プライベートカスク予約販売日時&詳細決定!

cask-flyer-1

かねてよりお伝えしてました、静岡蒸溜所のプライベートカスク。
いよいよ予約開始日などの詳細が決定いたしましたので、お知らせいたします!
あなただけのプライベートカスク、この機会にぜひご検討ください。

プライベートカスク2017は、予約の受付を終了いたしました。
予想を大きく上回る反響をいただき、どうもありがとうございました。

2018年度の予約につきましては、2017年度後半にご案内する予定です。

予約開始日:2016年12月19日(月) 10:00〜

【サーバーに障害が発生しておりました】
19日 10:10〜10:30頃まで、弊社ショッピングサイトのサーバーに障害が発生し、表示ができず、購入ができなくなっておりました。お客様にはご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。

予約受付サイト:ガイアフロー静岡蒸溜所プライベートカスク2017
※リンク先の一覧画面の購入ボタンでは購入できません。そこから商品詳細ページに進み、オプションを選択の上、購入ボタンを押してください。

樽の種類:EXバーボンカスク

ニューポットの種類:アンピーテッド

樽の種類・容量および予約申込金額:
バレル  (内容量 180リッター)¥999,000-  予定数量を終了しました
クォーター(内容量 110リッター)¥599,000- 予定数量を終了しました
オクタヴ (内容量 55リッター)¥299,000- 予定数量を終了しました

予想されるボトリング本数(@700ml):
バレル   240本
クォーター 120本
オクタヴ   50本
※上記本数は予想であり、熟成年数や個体差により増減します

予約の受付場所:オンラインショップ WHISKY PORT ( http://whiskyport.jp/ )

お支払い方法:銀行振込

ボトリング時にお支払いいただく金額:酒税、消費税、ボトリングにかかる諸費用、配送料

樽詰めの時期:2017年10月1日〜12月31日

ボトリングの時期:樽詰め日から3年経過以降最長熟成期間まで

最長熟成期間:バレル10年、クォーター7年、オクタヴ5年

詳細については、下記商品ページをご覧ください。
ガイアフロー静岡蒸溜所プライベートカスク2017
※リンク先の一覧画面の購入ボタンでは購入できません。そこから商品詳細ページに進み、オプションを選択の上、購入ボタンを押してください。

※!!! 重要 !!!※
プライベートカスクにつきましては、商品の性質上、規約を設けております。
高額かつ、お届けまでに年月のかかる商品となっておりますのでご予約の前には、必ずご一読くださいますようお願いいたします。


【プライベートカスクとは】
静岡蒸溜所のウイスキーを、樽単位でご購入いただけるサービスです。
ウイスキーの味わいは、樽の材質やサイズ、貯蔵期間など様々な影響を受け、樽ごとに異なる味わいに変化していきます。ご自身で味わいを確かめ、熟成の進み具合を見極め、ボトリングのタイミングを決めてください。そうしてできたウイスキーは、世界であなただけの特別なウイスキーです。

【カスクオーナー】
プライベートカスクをご購入いただいた名義人を、以下カスクオーナーと呼びます。下記サービスは、ガイアフローディスティリング株式会社と、カスクオーナーとの間の契約となります。

【ウイスキー】
麦芽を糖化し、発酵させ、蒸留機で2回以上蒸留をしたものをニューポットといいます。このニューポットを樽に詰め、熟成させることによりウイスキーとなります。
樽詰めニューポットは、全てアンピーテッド(泥炭を焚いていないモルトを使用)となります。原材料となるモルトの生産地は弊社にて決定いたします。樽詰め時のアルコール度数は、63%とします。

【樽】
樽のサイズは、下記の3種類で、全てEXバーボン樽となります。木樽のため、樽自体の容量は多少前後することをご了承ください。樽詰めするニューポットの内容量は、下記の通りです。また、個別の樽の割り当てにつきましては、弊社で決定させていただきます。なお、樽の所有権は弊社にありますので、ボトリング完了後にはご返却いただきます。

  • バレル 容量:約200リッター     ニューポット内容量:180リッター
  • クォーター 容量:約125リッター     ニューポット内容量:110リッター
  • オクタヴ 容量:約63リッター       ニューポット内容量: 55リッター

