タグ別アーカイブ: AMRUT

【イベント】ジャパンラムコネクション東京2018に出展します!

先週末は、広島の「ラム&シェリー瀬戸内」イベント。
ラムを楽しむのにぴったりな暑い日で、参加者のみなさんと巨大モヒートも作って盛り上がりました!

そして今週末7月8日(日)は、渋谷でラムのお祭りが開催されます。
本日は、ジャパンラムコネクション東京2018出展のお知らせです。


ジャパンラムコネクション東京2018に出展します!


日時:2018年7月8日(日)
・第1部:14:00~17:00@TK SHIBUYA(渋谷)
アクセス:http://tk-shibuya.com/access/

・第2部:17:00~21:30 @SHIBUYA SOUND MUSEUM VISION(渋谷)
アクセス:http://www.vision-tokyo.com/access

入場料:
前売チケット(チケットぴあ)
・第1部・第2部共通券 ¥10000
・第1部のみ ¥5000
・第2部 のみ¥6000
※チケットぴあサイト内「ラムコネ」で検索できます

【当日チケット】
・第1部 ¥6000
・第2部 ¥7000
※会場にてお支払いください。

公式サイト:JAPAN RUM CONNECTION TOKYO 2018

2年ぶりの開催となる、ジャパンラムコネクション東京!!!
今回は、同じサトウキビを原料とした、ラムとカシャッサの夏の饗宴。
第1部と第2部に分けて開催されます。

<第1部:14:00~17:00@TK SHIBUYA(渋谷)>

ラムとカシャッサの大試飲会!
カリブ、中米、南米、東南アジア、アフリカ、ヨーロッパ、そして日本のラムが勢ぞろい。
バーブースもあり、ラムやカシャッサを使った美味しいカクテルもお愉しみいただけます。
フードペアリングもあるそうですよ。

また、ラムのセミナーも開催。
日本のラム蒸溜所、ナインリーヴスの竹内義治氏によるセミナーは、ぜひ聞いてみたいです♪

<第2部:17:00~21:30 @SHIBUYA SOUND MUSEUM VISION(渋谷) >

第2部は、会場を移動し、渋谷のクラブ「ヴィジョン」さんで開催されます。
メインステージの「GAIA」と奥の「DEEP SPACE」で、カリビアンテイスト溢れるライブやパフォーマンスなど、音楽とラムを一緒に楽しめます。

ラムのエキスパートである、ラム・コンシェルジュの方々が、お好みのラムを薦めてくれるハズ。

第1部では、広島でも大人気だった、下記のラムを全てお試しいただけます。

<BLACKADDER>

ブラックアダーといえば、「ロウカスク」シリーズ。
樽で眠る原酒そのままの味わいを封じ込めた、ブラックアダーのポリシーが最も感じられるシリーズです。

冷却濾過をしないのはもちろんですが、濾過自体も最低限。瓶の底には樽の破片が沈んでいるのが見えます。
原酒そのままの味わいということで、加水をしない、カスクストレングスでボトリングをされています。

ラムであっても、この信念は変わりません。
シングルカスク、カスクストレングス。
蒸溜所名を非公開とし、生産地のみをラベルに記載している、ロウカスクのラムです。

今回は、これまでリリースされたブラックアダーのラムを、ずらりと揃えてお待ちしています♪
ブラックアダー ロウカスク ラムシリーズ

<AMRUT>

インドのアムルット蒸溜所からは、こちらの2アイテム!

今でこそ、シングルモルトの蒸溜所として知られるアムルットですが、元々はラムの製造からスタートしたんですよ♪

アムルット オールドポートラム 42.8%(写真左)
AMRUT OLD PORT RUM 42.8%

100%インド産のサトウキビで造られたラム。
全てがインド産となるこちらのラムは、アムルットの熟練の技がたっぷりと詰まったものとなっております。

エンジェルシェアが、年間平均で12%にもなる厳しい環境のなかで熟成されるため、 軽さの中にもしっかりとした味わいが!!!

熟成に使用する樽は、ウイスキーの熟成に使用した樽と新樽を組み合わせており、 熟成の早いアムルットの個性を生かしつつ、バランスのとれた味わいです。

びっくりするのは、そのお値段。
1本2,000円ちょっとで楽しめる、お気軽デイリーラムです。
夏に向けて、いかがですか?

