【メディア】静岡新聞朝刊2018年12月19日 動画deしずおか+

2018年12月19日
静岡新聞 朝刊

山間の蒸溜所 熟成の香り

静岡市中心部から車で約40分。オクシズと呼ばれる中山間地、葵区落合の「ガイアフロー静岡蒸溜所」にたどり着いた。建物に一歩足を踏み入れる。若々しいウイスキーのツンとした、しかしどこか丸みも感じる芳香に鼻腔(びこう)をくすぐられた。
今秋、水や麦芽、燃料など、すべてを地元調達にこだわった念願の“オール静岡ウイスキー”の仕込みに本格的に乗り出した。(デジタル編集部・村松響子、白本俊樹)

洋酒造り こだわり(写真左上)

装置が所狭しと配された室内。11月下旬のこの日、“オール静岡ウイスキー”の初の蒸留が行われ、見学者に公開された。世界に一つとされる薪(まき)のじか火で加熱する蒸留機。スモーキーでパワフルな味を生み出すという
※動画では、ガイアフローの中村大航代表のインタビューもご覧になれます。

味も深まる 琥珀色(写真右上)

蒸留直後、無色透明だったウイスキーは熟成を重ねて琥珀(こはく)色に変化する。貯蔵たるの大きさや種類によって、色や味わいが違ってくるという。蒸溜所の一角の試飲室では、見学者がさまざまな熟成段階のウイスキーを吟味した

たるで貯蔵 整然と(写真右下)

たる単位で予約購入された「プライベートカスク」が、見上げる高さにまで整然と並ぶ。蒸留後に熟成を進める貯蔵庫だ。ひっそりとした空間に時折、試飲のため木づちを打ち開栓する音が響き渡った

霧中の工場 幻想的(写真左下)

標高約190メートルの山あいに立つ蒸溜所。夕方、うっすらと霧が広がった。工場の明かりがともり、幻想的な景色が浮かんだ
※動画では、一定間隔で定点撮影したタイムラプス映像で、“時の移ろい”をご覧になれます。

【静岡蒸溜所】第1回 静岡蒸溜所見学ツアーリポート!

今月12月から、いよいよ本格的にスタートした、ガイアフロー静岡蒸溜所見学ツアー。
静岡プライベートカスクのカスクオーナー様をお招きした、第1回目の見学ツアーの模様をお知らせいたします♪


第1回 静岡蒸溜所見学ツアーリポート!


記念すべき、第1回目の見学ツアーが開催されたのは2018年11月22日。あいにく不安定なお天気で、今にも雨が降り出しそうな空模様でした。

見学スタートの14時に合わせ、参加者のみなさんが続々とやってきます。
お招きしたカスクオーナーさんや、小さい子がいる家族連れ、バーテンダーさんなど。
そして、ガイアフローの取り扱いブランドからも、それぞれ代表する方々が駆け付けて下さいました!

・ブラックアダー(スコットランド) 代表 ロビン・トゥチェク氏
・アスタモリス(ベルギー) 代表 バート・ブラネル氏
・アムルット蒸溜所(インド) アンバサダー ガンガ・プラサド氏
・ボックス蒸溜所(スウェーデン) クオリティマネージャー ラーシュ・カールソン氏

見学ツアー開始前に、参加者及び来賓のみなさまにお集まりいただき、代表の中村大航から、ご挨拶。
続いて、来賓の方々からも、ご祝辞をいただきました。
(写真左から)
・ガイアフロー 代表 中村大航
・静岡市観光交流文化局 局長 中島一彦 氏
・静岡市経済局 経済局次長兼商工部長 杉山禎之 氏
・玉川地区連合町内会 会長 安本好孝 氏

静岡市産の杉製の発酵槽の前で、お祝いの言葉を聞くことができ、代表の中村も嬉しそう。
実はこの日、原材料オール静岡産ウイスキーの初蒸留日ということもあって、NHKをはじめとするメディアの方々もたくさん。

新聞やテレビで、たくさん取り上げていただきました♪
本ブログの「メディア」カテゴリからご覧いただけます。
こちらもぜひ、見てみてくださいね。

いよいよ見学スタート!
細い通路を通り抜けて、ミルルーム(粉砕室)へ。

オレンジ色のサイロには、麦芽が貯蔵されています。
実際に使用する麦芽に触れたお客様は、予想以上に乾燥した感触に驚いていらっしゃいました。
静岡蒸溜所では、1仕込み1トンの粉砕した麦芽を使用します。サイロに貯蔵された麦芽は、ゴミや小石を取り除いた後、真っ赤なモルトミルで粉砕します。

殻も含めて、砕いた麦芽は全て次の糖化の工程へと運ばれていきます。

こちらが、糖化を行うためのマッシュタン。
砕いた麦芽をお湯と混ぜ合わせることで、麦芽に含まれたデンプンが酵素によって分解され、糖分に変わります。
ガラス窓がついていて、そこから内部を覗き見ることができるんです!

