タグ別アーカイブ: ガイアフロー静岡蒸溜所

静岡プライベートカスク2018、まもなく予約開始!

昨年多くの反響をいただいた、静岡蒸溜所のプライベートカスク。
いよいよ、この季節がやってきました。
本日は「静岡プライベートカスク2018」のご案内をいたします!


静岡プライベートカスク2018、まもなく予約開始!


Caskoffer2018酒販店様へご案内のコピー

昨年は、多くのお問い合わせをいただき、ありがとうございました!
ご予約に際しては、想定を上回るご要望をいただき、ご用意した挺数が足りなくなってしまうほどでした。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
今年は、ご要望にお応えし、挺数を増やしてご予約を承ります。

樽に詰めるウイスキーの内容量も増やし、ピーテッドタイプのウイスキーもご用意する予定です。
あなただけのプライベートカスク、この機会にぜひご検討ください。

予約開始日:2017年12月13日(水)12:00〜

メールマガジンの会員限定のニュースもあります。ご登録がお済みでないかたは、コチラからどうぞ。
→メールマガジン登録フォーム

*11月30日(木)17:00までに、メールマガジンをご登録いただいた方には素敵なお知らせがありますよ♪

【プライベートカスク2017との違い】

プライベートカスク2018
プライベートカスク2017

内容量
(バレルサイズ)

195リッター

180リッター
内容量
(クォーターサイズ)
120リッター

110リッター

内容量
(オクタヴサイズ)

60リッター 55リッター
ウイスキータイプ ピーテッド
もしくは
アンピーテッド

アンピーテッドのみ

※ご購入いただける樽は、お1人様、各ウイスキータイプごとに1挺までとさせていただきます。

 

樽の種類:EXバーボンカスク

ニューポットの種類:ピーテッドもしくはアンピーテッド

樽の種類・容量および予約申込金額:
バレル  (内容量 195リッター)
ピーテッドタイプ:¥1,188,000
アンピーテッドタイプ:¥1,080,000

クォーター(内容量 120リッター)
ピーテッドタイプ:¥732,600
アンピーテッドタイプ:¥666,000

オクタヴ (内容量 60リッター)
ピーテッドタイプ:¥366,300
アンピーテッドタイプ:¥333,000

予想されるボトリング本数(@700ml):
バレル   240本
クォーター 120本
オクタヴ   50本
※上記本数は予想であり、熟成年数や個体差により増減します

予約の受付場所:オンラインショップ WHISKY PORT ( http://whiskyport.jp/ )

お支払い方法:銀行振込

ボトリング時にお支払いいただく金額:酒税、消費税、ボトリングにかかる諸費用、配送料

樽詰めの時期:2018年12月31日までの間

ボトリングの時期:樽詰め日から3年経過以降最長熟成期間まで

最長熟成期間:バレル10年、クォーター7年、オクタヴ5年

詳細については、下記商品ページをご覧ください。
ガイアフロー静岡蒸溜所プライベートカスク2018
※リンク先の一覧画面の購入ボタンでは購入できません。そこから商品詳細ページに進み、オプションを選択の上、購入ボタンを押してください。

※!!! 重要 !!!※
プライベートカスクにつきましては、商品の性質上、規約を設けております。
高額かつ、お届けまでに年月のかかる商品となっておりますのでご予約の前には、必ずご一読くださいますようお願いいたします。


ガイアフロー静岡蒸留所プライベートカスク2018

【プライベートカスクとは】
静岡蒸溜所のウイスキーを、樽単位でご購入いただけるサービスです。
ウイスキーの味わいは、樽の材質やサイズ、貯蔵期間など様々な影響を受け、樽ごとに異なる味わいに変化していきます。ご自身で味わいを確かめ、熟成の進み具合を見極め、ボトリングのタイミングを決めてください。そうしてできたウイスキーは、世界であなただけの特別なウイスキーです。

【カスクオーナー】
プライベートカスクをご購入いただいた名義人を、以下カスクオーナーと呼びます。下記サービスは、ガイアフローディスティリング株式会社と、カスクオーナーとの間の契約となります。

【ウイスキー】
麦芽を糖化し、発酵させ、蒸留機で2回以上蒸留をしたものをニューメイクといいます。このニューメイクを樽に詰め、熟成させることによりウイスキーとなります。
樽詰めするニューメイクは、ピーテッド(泥炭を焚いたモルトを使用)もしくはアンピーテッド(泥炭を焚いていないモルトを使用)となります。原材料となるモルトの生産地は弊社にて決定いたします。樽詰め時のアルコール度数は、63%とします。

