カテゴリー別アーカイブ: プライベートカスク

静岡プライベートカスク2018、2017年12月13日より予約開始!

昨年多くの反響をいただいた、静岡蒸溜所のプライベートカスク。
いよいよ、この季節がやってきました。
本日は「静岡プライベートカスク2018」のご案内をいたします!


静岡プライベートカスク2018、12月13日より予約開始!


Caskoffer2018酒販店様へご案内のコピー

昨年は、多くのお問い合わせをいただき、ありがとうございました!
ご予約に際しては、想定を上回るご要望をいただき、ご用意した挺数が足りなくなってしまうほどでした。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
今年は、ご要望にお応えし、挺数を増やしてご予約を承ります。

樽に詰めるウイスキーの内容量も増やし、ピーテッドタイプのウイスキーもご用意する予定です。
あなただけのプライベートカスク、この機会にぜひご検討ください。

予約開始日:20171213日(水)12:00

メールマガジンの会員限定のニュースもあります。ご登録がお済みでないかたは、コチラからどうぞ。
メールマガジン登録フォーム

1130日(木)17:00までに、メールマガジンをご登録いただいた方には素敵なお知らせがありますよ

【プライベートカスク2017との違い】

プライベートカスク2018 プライベートカスク2017
内容量 バレル 195リッター 180リッター
クォーター 120リッター 110リッター
オクタヴ 60リッター 55リッター
ウイスキータイプ ピーテッド

アンピーテッド

アンピーテッドのみ

ご購入いただける樽は、お1人様、各ウイスキータイプごとに1挺までとさせていただきます。

樽の種類:EXバーボンカスク

ニューポットの種類:ピーテッドもしくはアンピーテッド

樽の種類・容量および予約申込金額:
バレル  (内容量 195リッター)
ピーテッドタイプ:¥1,188,000
アンピーテッドタイプ:¥1,080,000

クォーター(内容量 120リッター)
ピーテッドタイプ:¥732,600
アンピーテッドタイプ:¥666,000

オクタヴ (内容量 60リッター)
ピーテッドタイプ:¥366,300
アンピーテッドタイプ:¥333,000

予想されるボトリング本数(@700ml):
バレル   240本
クォーター 120本
オクタヴ   50本
※上記本数は予想であり、熟成年数や個体差により増減します

予約の受付場所:オンラインショップ WHISKY PORT ( http://whiskyport.jp/ )

お支払い方法:銀行振込

ボトリング時にお支払いいただく金額:酒税、消費税、ボトリングにかかる諸費用、配送料

樽詰めの時期:2018年12月31日までの間

ボトリングの時期:樽詰め日から3年経過以降最長熟成期間まで

最長熟成期間:バレル10年、クォーター7年、オクタヴ5年

詳細については、下記商品ページをご覧ください。
ガイアフロー静岡蒸溜所プライベートカスク2018
※リンク先の一覧画面の購入ボタンでは購入できません。そこから商品詳細ページに進み、オプションを選択の上、購入ボタンを押してください。

!!!重要!!!※
プライベートカスクにつきましては、商品の性質上、規約を設けております。
高額かつ、お届けまでに年月のかかる商品となっておりますのでご予約の前には、必ずご一読くださいますようお願いいたします。


ガイアフロー静岡蒸留所プライベートカスク2018 規約

【プライベートカスクとは】
静岡蒸溜所のウイスキーを、樽単位でご購入いただけるサービスです。
ウイスキーの味わいは、樽の材質やサイズ、貯蔵期間など様々な影響を受け、樽ごとに異なる味わいに変化していきます。ご自身で味わいを確かめ、熟成の進み具合を見極め、ボトリングのタイミングを決めてください。そうしてできたウイスキーは、世界であなただけの特別なウイスキーです。

続きを読む 静岡プライベートカスク2018、2017年12月13日より予約開始!

【プライベートカスク2017】カスクオーナー様限定!オーナーズバッジご注文受付中!

先日お伝えしたように、プライベートカスク2017のための樽詰めが、現在進行中!

プライベートカスクとは、ガイアフロー静岡蒸溜所のウイスキーを樽単位でお買い求めいただけるサービスのこと。カスクオーナーのみなさまには、樽詰め終了後、オーナー証明書をお送りいたします。

ただ、せっかくオーナーになっていただけたのなら、証明書だけじゃなく、もっと気軽に身につけられるものがあってもいいかも!という想いで、急遽ピンバッジを製作することにいたしました♪

本日は、カスクオーナーの方限定のオーナーズバッジのお知らせです。


カスクオーナー様限定!オーナーズバッジご注文受付中!


