【イベント】ウイスキーラバーズ名古屋 2019に出展します!

ウイスキーラバーズ名古屋2019出展のお知らせです!
年明け第1弾の大きなイベント。
年々盛り上がりを見せるウイスキーラバーズ名古屋は、今年で第3回目を迎えます。

活気と熱気をしっかり浴びて、良い(酔い)一年にいたしましょう!!


ウイスキーラバーズ名古屋 2019に出展します!


日時:2019年1月20日(日) 11:00~17:00    ※16:00 入場締切 
場所:名古屋市中小企業振興会館「吹上ホール」
2F&3F ファッション展示場(今回は2フロアを使用します。) 
〒464-0856 愛知県名古屋市千種区吹上二丁目6番3号

入場料:前売券3,500円/当日券 5,000円

チケットの購入はこちらから!
チケットぴあ イープラス

続きを読む “【イベント】ウイスキーラバーズ名古屋 2019に出展します!”

【満員御礼】駿河東海道おんぱく2019!

おかげさまで、ご予約が定員に達しました。
静岡蒸溜所の通常見学ツアーは、別途受付中です。見学をご希望の方は、こちらからどうぞ。
→ガイアフロー静岡蒸溜所見学ツアー

「東海道」をテーマに新しい「しずおか」を体験できる51日間。それが駿河東海道おんぱくです。
静岡市内各所で「つくる・たべる・まなぶ・あそぶ・みがく」を楽しむ58プログラムが開催されます。

この駿河東海道おんぱくのプログラムのひとつが、ガイアフロー静岡蒸溜所の見学ツアー!この機会にぜひお申し込みくださいね♪

本日は、駿河東海道おんぱく2019で開催される、特別ツアーのお知らせです。


駿河東海道おんぱく2019、参加受付中です!


「見て、触って、呑んで」ウイスキーを身近に感じる見学ツアー

日時:2019年3月8日(金)14:00〜15:50
(受付13:30〜)

場所:ガイアフロー静岡蒸溜所
〒421-2223 静岡県静岡市葵区落合555番地

参加費:3,000円
※20歳未満は無料
・蒸溜所見学ツアー 1時間
・試飲アイテム 4種
・お土産 静岡蒸溜所オリジナルグラス&ストラップ

お申し込み:womoネット特設ページ

定員:12名(最少催行人数4名)

※ハンドルキーパーには、試飲アイテムをミニボトルでお渡しします。
※運転される方、未成年の飲酒はお断りしております。

続きを読む “【満員御礼】駿河東海道おんぱく2019!”

【イベント】緊急告知!ガイアフローサンプリング会 in 名古屋!

今年も残すところあと1週間。新年の足音が聞こえてきますね。
そんな中、年明け1月13日(日)に名古屋のバー、バーンズさんでガイアフロー取扱商品のサンプリング会が決定いたしました!

本日は、2019年初めてのウイスキーイベントのお知らせです。


緊急告知!ガイアフローサンプリング会 in 名古屋!


ガイアフローサンプリング会 in 名古屋 BAR BARNS
日時:2018年1月13日(日)
   第1部 13:00〜16:00(受付12:45〜)
   第2部 17:00〜20:00(受付16:45〜)

定員:各回30名

申込方法:お電話もしくはインターネットよりお申込みいただけます。
お電話【16:00〜20:00】電話番号 052-203-1114 (BAR BARNS)
インターネット【終日】 →お申し込みはこちら
※募集人数が定員に達しましたら、締め切りとなります。

会費:10,000円
※当日、会場にてお支払いください。

場所:BAR BARNS(バー バーンズ)
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2丁目3−32
google: https://goo.gl/maps/hi2X7F2Aa6w

名古屋を代表するウイスキーバーのひとつ、バー・バーンズさん。季節のフルーツカクテルや、美味しいおつまみでも有名ですが、ずらりと揃ったウイスキーは必見です!
そんなバーンズさんでは、定期的にウイスキーのテイスティングができる「サンプリング会」を開催しているんです♪

1年ぶりの開催となる、名古屋バーンズさんのサンプリング会。
ガイアフローの輸入アイテム&静岡蒸溜所のウイスキーを一挙にお愉しみいただけます!今回は、会費がお高めにみえますが、その分選りすぐりのボトルを集めました。
なかなか試すことのできない、貴重なモルトをぜひこの機会にお愉しみくださいね♪

おなじみのボトラー「ブラックアダー」や「アスタモリス」、インドの「アムルット」蒸溜所にスウェーデンの「ボックス(ハイコースト)」蒸溜所。
そして、12月にラインナップも新たに登場した「ハイランドクイーン」。

ガイアフロー代表の中村大航が、みなさまにそれぞれの魅力をお伝えいたします!

