【メディア】朝日新聞 2016年7月25日 夕刊 一面

朝日新聞 2016年7月25日 夕刊 一面

個性派ウイスキー お好きでしょ

各地に小規模蒸留所

ハイボール人気で活況の国産ウイスキー業界で、小規模だが個性的な味で勝負するクラフト蒸留所が注目されている。1980年代に手軽な値段で流行した「地ウイスキー」とは一線を画し、彼らが目指すのは高品質の本格派。刺激を受け、異業種からの参入組も現れた。

ロマン求め参入

福島県郡山市の「笹の川酒造」は創業251年の今年、約25年ぶりの蒸留再開に向けて設備を新調した。社長の山口哲蔵さん(63)は「何年も熟成させるウイスキーには、1年ごとに時間が巡る日本酒とは異なるロマンがある」と話す。

80年代は「チェリーウイスキー」が飛ぶように売れたが、酒税法改正に伴う値上げで需要が低迷。蒸留をやめ、主に他社から買った原酒をブレンドしたウイスキーを売ってきた。

だが、「色々なウイスキーの味を楽しむ人が増え、市場が広がっている」と気づき、再開を決めた。きっかけは、国内唯一のウイスキー専業メーカー「ベンチャーウイスキー」(埼玉県秩父市)の肥土伊知郎さん(50)との出会いだ。

肥土さんはサントリーに勤務後、父の求めで家業の酒造会社に入った。日本酒のほか、祖父が蒸留を始めたウイスキーを製造・販売していたが、業績不振で2004年に事業を譲渡することに。譲渡先は約400樽分のウイスキーの原酒の廃棄を決定。「『子供たち』が捨てられるなんて。何とか世に出したい」。つてをたどり、山口さんに買い取りを頼んだ。

翌年、肥土さんは笹の川酒造を販売元として、「イチローズモルト」の名でシングルモルト600本を発売。売り切るのに2年かかったが、評判は愛好家の集うバーを中心に徐々に広まり、同じ原酒を使った別シリーズは海外のウイスキー専門誌で高く評価された。

肥土さんは04年に自身の会社を立ち上げ、08年に秩父蒸留所で生産を開始した。手作業の精麦も一部で導入するなど、小規模ならではの「手作り」感を大事にする。

業界外から「ロマン」を求めて挑戦する人たちもいる。

静岡市の洋酒輸入販売会社ガイアフロー社長、中村大航さん(47)は元々、精密部品製造会社の3代目。「オンリーワン」の新規事業を探していた12年、本場スコットランドで創業7年の蒸留所を見学した。

設備は小さく、ローテク。それでも、ここのウイスキーは日本でも話題になっていた。「小さいブランドでも個性で世界展開できる。自分でもやれる」。安倍川支流沿いの市有地をまず約2千平方メートル借り、この秋、蒸留所を始動する予定だ。観光客向け見学コースや地元特産品を活かしたお土産販売も計画。目指すは「地域振興型」蒸留所だ。

北海道厚岸町でも、製菓原料輸入販売会社の堅展実業(東京都)が秋の蒸留所稼働を計画する。20年来のウイスキー愛好家という社長の樋田恵一さん(49)が海外での日本のウイスキー人気を見て、新分野に乗り出す決断をした。「肥土さんの品質を目標に、厚岸特産のカキに合う味を作りたい」

市場成熟の時代

モルトウイスキーは大麦麦芽(モルト)だけを糖化・発酵させ、蒸留して得た原酒を樽で熟成させる。中でも、単一蒸留所の原酒のみで作る商品を「シングルモルト」と呼ぶ。

ウイスキー評論家の土屋守さんによると、最近10年は、各蒸留所の個性が強く出るシングルモルトが世界的ブームで、日本市場も成熟しているという。サントリーは「山崎」「白州」の国内出荷量が過去5年で約2倍に、創業者をモデルにしたドラマが放映されたニッカウヰスキーの「余市」「宮城峡」の出荷量は、放送前の13年と比べ、15年は約2.6倍に増えた。

本場スコットランドではここ2年ほど、シングルモルトのみを手がける小規模蒸留所も相次いで誕生し、土屋さんは「個性や地域性を求める時代に、クラフト蒸留所はうまく合っているのでは」と見る。