イメージ画像※商品画像は、イメージです。

【オーナーズバッジとは】
静岡蒸溜所のロゴとともに、アルファベットでカスクオーナー様個人のお名前・樽詰めされた西暦が刻印された、特別仕様のピンバッジ。
世界に一つの輝きを、カスクオーナー証とともにお届けします!

こちらのピンバッジ、カスクオーナー様には、無料で必ずおひとつお届けします。

でも中には、共同でご購入してくださった方もいるハズ。2名様分以上必要という方のために、1つ600円で販売することにいたしました。

※!!!重要!!!※

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□   ■
■  ご注文締切日:2017年12月10日(日)23:59  ■
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□   ■

締切日を過ぎてのご注文は、製作の都合上承ることができません。
お手数ですが、お早めのご注文をお願いいたします。

12月10日までにご注文いただけなかった場合、無料でお届けする
ピンバッジについては、弊社で刻印するスペルを決定し、製作に入らせていただきますことをご了承ください。

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ ■
■ ご注文の際は、必ずカスクオーナー様がご注文ください。  ■
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ ■

グループでご注文の場合は、カスクオーナーとして登録されている
個人の代表者の方のみがご注文いただけます。

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
■ お名前の刻印は、アルファベットでの記載となります。   ■
■ スペルの確認のため、必ず注文ページ備考欄にお名前を  ■
■ アルファベットでご記載ください。           ■
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■

刻印いただけるのは、個人名のみ(最大10文字まで)となります。
刻印なしのピンバッジのお届けは、対応いたしかねます。 WHISKY PORTに商品ページをご用意いたしましたので、下記の通りに ご注文をお願いいたします。

 

★ご注文方法★

(1)WHISKY PORTの「静岡蒸溜所」のカテゴリにて、商品ページをご覧いただけます。ご注文数に合わせ、商品ページをお選びください。

☆おひとつのみご注文のカスクオーナー様
http://whiskyport.jp/shopdetail/000000000925

☆グループでご購入のカスクオーナー様
http://whiskyport.jp/shopdetail/000000000926

 

(2)おひとつのみご注文のカスクオーナー様の場合
プライベートカスクのご注文1樽につき、ピンバッジは1つまで「無料」でお送りいたします。
決済画面の備考欄へ、お名前のスペルをご記入ください

例:Taiko.N

 

(3)グループでご購入のカスクオーナー様の場合
プライベートカスクのご注文1樽につき、ピンバッジは1つまで「無料」でお送りいたします。
追加のピンバッジの分は、プルダウンメニューよりお選びください。追加のピンバッジ1つにつき600円と送料がかかります。
決済画面の備考欄へ、注文数分のお名前のスペルをご記入ください。
お名前の記載がない場合、ピンバッジの製作することができませんので人数分の記入漏れがないようご注意ください。

例:注文数2
Taiko.N
Robin.T

 

※ご注意ください※
カスクオーナー様もしくは代表者様のお名前でご注文がされていない 場合、「キャンセル」とさせていただきます。

・ピンバッジは、カスクオーナー証と共に、2018年1月中のお届けを予定しております。 これは、樽詰め終了後でないと、オーナー様所有のカスクナンバーが確定せず、カスクオーナー証の製作ができないためです。
大変申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください。

ピンバッジは、すべてカスクオーナー様宛にお送りいたします。
12月10日までにご注文いただけなかった場合、無料でお届けするピンバッジについては、弊社で刻印するスペルを決定し、製作に入らせていただきますことをご了承ください

・WHISKY PORT掲載の商品画像は、イメージです。

プライベートカスク2017・樽詰め始まりました!

プライベートカスクとは、ガイアフロー静岡蒸溜所のウイスキーを、樽単位でご購入いただけるサービスです。

昨年の12月に、「プライベートカスク2017」として予約の受付を開始し、ご好評により大変多くのご予約をいただきました。

そこから約1年。ウイスキーづくりも試行錯誤を重ね、ようやくプライベートカスクのためのウイスキーづくりとなりました。
みなさんお待ちかねの樽詰め作業が、いよいよはじまりました!