アムルット トゥー・インディーズ・ラム 42.8%(写真右)
Amrut Two Indies Rum 42.8%

東インドと西インド諸島、ふたつのインドで造られたラムを合わせていることから名付けられたトゥー・インディーズ・ラム。

東インド

西インド諸島
アムルット

バルバドス

ガイアナ

ジャマイカ

このラムで使用されたのは、サトウキビから作る天然甘味料のジャッカリー。

ジャッガリーとはインドの天然甘味料で、さとうきびの良いところだけを独自の製法で抽出したものです。
インドでは古くから愛用されており、お菓子に使われたり、栄養源としてはもちろん、内臓を綺麗にする作用があると言い伝えられています。
個性的な芳醇な甘さが特徴なので、ぜひ会場でお試しくださいね。

みなさまのお越しをお待ちしています♪

【イベント】ラム&シェリー瀬戸内 in アリスガーデンに出展します!

7月もイベントが目白押し!
今週末、7月1日(日)は、広島のアリスガーデンにて、ラムとシェリーのイベントが開催されます♪

ガイアフローからは、ブラックアダーとアムルットのラムをご用意いたしました。
暑い夏の始まりを、広島で体験してみては?

本日は、「ラム&シェリー瀬戸内 in アリスガーデン」出展のお知らせです。


ラム&シェリー瀬戸内 in アリスガーデンに出展します!


日時:2018年7月1日(日)12:00〜18:00
場所:アリスガーデン
〒730-0034 広島県広島市中区新天地8
Google:https://goo.gl/maps/hSkHiiDGxs42

入場料:前売券2,000円(ドリンク共通券4杯分+巨大モヒート券1杯)
当日券500円/1杯

公式サイト:ラム&シェリー瀬戸内 in アリスガーデン

ラムとシェリーの魅力を知ってもらおう!ということで、今年初開催となるこのイベント。

チケット制で、ストレートからカクテルまで、いろんな種類のお酒が楽しめます。
また、フードブースでは、生ハムをはじめとするおつまみも勢ぞろい!
メインステージでは、ラムとシェリーについて知ることができるトークショーや、フレアバーテンディングなども開催されますよ♪

そしてなんといっても、日本一の巨大モヒート!!!
用意されるのは、500人分のモヒートグラス。
会場の参加者全員で材料を注ぎ、できたモヒートをみんなで味わうなんて面白そう♪
ぜひとも参加してみてくださいね。

当日出展するラムを、ほんの少しだけご紹介いたします。

<BLACKADDER>

ブラックアダーといえば、「ロウカスク」シリーズ。
樽で眠る原酒そのままの味わいを封じ込めた、ブラックアダーのポリシーが最も感じられるシリーズです。

冷却濾過をしないのはもちろんですが、濾過自体も最低限。瓶の底には樽の破片が沈んでいるのが見えます。
原酒そのままの味わいということで、加水をしない、カスクストレングスでボトリングをされています。

ラムであっても、この信念は変わりません。
シングルカスク、カスクストレングス。
蒸溜所名を非公開とし、生産地のみをラベルに記載している、ロウカスクのラムです。

今回は、そんなブラックアダーのラムをずらりと揃えてお待ちしています♪
ブラックアダー ロウカスク ラムシリーズ

<AMRUT>

インドのアムルット蒸溜所からは、こちらの2アイテム!

今でこそ、シングルモルトの蒸溜所として知られるアムルットですが、元々はラムの製造からスタートしたんですよ♪

アムルット オールドポートラム 42.8%(写真左)
AMRUT OLD PORT RUM 42.8%

100%インド産のサトウキビで造られたラム。
全てがインド産となるこちらのラムは、アムルットの熟練の技がたっぷりと詰まったものとなっております。

エンジェルシェアが、年間平均で12%にもなる厳しい環境のなかで熟成されるため、 軽さの中にもしっかりとした味わいが!!!