【貯蔵】
ニューポットが詰められた樽は、ガイアフロー静岡蒸溜所敷地内の貯蔵庫にて、熟成されます。貯蔵庫内の樽の配置場所については、弊社で決定いたします。
樽詰めから3年経過以降、最長熟成期間の間であればいつでも、ウイスキーとしてボトリングすることが可能です。最長熟成期間は、樽のサイズによって異なり、下記の通りとなります。
最長熟成期間を迎えた場合、カスクオーナーにご連絡し、ボトリングをいたします。

  • バレル    10年
  • クォーターカスク  7年
  • オクタヴカスク  5年

【保管料及び保険料】
価格には、最長熟成期間に係る保管料及び保険料が含まれています。

【購入方法】
ガイアフロー通信販売サイト(http://whiskyport.jp)内に、静岡蒸溜所の商品ページがございますので、そちらからお申込みください。

  1. 商品の注文ページで、カスクサイズを入力して、「ショッピングカートに入れる」をクリックしてください。画面右上の「SHOPPING CART」ボタンをクリックすると、ご購入手続きのページに移動します。
  2. ご購入手続きのページで、必要な事項を入力し、「次」のボタンをクリックしてください。ご注文内容の確認ページに移りますので、確認後、入力した情報に間違いがなければ「注文を確定する」のボタンをクリックしてください。
  3. 支払いは、銀行振込のみとなっております。ご注文後、5営業日以内に弊社指定銀行口座へのお振込をお願いいたします。ご入金の確認を以って、お申込みの完了といたします。5営業日以内の入金が確認できない場合、お申込みは自動的にキャンセルとなりますのでご了承ください。
  4. ご入金確認後、まず領収書をお送りいたします。そして、2017年12月31日までにニューポットの樽詰めをいたします。その後にカスクナンバーや容量・度数などの詳細を記載したオーナー証明書をお届けいたします。オーナー証明書は、カスクオーナーであることを証する重要な書類ですので、大切に保管してください。

 

【価格】

カスクタイプ

内容量

保管期間(最長)

申込金額(税抜)

バレル

180リッター

10年

999,000円

クォーター

110リッター

7年

599,000円

オクタヴ

55リッター

5年

299,000円

【登録情報】
カスクオーナーの登録情報に変更があった場合、必ずメール(general@gaiaflow.co.jp)にてご連絡をお願いいたします。弊社からの連絡も、原則として事前にご登録いただいたメールアドレスへのご連絡となります。

【カスクオーナーの名義変更】
カスクオーナーの名義は、変更することが可能です。名義変更をご希望の場合は、お渡ししているカスクオーナー証明書の返却とともに、新オーナーの登録情報をお知らせください。名義変更完了後、新しくオーナーになられた方にオーナー証明書をお送りいたします。
なお名義変更は、原則として個別のカスク毎に年に1回までとします。ただし、相続などのやむを得ない事情による場合は、この限りではありません。
手続きには、別に定める所定の手数料がかかります。

【貯蔵庫見学】
カスクオーナーの方は、樽が貯蔵されている貯蔵庫を無料で見学することができます。見学の際には、必ず事前のご予約をお願いいたします。ご予約の際は、7日前までにメール(general@gaiaflow.co.jp)にてご連絡をお願いいたします。なお無料の同伴者は成人2名までとさせていただきます(20歳未満の方は何人でも無料です)。
ただし、生産スケジュールや休止期間の都合により、ご希望に添えない場合があります。何卒ご理解いただきたく、お願い申し上げます。

【試飲】
お好きなタイミングで、ご自身のウイスキーの試飲をしていただくことができます。試飲には別に定める所定の手数料がかかります。
貯蔵庫見学をした際に、試飲をご希望される場合は、見学日の3週間前までにご連絡ください。
試飲サンプルの送付をご希望の場合は、弊社オンラインショップからお申し込みください。納期は3週間かかります。

【エンジェルズシェア】
寒暖差や湿度の変化などによって、熟成中に樽の中のウイスキーの水分やアルコール分が蒸発して、内容量が年々減っていきます。これをエンジェルズシェアといい、スコットランドでは年間2%と言われています。より暖かい静岡では、さらに多く減るものと予想されます。
エンジェルズシェアは自然のプロセスであり、熟成には欠かせない要素であるため、減少分の金額の返金はいたしかねますことをご了承ください。

