【イベント】静岡クラフトビール&ウイスキーフェア 2016セミナー情報!

こんにちは、担当Oです。

今日は、来週末7月3日(日)に迫った、静岡クラフトビール&ウイスキーフェア 2016のセミナー情報をお届けします!


静岡クラフトビール&ウイスキーフェア 2016セミナー情報!


SCBWF2016fly

先日もお伝えした通り、7月3日(日)静岡浅間神社内で静岡クラフトビール&ウイスキーフェア 2016を開催いたします。

全国でも珍しい、クラフトビールとウイスキーが同時に楽しめるこのイベント。

県内外から名だたる醸造所・蒸溜所が、由緒ある静岡浅間神社に集結いたします!

また、無料セミナーも開催します。

どれも聞いてみたい、豪華なセミナーのラインナップ。

セミナータイトルと合わせ、あらためてお知らせしようと思います!

12:00〜12:45 反射炉ビヤ
講師: ブルワー 阿久澤健志氏
タイトル:「今日、なにをのむか」
akuzawa
13:00〜13:45 本坊酒造 信州マルス蒸溜所
講師:所長 竹平孝輝氏
タイトル:「マルスウイスキーセミナーin静岡」
13516538_881791851950254_6085796979811915120_n
14:00〜14:45 ベンチャーウイスキー 秩父蒸溜所
講師:ブランドアンバサダー 吉川由美氏
タイトル:「気楽に楽しむ秩父の魅力!秩父蒸溜所AtoZ」
13413535_879552615507511_1516845477589390559_n
15:00〜15:45 南信州ビール
講師:所長 竹平孝輝氏
タイトル:「南信州ビールの軌跡」
13516538_881791851950254_6085796979811915120_n

そしてなんと!!!

弊社代表の中村による、オープンセミナーも決定しました!

こちらはイベント会場内のステージにて、12:00〜12:20の間のオープンセミナーとしてお届けします。

12:00〜12:20 ガイアフロー静岡蒸溜所
講師:中村大航
タイトル:「まもなく完成! 静岡蒸溜所の最新情報」
13494950_884145191714920_2198917808546904266_n

完成間近の静岡蒸溜所の様子を、未公開映像も交えながらお伝えします。

会場内にいれば誰でもお聴きいただけますので、どうぞお楽しみに!

Facebookページでも続々と情報を公開中です♪


<お問い合わせ先>
アオイブリューイング
TEL:054-294-8911


 

 

今夏、BLACKADDER × 秩父 第2弾発売!

こんにちは、担当Oです。

先日のウイスキーフェスティバル in 大阪で、弊社ブースにお立ち寄りいただきましたみなさま、ありがとうございました!

お気に入りのボトルは見つかりましたか?

本日は、このイベントで初お披露目となった、ブラックアダー×秩父第2弾の発売予告です。


今夏、BLACKADDER × 秩父 第2弾発売!


IMG_9141

大好評を頂きました昨年に続き、今年もベンチャーウイスキーさんとのコラボレーションが実現しました!

第2弾となる今回のボトルも、ブラックアダーらしい味わいのボトルとなっています。

ウイスキーフェスティバル in 大阪で公開したコラボレーションボトルの詳細は以下のようになっております。

●2010年6月蒸留 2016年6月ボトリングの6年熟成
●バーボン樽に3年以上、ペドロヒメネス・スパニッシュオーク樽・ホグスヘッドで3年弱後熟
●今夏(8月頃)発売予定

ベンチャーウイスキー肥土社長のご厚意で、今回のイベントに合わせ数本のみ先行でボトリングしていただきました!

そのため、画像でお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、

●アルコール度数
●ボトリング本数
●価格

これらはまだ未定となっております。

これからのボトリングとなるので、分かり次第またブログでもお伝えしていきます。
どうぞお楽しみに!!

商品の発売についての詳細は、メールマガジンにてお知らせしております。

こちらよりご登録ください☆

 

【イベント】静岡クラフトビール&ウイスキーフェア 2016 を開催します!

こんにちは、担当Oです。

立て続けの入荷、迫り来るイベントの準備と、怒涛の日々な弊社ですが、今年も静岡でイベントを開催する運びとなりました!