熟成に使用する樽は、ウイスキーの熟成に使用した樽と新樽を組み合わせており、 熟成の早いアムルットの個性を生かしつつ、バランスのとれた味わいです。

びっくりするのは、そのお値段。
1本2,000円ちょっとで楽しめる、お気軽デイリーラムです。
夏に向けて、いかがですか?

アムルット トゥー・インディーズ・ラム 42.8%(写真右)
Amrut Two Indies Rum 42.8%

東インドと西インド諸島、ふたつのインドで造られたラムを合わせていることから名付けられたトゥー・インディーズ・ラム。

東インド

西インド諸島
アムルット

バルバドス

ガイアナ

ジャマイカ

このラムで使用されたのは、サトウキビから作る天然甘味料のジャッカリー。

ジャッガリーとはインドの天然甘味料で、さとうきびの良いところだけを独自の製法で抽出したものです。
インドでは古くから愛用されており、お菓子に使われたり、栄養源としてはもちろん、内臓を綺麗にする作用があると言い伝えられています。
個性的な芳醇な甘さが特徴なので、ぜひ会場でお試しくださいね。

みなさまのお越しをお待ちしています♪

待望のアムルット「フュージョン」再入荷!!!

みなさま、お待たせいたしました!

インドのアムルット蒸溜所より、人気の「フュージョン」が再入荷しました♪
近年、さらに脚光を集めるインドウイスキー。
その中でも老舗と言われる、アムルット蒸溜所のウイスキーは、インド国内にとどまらず、世界40カ国で販売されています。

本日は、待望のフュージョン再入荷のお知らせです。
定番のインディアン・ウイスキーもあわせてご紹介いたします♪


待望のアムルット「フュージョン」再入荷!!!


ウイスキーバイブルで、世界第3位にも輝いた「フュージョン」。
インドのバンガロールにある、アムルット蒸溜所のシングルモルトです。

アムルット フュージョン
AMRUT Fusion 50%

アムルット蒸溜所では、ピーテッドウイスキーとアンピーテッドウイスキーで、使用する麦芽が異なります。

ピーテッドウイスキー:スコットランド産
アンピーテッドウイスキー:インド産

それぞれのウイスキーを4年間熟成させ、ピーテッド25%:アンピーテッド75%
の割合でヴァッティング。
さらに3ヶ月熟成させて、フュージョンの味わいとなるのです。

西洋と東洋の両方の麦芽から造られたウイスキーを融合(Fusion)することから、この名前をつけられました。

アムルットの特徴は、なんといっても独特の香辛料のようなスパイシーさと、しっかりとした甘さ。
エンジェルズシェアが格段に大きい、インドならではの味わいです。
スコットランドでのエンジェルズシェアが年間平均2%であるのに対し、インドではなんと10〜16%。
このため、熟成がより早く進むと言われています。

程よくピーティーで、カスタードやバニラ、スパイスの混じり合うリッチな味わい。
この機会にぜひどうぞ。

【テイスティングノート】
香り:こってりとしたオーク樽の香りと、今までにない柔らかくスモークされた麦の甘みのある香り。

味わい:どっしりとした味わいで、温度が上がるとスモーキーさを感じる。ほのかにカスタードのような、樽由来のバニラの香りがし、シェリートライフルのような味わい(シェリー樽は使用していないにもかか
わらず)。

余韻:少し荒々しく、乾いたピートとウッディさ。糖蜜の甘みはしっかりと最後まで感じられる。とりわけスパイスの味わいをはっきりと感じる余韻。

【受賞歴】
Silver Award Winner at IWSC 2016, London
Master 2001 at the Spirits Business Awards in London, 2011
Grand Master of World Whisky at the Spirits Business Awards in London, 2011
Best Natural Cask Daily Drams award at Malt Maniacs
Third Finest Whisky in the World, Jim Murray’s Whisky Bible 2010, Rated 97/100.