さらには、静岡蒸溜所のニューメイクやカスクサンプルも。
静岡蒸溜所のニューメイクは、プライベートカスク2019で樽詰め予定の蒸留機違いの2種。
軽井沢から移設した蒸留機から生み出される、軽やかで華やかな味わいのニューメイクと、薪直火蒸留機で蒸留されたパワフルでアンピーテッドなのにほんのりスモーキーなニューメイク。
どちらもお試しいただけます。

また、カスクサンプルは、今までお出ししたことのないものをご用意!2019年の始まりを飾る味わいを、ぜひご自身でお確かめください。

当日のアイテムをちょっとだけご紹介。

☆ブラックアダーBLACKADDER☆

ブラックアダー ロウカスク ブルックラディ 1991 26年 Cask No: 3045 55.2%
BLACKADDER RAW CASK BRUICHLADDICH 1991 26YO  Cask No: 3045 55.2%

ブルックラディは、アイラ島のウイスキーでは珍しく、ノンピートタイプのウイスキーを造り続けている蒸溜所。こちらは、世界限定207本!1991年蒸留の長熟ブルックラディ。
バニラや麦芽のモルティな甘み、スパイスや青草のような香りや味わいが優しく広がるアイテムです。ちょっとお高めなので、この機会にぜひお試しくださいね♪

☆アスタモリスASTA MORRIS☆

アスタモリス フォー ガイアフロー カリラ 『四日市』 2011/2018 7年 56.1%
Asta Morris for Gaiaflow Caol Ila “Yokkaichi” 7yo 2011/2018 56.1%

11月にリリースしたばかりですが、早くも追加購入の方が続出!なアスタモリスの東海道五十三次シリーズ最新作。シェリーバットで熟成させた、短熟のカリラです。
7年という若さがありつつも、トフィーやイチジク、スモークしたナッツのような煙さ。次第に、ラズベリーやチョコレートのような味わいも顔を出す、濃厚さと複雑さ。

☆ハイランドクイーンHIGHLAND QUEEN☆

ハイランドクイーン 1561 30年 ブレンデッド スコッチウイスキー 40%
HIGHLAND QUEEN 1561 30YO BLENDED SCOTCH WHISKY 40%

ハイランドクイーンのプレミアムライン「1561シリーズ」。その中でもこちらは、120周年を記念して発売された限定品。

1982年蒸留という、30年以上熟成されたモルトを、ブレンデッドでは珍しく、75%以上も使用。そこに、厳選した1978年・1979年蒸留のグレーンウイスキーをブレンドし、さらにシェリーバットで6ヶ月以上熟成させています。

☆ボックスBOX☆

スウェーデンのボックス蒸溜所からは、日本未発売!フラッグシップ商品の「ダルヴィ」&初のノンピートシリーズ「クエルクス」の新作。装いも新たになった新ボトルは、会場でお確かめください♪
また、スウェーデンのボトラー「スヴェンスカ エルドヴァッテン」のアイテムも。こちらも要チェック☆

また、当日はオーナーの平井氏秘蔵、即完売となったジャパニーズもシークレットとして登場する予定だそうです!
ぜひぜひお楽しみに♪

選り取りみどりな、名古屋バー バーンズさんのサンプリング会。
みなさまのご参加を、心よりお待ちしております♪

申込方法:お電話もしくはインターネットよりお申込みいただけます。
お電話【16:00〜20:00】電話番号 052-203-1114 (BAR BARNS)
インターネット【終日】 →お申し込みはこちら
※募集人数が定員に達しましたら、締め切りとなります。

【静岡蒸溜所】第1回 静岡蒸溜所見学ツアーリポート!