Print

【メディア】静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」2016年6月1日

2016年6月1日
静岡朝日テレビ

とびっきり!しずおか

出原大樹のオクシズ暮らし

初夏の風物詩に出会う

vc-2016-06-01-21h32m44s380 vc-2016-06-01-21h32m57s102 vc-2016-06-01-21h33m44s566

農家のおじさん「今、麦を刈ってるところ。静岡でも少ないんだって」

vc-2016-06-01-21h34m33s342

出原「あ、向こうだ!色が違う!」

vc-2016-06-01-21h35m08s930 vc-2016-06-01-21h35m16s415

出原「初めて見た、オクシズで大麦畑!」

vc-2016-06-01-21h35m21s994 vc-2016-06-01-21h36m07s301 vc-2016-06-01-21h36m13s117

ナレーション「佳山地区の農地、およそ1ヘクタールに広がる大麦畑」
「麦秋といいまして、初夏に大麦は収穫の時期を迎えるんですね」
「穂をふっくらとふくらませています」

vc-2016-06-01-21h36m23s882 vc-2016-06-01-21h36m31s288vc-2016-06-01-21h37m13s163

出原「そもそも、なぜ大麦をつくり始めたのですか?」

vc-2016-06-01-21h36m52s378 vc-2016-06-01-21h37m34s878
vc-2016-06-01-21h37m41s010

出原「ということは、この麦はウイスキーの原料の麦?」
山本社長「そうです!」

vc-2016-06-01-21h38m05s710

ナレーション「佳山のとなり、落合地区で建設中のウイスキー蒸溜所」

vc-2016-06-01-21h38m09s702

vc-2016-06-01-21h38m14s807 vc-2016-06-01-21h38m19s577 vc-2016-06-01-21h38m28s191 vc-2016-06-01-21h38m32s003

ナレーション「オクシズの澄んだ空気と、豊富で清らかな水に加え、」
「都市部へのアクセスの良さなどから、」
「清水区で洋酒の輸入販売を手がける会社が建設を決めました」

vc-2016-06-01-21h38m58s595 vc-2016-06-01-21h39m26s027 vc-2016-06-01-21h39m50s012

ナレーション「早ければ、今年の秋からウイスキーの製造が始まるそうです」
「オクシズの麦が使われ、」
「まさにメイド・イン・オクシズのウイスキーが飲めるわけです」

vc-2016-06-01-21h40m02s092

「静岡でウイスキーが、ってちょっと意外な感じだね」
「緑と黄金色が素敵な感じでしたね」

vc-2016-06-01-21h40m47s102
出原「県内で大麦を作っているのは、オクシズと御殿場だけなんだそうです」
「ウイスキーは熟成に3年かかるとのことで、」
「実際に飲めるのは3年後ということになります」
「みなさん、楽しみにお待ちください」

【メディア】基本のウイスキー

基本のウイスキー 2016年5月28日発売

ウイスキーが好きだ!
グラスに注がれた琥珀色の美しい飲み物。注がれる音に耳を傾けその色を愛で、香りを楽しむ。
ほんの少しだけ口に含むと複雑な味わいが広がり美しい余韻が続く。
木目調のバーカウンターの向こうに佇むマスター、ほどよい明かりに心地よいBGM、そして今夜の特別な1杯。

ウイスキーを知ればその雰囲気も含めてすべて味わい尽くすことができます。
「映画や小説の主人公が飲んでいたから」
「ボトルデザインに惹かれたから」
「飲んでいる自分が好きだから」
きっかけは何だってかまいません。今夜も特別な1杯を。

・ウイスキーの種類/基本の飲み方
・ウイスキーを知る/味わう
・ウイスキーカクテルでアレンジを楽しむ
・ウイスキーに合う王道おつまみ/アレンジ系簡単おつまみ
・おすすめのバー/リカーショップ案内
・日本の蒸留所案内
・ウイスキー図鑑
【ジャパニーズウイスキー】
山崎/白州/イチローズモルト/竹鶴/余市/宮城峡/知多/響/富士山麓/駒ケ岳/岩井トラディション/越百/あかし/ブラックニッカ
【スコッチウイスキー】
ザ・マッカラン/グレンフィディック/ボウモア/アードベック/ラフロイグ/ラガヴーリン/ブルックラディ/ザ・フェイマスグラウス/タリスカー/ダルモア/ハイランドパーク/ホワイトホース/ジョニーウォーカー
【アイリッシュウイスキー】
ブッシュミルズ/カネマラ/ティーリング/タラモアデュー/キルベガン/ターコネル/グレンダロウ/ミドルトン
【アメリカンウイスキー】
ジムビーム/ジャックダニエル/フォアローゼズ/メーカーズマーク/ブラントン/ノブ クリーク/ウッドフォード リザーブ/I.W.ハーパー/コーヴァル
【カナディアン&アザーウイスキー】
カナディアンクラブ/クラウンローヤル/アムルット/ゴルノグ/サリヴァンズコーヴ
公式HPより引用)