【ボトリング】
3年以上熟成させた時点から、それぞれの樽の最長熟成期間の間ならいつでもボトリングしていただくことが可能です。ボトリング時期が決まりましたら、弊社にご連絡ください。ボトリングは、容量700mlのボトルに、通常カスクストレングスと呼ばれる、加水をしない樽出しの状態でされます。熟成中、蒸散により樽詰めされたウイスキーの量とアルコール度数は逓減します。これは熟成が進む際の自然な現象で、その度合いを予想することはできません。
また、加水をしてアルコール度数を調整することについても、追加費用なしで対応いたします。その場合、アルコール度数の下限は、46%となります。加水をしてボトリングする場合は、カスクストレングスでボトリングするよりも本数は多くなります。
また、最長熟成期間内であれば、1回で全てをボトリングするのではなく、2回以上に分けてボトリングすることも可能です。ただし、2回以上に分けてボトリングする際には、別に定める費用が発生いたしますのでご留意ください。またこの場合、品質保持の理由から、ボトリング本数を制限させていただく場合があります。

【ラベル】
ラベルは、弊社の規定により樽や蒸溜年月日等の詳細を記載したものをご用意いたします。オリジナルラベルを希望される場合は、別に定める所定の費用がかかります。ご希望の際は、ボトリングの前にご相談をお願いします。

【ボトリング時にお支払いいただく税金及び諸費用について】
ボトリング時に、別途お支払いいただくものとしては、下記のものがあります。全額をお支払いいただいた後に商品のお届けとなります。
もしお支払いがなされない場合は、本契約は破棄されたものとして、キャンセル料を差し引いたお申込代金を返金いたします。

  • 酒税(ボトリング時の法律で定められた金額)
  • 消費税(ボトリング時の法律で定められた金額)
  • その他の税金(ボトリング時の法律で支払が定められた税金)
  • カスク払出費用(ボトリング1回毎)
  • ボトリング費用(ボトリング本数による)
  • オリジナルラベル制作費用(オリジナルラベルを作成する場合)
  • 配送費用(ボトリング本数・配送先地域による)

【不測の事態】
ウイスキーを貯蔵するカスクは、オーク材で造られています。オーク材は自然素材であるため、液漏れやその他不測の事態が起きる場合があります。そのような不測の事態が起きた場合、可能な限りカスクオーナーの損失を補償もしくはカスクの代替品をご用意いたします。

【不可抗力】
以下に該当する不可抗力の状況があった場合、弊社には本約款における債務の不履行が認められます。不可抗力の発生期間については、本約款による補償の範囲外になるとみなし、カスクオーナーは不可抗力により生じた損失については補償を受けることができないものとします。
不可抗力とは、戦争、テロ、政情不安、輸出入制限、政府決定もしくは規制、ストライキによる蒸溜所一時閉鎖、封鎖または他の労働争議、火災、洪水、暴風雨、ハリケーンなどの自然災害、事故またはそれに類する当社の債務不履行が認められる場合をいいます。

 


手数料 一覧表 2016年12月1日版

項目 金額(税抜) 説明
名義変更手数料 1回当たり10,000円 新所有者が負担します。
試飲手数料(見学) 1回当たり2,000円 200ML。
試飲手数料(送付) 1回当たり4,000円 200ML。別に送料がかかります。

※上の一覧表は、必要に応じて随時変更され、常に最新の表の金額が適用となります。

 

ボトリング時にお支払いいただく税金及び諸費用 一覧表 2016年12月1日版

項目 金額(税抜) 説明
酒税 1リッター当り
アルコール度数に
10円を乗じた額
ボトリング時の法律で定められた金額
消費税 商品価格の8% ボトリング時の法律で定められた金額
その他税金 法律で定められた金額 ボトリング時の法律で定められた税金
カスク払出費用 1回当り15,000円 樽からウイスキーを払い出す作業費
ボトリング費用 1本当り450円 ビン・キャップ・シール・ラベル代等
オリジナルラベル制作費用 1本当り500円 オリジナルラベルの印刷費用
(デザイン料などは含まれません)
配送費用 6本当り800円 宅配便にて配送予定
キャンセル料 商品価格の30% 契約を中途で破棄する場合

※上の一覧表は、必要に応じて随時変更され、常に最新の表の金額が適用となります。

 


FAQ(よくある質問)


▶︎プライベートカスクの申込は、共同名義でも可能ですか?