今日は、第2回目となる静岡イベントのお知らせです。


静岡CRAFT BEER & WHISKY FAIR 2016を開催します!


SCBWF2016fly

日時:2016年7月3日(日) 11:00〜17:00
会場:浅間神社会館「ラフィーネ浅間」
   静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102−1
   Google Map:https://goo.gl/maps/1y52apgeuGS2

システム:入場無料、入退場フリー
     飲食はチケット制となります。
     1冊5枚綴りのチケットを受付にて販売いたしますので、
     各ブースではチケットでお支払いください。

今年は会場が変更となり、浅間神社内のラフィーネ浅間となりました!
より一層パワーアップした今年のイベント出展者は、以下の通りです。

<ビールブース>
Outsider Brewing(山梨県甲府市)
南信州ビール(長野県上伊那郡)
AOI Brewing(静岡県静岡市)
ベアード ブルーイング(静岡県伊豆市)
反射炉ビヤ(静岡県伊豆の国市)
酪農王国オラッチェ〜風の谷ビール(静岡県田方郡)

<ウイスキーブース>
イチローズモルト 秩父蒸溜所(埼玉県秩父市 ベンチャーウイスキー)
信州マルス蒸溜所(長野県上伊那郡 本坊酒造)
静岡蒸溜所(静岡県静岡市 ガイアフロー)

<おつまみブース>
Tequila’s Diner(静岡県静岡市)
駿河呑喰処 のっち(静岡県静岡市)

そしてなんと!!!
セミナーもあります!!!

12:00〜12:45:反射炉ビヤ by ブルワー 阿久澤健志氏
13:00〜13:45:本坊酒造 信州マルス蒸溜所 by 所長 竹平孝輝氏
14:00〜14:45:ベンチャーウイスキー 秩父蒸溜所
           by ブランドアンバサダー 吉川由美氏
15:00〜15:45:南信州ビール by 所長 竹平孝輝氏

Facebookでも順次、情報を更新していきますのでお楽しみに。
静岡CRAFT BEER & WHISKY FAIR 2016のFacebookページはこちらから

また、去年のイベントの様子は下記URLからもご覧いただけます。
http://www.gaiaflow.co.jp/blog/?p=494


<お問い合わせ先>
アオイブリューイング
TEL:054-294-8911


 

【メディア】SBSテレビ 2016年5月13日 イブアイしずおか

2016年5月13日 16:45〜
SBSテレビ  イブアイしずおか

特集 新緑の山里へ 玉川マップ

vc-2016-05-29-18h35m14s954 vc-2016-05-29-20h14m20s082原田さやかさん「玉川を紹介する、玉川マップをつくりました」
「玉川にいろんなお店や素敵な場所があるんですけれども」
「そういったところを詰め込んだマップになります」
vc-2016-05-29-18h36m18s385 vc-2016-05-29-18h37m14s938鈴木アナ「もうだいぶ建物も出来てきました」vc-2016-05-29-18h37m22s362vc-2016-05-29-19h24m58s574 vc-2016-05-29-19h05m53s880鈴木アナ「中村さんは精密機械工場を経営されていたんです」vc-2016-05-29-19h26m07s510鈴木アナ「こういう蒸留機で、ウイスキーの原料を蒸留するんですね」vc-2016-05-29-19h26m30s902中村「静岡らしい味わいをもったウイスキーをつくりたいと思っています」
「やわらかさと、まろやかさを持った味わいになると思います」vc-2016-05-29-19h27m36s450 vc-2016-05-29-19h27m52s520 vc-2016-05-29-19h28m17s899 vc-2016-05-29-19h28m46s166 vc-2016-05-29-19h29m32s108鈴木アナ「ウイスキーの原料は大麦ですね」
「実はその大麦が玉川で実っていたんです」vc-2016-05-29-19h30m02s169vc-2016-05-29-19h30m46s443 vc-2016-05-29-19h30m31s564vc-2016-05-29-19h29m22s507 vc-2016-05-29-19h30m56s015 vc-2016-05-29-19h33m37s871 vc-2016-05-29-19h33m52s533 vc-2016-05-29-19h34m12s767 vc-2016-05-29-19h34m26s045鈴木アナ「玉川の農家が協力して育てました」vc-2016-05-29-19h34m51s318中村「何も分からないところからスタートしています」
「なので、非常に苦労をしていますけれども、」
「こんなに立派に育ってくれたので、みんなで感激しています」vc-2016-05-29-19h35m50s450原田さやかさん「地元の大麦でつくるウイスキーですね?」vc-2016-05-29-19h37m02s102中村「地元の大麦でウイスキーをつくる」
「地元の人と一緒に飲む」
「これがやってみたいんですね」vc-2016-05-29-19h37m52s266原田さやかさん「うわ〜、贅沢〜! いいですね!」vc-2016-05-29-19h38m07s879 vc-2016-05-29-19h39m10s750

