱うクラフトウイスキーはもちろん、静岡のクラフトビールも参加する、静岡の「クラフト」に特化したイベントです!!!

出店企業を簡単ですがご紹介致します。

AOI BREWING

2014年創業のまだ新しいクラフトビールながら、リリース当初から爆発的な人気で静岡を騒がせています。静岡のみかんやお茶、季節に合わせたビールを出して、いま静岡市で一番人気を集めているクラフトビールです!

Bayern Meister bier by 湧登

バイエルンマイスタービールという、その名の通り、ドイツビールのクラフトビールです。醸造所は富士市にあり、富士山水とドイツ産麦芽とホップの見事な融合がクセになります!今回は静岡駅から徒歩3分の鉄板焼き屋さん湧登(ゆうと)さんがご提供いたします!

Baird Beer by ビールのヨコタ

静岡市葵区呉服町にあるビールのヨコタさんからは、ベアードビールが提供されます。ベアードビールは、既に都内進出しているので、知っている方も少なくないと思いますが、個性的だけどクセになる、魅力的なクラフトビールです!

GAIAFLOW

スコッチウイスキーを中心に、世界のウイスキー、スピリッツ、リキュールの輸入販売を行っております。来春、静岡市内に蒸溜所開設予定!

富士農商事株式会社

静岡市内に本社をおく、総合食品問屋さんです。創業65年!最近は静岡県内のお客様とタイアップして、静岡県のオリジナル商品の開発もしているとか!今回は、静岡のビールに合ったおつまみを提供してくださる予定です。

また、GAIAFLOWの代表中村とAOI BREWINGの代表満藤さんによる無料セミナーも行う予定です!

残念ながら私は参加できないのですが、大変いいお話しが聞けるとおもいますので、参加を推奨いたします!!

正直、内容濃すぎます。

県外からのお客様にもぜひ来て頂きたいです。

県外から行くよ!と言ってくださる方は、わからないことがあれば、メールやtwitterでご質問ください!

実は、静岡でクラフトビールやクラフトウイスキーのイベントをやるのは初めての試み。

ということで、昨日ブログに先駆けて作成したFaceBookページが大注目されています。

たくさんのいいね!やシェアをして頂いていますー!パチパチー!

今後、企業の紹介などを詳しくしていく予定なので、よろしければ、いいね!してください☆

Craft Beer & Craft Whisky in ShizuokaのFaceBookページ