プライベートカスクのご予約は、申込をされる方(カスクオーナー)と弊社との契約となります。共同購入をご希望の場合は、どなたか1名を代表者としてご予約をお願いいたします。

弊社からのご連絡は、その代表者の方のみへのご連絡となりますので、何か変更等ありましたら、必ずメール にて(general@gaiaflow.co.jp) おしらせください。

▶︎どの樽がオススメですか?

バレル、クォーターカスク、オクタヴカスク、どの樽をお選びいただいても、1ℓ当たりの単価は、ほぼ同じになっています。ただし、小さい樽ほどエンジェルズシェアは大きくなり、熟成も早くなります。熟成のピークも異なることから、静岡蒸溜所では、樽ごとに最長熟成期間を設けております。この最長熟成期間をご予約の目安にされるのもオススメです。

▶︎最長熟成期間を超える貯蔵はできますか?

最長熟成期間を超えて貯蔵することはできません。ボトリングのタイミングは、樽詰めから3年目以降、最長熟成期間までとなります。この期間中にボトリングのご指示がなかった場合は、最長熟成期間の満了を以ってボトリングさせていただきます。

▶︎ボトリングの指示の連絡を忘れたら、どうなりますか?

最長熟成期間の満了時に弊社からご連絡いたします。最長熟成期間を満了したにも関わらず、カスクオーナーと連絡が取れず、さらに連絡が取れない期間が6ヶ月間を経過した場合は、遺失物として弊社が所有権を取得いたします。

▶︎ボトリングの日付指定はできますか?

ボトリングの日付は弊社が決定し、カスクオーナーが指定することはできません。カスクオーナーからボトリングの連絡を受け次第、すぐ作業に入りますが、生産や休止期間の都合により、スケジュールが遅れる場合があります。何卒ご了承ください。

▶︎ボトリングは2回以上に分けることはできますか?

可能です。その際、払出費用が1回毎にかかります。また、ボトリング本数を制限させていただく場合があります。

▶︎プライベートカスクは、何樽販売されるのですか?

販売数につきましては、公開しておらず、お答えすることができません。

▶︎プライベートカスクの予約注文はいつまでですか?

2017年9月30日までです。ただし予定数量が売り切れ次第、終了となります。

 

ガイアフロー静岡蒸溜所 一般公開の開始時期について

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-13-11-17-33a

多くのお問い合わせを頂戴している蒸溜所見学ですが、2017年春以降の一般公開を目指し、準備を進めている最中です。

ガイアフロー静岡蒸溜所では、10月末よりウイスキーの製造を開始いたしました。年内については製造に専念する予定で、製造スタッフ一丸となり頑張っていきます。

 

また現在、敷地内では、製造と並行して、一般公開に向けた工事が継続中です。そのため安全確保の面から、敷地内への立ち入りは関係者のみとさせていただいております。現地では、下記の看板にて、その旨を告知しております。
危険ですので、くれぐれも敷地内への無断での立ち入りはご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。

一般公開の際には、見学できる・体験できる蒸溜所としていきたいと考えており、お客様をお迎えする準備が整い次第、あらためてブログ等で詳細をご案内する予定です。

恐れ入りますが、もうしばらくお待ちいただきますよう、お願い申し上げます。

%e9%80%b2%e5%85%a5%e7%a6%81%e6%ad%a2-04

アスタモリス東海道五十三次シリーズ14弾発売!

こんにちは、担当Mです。

昨日のWhisk(e)y Lovers Nagoyaはいかがでしたか?

名古屋らしいおつまみがあったとか!?今までにない発想で楽しめたのではないでしょうか♪

本日は、明日発売となるアスタモリスをご紹介します。


アスタモリス東海道五十三次シリーズ14弾発売!