定番のインディアン・ウイスキー(アンピーテッド、ピーテッド)もあわせてご紹介いたします。

アムルット シングル モルト インディアン ウイスキー 46%
AMRUT INDIAN SINGLE MALT WHISKY 46%

フュージョンにも使用されているアンピーテッドタイプのウイスキーが、こちらのインディアン・ウイスキー。

インド国内のパンジャーブ州やラジャスタン州で収穫された六条大麦を100%使用して造られています。
ヒマラヤ山脈のふもとということもあり、豊富な雪解け水があるこの地域は、大麦の栽培には適した環境なのです。

このインド産の六条大麦でウイスキーを造った場合、アルコール収量は、ヨーロッパのものと比べて15%ほど低いそう。
その代わり、タンパク質を豊富に含むため、ヨーロッパの麦芽では出せない、リッチでオイリーな味わいになります。
これも、アムルット蒸溜所ならではの、こだわりポイントですね♪

リコリスや、焼いたハニカムの甘く香ばしい香り、光沢のある豊かな甘みと長い余韻。トフィーとシルキーな味わいをお愉しみください。

【テイスティングノート】
香り:しっかりとしたリコリスの香りに加え、バランスの良い甘みと苦みで、焦がしたハニーコムや、トフィーのような香り。

味わい:たっぷりとした大麦とオークの甘みが広がる。その後、リコリスや糖蜜の甘さを感じる。

余韻:オークの甘さとドライさが長く続き、厚みのある様々な表情を見せる。クリームトフィーのようななめらかさ。

【受賞歴】
The Silk Route Conference & Competition 2016
Silver Award Winner at Whisky of the World Awards, USA
Silver Award Winner at IWSC 2016, London
GOLD Award Winner at Spirits Selection, Maxico 2016
Ultimate Spirits Challenge 2012, USA, 88 Points, Very Good, Strong Recommendation
Liquid Gold Award, Jim Murray’s Whisky Bible 2010
Bronze Award Winner at Malt Maniacs Award 2008, 2009

アムルット ピーテッド インディアン シングルモルトウイスキー 46%
Amrut Peated Indian Single Malt Whisky 46%

ピーテッドタイプのインディアン・ウイスキー。
こちらは、スコットランド産のピーテッド麦芽を輸入して造られています。

フェノール値は、15〜20ppm程度で、ピーティーさとスパイシーな香り、バタースカッチのような香ばしい味わいのアイテムです。

【テイスティングノート】
香り:一風変わった、乾いたピートの香り。古い革のソファのような香りのようなニュアンス。ほんの少し柑橘の香り。

味わい:香りとは一変して、糖蜜のような甘味が心地よく広がり、徐々にピートの香りがしてくる。もう少し度数があると、さらにもう少しドライでスパイシーになるが、糖蜜のような甘味はしっかりと残る。

余韻:アムルットの、蒸溜と熟成の素晴らしさを感じることができる。しっかりとした、フェノールをバニラの香りのバタースカッチで包み込んだような、心地よくすっきりとした余韻。

【受賞歴】
Silver Award Winner at IWSC 2016, London
Liquid Gold Award, Jim Murray’s Whisky Bible 2010
Bronze Award Winner at Malt Maniacs Award 2009

 

ご注文、お待ちしています♪

 

【イベント】ウイスキーフェスティバル2018 in 大阪に出展します!

もうすぐ6月!
関西のウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル2018 in 大阪」が、いよいよ来週に迫ってまいりました!

今日は、6月3日(日)に開催されるウイスキーフェスティバル2018 in 大阪のお知らせです♪


ウイスキーフェスティバル2018 in 大阪に出展します!


日時:2018年6月3日(日)11:00〜17:30
場所:大阪OMM 2F展示ホール
大阪市中央区大手前1-7-31
入場料:前売券 4,000円/当日券 4,500円
ウイスキー文化研究所会員特別前売価格 3,500円

チケットの購入は、こちらから。
http://whiskyfestival.jp/ticket/#osaka2018

今年も開催されるこのイベント。
ウイスキーの夏は、関西から始まります!

今年もブラックアダー社からロビン・トゥチェック氏が、そしてアスタモリス社からはバート・ブラネル氏が来場いたします。

当日は、ブラックアダー社より驚きのニュース!もありますよ〜
ぜひぜひ、ガイアフローブースにお立ち寄りください!