今月12月から、いよいよ本格的にスタートした、ガイアフロー静岡蒸溜所見学ツアー。
静岡プライベートカスクのカスクオーナー様をお招きした、第1回目の見学ツアーの模様をお知らせいたします♪


第1回 静岡蒸溜所見学ツアーリポート!


記念すべき、第1回目の見学ツアーが開催されたのは2018年11月22日。あいにく不安定なお天気で、今にも雨が降り出しそうな空模様でした。

見学スタートの14時に合わせ、参加者のみなさんが続々とやってきます。
お招きしたカスクオーナーさんや、小さい子がいる家族連れ、バーテンダーさんなど。
そして、ガイアフローの取り扱いブランドからも、それぞれ代表する方々が駆け付けて下さいました!

・ブラックアダー(スコットランド) 代表 ロビン・トゥチェク氏
・アスタモリス(ベルギー) 代表 バート・ブラネル氏
・アムルット蒸溜所(インド) アンバサダー ガンガ・プラサド氏
・ボックス蒸溜所(スウェーデン) クオリティマネージャー ラーシュ・カールソン氏

見学ツアー開始前に、参加者及び来賓のみなさまにお集まりいただき、代表の中村大航から、ご挨拶。
続いて、来賓の方々からも、ご祝辞をいただきました。
(写真左から)
・ガイアフロー 代表 中村大航
・静岡市観光交流文化局 局長 中島一彦 氏
・静岡市経済局 経済局次長兼商工部長 杉山禎之 氏
・玉川地区連合町内会 会長 安本好孝 氏

静岡市産の杉製の発酵槽の前で、お祝いの言葉を聞くことができ、代表の中村も嬉しそう。
実はこの日、原材料オール静岡産ウイスキーの初蒸留日ということもあって、NHKをはじめとするメディアの方々もたくさん。

新聞やテレビで、たくさん取り上げていただきました♪
本ブログの「メディア」カテゴリからご覧いただけます。
こちらもぜひ、見てみてくださいね。

いよいよ見学スタート!
細い通路を通り抜けて、ミルルーム(粉砕室)へ。

オレンジ色のサイロには、麦芽が貯蔵されています。
実際に使用する麦芽に触れたお客様は、予想以上に乾燥した感触に驚いていらっしゃいました。
静岡蒸溜所では、1仕込み1トンの粉砕した麦芽を使用します。サイロに貯蔵された麦芽は、ゴミや小石を取り除いた後、真っ赤なモルトミルで粉砕します。

殻も含めて、砕いた麦芽は全て次の糖化の工程へと運ばれていきます。

こちらが、糖化を行うためのマッシュタン。
砕いた麦芽をお湯と混ぜ合わせることで、麦芽に含まれたデンプンが酵素によって分解され、糖分に変わります。
ガラス窓がついていて、そこから内部を覗き見ることができるんです!

お湯と混ぜ合わされた直後の麦汁は、最初は濁りがありますが、1時間ほど静置するとクリアに。
クリアな状態の麦汁は、マッシュタンの下部からホースを使って発酵槽に移動させます。

麦汁を移し終えたら、ここに酵母を投入。5,200リットル程度の麦汁に対し、5キロの酵母を使用します。
酵母の投入から24時間程度で、発酵のピークを迎えます。

モコモコの泡!
発酵の香りと、間近で見る光景に、見学者のみなさんも写真をパチリ。

発酵時間は、72時間〜120時間。
ウイスキーの製造工程の中では、熟成に次いで最も時間をかける重要な部分です。
静岡蒸溜所では、全て木桶で発酵させるのもポイントのひとつ。木桶に棲むたくさんの菌が、ここだけしかないウォッシュ(モロミ)を生み出してくれるのです。木桶のため、温度変化が少なく、発酵には最適な環境も保たれています。

発酵が終わったウォッシュのアルコール度数は、7%くらい。
これを蒸留機に移し、2回の蒸留をします。

この日は、初めての原材料オール静岡産ウイスキーの初蒸留日。
静岡の間伐材を使った、薪直火蒸留機で蒸留をしていました。
原材料全てを静岡産のもので仕込んだウイスキーについては、こちらもご覧ください♪
【静岡蒸溜所】オール静岡産ウイスキー!大きな一歩!