【樽】
樽のサイズは、下記の3種類で、全てEXバーボン樽となります。木樽のため、樽自体の容量は多少前後することをご了承ください。樽詰めするニューメイクの内容量は、下記の通りです。また、個別の樽の割り当てにつきましては、弊社で決定させていただきます。なお、樽の所有権は弊社にありますので、ボトリング完了後にはご返却いただきます。

  • バレル        ニューメイク内容量:195リッター
  • クォーターカスク ニューメイク内容量:120リッター
  • オクタヴカスク ニューメイク内容量: 60リッター

【貯蔵】
ニューメイクが詰められた樽は、ガイアフロー静岡蒸溜所敷地内の貯蔵庫にて、熟成されます。貯蔵庫内の樽の配置場所については、弊社で決定いたします。
樽詰めから3年経過以降、最長熟成期間の間であればいつでも、ウイスキーとしてボトリングすることが可能です。最長熟成期間は、樽のサイズによって異なり、下記の通りとなります。
最長熟成期間を迎えた場合、カスクオーナーにご連絡し、ボトリングをいたします。

  • バレル        10年
  • クォーターカスク 7年
  • オクタヴカスク 5年


【保管料及び保険料】

価格には、最長熟成期間に係る保管料及び保険料が含まれています。

【購入方法】
ガイアフロー通信販売サイト(http://whiskyport.jp)内に、静岡蒸溜所の商品ページがございますので、そちらからお申込みください。

  1. 商品の注文ページで、カスクサイズを入力して、「ショッピングカートに入れる」をクリックしてください。画面右上の「SHOPPING CART」ボタンをクリックすると、ご購入手続きのページに移動します。
  2. ご購入手続きのページで、必要な事項を入力し、「次」のボタンをクリックしてください。ご注文内容の確認ページに移りますので、確認後、入力した情報に間違いがなければ「注文を確定する」のボタンをクリックしてください。
  3. 支払いは、銀行振込のみとなっております。ご注文後、7営業日以内に弊社指定銀行口座へのお振込をお願いいたします。ご入金の確認を以って、お申込みの完了といたします。7営業日以内の入金が確認できない場合、お申込みは自動的にキャンセルとなりますのでご了承ください。
  4. ご入金確認後、まず領収書をお送りいたします。そして、2018年12月31日までにニューメイクの樽詰めをいたします。その後にカスクナンバーや容量・度数などの詳細を記載したオーナー証明書をお届けいたします。オーナー証明書は、カスクオーナーであることを証する重要な書類ですので、大切に保管してください。


【価格】

カスクタイプ 内容量 最長保管期間 ウイスキー 申込金額
(税抜)
バレル 195リッター 10年 ピーテッド 1,188,000円
アンピーテッド 1,080,000円
クォーター 120リッター 7年 ピーテッド 732,600円
アンピーテッド 666,000円
オクタヴ 60リッター 5年 ピーテッド 366,300円
アンピーテッド 333,000円

【登録情報】
カスクオーナーの登録情報に変更があった場合、必ずメールにてご連絡をお願いいたします。弊社からの連絡も、原則として事前にご登録いただいたメールアドレスへのご連絡となります。

【カスクオーナーの名義変更】
カスクオーナーの名義は、変更することが可能です。名義変更をご希望の場合は、お渡ししているカスクオーナー証明書の返却とともに、新オーナーの登録情報をお知らせください。名義変更完了後、新しくオーナーになられた方にオーナー証明書をお送りいたします。
なお名義変更は、原則として個別の樽毎に年に1回までとします。ただし、相続などのやむを得ない事情による場合は、この限りではありません。
手続きには、別に定める所定の手数料がかかります。

【樽詰めの時期】
2018年12月31日までの期間で樽詰めをいたします。実際にお立会いの上、樽詰めをすることは、生産スケジュールの都合上、承ることができません。

【貯蔵庫見学】
カスクオーナーの方は、オーナー証明書到達以降、樽が貯蔵されている貯蔵庫を無料で見学することができます。見学の際には、必ず事前のご予約をお願いいたします。ご予約の際は、7営業日前までにメールにてご連絡をお願いいたします。なお無料の同伴者は成人2名までとさせていただきます(20歳未満の方は何人でも無料です)。
ただし、生産スケジュールや休止期間の都合により、ご希望に添えない場合があります。何卒ご理解いただきたく、お願い申し上げます。