気になる出展ボトルは、最近リリースになったばかりの商品をズラリと取り揃えました!
中には、まだブログでもお伝えしていない未発売商品も。
注目のアイテムをご紹介いたします。

<BLACKADDER>

左は、7月発売予定のオールドマン・オブ・ホイ(Old Man of Hoy)。
???と思った方も多いのでは?
「オールドマン・オブ・ホイ」は、スコットランドのオークニー諸島の島にある奇岩のこと。ブラックアダー社では蒸溜所名を公開していませんが、オークニーといえば〇〇ですよね!

右は、ブラックアダー社初となるブレンデッドモルト、キメラ。
さまざまなシングルモルトの持つ味わいを、巧みにブレンドしたロビン氏の自信作!
BLACKADDER BLENDED MALT SCOTCH WHISKY CHIMERA Cask ref:CH1-2017 46%

同じ蒸溜所のモルトを使用した、人気のブラックスネークとレッドスネークも、カスク別にお愉しみいただけますよ♪

<ASTA MORRIS>

アスタモリスといえば!東海道五十三次シリーズ。
発売したばかりの最新作、14年熟成のマクダフもお試しいただけます♪

即完売となった、ジン樽熟成のグローリアス・バスタードも新作が登場!
逆バージョンの、ウイスキー樽で熟成させたジン「ノグ!(NOG!)」もありますよ〜

<AMRUT>

インドのバンガロールにあるアムルット蒸溜所。
定番のインディアンウイスキーをはじめ、限定リリースのダブルカスクもご用意しております。

インドならではのスパイシーな味わいを、ぜひ。

<BOX>

スウェーデンのカリスマ、ボックス蒸溜所からは、3アイテム。
ボックスのフラッグシップアイテム「ダルヴィ」は、バッチ違いでお楽しみいただけます。また、初のアンピーテッドアイテム「クエルクス ローバー」も見逃せません!
樽熟成の面白さを体感してくださいね♪

<ガイアフロー静岡蒸溜所>

もちろん、静岡蒸溜所で造られたものも!

プライベートカスクで樽詰めされているニューメイクと、熟成したカスクサンプルをお持ちいたします♪
静岡蒸溜所のウイスキーの熟成過程を年ごとに体感できる「プレミアムボトル・セレクション」も、2019年バージョンがこの6月から受付が開始される予定です。
興味のある方は、この機会にぜひお試しくださいね♪

2018年バージョンについては、こちらから。
*こちらについては、現在は受付を終了しております。
プレミアムボトル・セレクション2018

みなさまのお越しを、お待ちしております。

 

産地さまざま、味わいいろいろ、5/16(水)新商品は全10種!

楽しかったGWが終わりました・・・(;_;)

みなさま、どんな風に過ごしましたか?

仲間と飲んだり、ちょっといつもとは違うところへお出かけしたり?

お家のストックや、お店のお酒も少なくなってきたのではないでしょうか!?(笑)

そんなあなたへ、5月の新商品のお知らせです。

ボリューム大な内容です!どうぞ〜♪


産地さまざま、味わいいろいろ、5/16(水)新商品は全10種!

ブラックアダーからは、ロウカスク(RAW CASK)シリーズ一挙出し!
スコットランドのハイランド、スペイサイド、ローランドと、さまざまな地域からなる、魅力的なラインナップ。
インドのアムルットも、ブラックアダーから登場です!

スウェーデンのボックス蒸溜所からは、定番「ダルヴィ」のバッチ4がいよいよ登場。ほのかにピートを効かせた味わいが人気のシリーズです。

また、アスタモリスからは、お待ちかねの東海道五十三次の新作です!!
プライベートボトルでも人気の高かった、マクダフをボトリング。
ラベルは、特に海外でも人気の高い浮世絵の「庄野宿」を使用しており、見逃せません!!!

5月16日(水)10時より、発売です。
発売前のため、WHISKY PORTのページは、品切れの状態で表示しています。
発売日をお楽しみに♪

【5月16日(水)発売:商品詳細】

☆ブラックアダーBLACKADDER新商品☆

ロウカスク アムルット デニス ステッケルセレクション シェリーカスク フィニッシュ
RAW CASK AMRUT DENNIS STECKEL SELECTION SHERRY CASK FINISH Cask ref.BA29-2017 61.3%

インド・アムルット蒸溜所からのボトリング。
毎回大きな反響をいただいており、即完売となることもしばしば。
その中でも今回は、「デニス・ステッケル」氏の特別セレクション版です!!