お湯と混ぜ合わされた直後の麦汁は、最初は濁りがありますが、1時間ほど静置するとクリアに。
クリアな状態の麦汁は、マッシュタンの下部からホースを使って発酵槽に移動させます。

麦汁を移し終えたら、ここに酵母を投入。5,200リットル程度の麦汁に対し、5キロの酵母を使用します。
酵母の投入から24時間程度で、発酵のピークを迎えます。

モコモコの泡!
発酵の香りと、間近で見る光景に、見学者のみなさんも写真をパチリ。

発酵時間は、72時間〜120時間。
ウイスキーの製造工程の中では、熟成に次いで最も時間をかける重要な部分です。
静岡蒸溜所では、全て木桶で発酵させるのもポイントのひとつ。木桶に棲むたくさんの菌が、ここだけしかないウォッシュ(モロミ)を生み出してくれるのです。木桶のため、温度変化が少なく、発酵には最適な環境も保たれています。

発酵が終わったウォッシュのアルコール度数は、7%くらい。
これを蒸留機に移し、2回の蒸留をします。

この日は、初めての原材料オール静岡産ウイスキーの初蒸留日。
静岡の間伐材を使った、薪直火蒸留機で蒸留をしていました。
原材料全てを静岡産のもので仕込んだウイスキーについては、こちらもご覧ください♪
【静岡蒸溜所】オール静岡産ウイスキー!大きな一歩!

あかあかと燃えるかまどの中に、みなさん興味津々の様子。
かがみこんで、かまどの内部をご覧になっていました。

傍らのテーブルには、1回目の蒸留を終えたばかりの蒸留液がグラスに入れられ、ずらりと並んでいます。

流出が始まってから、刻々と変化する香りを実際に体験していただきました。
みなさんの質問を受けつつ、今度は熟成庫へ。

熟成中のウイスキーの香りと、光をふんだんに取り入れた今までにない熟成庫。
たくさんの方に見ていただきたいです。

静岡蒸溜所の第1熟成庫には、バーボン樽だけではなく、シェリー樽も。また、軽井沢蒸溜所にあった蒸留機も2基展示されています。
蒸留機をバックに、樽が並んでいるところをぜひ写真におさめてくださいね。

あっという間に、1時間の見学ツアーが終了。
ここで、一般見学者のみなさんは、試飲室へ。
プライベートカスクをご予約いただいているカスクオーナーの方は、第2貯蔵庫へご案内をいたします。

まずは、第2貯蔵庫の様子から。
ご自分の樽を目の前に、緊張の瞬間。

熟成中のプライベートカスクは、オーナー様の目の前で栓を開け、バリンチと呼ばれる金属製の筒で中身を取り出します。

シリンダーで容量を確かめ、200mlのボトルに詰めます。
カスクオーナー様にラベルを貼り付けていただいて、完成。

乾杯!
熟成中の静岡蒸溜所のウイスキー。それも自分だけのものとあって、嬉しさは格別ですよね。
お二人のオーナー様からは、とっても美味しかったとの声をいただけて、こちらもとても嬉しかったです♪

最後に記念写真を。
カスクオーナーのみなさま、ご来場お待ちしております♪

その頃の試飲室。
一般の見学者の方や、メディアの方に混じって、おなじみのこの方達も。

試飲室では、キャッシュオン方式で、静岡蒸溜所のニューメイクや、カスクサンプルをお試しいただけます。
ラインナップはその時々で変わりますが、プライベートカスク2019で樽詰めする予定のニューメイクは、常時ご用意しておりますので、ぜひお試しくださいね♪

また、ガイアフローが取り扱うウイスキーも「全て」お愉しみいただけます!
蒸留機を眺めながら、美味しいウイスキーはいかがでしょう?

みなさんのお越しを、お待ちしております。

ご予約は、こちらから。
ガイアフロー静岡蒸溜所見学ツアー

ハイランドクイーン、12月緊急発売決定!