【メディア】Bloomberg GLOBAL FINANCEに掲載されました

2016年4月27日 Bloomberg GLOBAL FINANCE

国産ウイスキー 秩父の大麦で挑戦

秩父山地を望む丘陵地帯に青々とした大麦畑が広がる。栽培されているのは、明治時代に初めて欧米から導入された醸造用大麦を起源とする「ゴールデンメロン埼玉1号」。戦後から1970年代まで生産され、その後は保護のために埼玉県が遺伝資源として保管していたものを秩父市の農家、坪内浩氏(36)が譲り受け、今年から有機栽培に挑戦している。

丈は6月上旬までに60センチを超え、収穫後は近くの工業団地にある国内唯一のウイスキー専業メーカー、ベンチャーウイスキーの倉庫へと移される。順調にいけば、大麦は数カ月寝かされた後、水に浸して発芽させて麦芽(モルト)となり、1年以内には蒸留されウイスキー原酒となる。数年後にはこの畑から世界の愛好家が熱望するプレミアムウイスキーが生まれるかもしれない。

ならではの個性を

2000年代に入って数々の国際コンペティションで入賞し世界の五大ウイスキーの一つに数えられるようになったジャパニーズウイスキーの原料のほとんどは、モルトとして英国など欧米諸国から輸入されている。ベンチャーウイスキーも英国産とドイツ産を購入しているが、将来的には地元産を10%程度利用することを目指している。

ベンチャーウイスキーの肥土伊知郎社長(50)は、外国産に比べコストが5倍の地元産モルトを使ってウイスキー作りに挑戦する理由について「自分なりにいいスピリッツ(蒸留酒)を生産し熟成させていこうと思う中で地元産原料を利用しようと考えた。地元の環境を生かしたものを積み重ねていけば、10年、20年たった時に秩父らしいウイスキーにたどり着くような気がする。秩父ならではの個性を持てた時に本当の意味で世界に通じるウイスキーになると思う」と語る。

04年に同社を創業した肥土社長の実家は1625年から続く日本酒の造り酒屋だった。祖父が創設した東亜酒造が1980年代にウイスキー製造の羽生蒸留所を設立。肥土社長は営業マンとして勤務していたサントリーを95年に退社後、入社した。

ところが90年ごろから始まったウイスキー不況のあおりを受け、同社は2000年に民事再生法の適用を申請。父と祖父が造ったウイスキー原酒400樽は廃棄されることとなった。同社長はこれらの原酒を福島県の笹の川酒造の協力で貯蔵してもらい、その後、自身で引き取って商品化した。

07年に現在の場所に秩父蒸留所を建設。社員数14人と小規模ながら、今や世界のウイスキー愛好家が最も注目するジャパニーズウイスキーメーカーの一つだ。羽生蒸留所で造られた原酒などを使って同社が製造した「イチローズモルト」は06年に英専門誌「ウイスキーマガジン」のプレミアムジャパニーズウイスキー部門で最高得点を獲得。これをきっかけに海外で評価を高め、15年8月に香港で開かれたオークションでは、瓶のラベルにトランプの図柄をあしらったカードシリーズ54本セットが380万香港ドル(現在のレートで約5300万円)で落札されるなど、コレクターから熱い視線が注がれている。

国内外で需要拡大

ベンチャーウイスキーが創業から10年余りで世界に名だたるメーカーとなった背景には、ジャパニーズウイスキーの国内外での旺盛な需要がある。財務省の貿易統計によると、ウイスキーの輸出額は15年、前年比77%増の約103億7800万円と過去最高に達した。05年と比較すると11倍余りに増えた。3月に国税庁が発表した統計によれば、ウイスキーの国内消費量は14年度に11万8000キロリットルと前年度比で9.5%増加した。