デニス氏は、アムルット公認の「偉大なるファン」。
2004年にアムルットのウイスキーに出会って以来、その魅力を世界中に届けるべく、精力的に活動をされています。
そんな氏がお気に入りとして公言しているのが、ブラックアダーのアムルット。
今回デニス氏によって選ばれたのは、シェリーカスクフィニッシュのものです。
限定物やボトラーズを含め、数あるアムルットのウイスキーを知り尽くしたデニス氏が厳選した味わいを、ぜひご堪能ください。

ラベルには、アムルットを象徴する美しい天使が描かれており、まさにスペシャルバージョンといった印象です。

全世界163本のみの限定リリース。
日本には、36本の入荷です。
ご注文はお早めにどうぞ。

【テイスティングノート】
香り:しっかりと甘く、ダークレーズンがたっぷりと香る。バニラの甘みとクリーミーさに、濃厚なハチミツの香り。ウッディさがあるが、バニラの香りも相まって、若さを感じさせない。かすかに酵母やニューメイクのような香りがするが、アムルットならではの、熟成の速さがうかがえる。ウッディさを包み込むような、ナッティーなクリーミーさがあるオレンジピールの香り。

味わい:始めはパワフルで、アルコールの刺すような刺激がある。その後すぐに塩っぽく、柑橘のようなフルーティなバニラ、塊のマジパン、アーモンド。パイシーさと、干しイチジクのような味わいを伴うドライなウッディさ。徐々にドライさが増し、酸味と甘みが混じり合う。

余韻:アーモンドのような味わいが強まり、ドライさは増すが、落ち着いたものとなる。オレンジシロップと軽いハチミツのような余韻がずっと続く。

 

ロウカスク ベンネヴィス 2001 16年
RAW CASK BEN NEVIS 2001 16YO Cask no.1292 53.4%

西ハイランドに位置し、香り高くまろやかな味わいと評されることが多い蒸溜所。
1989年にニッカウヰスキーの傘下となり、近年ボトラーズからの良質なリリースで評価を得ている蒸溜所のひとつです。
2000年代蒸留の原酒もようやく中期熟成となり、どっしりとした味わいが出てきました。
熟したフルーツの香りとオークの甘みを併せ持ち、バーボン樽由来のボリュームを感じられます。

*僅少入荷のため、テイスティングコメントはございません。
ご了承ください。

 

ロウカスク ダルユーイン 1996 21年
RAW CASK DAILUAINE 1996 21YO Cask no: 7537 56.7%

ジョニーウォーカーのキーモルトのひとつとしても知られるダルユーイン。
オフィシャルとしてのリリースがないため、知名度はあまり高くありませんが、バランスの良い味わいでモルトマニアも虜になるアイテム。
リッチでスパイシー、どっしりとした味わいが主な特徴として知られています。
こちらの商品もスパイス感と複雑な果物のニュアンスが混ざり合う、抜群の飲みごたえです。

【テイスティングノート】
香り:アルコール感が強いが、レモンのような爽やかさ、洋梨のようなフルーティーな香りを感じる。モルティーな甘さ、シリアルのような香り。

味わい:ビリビリとした辛さを感じるドライな味わい。ウッディーな渋さと、ラズベリーのようなジューシーな酸味。

余韻:スパイシーな刺激と、酸味のあるジューシーさが続く。

 

ロウカスク ベンリネス 1997 20年
RAW CASK BENRINNES 1997 20YO Cask no.964 56.9%

オフィシャルとしてのリリースは、数えるほど。
ボトラーズからのリリースも少ないベンリネスの長熟アイテムがリリースとなります。

ベンリネスは、蒸留の際の冷却にワームタブを使用している、スコットランドでも稀な蒸溜所。とぐろのように曲がりくねった管(ワーム)を通して冷却する、昔ながらの方法です。ゆっくりと時間をかけて冷却されることで、華やかで香り高い、独特のキャラクターが生み出される要因となっています。

安定的な人気に対し、供給の少ない中、今回の20年ものは貴重なアイテム。
この機会にぜひどうぞ。

*僅少入荷のため、テイスティングコメントはございません。
ご了承ください。

 