【試飲】
お好きなタイミングで、ご自身のウイスキーの試飲をしていただくことができます。試飲には別に定める所定の手数料がかかります。
貯蔵庫見学をした際に、試飲をご希望される場合は、見学日の3週間前までにご連絡ください。
試飲サンプルの送付をご希望の場合は、弊社オンラインショップからお申し込みください。納期は3週間かかります。

【エンジェルズシェア】
寒暖差や湿度の変化などによって、熟成中に樽の中のウイスキーの水分やアルコール分が蒸発して、内容量が年々減っていきます。これをエンジェルズシェアといい、スコットランドでは年間2%と言われています。より暖かい静岡では、さらに多く減るものと予想されます。
エンジェルズシェアは自然のプロセスであり、熟成には欠かせない要素であるため、欠減分の金額の返金はいたしかねますことをご了承ください。

【ボトリング】
3年以上熟成させた時点から、それぞれの樽の最長熟成期間の間ならいつでもボトリングしていただくことが可能です。ボトリング時期が決まりましたら、弊社にご連絡ください。ボトリングは樽の中のウイスキー全てを瓶詰めいたします。2回以上に分けてボトリングすることはできません。
ボトリングは、容量700mlのボトルに、通常カスクストレングスと呼ばれる、加水をしない樽出しの状態でされます。熟成中、蒸散により樽詰めされたウイスキーの量とアルコール度数は欠減します。これは熟成が進む際の自然な現象で、その度合いを予想することはできません。
また、加水をしてアルコール度数を調整することについても、追加費用なしで対応いたします。その場合、アルコール度数の下限は、46%となります。加水をしてボトリングする場合は、カスクストレングスでボトリングするよりも本数は多くなります。

【ラベル】
ラベルは、弊社の規定により、樽や蒸溜年月日等の詳細を記載したものをご用意いたします。オリジナルラベルを希望される場合は、別に定める所定の費用がかかります。ご希望の際は、ボトリングの前にご相談をお願いします。

【ボトリング時にお支払いいただく税金及び諸費用について】
ボトリング時に、別途お支払いいただくものとしては、下記のものがあります。全額をお支払いいただいた後に商品のお届けとなります。
もしお支払いがなされない場合は、本契約は破棄されたものとして、キャンセル料を差し引いたお申込代金を返金いたします。

  • 酒税(ボトリング時の法律で定められた金額)
  • 消費税(ボトリング時の法律で定められた金額)
  • その他の税金(ボトリング時の法律で支払が定められた税金)
  • カスク払出費用(ボトリング1回毎)
  • ボトリング費用(ボトリング本数による)
  • オリジナルラベル制作費用(オリジナルラベルを作成する場合)
  • 配送費用(ボトリング本数・配送先地域による)


【不測の事態】

ウイスキーを貯蔵する樽は、オーク材で造られています。オーク材は自然素材であるため、液漏れやその他不測の事態が起きる場合があります。そのような不測の事態が起きた場合、可能な限りカスクオーナーの損失を補償もしくは樽の代替品をご用意いたします。

【不可抗力】
以下に該当する不可抗力の状況があった場合、弊社には本約款における債務の不履行が認められます。不可抗力の発生期間については、本約款による補償の範囲外になるとみなし、カスクオーナーは不可抗力により生じた損失については補償を受けることができないものとします。
不可抗力とは、戦争、テロ、政情不安、輸出入制限、政府決定もしくは規制、ストライキによる蒸溜所一時閉鎖、封鎖または他の労働争議、火災、洪水、暴風雨、ハリケーンなどの自然災害、事故またはそれに類する当社の債務不履行が認められる場合をいいます。

手数料 一覧表 2017年11月22日版

項目 金額(税抜) 説明
名義変更手数料 1回当たり10,000円 新所有者が負担します。

 

試飲手数料(見学) 1回当たり2,000円 200ML。
試飲手数料(送付) 1回当たり3,000円 200ML。別に送料がかかります。

※上の一覧表は、必要に応じて随時変更され、常に最新の表の金額が適用となります。

ボトリング時にお支払いいただく税金及び諸費用 一覧表 2017年11月22日版

項目 金額(税抜) 説明
酒税 1リッター当り
アルコール度数に
10円を乗じた額
ボトリング時の法律で定められた金額
消費税 商品価格の8% ボトリング時の法律で定められた金額
その他税金 法律で定められた金額 ボトリング時の法律で定められた税金
カスク払出費用 15,000円 樽からウイスキーを払い出す作業費
ボトリング費用 1本当り450円 ビン・キャップ・シール・ラベル代等
オリジナルラベル制作費用 1本当り500円 オリジナルラベルの印刷費用
(デザイン料などは含まれません)
配送費用 6本当り800円 宅配便にて配送予定
キャンセル料 商品価格の30% 契約を中途で破棄する場合

※上の一覧表は、必要に応じて随時変更され、常に最新の表の金額が適用となります。


FAQ(よくある質問)


▶︎プライベートカスクの申込は、共同名義でも可能ですか?