今週から、本格的にガイアフロー静岡蒸溜所の見学ツアーも始まり、慌ただしい毎日。
カレンダーをふと見れば、今年もあと20日ちょっと。

忘年会や、年越し、お正月など、みんなで集まる機会が増えるこの季節。
気軽に楽しめる、美味しいウイスキーはいかがでしょうか?

本日は、12月に緊急発売が決定した、ハイランドクイーンのお知らせです!

12月13日(木)10時より発売です。
WHISKY PORTのページは、12月13日までは品切れの状態で表示しています。


ハイランドクイーン、12月緊急発売決定!


お手頃な価格と、優しい味わいで人気の「ハイランドクイーン」。
1893年に、スコットランドのリースに創業した、マクドナルド&ミューア社が初めて世に送り出しました。

その名前の由来は、「クイーン・オブ・スコッツ」と呼ばれる、スコットランドの女王であるクイーン・メアリー。
悲劇の女王とも言われ、波乱万丈な半生を送ったメアリーは、スコットランドをはじめとした人々の心を惹きつけ、現在も数多くの芸術作品の題材となっています。

フランス王妃でもあったメアリーが、悲劇的な運命によりスコットランドに帰国。舞い戻った地が、スコットランドのリースでした。
人民を魅了するメアリーになぞらえ、人々に愛されるウイスキーを提供しているのが、このハイランドクイーンなのです。

2016年から、日本ではガイアフローが販売を手掛けているハイランドクイーンが、ラインナップも新たに緊急発売となります!

続きを読む “ハイランドクイーン、12月緊急発売決定!”

【新商品】12月13日(木)発売!いつもより優しい!?ブラックアダー3アイテム&ラスタモリス第2弾!

12月といえば、忘年会のシーズンですね!
お酒でほっこり温まるものの、シーズン的にはお財布が痛い時期ですよね…!
年末年始ってきっとそんな感じだから良いのです。きっと良い出会いにも繋がるというものです。

でもまあ、せっかくのパーティーシーズンだし?宅飲みもいいですよ!
そんな方々にうってつけ!!

本日は12月13日(木)に新発売となる商品をズラリとご紹介です。
おなじみのブラックアダー&アスタモリスに加え、今回は、お優しい「女王陛下」の緊急リリースも決定しました!
ハイランドクイーンについては、別の記事でご紹介いたします!

アイラあり、シェリー系あり、限定ラムも勢ぞろい!!
年末年始を目前に、幅広〜く取り揃えましたので、ぜひご覧くださいませ!


12月13日(木)発売!いつもより優しい!?ブラックアダー3アイテム&ラスタモリス第2弾!


12月新商品は、ブラックアダーより蒸溜所名非公開の3アイテム。
そして、アスタモリスの話題の新シリーズ「ラスタモリス」第2弾が登場!

さらには、お手頃な価格と、優しい味わいで人気の「ハイランドクイーン」。
これまでの定番商品に、新たに加わったアイテムの数々が、新商品として登場しました!!(こちらは別の記事でご紹介いたします!)

まずは、一足先にブラックアダーとアスタモリスのアイテムについて、ご紹介♪

12月13日(木)10時より発売です。
WHISKY PORTのページは、12月13日までは品切れの状態で表示しています。

続きを読む “【新商品】12月13日(木)発売!いつもより優しい!?ブラックアダー3アイテム&ラスタモリス第2弾!”

【メディア】グッズ専門誌mono・マガジンNo.816にアムルット、ズイダム、ボックス商品掲載

大人がワクワクするような素敵な物・カッコイイ物を特集しているmono・マガジン No.816に、アムルット、ズイダム、ボックスの商品が掲載されました。

11月16日発売のNo.816の特集「年末年始の美酒選び ウイスキーって人間味」

この特集で、ガイアフロー取扱のニューワールドウイスキーより

アムルット フュージョン 50%
AMRUT Fusion 50%

ズイダム ミルストーン ダッチ シングル モルト ウイスキー 12年 シェリー・カスク 46% Cask no.1344,1345,1347
Zuidam Millstone Dutch Single Malt Whisky 12YO Sherry Cask 46%

ボックス ダルヴィ バッチ4 46%
BOX DALVVE BATCH 04 46%

上記の3アイテムをご紹介いただきました!

ニューワールドウイスキーをまだまだご存知ないという方も、ぜひmonoマガジンをお手にとり、紹介されたアイテムたちを年末年始の美酒に選んでいただければと思います!

monoマガジンNo.816のお買い求めは公式サイトよりどうぞ。
http://www.monomagazine.com