プライベートカスク2017のための樽詰め作業の模様を、作業手順に従ってご紹介いたします。


プライベートカスク2017・樽詰め始まりました!


cask-flyer-1

まずは、樽の栓を開けるところから。
こちらの樽は、プライベートカスク2017では、一番大きいバーボンバレルです。

大きなネジのような器具を木栓に突き刺して、樽にぴったりとはまっている栓を引き抜きます。

IMG_8747

栓が開いたら、樽の口部分に鼻を近づけ、香りを確認します。もし、ここで異臭がした場合は、ニューポット(ウイスキーの原酒)を詰めることはできません。コンディションが良い樽でないと、いいウイスキーにはならないからです。

IMG_8750

様子を見ながら、ニューポットをゆっくりと樽の中に注ぎ込みます。

IMG_8761

ニューポットは、蒸留したてのため、無色透明。
樽に入れて熟成することで、ウイスキーのあの美しい琥珀色に変化していくのです。

IMG_8786

プライベートカスク2017では、バーボンバレルに入れる容量は180リットル。入れる量を確認し、ゆっくりとタンクの締め口を締めます。

IMG_8752

最後に、木栓でフタをして、樽の口を塞ぎます。
樽の口に、木栓をあてがい、ハンマーで打ち付けると、最初と同じようにピタリと栓が収まります。

IMG_8792

プライベートカスク2017第1号、誕生です!
これから順次、樽詰めをしていきます。今しばらくお待ちください。

カスクオーナーのみなさまには、近日中に大切なメールをお送りいたします。お見逃しなきよう、メールチェックをお願いします!

カスクオーナー証のお届けは、2018年1月下旬を予定しております。あなただけのカスクナンバーが記載してありますよ♪

プライベートカスク2018のご予約については、11月下旬公開予定です。
ぜひお楽しみに!

【メディア】中日新聞 しずおか版 2016年12月20日

2016年12月20日
中日新聞 しずおか版 朝刊

ウイスキー たるで販売
葵区の蒸留所 一般受注開始

静岡市葵区の中山間地で昨年七月にウイスキー蒸留所を開設した企業「ガイアフロー」(同区)は十九日、
今年製造したウイスキーのたる(カスク)所有権を販売する「静岡プライベートカスク2017」の一般受注を始
めた。
ガイアフローは葵区の玉川地区に蒸留所を建設し、今年九月から製造を手掛けている。九日には初めて造ったウイスキーがたる詰めされた。三年間熟成した後、二O二O年からの販売を目指す。
たる所有権は、三種類を販売。バレル(百八十リットル)が九十九万九千円。クォーター(百十リットル)が五十五万九千円、オクタブ(五十五リットル)が二十九万九千円。金額には保管料と保険料が含まれる。熟成後、好きなタイミングでボトル詰めして発送してもらうことができる。酒税、消費税、ボトル詰めにかかる諸費用、配送料は別途必要。
担当者によると、国内の蒸留所のたる販売は珍しい。会員向けの先行受注でも多くの受注があり、既にバレルが売り切れている。購入はインターネットの予約サイトから。問い合わせはガイアフロー = 電054(292)2555 = へ。
(垣見窓佳)

media-2017-12-20-%e4%b8%ad%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e

【メディア】静岡新聞 朝刊 経済面 2016年12月17日

2016年12月17日

静岡新聞 朝刊 経済面

静岡のウイスキー蒸留所
樽詰め原酒にオーナー制
19日から販売開始

静岡市の中山間地でウイスキー製造を始めたガイアフローディティリング(中村大航 社長)は19日から、蒸留したウイスキーを樽(たる)単位で販売するサービスを展開する。樽詰めをした原酒のオーナーを決め、豊かな自然に育まれながらウイスキーが熟成を深める過程を楽しんでもらう狙いだ。 同社は葵区落合の市有地に「静岡蒸留所」 を新築した。9月にウイスキー製造免許を取得して製造を開始し、 12月9日には初の樽詰めを行った。 サービスの名称は 「プライベートカスク販売」。2017年10月以降に蒸留したウイスキー原酒を、内容量が異なる3種類(180リットル、110リットル、55リットルのカシ樽に詰めた状態で売り出す。購入者は樽詰めの日から3年をすぎれば、決められた貯蔵期間内の好きなタイミングで瓶詰めをして持ち出せる。瓶詰めを複数回に分ければ、異なる味わいを楽しめる。蒸留所を訪れ、樽から少量を取り出して試飲することもできる。 申し込み価格(保管料·保険料含む)は29万9千 99万9千円と高額だが、会員向けの先行予約では酒販店やバーテンダー、ウイスキー愛好者から想定以上の申し込みがあった。19日からは対象を一般に広げる。 国内ではウイスキーを樽で買える機会は少ないという。中村社長は「ウイスキーは樽の材質や大きさ、貯蔵期間などの影響を受けて味わいを変えていく。 熟成の進み具合を自身で見極めながら瓶詰めしたウイスキーは特別な品になる」と話す。

image