プライベートカスクのご予約は、申込をされる方(カスクオーナー)と弊社との契約となります。共同購入をご希望の場合は、どなたか1名を代表者としてご予約をお願いいたします。

弊社からのご連絡は、その代表者の方のみへのご連絡となりますので、何か変更等ありましたら、必ずメール にておしらせください。

 

▶︎どの樽がオススメですか?

バレル、クォーターカスク、オクタヴカスク、どの樽をお選びいただいても、1ℓ当たりの単価は、ほぼ同じになっています。ただし、小さい樽ほどエンジェルズシェアは大きくなり、熟成も早くなります。熟成のピークも異なることから、静岡蒸溜所では、樽ごとに最長熟成期間を設けております。この最長熟成期間をご予約の目安にされるのもオススメです。

 

▶︎ピーテッドとアンピーテッドの違いはなんですか?

ウイスキーの原料である麦芽を乾燥する際に、ピートと呼ばれる泥炭を焚いて乾燥させたものを、ピーテッド麦芽といい、これを使用して製造されたウイスキーがピーテッドウイスキーです。スモーキーな味わいが特徴で、口に含むと燻香が広がります。昔のスコッチウイスキーは全てピーテッドだったと言われていて、その個性的な味わいは多くのファンの心を掴んでいます。

アンピーテッドは、ピートを焚かずに乾燥させた麦芽を使って製造したウイスキーです。独特なスモーキーさはほとんど感じることがなく、より繊細な香りと味わいを楽しむことができ、誰からも好まれるウイスキーと言えます。

 

▶︎最長熟成期間を超える貯蔵はできますか?

最長熟成期間を超えて貯蔵することはできません。ボトリングのタイミングは、樽詰めから3年目以降、最長熟成期間までとなります。この期間中にボトリングのご指示がなかった場合は、最長熟成期間の満了を以ってボトリングさせていただきます。

 

▶︎ボトリングの指示の連絡を忘れたら、どうなりますか?

最長熟成期間の満了時に弊社からご連絡いたします。最長熟成期間を満了したにも関わらず、カスクオーナーと連絡が取れず、さらに連絡が取れない期間が6ヶ月間を経過した場合は、遺失物として弊社が所有権を取得いたします。

 

▶︎ボトリングの日付指定はできますか?

ボトリングの日付は弊社が決定し、カスクオーナーが指定することはできません。カスクオーナーからボトリングの連絡を受け次第、すぐ作業に入りますが、生産や休止期間の都合により、スケジュールが遅れる場合があります。何卒ご了承ください。

 

▶︎ボトリングは2回以上に分けることはできますか?

大変申し訳ありませんが、承ることができません。

 

▶︎プライベートカスクは、何樽販売されるのですか?

販売数につきましては、公開しておらず、お答えすることができません。

 

▶︎プライベートカスクの予約注文はいつまでですか?

2018年6月30日までです。ただし予定数量が売り切れ次第、終了となります。

 

みなさまのご予約、お待ちしております♪

静岡蒸溜所グッズ第2弾!23日静岡フェアにて先行発売いたします!!

こんにちは、担当Mです。

ついに来ました、静岡蒸溜所グッズ、第2弾!

前回ご紹介したグラスやピンバッジは、いかがでしたでしょうか?

今回はもうすこし、大きめのグッズですよ♪


静岡蒸溜所グッズ第2弾!23日静岡フェアにて先行発売いたします!!


本日は、全3アイテムをご紹介いたします。
7月23日(日)の静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2017の会場で、発売いたします。

ShizuokaDistillery

みなさまお待ちかね、ロゴ入りポロシャツです!
以前から、何色のポロシャツに、何色の刺繍糸がいいのか…とスタッフ全員で、各々好きな色の組み合わせで作って、公式カラーを考えてきました。

ShizuokaDistillery_2

淡い青色のポロシャツに紺色の刺繍糸、灰色のポロシャツに紫色の刺繍糸、黒色のポロシャツに黄色の刺繍糸・・・明るい色から暗い色まで、様々な組み合わせができました。
そして、ようやく2つの組み合わせを決定いたしました!

