【新商品】「静岡プライベートカスク ディスティラリー・リザーブ 100%静岡大麦 exバーボンバレル 5年」発売決定

静岡蒸溜所のテロワールへのこだわりを体現する「100%静岡大麦」が、いよいよ登場します!

●初の静岡県産大麦100%ウイスキー

現在、世界中でウイスキーが造られていますが、大麦の産地にこだわる蒸留所はごくわずかです。しかし、クラフト蒸留所を中心に、地元産原料を使おうという動きが起こっています。

静岡蒸溜所では2016年の創業当初より、大麦の原産国ごとに分けた仕込みを行なっています。同時に、「地元静岡で収穫した大麦100%のウイスキーづくりをしたい」という願いがありました。そこで、これまで大麦栽培の経験がなかった地元農家や組合と協働し、当時、誰も行っていなかった「100%地元産大麦のウイスキー造り」という挑戦をスタートしました。

現在、国内の幾つかのウイスキー蒸留所で地元産大麦を使用したウイスキーづくりが始まっていますが、そのムーブメントを起こしたのは静岡蒸溜所なのです。

2015年、蒸溜所近隣の玉川地区桂山および富士宮で試験的に栽培・収穫した大麦を使用したことを皮切りに、2019年から隣接する焼津市の農家3軒とJA大井川、静岡県と協働し、本格的に栽培を開始。年々作付面積が増加し、収穫量も増大しています。

現在では、静岡蒸溜所の全生産量の約1割超を静岡県内産でまかなえるほどになりました。

今回のリリースは、この2016年に収穫した大麦を100%使用した原酒のシングルカスク(ひと樽のみでブレンドしていない)ウイスキーです。この時の収穫量は非常に少なく、同年の仕込み1回分の量(大麦麦芽約1トン)のみでした。

5年の熟成を経て、ついに初めての静岡県産大麦100%のウイスキーが誕生します。

●地元の薪を熱源にした蒸留機「W」で蒸留

蒸溜所の特徴である、世界的にも希少な薪直火を熱源とした蒸留機は、Woodfired(薪の炎)を意味する「W」と呼ばれています。

燃料となる薪は、近隣の山の間伐材です。
株式会社玉川きこり社と協働し、森林管理から生じたスギなどの木材を手作業で薪にしています。

地元の森林の健全な成長を促す活動の一端を担いながら、世界でたったひとつの蒸留機が、静岡のテロワールを体現する原酒を生み出しています。

現在の蒸留方法の主流であるスチーム間接加熱ではおよそ150℃程度のところ、この薪直火では800℃という高温に達します。これによって、コクと力強さ、心地よい香ばしさを持つ、唯一無二の静岡ウイスキーが造られています。

●「オール静岡ウイスキー」プロジェクト

静岡蒸溜所では、このほかにも静岡産の原材料を活用しています。

一つは仕込み水です。

蒸溜所のそばを流れる安倍中河内川の伏流水を、敷地内の井戸から汲み上げて使用しています。安倍中河内川は、静岡市の生活を支える安倍川の水系で、良質な水質で知られています。水質は中硬水で、出来上がるウイスキーは香り豊かで上品なウイスキーになると言われています。

さらに、ウイスキーづくりで類を見ないのは、静岡県内で開発した酵母を使用していることです。

静岡蒸溜所では、一般的なウイスキー用の酵母と、静岡県内で開発された酵母「NMZ-0688」を併用しています。
これは、全国新酒鑑評会でも高く評価される日本酒の清酒酵母「静岡酵母」を開発した沼津工業技術支援センターが、ウイスキーやビールの麦芽の発酵用に開発したものです。

同じく地元産の杉で造られた発酵槽で良質なもろみを醸し出しています。

こうしたウイスキーづくりの全ての材料を地元産にするという目標に向かって進んでいるのが「オール静岡ウイスキー」プロジェクトです。

今回リリースする「100%静岡大麦」は、このプロジェクトから誕生した第1作となります。

厳密には、今回の原酒の仕込みには静岡県産酵母だけでなく輸入酵母も使用しているため、「オール静岡」を冠していませんが、将来的には「オール静岡ウイスキー」をリリースしていく計画です。

●「静岡プライベートカスク」

「静岡プライベートカスク」は静岡蒸溜所が2016年から実施する、カスクオーナー募集プログラムです。蒸留後の原酒を詰めた樽を予約販売し、最短で3年後にボトリングしてお届けしています。

ウイスキー愛好家の「自分の樽を持ってみたい」という夢を叶える当プログラムは、好評となり現在は抽選にて申し込みを受け付けています。
カスクオーナーは、熟成期間中に蒸溜所見学で樽と対面したり、サンプルを採取して成長を確かめたりでき、熟成3年に達したらお好みのアルコール度数、ボトル容量(500mlまたは700ml)でボトリングすることができます。

今回はこのプライベートカスクの一環として、静岡蒸溜所が特別に保有する樽を「ディスティラリーリザーブ」として、シングルカスク(ひとつの樽の原酒)、カスクストレングス(樽出しのアルコール度数)でリリースします。

ラベルは、樽の詳細が記載される静岡プライベートカスクの公式ラベルを採用しています。

●「静岡大麦100% exバーボンバレル5年」

exバーボンバレルとは、容量200Lのアメリカンオーク製の樽で、一度バーボンウイスキーの熟成に使用されてから日本に運ばれてきたものです。原酒の個性を素直に反映するため、静岡蒸溜所では中心的に活用しています。

そして本作は、静岡蒸溜所のオフィシャルリリースとしては初の5年熟成品となります。2018年に蒸留し、5年熟成到達を迎える11月のボトリングとなるため、アルコール度数、リリース本数はボトリング時の計測となり、現時点では未定です。販売方法は今後、オフィシャルサイトやSNSにてご案内します。

ガイアフロー株式会社代表取締役の中村大航は発売に際し、

『静岡蒸溜所の立案当初から掲げている「静岡らしいウイスキー」を形にした静岡県産100%のシングルモルトがようやくリリースできます!
静岡の大麦はどんな味になるのだろう?と考え、蒸溜所をスタートしてから、早くも7年が経ちました。大麦の栽培がほぼゼロだった静岡県で実現するには、「オレたちの酒を造ろう!」という気概を持った官民の多くの方々の労力と時間が必要でした。
その汗と気持ちと足かけ7年の結晶をお愉しみください。正直、大麦栽培は当初、分からないことばかりでしたが、毎年の努力の積み重ねで、今では5月に美しい麦秋を見ることができます。今回はシングルカスクという、極少量でのリリースとなりますが、将来的にはより多くのみなさまに飲んでいただけるように鋭意仕込中です。今後の静岡らしいウイスキーにご期待ください』と語っています。

革新的な試みを詰め込んだ、静岡蒸溜所のヴィジョンと未来を体現する1本。どうぞご期待ください。

●商品詳細

商品名ガイアフロー
シングルモルト日本ウイスキー
静岡プライベートカスク
ディスティラリー・リザーブ Cask No. 835
100%静岡大麦 exバーボンバレル 5年
GAIAFLOW 
SINGLE MALT JAPANESE WHISKY
SHIZUOKA PRIVATE CASK
DISTILLERY RESERVE Cask No. 835
100% SHIZUOKA BARLEY EX-BOURBON BARREL 5YO
アルコール度数/容量 62.4%/500ml
希望小売価格22,011円(税抜き本体価格:20,010円)
ボトリング本数306本
発売日2023年11月下旬