AM_Glengoyne_#AM066_1
アスタモリス グレンゴイン「土山」 9年 2007/2016 48%
Asta Morris for Gaiaflow Glengoyne “Tsuchiyama” 9yo 2007/2016 48%

東海道五十三次シリーズ第14弾は、49番目の宿場となる「土山」、現在の滋賀県甲賀市になります。

気になる中身は、2007年より9年間バーボン樽で熟成されたグレンゴイン。

フルーティーと一言で言うのが惜しいほど、香る度に、味わう度に、様々なフルーツが見え隠れして、とても長く楽しむことができます。

非常に上品な味わいと、じんわりと続く余韻にうっとり・・・。

ちょっと気持ちが上がらないな、という夜に、何も考えずに飲んで頂きたい一本。

きっと、多くのフルーツが癒してくれることと思います♪

※現在は品切れの状態で公開しております。

 

明日午前10時より発売となります。

ご注文、お待ちしております♪

【イベント】ブラックアダー・ウイスキーディナー in 麻布十番

いよいよ今週末、ウイスキーラバーズ名古屋2017が開催されます。

これを皮切りに、2月のイベントラッシュに突入です!

本日は、2月8日(水)に麻布十番・可不可で開催されるディナーイベントのお知らせです。


【イベント】ブラックアダー・ウイスキーディナー in 麻布十番


昨年、初めて行われたブラックアダーと和食のコラボレーション!
麻布十番の可不可さんで開催されたディナーイベントが、なんと今年も開催されます♪

IMG_8892

日時:2017年2月8日(水) 19:00〜22:00
場所:可不可 kafuka tokyo
東京都港区麻布十番2−7−4 azabu275 2階
会費:12,960円(消費税ほか全て含みます)
   *当日現金のみでのお支払いとなります。
URL:http://www.kafuka-tokyo.co.jp

申込方法:下記店舗宛にお電話またはメールにてお申し込みください。
TEL:03-5439-6395
Email:miyashita@kafuka-tokyo.co.jp

WHISKY
現在ブラックアダーのロビン氏が選定中です。

MENU

2月という一番寒い時期ならではの旬の食材を厳選し、ウイスキーの味わいをさらに引き立てるお料理を召し上がっていただけます。
可不可 代表 宮下大輔氏の手によるお料理は、和食でありながらも、伝統にとらわれない柔軟な発想が光る逸品です。

メニューは当日の仕入れ状況によりますので、当日までお楽しみに。

IMG_0303-1

今回も会場となる可不可さんは、麻布十番の路地裏にある、大人の隠れ家というべきレストランです。
普段は、日本各地の旬の食材を日本酒や国産ワインなどとともに提供しており、お酒とのペアリングも提案していただけます。
また、宮下氏の「お客さまの交流の場にしたい」という思いから、可不可さんでは、食材やお酒の生産者を招いてのイベントも数多く開催されています。

お料理は、伝統的な和食をベースに、洋の素材・調理方法を取り入れたもの。和食ということから日本酒にぴったりなのは言うまでもありませんが、洋のテイストが入っているため、ウイスキーと合わせてもしっくりくる味わいです。
昨年開催したブラックアダーのイベントでは、ウイスキーやコニャックなどのペアリングを楽しみました。
昨年のメニューやイベントの様子などは、コチラからご覧ください。

BLACKADDER ロビン・トゥチェック氏@麻布十番kafukaを開催いたしました!

今回は、広島県「かなわ水産」の牡蠣を、前菜でいただけるということで、今から楽しみです♪
また、その他にも旬の厳選食材を使った、ウイスキーにも合うお料理をご用意いただけるそうです。
当日のメニュー、ペアリングをお楽しみに!

参加をご希望の方は、上記連絡先までお願いいたします。

【イベント】ウイスキーラバーズ名古屋2017に出展します!

寒い寒いと言いつつも、暖かい静岡。

蒸溜所も稼働し、ボイラーの低く唸るような音を聞きながら、ついのんびりしてしまう今日この頃ですが、みなさまお正月を満喫しましたか?

今日は、今月22日に迫った名古屋でのイベントのお知らせです!


Whisk(e)y Lovers Nagoya 2017 に出展します!


14717095_1090086081059502_2535966739755893329_n

日時:2017年1月22日(日) 10:00〜18:00
場所:名古屋市中小企業振興会館「吹上ホール」 3階 第2ファッション展示場愛知県名古屋市千種区吹上2丁目6番3号
入場料:前売券3,000円/当日券 4,000円

チケットの購入はこちらから
Whisk(e)y Lovers Nagoya 2017チケット購入サイト

2017年最初のウイスキーイベント、「ウイスキーラバーズ名古屋2017」!
今年も沢山のボトルと一緒に出展しますよ♪

初の名古屋イベントですので、定番ものや人気商品を取り揃えました。昨日おしらせしたモルトマニアックス・アワード2016受賞の新商品もご用意しております。

また、当日は社長中村のセミナーも開催されます。
3792bab8723007f804fc11ad3326aba9

タイトルは、「静岡蒸溜所 本格稼働元年 中村社長ビジョンを語る!」です。
静岡蒸溜所のアレコレを、これまでのエピソードを交えお伝えしますので、ぜひどうぞ!