ShizuokaDistillery_3

1つめは、ホワイトのポロシャツに、水色のロゴ。
静岡蒸溜所のロゴの本当の色は、セルリアンブルーのような青色です。
少し光沢のある刺繍糸で、光の加減で小さく主張するロゴが可愛らしい組み合わせです。

ShizuokaDistillery_4

2つめは、ネイビーのポロシャツに、赤色のロゴ。
ハッキリとわかるロゴは、遠目で見てもカッコイイです!
(※刺繍糸を写す関係で、ポロシャツの色味が暗く見えています)

どちらもS〜XLサイズまでご用意いたしました。
なお、色味・サイズは下記をご参照ください。

サイズ

S M L XL

着丈(cm)

63 68 71 76

身幅(cm)

45 49 53 59

肩幅(cm)

39 42 46 50

袖丈(cm)

19 20 21 22

 

CBWF2017_1

最後は、「静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2017」Tシャツ!
今年はロゴを作成していただいたので、ロゴTシャツも作ってみました。
黒いTシャツに、黄色のパキっとした文字!
ロゴだけの、シンプルながら印象のあるデザインにしました。

☆こちらは、このイベントのみの限定アイテムとなります☆

おそらくですが…Tシャツ好きの方って、結構多いのではないのでしょうか?
というのも、私が好きで、ロゴTやバンドのツアーT、あとは変な絵のTシャツとか、色々と集めてます!
ガイアフロースタッフもTシャツ好きが多く、お揃いのTシャツも持ってます(笑)

こちらもサイズはS〜XLまでご用意いたしました。
サイズは下記をご参照ください。

サイズ

S M L XL

着丈(cm)

65 68 71 74

身幅(cm)

47.5 50 52.5 55

肩幅(cm)

43 45.5 48

50.5

袖丈(cm)

18.5 19.5 20.5

21.5

以上3点、7月23日(日)に開催されます静岡クラフトビール&ウイスキーフェアにて、発売させていただきます。
ポロシャツ・Tシャツは季節問わずに来ていただけますので、オススメですよ♪

※ポロシャツのウイスキーポートでの発売は、もうしばらくお待ちください><
準備が整い次第、メールマガジンにて発売のお知らせをいたします。

【イベント】出展ブース紹介③ウイスキー編

開催間近の静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2017!!!

いよいよウイスキーブースのご紹介です♪

静岡に集結する蒸溜所を一足先にご案内いたします。


【イベント】出展ブース紹介③ウイスキー編


ウイスキー

今回ご出展いただくウイスキーブースは、全部で6つ。

安積蒸溜所(福島県郡山市)
江井ヶ嶋酒造(兵庫県明石市)
ベンチャーウイスキー(埼玉県秩父市)
福島県南酒販(福島県郡山市)
マルス信州蒸溜所・津貫蒸溜所
(長野県上伊那郡・鹿児島県南さつま市)
ガイアフロー静岡蒸溜所(静岡県静岡市)
*敬称略

順番にご紹介していきます。

【安積蒸溜所】(福島県郡山市)

13335847_1634109503578912_2090774087447908141_n

今回初出展となる、福島県郡山市の笹の川酒造さんの「 安積蒸溜所」さん。

笹の川酒造さんは、創業1765年という老舗の酒蔵。日本酒だけにとどまらず、さまざまなお酒を世に送りだしています。

ウイスキーの製造は、戦後間もなくからスタート。80年代に大ブームを巻き起こした「チェリーウイスキー」は、当時の社名が「山桜酒造」であったことから名付られました。現在でも根強い人気を誇っています。また、「山桜」のブランド名でリリースされるブレンデッドウイスキーも人気の高い逸品です。

その笹の川酒造さんの新たな取り組みが、創業250年の節目にはじめた「安積蒸溜所」。貯蔵庫の一角を改装し、日本の三宅製作所製のポットスチルを新たに設置。本格的にモルトウイスキーの製造を開始しました。

昨年募集をした、ひと樽をシェアする樽オーナー制は、希望者が殺到し、すぐに枠が埋まってしまったほど。今年初めには、ニューポットをリリースするなど、注目を集める蒸溜所です。

【江井ヶ嶋酒造】(兵庫県明石市)

オークロゴ(抜)

神戸から西へ30キロ、風光明媚な瀬戸内海に面した兵庫県明石市にある、「江井ヶ嶋酒造」さん。蒸溜所の目の前には、青い海が広がる、日本で最も海に近い蒸溜所です。

江井ヶ嶋酒造さんの歴史は古く、江戸時代から酒造りをはじめ、日本酒の神鷹でも有名。日本酒では当たり前の一升瓶の容器も、江井ヶ嶋さんが初めて造ったとのこと。
焼酎やワイン、みりんに至るまで、多種多様なお酒をリリースしています。

