【イベント】秩父ウイスキー祭に出展します!

暖冬の影響もあって、心なしか梅の花も綻びも早く感じる、今日この頃。
みなさんの住んでいる地域は、いかがでしょう。春の訪れも、間近かもしれませんね。

2月といえばバレンタイン!と言いたいところですが、ウイスキー好きには見逃せないイベントがありますよね。そう、来週末に開催を控えた秩父ウイスキー祭!
チケットは既に完売の人気ぶりで、出展する側も今からワクワクしています。

本日は、秩父ウイスキー祭出展のお知らせです!


秩父ウイスキー祭に出展します!


日時:2020年2月16日(日) 11:00〜17:00
場所:秩父神社+地場産センターetc、、、
参加チケット:完売御礼!
*当日販売はありません

公式ホームページ
Facebook

毎年好評の秩父ウイスキー祭。
チケットを入手するのも一苦労、と言われるほど大人気のイベントですね!今年も完売御礼!ということで今から熱気が伝わってきます。お祭り大好き営業Wも参加しますよ。

当日は、海外から素敵なゲストもいらっしゃいます☆☆☆

<アスタモリス ASTAMORRIS>

バート・ブラネル氏

ベルギーのボトラー。アスタモリス代表のバート・ブラネル氏が来場いたしますよ。昨年、注目された「アスタモリス×秩父」の赤を基調とした、ぴょん吉のラベルが印象的でしたよね!

とても気さくなバート氏。もしかしたら「アスタモリス×秩父」誕生の貴重なお話が、聞けるかもしれませんね!

そして、昨年のガイアフローBASAプロフェッショナル・セミナー in 東京では、バート氏とともに、ジョークを交えながら講演してくれました。この方も…

<ブラックアダー BLACKADDER>

当日はブラックアダー代表の
ロビン・トゥチェック氏

ブラックアダー代表のロビン・トゥチェック氏も来場予定です!親日家で有名なロビン氏。気軽に声をかけてみてはいかがでしょうか♪

ブラックアダーからは、定番のブラックスネークなどに加え、新作もご用意しています。1月に発売したばかりのブナハーブンや、蒸溜所名非公開のレジェンダリーなど。この機会にお試しくださいね。
そして、なんとなんと!今回は発売前商品も、先行でお持ちします。乞うご期待〜〜!

当日のラインナップをチラッとご紹介♫

アバディーン ディスティラーズ ブナハーブン 2008 11年 Cask Ref:2019-087 46%
ABERDEEN DISTILLERS BUNNAHABHAIN 2008 11YO Cask Ref: 2019-087 46%


ブラックアダーのサブ・ブランド「アバディーン・ディスティラーズ」。
ロウカスク同様、ノンチル・ノンフィルターですが、全てのアイテムのアルコール度数を、加水により46%に調整したシリーズです。
今回ボトリングされたのは、ブナハーブン。
アバディーン・ディスティラーズのシリーズでは、初のリリースとなります。麦芽の甘さがしっかりと感じられる、フルーティーな味わい。

【テイスティングノート】
(営業担当)H
香り:花の蜜、洋梨のようなフルーティーさ
味わい:潮、香辛料、干し草、引き続き洋梨の甘さ、加水後にチョコレートケーキ
余韻:余韻は短めであり、ブナハーブンらしい渋味やエグ味を感じられる

ブラックアダー ザ レジェンダリー 2012 7年 Cask Ref:2019-089 46%
BLACKADDER The Legendary 2012 7yo Cask Ref:2019-089 46%

蒸溜所名非公開でボトリングされる「レジェンダリー」シリーズ。
昔ながらのウイスキーの味わいをコンセプトに、スペイサイドもしくはハイランドの蒸溜所のモルトがボトリングされています。
今回は、ラベルも一新。クラシカルでシックなラベルとなりました。
2012年蒸留の7年熟成。短熟だからこその軽やかな味わい。すっきりとした味わいが、口の中で華やかに広がる、飲み飽きない1本。

【テイスティングノート】
(製造担当)O
香り:綿菓子のような砂糖の香り。甘さ控えめのクリーム。ほんのりカカオにオレンジの皮の苦さと、溶剤。加水をすると、酸味のある青リンゴと軽いメンソール。加水はほんの少しが良いかと思います。

味わい:さっぱりした青リンゴが広がり、少しクリーミー。樽由来の渋みとほんの少し舌にピリピリとジンジャー

余韻:青リンゴとバニラはスッと消え、シャープな渋みが長く続きます。

<ガイアフロー静岡蒸溜所>

輸入アイテムに加えて、もちろん静岡蒸溜所も。
名古屋のイベントでは即完売だった人気の「樽スモークナッツ」、ボトルリリース直前の、今しか飲めない静岡蒸溜所のカスクサンプルも、ご用意しておりますよ!

静岡蒸溜所の熟成樽でスモークされた「樽スモークナッツ」

「樽スモークナッツ」は、実は蒸溜所限定商品。普段は、見学にきたお客様しか買えない商品なのです。
スモークに使用するのは、ガイアフロー静岡蒸溜所で実際に熟成に使われた樽。樽を細かくチップにするのは、地元の木こりさん。そのチップでナッツを燻してくださるのは、地元の老舗豆菓子屋さん。

地元の方の協力を得て、手間暇かけて作られたナッツ。程よい塩加減と、しっかりと香るスモーキーさが、次の1杯を誘います。ウイスキー好きには、たまらないおつまみです。
数に限りがございますので、お早めにお越しください☆

そして、忘れてはならないのがこちら。熟成前のニューメイク&熟成中のカスクサンプル。

静岡蒸溜所の特徴でもある、2種類のタイプの異なる蒸留機。世界で唯一の薪直火の蒸留機か、軽井沢蒸留所から移設された間接加熱の蒸留機か。ぜひ、その味わいを飲み比べで体感してみてください!

そんな盛り沢山な、ガイアフローブースは

地場産センター4階  J5J6です!

秩父でみなさんにお会いできるのを、楽しみにしております♪