時間:10時45分〜11時45分(60分)
会場:4階会議室(展示会場の1フロア上の階になります)

チケットはこちらから
Whisk(e)y Lovers Nagoya 2017 中村大航 セミナーチケット

そしてなんと!!!
イベントの記念ボトルとして、人気のブラックスネークの新作が限定でリリースされます!

ブラックスネークは、バーボン樽で熟成したシングルモルトを、シェリー樽でフィニッシュをかけ、樽の2/3だけボトリングしてできるウイスキー。 今回は4番目のシェリー樽、オロロソシェリー樽の2回目のボトリングです。

ブラックアダーのロビン氏が、このイベントのために選び抜いたブラックスネーク。美しい富士山と、緑鮮やかなお茶畑が描かれた裏ラベルも必見です!

お近くの方、盛りだくさんのウイスキーラバーズ名古屋2017にお越しくださいね。
会場でお待ちしております♪

 

モルトマニアックス受賞ウイスキー発売!

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

早速ですが、本日は2017年初となる1月新着商品のご紹介です!
今回は、年末に発表されたモルトマニアックス・アワード2016の受賞アイテムを含め、ブラックアダーから3アイテム、アムルットから1アイテムの紹介です。

1月16日(月)午前10時より発売ですので、お見逃しなく♪


モルトマニアックス受賞ウイスキー発売!


モルトマニアックスとは、各国の熱狂的なモルト好きで構成された団体です。ちょっと変わっているのは、ウイスキーの製造や販売に関わりのない「アマチュア」だけしか、会員になることができないというところ。これは、発言の独立性を保つためなんだそうですよ。

彼らが実際テイスティングをして、その年素晴らしかったウイスキーを発表するのが、モルトマニアックス・アワードなんです!
価格帯ごとのカテゴリーで評価をしているのも、面白いところです。

今年の結果は、下記リンクからご覧いただけます。
ブラックアダーをはじめ、弊社で取り扱っているアムルットやズイダムも受賞しているんですよ♪
Malt Maniacs Awards 2016

そんなモルトマニアックス・アワードにも選ばれた、今月の新商品をご紹介いたします。
まずは、ブラックアダーから。
ブラックアダーのラムに使用した樽でフィニッシュをかけた2アイテムと、ステートメントのカリラが登場です。ba_amrut_ba25-2016_1
ブラックアダー ロウカスク アムルット ラムカスク・フィニッシュ
BLACKADDER RAW CASK AMRUT RUM CASK FINISH Cask ref:BA25-2016 61.2%

もともと人気のあったブラックアダーのアムルット。徐々に知名度も増してきて、最近では新商品が入荷すると即売切れ…何て事もしばしば。
今回リリースされるブラックアダーのアムルットは、なんとラム樽でフィニッシュをかけた逸品です!このフィニッシュをかけたラム樽、以前リリースした、ブラックアダーのジャマイカラムが入っていた樽なんです。
ブラックアダーのアムルットの新たな魅力を、ぜひ味わってみてくださいね。

年末に発表されるモルトマニアックス・アワードでも、昨年に引き続き、ブラックアダーのアムルットが見事選ばれています!そのうちの一つが、こちらのラムフィニッシュのアムルットでした。
入荷本数もわずかとなっておりますので、お早めにご注文くださいませ!

☆Point☆
Malt Maniacs Award 2016 Premium Category Bronze Medal 受賞
ba_rc_redsnake_redneck07_1ブラックアダー レッドスネーク ロウカスク バルバドスラムカスク・フィニッシュ
BLACKADDER RED SNAKE RAW CASK BARBADOS RUM CASK FINISH Cask ref:Redneck 07 60.9%