1919年にウイスキーの製造免許を取得。1984年には、蒸留棟が建設され、現在も使われている設備が整えられました。

ウイスキーの製造は、日本酒の酒造りが終わった6月・7月のみ。瀬戸内の焼けるような暑さの中で蒸留されるウイスキーは、まさに職人さんの汗の結晶です。

「ホワイトオーク」の名で、ウイスキーをリリースしており、かつてはブレンデッドウイスキーを多く手がけていました。2007年からは、シングルモルトあかしのリリースがスタート。ラベルに「地ウイスキー」の名を冠しており、明石に根ざしたウイスキーづくりの思いを感じられます。

ガイアフローや、ボトラーのブラックアダーからリリースされたコラボレーションボトルも、即日で完売するほど。人気の高さが伺えますね。海岸に面した貯蔵庫で熟成されたこだわりウイスキーをぜひお楽しみに♪

【福島県南酒販】(福島県郡山市)

福島県南酒販

福島県郡山市にある、酒類卸売メーカーの「福島県南酒販」さん。今回ご出展いただく、同じ郡山市にある笹の川酒造 安積蒸溜所さんとのご縁で、遠く静岡の地へお越しいただけることとなりました♪

福島県南酒販さんと笹の川酒造さんの繋がりは、1949年まで遡ります。
戦後間もなくウイスキーの製造を発案し、製造免許を取得した笹の川酒造さんの8代目当主、山口哲蔵氏。製造開始から3年後の1949年、山口氏は、福島県南酒販さんの初代社長を務めることとなりました。
そこから70年近く、多角的にビジネスを展開され、福島の酒文化を支え続けています。

昨年、新たなるチャレンジとしてリリースされたのが、「963」というウイスキー。「963」とは、郡山市の郵便番号の頭3文字。明治維新以降の郡山のフロンティアスピリット、自由な郡山の風土を表現しているそうです。

笹の川酒造 安積蒸溜所のウイスキーを使用したブレンデッドウイスキーで、シリーズとして様々なアイテムがリリースされています。

当日は、この963シリーズが勢ぞろいします!
すべてノンチルフィルターで、着色は一切なしの963シリーズ。個性豊かな原酒のみでつくられています。
郡山発の「驚き」と「喜び」を感じてください。

フラッグシップとなる、「963 AGED 21 YEARS FINE BLENDED WHISKY」は、ぜひお楽しみいただきたい1本。加水なし、58度の味わいをこの機会にどうぞ!また、963シリーズでのニューポットは、貴重なものですので、お早めに♪

【ベンチャーウイスキー 秩父蒸溜所】(埼玉県秩父市)

ichiro_dist

みなさんご存知、埼玉県秩父市にある「秩父蒸溜所」さん。肥土伊知郎氏が2008年に稼働を開始した、クラフトウイスキー業界を牽引する蒸溜所です。「イチローズモルト」として世に送り出されるウイスキーは、日本のみならず世界の注目の的!

稼働を開始した2008年は、ウイスキーはまだブームと言えるほどではなく、もちろんクラフトウイスキーなんて言葉もありませんでした。そんな中、肥土氏が立ち上げたのが秩父蒸溜所。原料の調達から、熟成に至るまで、こだわりがたっぷり詰まっています。

そして欠かせないのが、秩父の風土!夏は高温多湿、冬は極寒という厳しい秩父の風土が、ウイスキーを育みます。そして温度変化が大きいということは、その分熟成が早く進むということ。今回のブースではどんなウイスキーがいただけるのか、今から楽しみです♪

また当日は、12:15~ブランドアンバサダーの吉川由美氏によるセミナーも開催されます。

baba2016-11-21 161953

講師:吉川由美氏
タイトル:静岡の中心でウイスキーを叫ぶ!

秩父のベンチャーウイスキーで、ブランドアンバサダーとしてご活躍されている吉川氏。バーテンダーの経験もあり、またウイスキーの本場スコットランドでもウイスキーづくりに携わったことも。
思わず聞き入ってしまうようなお話が盛りだくさん!みなさまを魅惑のウイスキーの世界にご案内いたします。

【マルス信州蒸溜所・津貫蒸溜所】
(長野県上伊那郡・鹿児島県南さつま市)

19665642_1225268457602590_2926407853595041404_n

2度目のご出展となります、本坊酒造の「マルス信州蒸溜所・津貫蒸溜所」さん。今年は、昨年オープンした津貫蒸溜所も加わりました!