あかあかと燃えるかまどの中に、みなさん興味津々の様子。
かがみこんで、かまどの内部をご覧になっていました。

傍らのテーブルには、1回目の蒸留を終えたばかりの蒸留液がグラスに入れられ、ずらりと並んでいます。

流出が始まってから、刻々と変化する香りを実際に体験していただきました。
みなさんの質問を受けつつ、今度は熟成庫へ。

熟成中のウイスキーの香りと、光をふんだんに取り入れた今までにない熟成庫。
たくさんの方に見ていただきたいです。

静岡蒸溜所の第1熟成庫には、バーボン樽だけではなく、シェリー樽も。また、軽井沢蒸溜所にあった蒸留機も2基展示されています。
蒸留機をバックに、樽が並んでいるところをぜひ写真におさめてくださいね。

あっという間に、1時間の見学ツアーが終了。
ここで、一般見学者のみなさんは、試飲室へ。
プライベートカスクをご予約いただいているカスクオーナーの方は、第2貯蔵庫へご案内をいたします。

まずは、第2貯蔵庫の様子から。
ご自分の樽を目の前に、緊張の瞬間。

熟成中のプライベートカスクは、オーナー様の目の前で栓を開け、バリンチと呼ばれる金属製の筒で中身を取り出します。

シリンダーで容量を確かめ、200mlのボトルに詰めます。
カスクオーナー様にラベルを貼り付けていただいて、完成。

乾杯!
熟成中の静岡蒸溜所のウイスキー。それも自分だけのものとあって、嬉しさは格別ですよね。
お二人のオーナー様からは、とっても美味しかったとの声をいただけて、こちらもとても嬉しかったです♪

最後に記念写真を。
カスクオーナーのみなさま、ご来場お待ちしております♪

その頃の試飲室。
一般の見学者の方や、メディアの方に混じって、おなじみのこの方達も。

試飲室では、キャッシュオン方式で、静岡蒸溜所のニューメイクや、カスクサンプルをお試しいただけます。
ラインナップはその時々で変わりますが、プライベートカスク2019で樽詰めする予定のニューメイクは、常時ご用意しておりますので、ぜひお試しくださいね♪

また、ガイアフローが取り扱うウイスキーも「全て」お愉しみいただけます!
蒸留機を眺めながら、美味しいウイスキーはいかがでしょう?

みなさんのお越しを、お待ちしております。

ご予約は、こちらから。
ガイアフロー静岡蒸溜所見学ツアー

【イベント】ウイスキーフェア高雄2018リポート!

台湾の高雄で12月1日(土)・2日(日)に開催された「ウイスキーフェア高雄2018。ウイスキーマニアの集う台湾で、ガイアフロー静岡蒸溜所の海外初セミナーの依頼をいただき、行ってまいりました!

高雄は、台湾南部に位置する海に面した貿易都市で、最近人気急上昇中の観光スポットでもあります。
ガイアフロー静岡蒸溜所にとっての晴れ舞台の模様を、イベントの様子と合わせてお届けします!

本日は、ウイスキーフェア高雄2018のイベント開催リポートです。


ウイスキーフェア高雄2018リポート!


高雄まで、成田空港から4時間半ほど。
空港からタクシーで20分程度で到着するのが、高雄で一番高いビル「85スカイタワー」です。
この74階、75階の高層階で、「ウイスキーフェア高雄2018」が開催されました!

ウイスキーフェアは、もともとドイツのリンブルグが発祥のウイスキーイベント。ドイツでは、現地の蒸溜所や酒販店、インポーターやボトラー、バーも出展社に加わり、世界中のレアなウイスキーが楽しめます。
試飲ができるのはもちろん、ボトルを買ったり、ミニボトルに入れて持ち帰っていただくこともできるとか。

このウイスキーフェアの高雄版が、ウイスキーフェア高雄なのです。

続きを読む “【イベント】ウイスキーフェア高雄2018リポート!”