ブラックスネークと同じ蒸溜所のモルトを使用した今までのレッドスネークは、バーボン樽のみで熟成させた、シングルモルト・シングルカスク。
そんなレッドスネークに、初のフィニッシュものができました!こちらはバルバドスラムに使用された樽でフィニッシュをかけています。
レッドスネークに今までなかった南国の風味が♪
今までのレッドスネークと飲み比べてみると、フィニッシュの面白さも感じられますよ。ba_st_caolila_3153_1-minブラックアダー ステートメント NO.23 ロウカスク カリラ
BLACKADDER STATEMENT NO.23 RAW CASK CAOL ILA 1984 32yo Cask ref:3153 60.1%

特別なウイスキーに捧げられる「STATEMENT」の称号。
今回は、1984年蒸溜、32年熟成という長期熟成のカリラです。
今や希少なアイラモルトの中でも、カリラは、ブラックアダーでは久しぶりのリリース。
ロビン氏が厳選した、80年代ならではの味わいをぜひこの機会に。

 

アムルットからは、久しぶりのニューアイテムが登場です。ar_ryesinglemaltwhisky_1アムルット ライ シングルモルト ウイスキー
AMRUT RYE SINGLE MALT WHISKY 50%

アムルットでは初の、100%ライウイスキー。
「インドのライウイスキー」…こうやって文字にするとインパクト大ですね!
モルトマニアックス・アワード2016でも、たくさんのアムルットがポイントを獲得していますが、こちらもその中の1本。
アメリカンオーク樽の新樽で5年間熟成させており、“アムルットらしい”エキゾチックな味わいがお愉しみいただけます。
ライウイスキーを飲んだことがない方にも、ぜひお試しいただきたい味わいです。

☆Point☆
Malt Maniacs Award 2016 Bronze Medal 受賞

 

いずれも1月16日(月)午前10時より発売となります。

ご注文、お待ちしております!

フォーサイス社製再留釜、組み立て完了!

先日静岡蒸溜所に搬入された、スコットランドのフォーサイス社製蒸留機。
再留に使用する蒸留機の組み立てが完了いたしました!
本日は、その模様をお伝えします。

搬入が無事に済み、フォーサイス社から来た蒸留機の部品が所狭しと蒸溜棟の中に並んでいます。
その奥では、実は製造も並行して行われています。狭くて大変です。
img_5862ver2
この狭い中で大活躍してくれたのが、「カニクレーン」。軽井沢蒸留所から設備を移動する際にもお世話になったクレーンが、大きくなって戻ってきました。
img_5935ver2巧みな脚さばきで場所を確保し、室内の細々したものを移動して作業スペースを確保します。

スペースができたら、まず蒸留釜とコンデンサーのための台座を組み立てます。
img_5973ver2
てっきり釜の設置から始まると思いきや、コンデンサーから設置するとのこと。コンデンサーの位置を決めてからではないと、うまく組み立てができないそうです。
先ほどのカニクレーンで、コンデンサーを台座まで吊り上げます。
img_6063ver2

次は、いよいよ蒸留釜。上の梁ギリギリまでクレーンが伸びていきます。
img_6092ver2

続いてヘッド部分。揺れないよう、ゆっくりと持ち上げられていきます。梁にぶつからないように、みんなで上を確認しながらの作業です。
img_6124ver2

写真でもわかるように、本当にギリギリのところをクレーンの首が通っています。さすがプロは違います!
img_6132ver2

ヘッド部分を釜に固定した後は、ネック部分です。リフトを接続部分まで高く伸ばして、位置を調節し、こちらも固定します。
img_6156ver2

いよいよラインアーム。組み立て間近で手に汗握りしめていたところ、どうやらトラブル発生です。
コンデンサー部分とネック部分の位置が微妙に違っていて、ラインアームがつけられないとのこと。
いろいろ試してみたものの、やり直すことに…
img_6165ver2

そんなわけで、せっかく固定したヘッドを外し、蒸留釜の位置を調整することになりました。やっぱり大きいサイズになると細かい調整が必要なんですね。
img_6170ver2

微調整を終え、無事にラインアームもつながりました!
これで再留釜の組み立てが完成です。
img_6175ver2
近づいてみると、こんな感じです。
img_6192
窓からの光を浴びてキラキラ輝く蒸留機は、本当に綺麗です。年明けに始まる、初留用の蒸留機の組み立てもどんな風になるのか、今から待ち遠しい限りです。
早ければ、2017年2月頃からこのフォーサイス社製の蒸留機も使って蒸留ができるかもしれませんので、お楽しみに♪

1 / 3212345...102030...最後 »