もともと長野県にあったマルス信州蒸溜所。雪深い駒ヶ根の地でゆっくりと熟成されるウイスキーがある一方、自社で保有する屋久島でもウイスキーを熟成させています。貯蔵環境の違いは、ダイレクトにウイスキーにも反映され、バリエーション豊かな製品がリリースされています。

さらに昨年オープンしたのが、津貫蒸溜所。蒸溜所には、純日本家屋のビジターセンターも備えられており、ウイスキーを飲みながらゆったりとくつろげる最高の蒸溜所です。

今回13:45~マルス信州蒸溜所の所長 竹平孝輝氏によるセミナーも開催されます!

プロフィール3

竹平氏は、同じ敷地内にある南信州ビールで醸造責任者を務めていたことにもあり、ビールとウイスキー両方に精通するスペシャリスト。共通点や違いについてじっくり学べるチャンスです!

【ガイアフロー静岡蒸溜所】(静岡県静岡市)

Shizuoka-Logo-180x180

そして最後は、静岡市では初となるウイスキーの蒸溜所、「ガイアフロー静岡蒸溜所」。2016年9月にウイスキーの製造免許を取得し、静岡の奥座敷「オクシズ」にてウイスキーを製造中♪

オクシズは、特に林業が盛んであることから、建物に地元産の木材を取り入れ、自然に溶け込むようなデザインとなっています。発酵槽にも地元静岡産の杉材を使い、スコットランドのフォーサイス製のポットスチルは、間伐材を使用して蒸溜する、世界でただひとつの蒸溜釜。

また、世界的に評価も高い、軽井沢蒸留所(2011年閉鎖)の設備も一部使用。ポーティアス製のミルや、軽井沢蒸留所で使用されていたポットスチルも修理を経て、元気に稼動中です!

2016年12月には、プライベートカスクという樽単位でのウイスキーの予約販売を実施。150樽以上がほぼ即日で完売しました。

また前日の22日には、今回のイベントに合わせ、1日限定、御予約者様のみの静岡蒸溜所オープンデーを実施いたします!(*大変申し訳ありませんが、現在定員に達したため、受付は終了しております)
参加者のみなさま、どうぞお楽しみに♪

惜しくも予約が間に合わなかったよ~という方も、ご安心ください!
一般公開は、今年の10月ぐらいから始まりそうだとか。詳しいお知らせは、ガイアフローのブログ・メールマガジンなどで配信する予定です。

今回15:15~ガイアフロー静岡蒸溜所 所長の中村大航によるセミナーも開催されます!

3792bab8723007f804fc11ad3326aba9

ウイスキーのつくり方について、昨年11月からはじまった、静岡蒸溜所での製造の模様を交えお伝えいたします。試行錯誤がたっぷり詰まった、静岡蒸溜所のニューポットもお試しいただけますよ♪

 

【イベント】静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2017 セミナーおよびタイムテーブル決定!

7月23日(日)のイベント開催まであとひと月を切りました!

ビールとウイスキー、それに美味しいおつまみまでが一堂に会するこのイベント。
今年も、豪華講師陣によるセミナーを開催いたします。

本日は、静岡クラフトビール&ウイスキーフェア 2017のセミナーとタイムテーブルの情報をお届けします!


【イベント】静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2017セミナー情報!


SCBWF2017

日時:2017年7月23日(日) 11:00〜17:00
会場:静岡コンベンションアーツセンター「グランシップ」6F
展示ギャラリー 1〜3
〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田79-4
公式サイト:https://www.granship.or.jp
Google Map:https://goo.gl/maps/YTkm8ZSwKYB2

今年のセミナーは、ビールから3コマ、ウイスキーから3コマの合計6コマです。
それぞれの醸造所・蒸溜所の魅力の詰まった魅惑の45分。
ビールやウイスキーについて、つくり手の方から直接お話を伺えるチャンスです!
ワクワクするような面白いお話が目白押しですよ。

気になる豪華セミナーの講師陣はコチラ♪


【ビールセミナー】
受講料無料
シアター形式40名様限定

<11:30〜12:15>
よなよなエール
講師:田上峻氏
タイトル:バレル(木樽)熟成ビールについて

☆試飲あり☆
IMG_2835

田上氏は、よなよなエールで木樽熟成のビールの製造を担当しています。ビールの木樽熟成が盛んな、アメリカのポートランドにある複数のブルワリーでご経験を積まれたとのこと。
近年注目を浴びる、木樽熟成ビールについて一緒に学んでみませんか?