ロウカスク カンバス シングルグレーン スコッチウイスキー 1988 29年
RAW CASK CAMBUS SINGLE GRAIN SCOTCH WHISKY 1988 29YO Cask ref:59251 46.3%

1993年に閉鎖したグレーン蒸溜所「カンバス」の長熟シングルグレーンウイスキー。
1988年蒸留の29年ものです。

グレーンウイスキー自体、通常ブレンデッドに使用されてしまうため、シングルカスクでのリリースはまれ。しかも、閉鎖蒸溜所の長熟ということもあり、今後のリリースも限られることが予想されます。

原材料に大麦麦芽のほか、穀物を使用したグレーンウイスキーは、軽やかで柔らか。
29年という長い熟成を経たこともあり、モルトに勝るとも劣らない複雑さを秘めています。
本数に限りがありますので、ご注文はお早めに。

*僅少入荷のため、テイスティングコメントはございません。
ご了承ください。

 

レッドスネーク ロウカスク レッドネック30
RED SNAKE RAW CASK Cask Ref:Redneck 30 57.9%

ブラックスネークと同じ蒸溜所のモルトを使用した、シングルモルト・シングルカスクのレッドスネーク。
蒸溜所名は非公開ですが、有名な「あの」蒸溜所のモルトです。

こちらのレッドスネークシリーズは、すべてシングルモルト・シングルカスク!
それぞれの味わいの違いを楽しみたい!!!と、コレクションする方も♪

今回のレッドスネークはバーボン樽熟成ならではの、バニラの甘みと、塩気のあるオイリーさが楽しめる癖になるバランスの味わいです。

【テイスティングノート】
香り:ツンとした酸味のある香り。バニラ。青みのあるバナナ、洋梨。蜂蜜を思わせるとろみのある甘い香り。

味わい:ウッディで、少し焦がした砂糖のような甘い味わい。ブラックペッパーのニュアンスと、塩気を感じるオイリーさ。

余韻:舌を覆うようなオイリーさがあり、洋梨のようなとろみのある香りが続く。

 

ロウカスク スモーキング アイラ ブレンデッド モルト PXカスクフィニッシュ
BLACKADDER RAW CASK SMOKING ISLAY ISLAY BLENDED MALT SCOTCH WHISKY PX SHERRY CASK FINISH Cask ref:SI2017-03 58.8%

スモーキーな味わいが人気のスモーキングアイラの新作!

今回のスモーキングアイラは、アイラモルトをヴァッティングしたブレンデッドモルト。スモーキングアイラの名にふさわしいパンチのある味わいです。

ブレンドした蒸溜所名、割合などは非公開。
どこの蒸溜所なのか、お客様自身で確かめていただきたいという、ブラックアダーのロビン氏の思いが詰まった1本です。

特に今回は、シェリーの中でも濃厚な甘さが魅力のペドロヒメネスの樽でフィニッシュをかけたもの。スモーキーな味わいとペドロヒメネス・シェリー樽由来のリッチな甘さが見事なバランスを生み出しています。

アイラモルトのリリースが少なくなる中、ロビン氏によってつくりあげられた特別な1本をぜひご堪能ください。

*ブレンデッドモルト
シングルモルトをヴァッティングしたもの。グレーンウイスキーは、含まれておりません。

【テイスティングノート】
香り:マリネした黄色いフルーツ、強く焦がしたカラメル。ベリー系の甘酸っぱい香り。

味わい:エキゾチックなスパイスを感じさせる、潮の香りをたっぷりと感じるオイリーな味わい。胡椒のようなピリピリ感としょっぱさ。ピートのけむさが口に広がる。

余韻:長く、口全体が温まるようなスモーキーな味わい。黄色いフルーツのような味わいがずっと続く。

 

ステートメント ロウカスク ブラドノック 1991 25年 シェリーカスク フィニッシュ
STATEMENT  NO.29 RAW CASK BLADNOCH 1991 25YO SHERRY CASK FINISH Cask No.8274 54.3%

特別なウイスキーに捧げられる「STATEMENT」の称号。
今月も、新たなるブラドノックがリリースとなります!

