プレスリリース『 クラフトウイスキー蒸溜所を、静岡に! 』〜ウイスキー製造プロジェクト始動のご報告〜

2015年3月30日

関係者各位

ガイアフロー株式会社
代表取締役 中村大航

 

「 クラフトウイスキー蒸溜所を、静岡に! 」

〜 ウイスキー製造プロジェクト始動のご報告 〜

 

ガイアフロー株式会社は、シングルモルトウイスキーを製造するプロジェクトを始動いたしました。弊社のグループ会社であるガイアフローディスティリング株式会社がウイスキー製造を担当し、静岡市の玉川地区に蒸溜所の建設を計画しております。製造免許取得および製造開始の時期は、2016年春を目指します。

蒸溜所は見学できる工場として、将来は販売施設なども建設予定です。静岡市、玉川地区と連携して、中山間地振興の拠点となるべく整備を進めてまいります。

なお、本プロジェクトの詳細につきましては、弊社公式サイトおよび公式ブログにて順次発表いたします。

 

<クラフトウイスキーとは>
世界のウイスキー業界で新しいトレンドになった、小規模蒸溜所(クラフト・ディスティラリー)で製造されるウイスキー。日本の小規模蒸溜所には、江井ヶ嶋ウイスキー蒸留所、信州マルス蒸留所、秩父蒸溜所がある。スコットランドでは、エドラダワー、アラン、キルホーマン他。

<ガイアフローディスティリング株式会社について>
酒類の製造を目的として2014年10月に設立。資本金7千万円。代表者は中村大航。

<ガイアフロー株式会社について>
ウイスキー&スピリッツのインポーター。日本のウイスキー市場にニューワールド・ウイスキー(5大ウイスキー以外の国で製造されたウイスキー)を紹介し、新しいジャンルの確立を目指している。主な取扱ブランドは、アスタモリス(ベルギー)、ブラックアダー(英国)、アムルット(インド)、ズイダム(オランダ)、ランガタン(スイス)、マックミラ、ボックス(共にスウェーデン)

 

<お問い合わせ先>
ガイアフローディスティリング株式会社、ガイアフロー株式会社 共通
〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町263番地
電話: 054-355-2355 FAX: 054-355-2370
WEB: http://www.gaiaflow.co.jp/

 

【メディア】読売新聞 全国版 2015年3月30日 夕刊

2015年3月30日(月) 読売新聞 全国版 夕刊

静岡にウイスキー蒸留所

9月にも着工 19年頃初出荷へ

国産ウイスキーが海外で高い評価を受け、国内でも人気が高まる中、静岡市に新たにウイスキー蒸留所が建設されることになった。同市の中央部を流れる安倍川上流部に、市内の洋酒輸入会社が9月にも施設を着工。来春には原酒を仕込み始め、2019年頃に商品を売り出す計画だ。

建設するのは、同士清水区の「ガイアフロー」(中村大航社長)で、安倍川上流部の玉川地区の約2ヘクタールに、年明けまでに蒸留所と貯蔵庫を1棟ずつ建てる。別の会社が7年前までウイスキーを製造し、現在は稼働していない長野県御代田町の「軽井沢蒸留所」の設備を買い取り、一部を再利用。新東名高速道路の出入り口からも近く、将来は地場商品の売店や遊歩道なども設けて見学者を招く。

同市に生まれ育った中村社長は、12年にウイスキーの本場、英スコットランドの蒸留所を数多く見学し、古里でのウイスキー作りを志したという。地元住民も「地域活性化に繋がれば」と期待しており、周辺の農家からは「原料の大麦を生産するので利用して」との声も上がっているという。

Media-2015-03-30-pm-Yomiuri-National

【メディア】読売新聞 2015年3月3日 朝刊 長野面

2015年3月3日(火)読売新聞 長野面 朝刊

ウイスキー蒸留設備505万で落札

御代田町が出品 静岡の洋酒輸入業者

御代田町は2日、インターネットの官公庁オークション(ヤフー)に出品していたウイスキー蒸留設備が505万で落札されたと発表した。落札したのは、静岡市の洋酒輸入業ガイアフローディスティリング。9組が入札し、100万以上の札を入れたのは酒類関連業者の2組だった。

町財政課は「想定を大きく超える金額でほっとしている」と話している。NHK連続テレビ小説「マッサン」の効果もあるようだ。

設備は、撤退を決めたメルシャンから、町が敷地、建物とともに一括して購入したもの。7年前までは軽井沢蒸留所として実際に稼働し、特に2005年製造のウイスキー「軽井沢17年」が海外でも評判を呼び、プレミアがついてボトル1本10万程度の値がつく人気だという。

ガイアフローは「設備を可能な限り保全し、酒製造に生かしたい」としている。

Print

プレスリリース「 軽井沢蒸留所 製造設備一式 落札のご報告 」

関係者各位

2015年3月2日
ガイアフロー株式会社
代表取締役 中村大航

「 軽井沢蒸留所 製造設備一式 落札のご報告 」

過日、御代田町が開催した軽井沢蒸留所の製造設備一式の競売に、ガイアフローのグループ会社であるガイアフローディスティリング株式会社が入札し、金額505万円にて落札したことをご報告いたします。

今回の落札は、歴史ある軽井沢蒸留所の設備を可能な限り保全するとともに、酒類の製造のために稼働させることを目的としています。

ジャパニーズ・ウイスキーの歴史を語る上で、欠くことのできない存在である軽井沢蒸留所の資産を引き継ぐことになりますことを、大変嬉しく感じております。

なお、現時点において、各設備をどのように取り扱うかにつきましては未定となっております。後日、各設備の状況を詳細に確認した上で検討してまいります。

また、ガイアフローディスティリング株式会社の事業の詳細につきましては、後日、発表いたします。恐れ入りますが、今暫くお待ちいただきますようお願い申し上げます。

<参考リンク>
御代田町 一般競争入札による町有財産の売払いについて
http://www.town.miyota.nagano.jp/cyousei_zaisei/zaisei/1418607716_6800.html

<ガイアフロー株式会社について>
ウイスキー&スピリッツのインポーター。日本のウイスキー市場にニューワールド・ウイスキー(5大ウイスキー以外の国で製造されたウイスキー)を紹介し、新らしいジャンルの確立を目指している。
主な取扱ブランドは、アスタモリス(ベルギー)、ブラックアダー(英国)、アムルット(インド)、ズイダム(オランダ)、ランガタン(スイス)、マックミラ、ボックス(共にスウェーデン)

<お問い合わせ先>
ガイアフロー株式会社
424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町263番地
電話: 054-355-2355 FAX: 054-355-2370
http://www.gaiaflow.co.jp/

13 / 13« 先頭...910111213