<13:00〜13:45>
反射炉ビヤ
講師:山田隼平氏・阿久沢健志氏
タイトル:若者視点のクラフトビールの変遷とユニークなビール造り
hansharo yamada ver2

平均年齢20代の若手ブルワーが中心となる、反射炉ビヤ。静岡を賑わせる彼らが、若者目線で捉えたクラフトビールの変遷をお伝えします。
固定観念に縛られない、ユニークなビール造りは必聴です!

<14:30〜15:15>
ベアードビール
講師:橋本大輝氏
タイトル:ウマいビールは酵母がつくる ―ラボテクニシャンの発酵講座―
☆試飲あり☆
image1

橋本氏は、ベアードブルーイングのブルワー兼ラボテクニシャン。
ビールやウイスキーに欠かせない発酵の要「酵母」をテーマにお話しいただきます。
酵母って何?というところから、バーで語れる豆知識まで、わかりやすく知ることができますよ♪


【ウイスキーセミナー】
受講料:飲食チケット5枚(1,000円相当)
スクール形式24名様限定

 

<12:15〜13:00>
ベンチャーウイスキー
講師:吉川由美氏
タイトル:静岡の中心でウイスキーを叫ぶ!
☆試飲あり☆

baba2016-11-21 161953

秩父のベンチャーウイスキーで、ブランドアンバサダーとしてご活躍されている吉川氏。バーテンダーの経験もあり、またウイスキーの本場スコットランドでもウイスキーづくりに携わったことも。
思わず聞き入ってしまうようなお話が盛りだくさん!みなさまを魅惑のウイスキーの世界にご案内いたします。

<13:45〜14:30>
マルス 信州蒸溜所・津貫蒸溜所
講師:竹平孝輝氏
タイトル:ビールとウイスキーの共通と特有
☆試飲あり☆

プロフィール3

マルス信州蒸溜所の所長である竹平氏。南信州ビールでも醸造責任者を務めたこともあり、ビールとウイスキーの両方ともに造詣の深い方です。
今回は、その経験を基にしたビールとウイスキーの共通点、そして違いについて学べるチャンスです。
今まで聞いたことのないアレコレ、じっくりお愉しみください。

<15:15〜16:00>
ガイアフロー静岡蒸溜所
講師:中村大航
タイトル:静岡から世界へ!〜静岡蒸溜所の挑戦〜
☆試飲あり☆

3792bab8723007f804fc11ad3326aba9

今回のイベント実行委員の一人、ガイアフロー社長の中村です。
ウイスキーのつくり方について、昨年11月からはじまった静岡蒸溜所での製造の模様を交えお伝えいたします。
試行錯誤がたっぷり詰まった、静岡蒸溜所のニューポットもお試しいただけますよ♪


全体のタイムテーブルについては、下記をごらんください。

10:30〜 飲食チケット販売・各種セミナー受付開始

開場に先行して、1冊10枚綴りのチケットの販売をいたします。
飲食は全てチケットでのお支払いです。
早めに来てチケット購入をすれば、開場後スムーズにブースを回れますよ♪
セミナー受付も、チケット販売所で同時に受付いたします。

10:45〜 開場

開会に先駆けて、開場いたします。
ご購入いただいたチケットで、美味しいビールやウイスキー、選りすぐりのおつまみをお買い求めいただけます。

11:00〜 開会・乾杯

みんなで乾杯!
主催者や来賓からのご挨拶をさせていただいた後、全員での乾杯を行います。

11:30〜 各種セミナー開始(セミナールーム)

【セミナー】
チケット販売所で事前にご予約いただいた方のみ、参加できます。
気になるセミナーは、お早めのご予約がオススメです。
ご予約された方には、引換券をお渡しいたしますので、そちらをお持ちになってセミナールームにおいでください。

11:30〜12:15 よなよなエール
講師:田上峻氏
12:15〜13:00 ベンチャーウイスキー
講師:吉川由美氏
13:00〜13:45 反射炉ビヤ
講師:山田隼平氏・阿久沢健志氏
13:45〜14:30 マルス 信州蒸溜所・津貫蒸溜所
講師:竹平考輝氏
14:30〜15:15 ベアードビール
講師:橋本大輝氏
15:15〜16:00 ガイアフロー静岡蒸溜所
講師:中村大航

16:00〜 ステージトークショー

メイン会場のステージで、トークショーが行われます。
ビールブースより2名、ウイスキーブースより2名がパネラーを務めます。
イベントの最後を締めくくる、「ここだけの話」を聴いちゃいましょう!

 

Facebookでも順次、情報を更新していきますのでお楽しみに。
静岡CRAFT BEER & WHISKY FAIR 2017のFacebookページはこちらから