ガイアフロー10周年記念!静岡蒸溜所のシングルカスク2種を数量限定発売

2022年1月17日、ガイアフロー株式会社は10周年を迎えました。
インポーターとして出発し、現在は静岡蒸溜所にてウイスキーを製造して皆様にお届けできるようになりました。

今回、このウイスキー業界での10年を記念して、初めてのシングルカスク・ウイスキー「ブラックアダー ロウカスク シングルモルト静岡2018 3年 Cask No. 781」と「ブラックアダー ロウカスク シングルモルト静岡2018 3年 Cask No. 1357日本大麦100% 日本ワイン樽熟成」を、2022年3月18日(金)より数量限定にて発売いたします!

続きを読む “ガイアフロー10周年記念!静岡蒸溜所のシングルカスク2種を数量限定発売”

【メディア】ウイスキーガロア4月号に掲載されました!

ウイスキー文化研究所が、奇数月に発酵しているウイスキー情報誌「Whisky Galore(ウイスキーガロア)」。
巻頭大特集・第三弾は「ジャパニーズウイスキー最前線」。
日本のウイスキー界を牽引してきた蒸溜所を中心に全国9カ所の蒸溜所が、紹介されています。

前号では、蒸溜所としてご紹介いただきました静岡蒸溜所。
今号では、「ボトラーズ物語」の特集の中で、弊社が輸入代理店をつとめているボトラーズが掲載されました。

日本限定の東海道五十三次シリーズが人気のベルギーのボトラーズ「ASTAMORRIS」、そしてロウカスクシリーズでファンを増やしている「BLACKADDER」。
イベントなどでも最近おなじみとなっているボトラーズですね。

今回も「ふむふむ!」な内容がたくさんのウイスキーガロア。
テイスティングページには、静岡蒸溜所の「コンタクトS」、また新製品紹介のコーナーでは「ブレンデッド M」や弊社取扱のアムルット初のジン「ニルギリ」も載っています。
今号もお見逃しなく!

【メディア】ウイスキーマガジン・フランスに掲載されました

全世界で愛読されているウイスキーマガジン。今回は、フランス語版の誌面で6ページにわたってご紹介いただきました!

日本を特集した号で取り上げていただき、コロナ禍の東京のバーについてもレポートされています。テイスティングでは、焼酎や日本酒の紹介も。
表紙にはSHIZUOKAの文字と、「10年で早くも伝説の蒸溜所に?」といったタイトルが書かれています。

内容は、日本語版でご紹介いただいたものと同様です。ガイアフローの10年の歩みと、オール静岡ウイスキーの取り組み、今後の展開などについてご紹介いただきました。
ぜひこちらからご確認ください!

ウイスキーマガジン・フランスについてはこちら

初のブレンデッド 「ガイアフローウイスキー ブレンデッドM」発売決定!

静岡蒸溜所初めてのブレンデッドウイスキー、発売決定!
「ガイアフローウイスキー ブレンデッドM」を、2022年2月下旬より発売いたします。

続きを読む “初のブレンデッド 「ガイアフローウイスキー ブレンデッドM」発売決定!”

【メディア】ウイスキーガロア2月号に掲載されました!

ウイスキー文化研究所が、奇数月に発行しているウイスキー情報誌「Whisky Galore(ウイスキーガロア)」。
総力特集第二弾、ということでジャパニーズウイスキークラフト最前線の特集が組まれました。

全国15カ所のクラフト蒸溜所が紹介されています。
ガイアフロー静岡蒸溜所も、土屋編集長自ら取材していただきました!
現在までにリリースしています「プロローグK」「プロローグW」そして「コンタクトS」についてのお話も載っております。

様々な蒸溜所のこだわりをじっくり読みながら、今宵もウイスキーに酔いしれてくださいね。