カテゴリー別アーカイブ: 静岡蒸溜所

【メディア】日経MJ 2016年1月1日

2016年1月1日 日経MJ

「地ウイスキー」産声

ガイアフロー 静岡で本格スコッチ狙う

静岡市玉川地区に静岡蒸留所を設けるのはガイアフロー(静岡市)の中村大航社長。もともと半導体関連部品会社の3代目だった。

価格引き下げへの圧力が強い中、事業に限界を感じていた。「つぶれない中小企業の条件は商圏が広くオンリーワンの商品を持つこと。また顧客が多く、自分で販売も行っていることだと考えた」(中村社長)

12年、再生可能エネルギー事業を考えていたが、電力の小売自由化はいつまでたってもやってこない。新規事業の種が見つからないまま、気分転換のためスコットランドを訪ねたのが転機だった。

好きなウイスキーの蒸留所を巡る中で、キルホーマンという05年に創業したばかりの蒸留所に出会う。自らの会社よりも小さな敷地で、他の蒸留所では自動で水量を調整する機器が「浮き」で水位を測ったりするなどローテクな設備であることを目にする。

「すぐにこれだと思った」。酒はオンリーワンの事業。日本酒ならば300年、400年と続く会社も多い。日本酒の醸造所は日本に1600カ所以上あるのに対し、ウイスキーは日本では10カ所に満たず、世界でも1千カ所もない。世界で勝負出来ると感じた。

まず酒類免許を取得してウイスキーを売る事業を始め、酒販業界にネットワークを作った。全国で蒸留所用の土地を探す中、地元の静岡市からインフラが十分に整っておらず、地域おこしにも使いたいと言う希望から20年塩漬けになっていた市有地を紹介された。

Print

【メディア】ウイスキー専門誌 Whisky World 2015 DECEMBER 特集記事

ウイスキー専門誌 Whisky World 2015 DECEMBER 特集記事に掲載されました。

今号の特集は「日本にクラフトディスティラリー時代がやって来た」
その冒頭で、見開き4ページの記事で取り上げていただいています。

取材当日は、世界中の蒸留所を訪問しているウイスキー評論家の土屋守氏が、建設の始まった静岡蒸溜所を訪れました。周辺の様子も含めて、現地を子細に見て回り、「茶畑と蒸留所が一緒に見えるのは、ここだけだろう」と驚かれていました。

記事では、中村がウイスキー造りを志したきっかけや、インポーターを始めた経緯、静岡蒸溜所がどんなものになるのか、などをご紹介しています。

Whisky World 2015 DECEMBER は、11月29日のウイスキーフェスティバル東京を皮切りに発売されます。どうぞお楽しみに。

ウイスキーワールド 公式サイト
http://yumedia-net.co.jp/whisky-world

 

12250073_1099502310061137_4013544354441286652_n

ww16-17

ww18-19

【メディア】雑誌 BARATEE vol.3 特集インタビュー

雑誌 BARATEE vol.3 に、弊社代表 中村のインタビューが掲載されました。

BARATEE は、「大人をちょっとだけ楽しく暮らすためのワンテーママガジン」をコンセプトに静岡で編集・発行されている雑誌です。

11月20日に発売された今号の特集テーマは
「イマジン 10人のイマジンが、創り出す今。」

映画『ラストナイツ』の紀里谷和明監督を先頭に、10人のインタビューが掲載されている中、中村はウイスキー×イマジンとして9人目で登場しています。

取材は、静岡蒸溜所の建設工事が始まる前に行われ、まだ何も無かった更地の真ん中にイスを並べてインタビューが進みました。

ウイスキーに詳しいインタビュアーの方が来てくださり、ウイスキー製造に取り組むことを決意した経緯や、静岡蒸溜所が実現するに至ったいきさつ、夢だったヴィジョンがなぜ実現に向けて動き出すことができたのか、などを語っています。

静岡の戸田書店および丸善ほか、いくつかの店舗で購入することができます。
その他の販売店および通販は、下記のリンクをご覧ください。
http://baratee.jp/#buy

バラッティ 公式サイト
http://baratee.jp/

BARATEE-Vol3

BARATEE-Vol3-1-2

BARATEE-3-Taiko-Nakamura

【メディア】静岡新聞 2015年11月13日 朝刊 特集面 インタビュー

静岡新聞 2015年11月13日 朝刊 特集面

本音インタビュー「静岡産 世界発信目指す 〜ウイスキーの蒸留所設立へ〜」

ガイアフロー社長 中村大航氏
なかむら・たいこう
家業の精密部品製造会社の代表から、ウイスキー造りを目指して2012年1 月ガイアフローを設立。静岡市清水区。46歳。

静岡市の中山間地で、国内では数少ないウイスキーの製造に乗り出す。国内市場規模はまだ成長過程にあるが、静岡産ウイスキーの海外輸出や地元農産物加工所と連携したまちおこしなど地方創生の潮流にも沿った戦略を描く。

ー会社設立は2012年。以前は部品メーカーの経営者だった。
「当初は再生可能エネルギーで新事業を考えていた。ウイスキーの本場スコットランドを訪れる機会があり、小さな工場から世界中で愛されている有名ウイスキーが製造されているのを目の当たりにした。日本では工業製品を取り巻く環境が厳しくなっているが、かつて工業が盛んだったスコットランドでウイスキーは今も主力産業として輝きを放っている。ウイスキーに時代を超える商品性を感じた」

ー現在の進捗(しんちょく)状況は。
「蒸留所建設の準備と並行して、洋酒の輸入壁先に取り組んでいる。世界の取引先との関係を強め、将来の販路を確保する狙い。将来は、地元のウイスキーを世界に発信していきたい。蒸留所は来年4 月に完成予定。その後もいろいろな手続きがあるが、初夏ぐらいに製造を始めることができれば。年間10万リットルの製造が当面の目標だ」

ー蒸留所建設地に、静岡市葵区の玉川地区を選んだ。
「スコットランドがそうであるように、ウイスキーの熟成に大切なのは風土。全国で場所探しをする中で、緑豊かできれいな空気と水のある玉川が一番気入った。静岡の風土の影響を受けた静岡らしいウイスキーができるのではないか。地元の方が原料の大麦を生産してくださる計画ある。純静岡産ウイスキーが完成した時、『玉川』は有力な商品名候補の一つだ」

ー中山間地の活性化が期待される。
「建設予定地は比較的アクセスが良いことに加え、地元住民が非常に活動的。隣接地に農産物加工所を備し、地元で採れた野菜どの特産品を販売する計がある。お酒は、作った風土の中で飲むのが一番おいしいとされる。地元の食材をつまみに酒を味わったり、製造の様子を見学してもらったり、訪日外国人もターゲットにした静岡の名所を目指したい」

(聞き手=清水支局・河村雅彦)

Media-2015-11-13-am-Shizuoka