静岡プライベートカスク2018の受付延長 & 2019の概要発表!

静岡蒸溜所で造られたウイスキーを樽単位でご予約いただける、「静岡プライベートカスク」。

2018年製造分のご予約は受付期間を延長し、8月31日までとなります。
9月からは「静岡プライベートカスク2019」の受付が始まり、2019年製造分のご予約を承ります。


ピーテッドウイスキーのご注文は、8月31日まで!


2018年にラインナップにされた、ピーテッドウイスキー。

静岡プライベートカスク2019では、アンピーテッドのみとなります。
そのため、ピーテッドタイプをご希望の方は、8月31日までにお申し込みください!

また、静岡プライベートカスク2018のご予約には、「お1人様各ウイスキータイプごとに1挺限り、最大2挺まで」という上限を設けておりました。
しかし、これについて、多くのお客様から、同タイプのものをサイズ違いで予約したい、といったご要望をいただいておりました。

このようなことから、お申込数の上限を変更し、全てのウイスキータイプ、全ての樽のサイズについて、ご希望の挺数でお申込を承ります。

上記の変更のため、6月末としていた2018年分のお申し込みの締め切りを、8月末まで延長することにいたしました。

お申し込みをご希望の方は、下記のリンクよりどうぞ。
静岡プライベートカスク2018

みなさまからのお申し込みを、お待ちしております♪

そして、静岡プライベートカスク2019の概要をご案内いたします♪


静岡プライベートカスク2019 概要発表!


お待たせしました!
静岡プライベートカスク2019は、蒸留機を選べます

静岡蒸溜所では、下記のタイプが違う2基の蒸留機が稼働しています。

・スコットランド フォーサイス社製の薪直火で加熱する蒸留機
・軽井沢蒸留所から移設した、一般的な蒸気による間接加熱の蒸留機

加熱方法や形状の違う、この2基の蒸留機を使い分け、全く違う個性を持った2種類のニューメイクスピリッツ(ウイスキーの原酒)を造っています。

・フォーサイスの薪直火蒸留機を初留で蒸留したニューメイクは、ヘビー&スウィート。ほのかにスモーキーで、どっしりとしたコクのあるパワフルな味わい
・軽井沢蒸留機を初留で蒸留したニューメイクは、ライト&フルーティ。フルーティで軽やか、かつ華やかな味わい

2017年・2018年のプライベートカスクでは、これら2つの違う味わいのニューメイクをハーフ&ハーフでブレンドし、樽詰めしています。

3年目となる2019年は、よりマニアックに楽しめるように!ということで、これら2種類のニューメイクをブレンドせず、別々で樽詰めします♪
お好みに合わせて、自分だけの味わいを追求してみてはいかがでしょうか?

初留に使用する蒸留機の違いをより感じていただくために、静岡プライベートカスク2019で樽詰めされるウイスキータイプは、アンピーテッドのみといたします
お申し込みは、201891日の開始を予定しています。

プライベートカスクについて、年ごとの違いをおさらいしてみましょう。

【静岡プライベートカスク2017〜2019】

2019年製造分 2018年製造分 2017年製造分
内容量 バレル 195リッター 195リッター 180リッター
クォーター 120リッター 120リッター 110リッター
オクタヴ 60リッター 60リッター 55リッター
ウイスキータイプ アンピーテッド ピーテッド

もしくは

アンピーテッド

アンピーテッド
蒸留機

初留

*蒸留機を選択

薪直火蒸留機

もしくは

軽井沢蒸留機

薪直火蒸留機

軽井沢蒸留機

のブレンド

薪直火蒸留機

軽井沢蒸留機

のブレンド

 

ガイアフロー静岡蒸溜所では、軽井沢蒸留所から移設した蒸留機1機と、フォーサイス社製の蒸留機2機を使って製造をしています。
1仕込みごとに記録を取るのですが、どの蒸留機を使ったのかは、それぞれアルファベットで示されています。

K(Karuizawa Still):元軽井沢蒸留所蒸留機(初留)
W(Wood -fired Still):フォーサイス社製薪直火加熱方式蒸留機(初留)
S(Spirit Still):フォーサイス社製蒸気間接加熱方式蒸留機(再留)

見ての通り、初留用が2機。
どちらの蒸留機を使うかで、出来上がるニューメイクの味わいは、大きく異なります。

蒸留機に投入するウォッシュ(モロミ)は、ホップなしの酸っぱいビールのようなもの。発酵を終えた酵母などが溶け込んでいて、粘度がある状態です。
これをそのまま濾過せずに蒸留機に投入し、加熱して蒸留することで、さまざまな熱化学反応が起こります。
そのため、どのように加熱されるかが重要になってくるのです。

<K(Karuizawa Pot Still):元軽井沢蒸留所蒸留機(初留)>

軽井沢の蒸留機は、間接加熱。
蒸留機の内部に、チューブ型のコイルとパーコレーターというバケツ型のシリンダーがあり、ここにボイラーでつくられた蒸気を送り込むことで加熱をします。
間接加熱方式は、蒸気を使って穏やかに満遍なく加熱されるのが特徴です。
温度調節もしやすく、モルティーさが残り、アルコールは華やかで軽く、すっきりとしてフルーティーな味わいになります。

<W(Wood -fired Pot Still):フォーサイス社製薪直火加熱方式蒸留機(初留)>

左側に見えるのが、フォーサイス社製の初留に使う蒸留機。
薪を燃料とした直接加熱方式です。

薪ストーブをそのまま大きくしたようなかまどに、薪を並べて火をつけ、釜を直接加熱することで内部のウォッシュを温めるのです。釜の内部には、ラメジャーと呼ばれる鎖の網のようなものが設置されており、これを回転させ続けることで、加熱されたウォッシュの焦げ付きを防ぎます。

温度調節は、かまどの正面にある小窓の開閉のみ。追加で薪をくべる際は、かまどの扉を開けて行うため、内部の火が吹き出すこともあり、慎重に作業を進めなければなりません。
直火で加熱した場合は、間接加熱方式に比べ、もろみの温度が高くなり、ヘヴィーでスイートでほのかにスモーキー、コクを感じるパワフルな味わいが産まれます。

7月28日・29日に開催される「静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018」でも、この2つの違いを味わっていただけるよう準備中です♪
実際に味わってみて、その違いを体感してくださいね。

☆☆☆ 静岡プライベートカスク2019 概要 ☆☆☆

申込開始予定:2018年9月1日(土)

樽の種類:EXバーボンカスク
ニューメイクの種類:アンピーテッドのみ
樽詰めの時期:2019年12月31日までの間
ボトリングの時期:樽詰め日から3年経過以降最長熟成期間まで
最長熟成期間:バレル10年、クォーター7年、オクタヴ5年

予想されるボトリング本数(@700ml):
バレル   200本
クォーター 120本
オクタヴ   50本
※上記本数は予想であり、熟成年数や個体差により増減します

予約の受付場所:オンラインショップ WHISKY PORT ( http://whiskyport.jp/ )