ブラドノックは、ローランドに位置するスコットランド最南端の蒸溜所。
現オーナーに変わる前の1991年蒸留で、25年の長熟もの。
今回は、シェリーカスクでのフィニッシュ。シェリーカスク由来の、複雑で優雅な香りと味わいが加わったプレミアムな逸品です。

昨年創業200年を迎えたブラドノックのウイスキーは、グラッシーで麦芽の甘味を存分に感じられる、ローランドならではの味わい。
国内には3本の限定入荷ですので、ご注文はお早めにどうぞ。

*僅少入荷のため、テイスティングコメントはございません。
ご了承ください。

【ロウカスクとは】
冷却濾過をせず、最低限の濾過のみをした、ブラックアダーオリジナルの代表的シリーズのこと。
「樽の中で眠るウイスキーこそ、最高の味わいを持つ」というブラックアダー代表ロビン氏の想いが詰まったシリーズです。

もちろん、加水なしのカスクストレングスで、着色も一切しておりません。
ビンの中に沈む樽の中の木片は、最低限の濾過しかしていない証明です。

 

☆ボックスBOX新商品☆

ダルヴィ バッチ 4
Dálvve,Batch 4 46%

「ダルヴィ」とは、スウェーデンの少数民族サーミ族の言葉で「冬」を意味しており、寒さの厳しいボックス蒸溜所で熟成されるウイスキーの特徴を表現したもの。
ボックス蒸溜所のフラッグシップ商品です。

ダルヴィの特徴は、シリーズを通して、ほのかにピートを効かせてある点にあります。
前回のバッチ3同様、ピーテッドタイプのウイスキーを全体の24%使用。
ただし今回は、ピーテッドタイプをファーストフィルのバーボン樽で熟成させています。残りの76%は、アンピーテッドタイプ。
こちらも、135ℓと200ℓのファーストフィルのバーボン樽で熟成をさせました。

【基本データ】
24%:ピーテッドタイプ。
200ℓのファーストフィルバーボン樽で4年11ヶ月〜5年2ヶ月強熟成。

76%:アンピーテッドタイプ。
135ℓと200ℓのファーストフィルバーボン樽で4年11ヶ月〜5年4ヶ月弱熟成。

*冷却濾過及び着色はしていません。

アルコール度数:46%
熟成年数:4年11ヶ月(平均5年2ヶ月弱)
使用麦芽フェノール値:0、40ppm
平均フェノール値:10ppm
樽:ファーストフィルバーボン樽
ボトリング本数:12,855本
内容量:700ml

☆アスタモリスASTAMORRIS新商品☆

アスタモリス マクダフ 14年 「庄野」
ASTA MORRIS Macduff 14yo 2002/2017 52%

浮世絵ラベルが映える、アスタモリスの東海道五十三次シリーズ。
今回は、45番目の宿場町庄野(三重県鈴鹿市)をあしらったマクダフの14年もの。

プライベートボトルとして、過去にもリリースされたマクダフは、繊細で華やか。
フルーティーでバランスのいい味わいで、評価も高いアイテムです。

浮世絵のラベルとなった庄野宿は、歌川広重の東海道五十三次の中でも、最も有名と言われる1枚。
暗雲が立ち込める激しい夕立を避けるように、坂道をかけてゆく人々を描いた作品です。

ラベルの美しさもさることながら、ゆっくりと開いていく味わいの豊かさには、バート氏のこだわりが色濃く反映されています。

【テイスティングコメント】
香り:ロープ、ミネラルを感じる香り。
ほのかにパイナップル。白いフルーツの滑らかな香りと、モルティーな甘い香り。

味わい:スパイシーで少しドライな印象。香りよりも、さらにフルーティーさが強まり、柑橘の味わいがはっきりと感じられる。
リコリスや、ハーブのような味わいがあり、加水によりさらにひらいてくる。

余韻:スパイシーさが残る。加水後もフレッシュさを
失わず、クリーンでキレのいい味わい。
白い果物のフルーティさ、ミネラルとモルティーな味わいが長く続く。

 

※発売日前のため、現在は品切れの状態で公開しております。

5月16日(水)午前10時より発売となります。

ご注文、お待ちしております♪