【新商品】個性きわ立つ4アイテム!4月16日(金)発売!

早くも4月!エイプリルフールに加え、4月1日が「ジャパニーズウイスキーの日」として記念日の登録がされましたね。
実はこの4月1日、ブラックアダーの創立記念日でもあります!

今月は、昨年2020年に創立25周年を迎えたブラックアダーから、記念ボトルを含む3アイテムが入荷!そして、浮世絵ラベルで人気のアスタモリスからは、東海道五十三次シリーズの新作が登場です。
それぞれ、個性きわ立つ4アイテム。

本日は、4月16日(金)発売の新商品のお知らせです。


【新商品】個性きわ立つ4アイテム!4月16日(金)発売!


最低限度の濾過のみでボトリングする、ロウカスクシリーズで人気のブラックアダー。創立25周年を記念して、これから続々と記念ボトルがリリースされます♪

そんなブラックアダーの新作は、創業25周年を記念した短熟「アードモア」に、容量50Lほどの小さな樽(オクタヴ)でフィニッシュをかけた、オークニー諸島の北の巨人「オールドマン・オブ・ホイ」。 
おなじみのレッドスネークは、シリーズでは珍しい、ピーテッドタイプ。50ppmの強烈なスモーキーさに、リッチな甘さが魅力です。

アスタモリスからは、東海道五十三次シリーズの新作。シリーズ初のグレンギリーは、シェリー樽 
熟成の逸品です。

いずれも、ボトラーズブランドならではの魅力がたっぷりつまったアイテム。
新作は、リリース直後に即完売!が続いています。発売日をお忘れなく。

4月16日(金)10時より発売です!
WHISKY PORTのページは、4月16日までは品切れの状態で表示しています

【4月16日(金)発売:商品詳細】

ブラックアダーBLACKADDER>

【25周年記念】ロウカスク アードモア 2010 10年 Cask no: 803499 60.6%
BLACKADDER RAW CASK ARDMORE 2010 10YO CELEBRATING 25 YEARS OF BLACKADDER Cask no: 803499 60.6%


創業25周年記念、第1弾としてリリースされるのがこちら。心地よいスモーキーさで知られるアードモアです。

東ハイランド地方のアバディーンシャーに位置し、ティーチャーズのキーモルトとしても、知られています。短熟ながら、しっかりとした甘さとスモーキーさを感じられるシングルカスク。

【テイスティングノート】
香り:塩キャラメルと土のような香り、ペパーミント、スイカズラの甘い香り。

味わい:甘い果実のような、しっかりした甘みに、黒煙に感じるような刺激、木炭、ミントと樽のウッディさが入り混じる。

余韻:暖かく、スモーキーな余韻。生クリーム入りのフルーツサラダ。

*ロウカスクとは
冷却濾過をせず、最低限の濾過のみをした、ブラックアダーオリジナルの代表的シリーズのこと。
「樽の中で眠るウイスキーこそ、最高の味わいを持つ」というブラックアダー代表ロビン氏の想いが詰まったシリーズです。
最低限の濾過にとどめている証明として、ビン底には樽の中の木片が沈んでいます。

オールドマン・オブ・ホイ オーカディアン ロウカスク 14年 オクタヴカスク フィニッシュ CASK REF: OMH 2020-3 59.2%
BLACKADDER RAW CASK THE OLD MAN OF HOY ORCADIAN 14YO OCTAVE CASK FINISH CASK REF: OMH 2020-3 59.2%


「オールドマン・オブ・ホイ」とは、スコットランドのオークニー諸島の島にある奇岩のこと。蒸溜所名を公開していませんが、その名前から「北の巨人」と称される有名な蒸溜所と推察されます。

これまでのシリーズを踏襲した、シングルモルト・シングルカスク。さらに今回は、フィニッシュに容量50Lほどの小さな樽(オクタヴ)でフィニッシュをかけています。

静岡蒸溜所のプライベートカスクでも使用される、オクタヴサイズの小さな樽。
ウイスキーと樽が接触する体積あたりの表面積が大きいことから、熟成が早く進むといわれています。フィニッシュの影響で、さらなる変貌を遂げた北の巨人をぜひご堪能ください。

【テイスティングノート】
香り:熟しきったイチジク、ヴィンテージ家具。

味わい:オークの風味にレモンなどの柑橘類、新緑の牧草、後に潮を感じる。

余韻:みかんの薄皮のような甘みと渋みが軽く残る。


【25周年記念】レッドスネーク ロウカスク レッドネック87 50ppm 59.5 %
BLACKADDER RED SNAKE RAW CASK Cask Ref: Redneck 87 50ppm CELEBRATING 25 YEARS OF BLACKADDER 59.5 %


ブラックアダーの代表的なシリーズのひとつ、レッドスネークシリーズ。ブラックスネークと同じ蒸溜所のモルトを使用した、バーボン樽熟成のシングルカスクです。

ノンピートタイプのみからスタートしたシリーズに、近年、しっかりしたピーテッドタイプも登場。
こちらも、フェノール値が50ppmのピーテッドタイプです。バーボン樽由来のバニラの甘い香りと、力強いスモーキーさ。

ブラックアダー創業25周年記念ボトルでもある、見逃せないアイテム。

【テイスティングノート】
香り: 鼻腔を少し刺激するメンソールと優しいスモーク。後から軽いカスタードクリーム。少し硬さを感じる香りだが、加水をするとレモンや青リンゴなどフレッシュな酸味のあるフルーツ。

味わい:ほんのりとスモーク。酸味を伴うあっさりとした穀物シロップのような優しい甘味。樽由来の渋み。

余韻:甘味と酸味はすぐに消え、渋みが少し残る。

<アスタモリス ーASTA MORRIS


グレンギリー 2011/2020 9年「池鯉鮒」54%
ASTA MORRIS Glen Garioch 2011/2020 9yo 54% “Chiryu”


浮世絵ラベルが映える、アスタモリスの東海道五十三次シリーズ。宿場ごとに、さまざまな蒸溜所のウイスキーをボトリングしています。

今回ボトリングされたのは、東ハイランドに位置するグレンギリー。シェリーバットで熟成された、短熟もの。東海道五十三次シリーズでは、初めてのボトリングです。

ラベルに描かれているのは、39番目の宿場町。現在の愛知県知立市です。知立神社の池に、明神の使いの鯉と鮒が多く住んでいたところから「池鯉鮒(ちりゅう)」の字があてられています。

【テイスティングノート】
香り:シェリーのような上品な香り、森の中の濡れた葉っぱ、かすかにナッツのようなニュアンス、ロープ、青リンゴ。

味わい:胡椒のようなピリピリした刺激に、わずかなオイリーさ、香り同様葉っぱのような感じ、青リンゴのような味わいを感じる。乾燥した草、ホワイトチョコレート。

余韻:長く、複雑で温かな余韻。ナッツのようなニュアンスがよりハッキリと感じられる。

4月16日(金)10時より発売です!
WHISKY PORTのページは、4月16日までは品切れの状態で表示しています。

みなさまからのご注文、お待ちしております!