大手メーカーは値上げや輸出抑制などで需要拡大に対応している。

国内最大手のサントリーホールディングスは急激な需要増に対する需給バランス調整と、10年以降120億円の設備投資を行って製造コストが増えたことから、今年4月に一部のウイスキーの価格を最大25%引き上げた。ニッカウヰスキーを傘下に置くアサヒグループホールディングスは安定供給に向けて今年の輸出目標を14万5000箱と、昨年の実績18万3000箱から引き下げている。

ウイスキーの国内市場はサントリーとニッカの大手2社で約9割を占め、地ウイスキーメーカーは十数社にとどまる。そのうちの大半は清酒や焼酎を主力としているが、旺盛な需要を背景にウイスキー専門の蒸留所の設立が相次ぐ地ウイスキーブームとなっている。これらの蒸留所に共通しているのは地元産原料へのこだわりだ。

ガイアフロー(静岡県静岡市)の蒸留所は7月に完成予定。製造開始は10月で、最終的な目標は年間10万リットル。初年度はスコットランド産輸入モルトを利用するが、地元農家が既に昨年11月からモルト用大麦の栽培を開始している。中村大航社長(47)は「ゆくゆくは水、酵母、大麦すべてが静岡産のウイスキーを造りたい」と語る。

堅展実業(東京都)は国内メーカーから原酒を購入して輸出していたが、ウイスキーブームで原酒を確保できなくなり自社で製造することにした。北海道東部の厚岸郡で建設中の蒸留所で10月から蒸留をスタート予定。最初は輸入モルトを使うが、将来は地元産の利用も考えており湿地のピート(泥炭)も活用してスモーキーな味わいを目指すという。

安定した品質保つ

愛好家でつくるウイスキー文化研究所代表で「シングルモルトウイスキー大全」などの著書があるウイスキー評論家の土屋守氏(62)は、コストと合理性を追求する大手メーカーと差別化するため地元産原料にこだわるクラフトブームは欧米でも見られると言う。しかし、日本の場合は原料コストが諸外国に比べ高いことと、小規模メーカー向けに大麦をモルトに加工する製麦専門企業がほとんどないことが課題と指摘する。

日本はかつて地ウイスキーブームを経験している。国税庁の統計によると、ウイスキー製造免許場の数は1980年代には約80カ所に上っていた(14年度は52カ所)。ただ、当時は原酒を購入しブレンドして販売するだけのケースも多かったのではないかと、土屋氏は話す。今回の地ウイスキーブームは、ベンチャーウイスキーをはじめスコットランド製の本格的な蒸留器を導入するメーカーが目立つのが特徴だという。

スコッチウイスキーを名乗るためには現地で蒸留されたものでなければならないなど詳細な規則が定められているが、ジャパニーズウイスキーについては公的な定義はない。土屋氏は「ジャパニーズウイスキーとは何かということを明確にする必要がある。また、売れているからといって昔の粗製乱造に戻ってはいけない。品質を保ちながら生産を続けていくことが重要だ」と指摘する。

ベンチャーウイスキーの肥土社長は現在は年間10万本の出荷量を、毎年20%ずつ安定して伸ばすことを目標にしている。仕込み回数を増やすなどの方法で増産は行うが、設備投資は予定していない。ブームで生産が増減するのはウイスキーにとって良くないとの考えからだ。「ウイスキーは子供のよう」と語る同社長は、一定の原酒のストックを残しながらウイスキーを飲む喜びを分かち合いたいと言う。

スコットランドでウイスキーの製法を学んだ竹鶴政孝氏が1924年に日本で初めて本格的なウイスキー製造を開始してから90年余り。「寒冷地のスコットランドとは違い、四季のある環境での熟成を繊細な感覚で追求してきた日本人は勤勉さと探究心で、多彩だがスコッチほど荒々しくないフレーバーを表現できるようになった。ジャパニーズウイスキーはピークに達しつつある」と土屋氏は分析する。

そんなジャパニーズウイスキーの歴史に今、地元産大麦の利用という新たな挑戦が刻まれつつある。

Print