20160530161147

%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%81%ae%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc

【メディア】静岡新聞 2016年5月28日

静岡新聞 2016年5月28日

ウイスキー蒸留器搬入

葵区落合 今秋の製造開始目指す

静岡市葵区落合に建設中のウイスキー蒸留所に、施設のシンボルとなるウイスキー蒸留器が搬入された。蒸留所は、同市清水区の洋酒輸入販売業「ガイアフロー」(中村大航社長)が、今秋のウイスキー製造開始を目指し整備を進めている。

長野県御代田町で1955年から2011年の間に稼働していたウイスキー蒸留所から麦芽の破砕機など再使用可能な設備数点を運び出したのが、昨年11月中旬。その後、製造元の工場などで整備を行い、今月中旬から建設中の建物内へと設置を始めた。

この日、群馬県高崎市から運び込まれたのはウイスキー製造用1基と老朽化のため展示用に転用された2基の蒸留器。クレーンを使い本体や付属部品を搬入した後、慎重に組み立てた。「国内で伝統のある蒸留器を自分の蒸留所で使用できるなんてうれしい。将来は原料を“オール静岡”にした特徴のあるウイスキーを造りたい」と中村社長は意欲をみせる。配管や内装などの工事が順調に進めば、7月末に蒸留所が完成するという。

Media-2016-05-28-am-Shizuoka のコピー

【メディア】SBSテレビ 2016年5月13日 イブアイしずおか

2016年5月13日 16:45〜
SBSテレビ  イブアイしずおか

特集 新緑の山里へ 玉川マップ

vc-2016-05-29-18h35m14s954 vc-2016-05-29-20h14m20s082原田さやかさん「玉川を紹介する、玉川マップをつくりました」
「玉川にいろんなお店や素敵な場所があるんですけれども」
「そういったところを詰め込んだマップになります」
vc-2016-05-29-18h36m18s385 vc-2016-05-29-18h37m14s938鈴木アナ「もうだいぶ建物も出来てきました」vc-2016-05-29-18h37m22s362vc-2016-05-29-19h24m58s574 vc-2016-05-29-19h05m53s880鈴木アナ「中村さんは精密機械工場を経営されていたんです」vc-2016-05-29-19h26m07s510鈴木アナ「こういう蒸留機で、ウイスキーの原料を蒸留するんですね」vc-2016-05-29-19h26m30s902中村「静岡らしい味わいをもったウイスキーをつくりたいと思っています」
「やわらかさと、まろやかさを持った味わいになると思います」vc-2016-05-29-19h27m36s450 vc-2016-05-29-19h27m52s520 vc-2016-05-29-19h28m17s899 vc-2016-05-29-19h28m46s166 vc-2016-05-29-19h29m32s108鈴木アナ「ウイスキーの原料は大麦ですね」
「実はその大麦が玉川で実っていたんです」vc-2016-05-29-19h30m02s169vc-2016-05-29-19h30m46s443 vc-2016-05-29-19h30m31s564vc-2016-05-29-19h29m22s507 vc-2016-05-29-19h30m56s015 vc-2016-05-29-19h33m37s871 vc-2016-05-29-19h33m52s533 vc-2016-05-29-19h34m12s767 vc-2016-05-29-19h34m26s045鈴木アナ「玉川の農家が協力して育てました」vc-2016-05-29-19h34m51s318中村「何も分からないところからスタートしています」
「なので、非常に苦労をしていますけれども、」
「こんなに立派に育ってくれたので、みんなで感激しています」vc-2016-05-29-19h35m50s450原田さやかさん「地元の大麦でつくるウイスキーですね?」vc-2016-05-29-19h37m02s102中村「地元の大麦でウイスキーをつくる」
「地元の人と一緒に飲む」
「これがやってみたいんですね」vc-2016-05-29-19h37m52s266原田さやかさん「うわ〜、贅沢〜! いいですね!」vc-2016-05-29-19h38m07s879 vc-2016-05-29-19h39m10s750