【11月新商品】秋の王道シングルモルト祭!

早いもので、もう11月。今年最後の輸入アイテム新商品の発売です。

今年最後にふさわしい、シングルモルトスコッチの名品が揃い踏み! 
フェイブルの第3、4作目はダルユーイン、ベンリネス。 
ブラックアダー ステートメントでは長熟オーヘントッシャンと、伝説のレディーバーン。さらにピートリークの新作、アルマニャックも!


全国の酒販店様では11月21日発売!

WHISKY PORTでは11月25日(金)10時より発売です!
WHISKY PORTのページは、11月25日までは品切れの状態で表示しています

【2022年11月25日(金)発売:商品詳細】 

<フェイブル FABLE >

チャプター3 “ムーン” – ダルユーイン 2010 11年 
CHAPTER 3 “MOON” – DAILUAINE 2010 11YO (PEATED) CASK 302168 56.7%

大好評を博すフェイブル3作目は、スペイサイドのダルユーインです。 

「緑の谷」を意味する、その名にぴったりの美しい場所に位置するダルユーイン。 「月」は、薄暗い森の奥深くにひっそりと佇む蒸留所のイメージを反映しています。 
ハウススタイルとも言える大胆な味わいを生かしながら、独特の甘さと旨みのコンビネーションが調和しています。 
深い味わいと複雑さを持ったシングルモルト。神秘的なラベルとともに、興味の尽きない1本です。 

【テイスティングノート】 
香り:大麦糖、シトラス、ピーチ、トロピカルフルーツ、パイナップル。力強い、焦げたバタートースト。後からスパイシーになり、シナモンが漂う。 

味わい:パワフルなバニラの甘さに加えて、大麦、軽く焦がした木材のスパイシーさ。オールスパイス、蜂蜜、かすかに蜜蝋と土っぽさ。濃厚でクリーミーな中にリンゴが現れる。加水で爽やかな草原、熟していないフルーツのフレッシュさが感じられる。 

余韻:甘いリンゴ、蜂蜜とかすかにワックス、シリアル、バニラ。ほのかにココナッツ、コショウとグレープフルーツの酸味と苦味を伴って、ゆっくりと引いていく。 

チャプター4 “ベイ” – ベンリネス 2009 12年 
CHAPTER 4 “BAY” – BENRINNES 2009 12YO CASK 307952 60.1%

「クランヤード・ベイのゴースト・パイパー」シリーズの第4作はベンリネス。スペイサイドらしからぬ力強い、ミーティ、ナッティ、モルティな原酒で有名な蒸留所です。
ブレンドにパワーと複雑味をもたらすため、スコットランドのブレンダー達に高く評価されています。 

強靭さの中に潜む繊細さ。その仕上がりに、フェイブルのボトラーとしての腕が感じられます。激しい波に翻弄される船が描かれたラベルからも伝わる、変幻自在に表情が変化するボトルです。 

【テイスティングノート】 
香り:ミカンの皮の苦味、ダークチョコレート、水出しコーヒー、イースト、少し酸味のあるワイン。とてもミーティ。鉛筆の削りかす、トーストしたオーク、背景にはシナモンのスパイシーさ。 

味わい:ヘビーで、ナッツを思わせるハウススタイルが見事に表現されている。対照的に、風味豊かなフルーツのアロマが、その骨太な味わいを柔らかく包んでいる。 

余韻:オーク由来のスパイス感が広がり、ほんのりとトロピカルフルーツ。リッチであたたかみのあるモルティなトーンで仕上がった、程よい長さのフィニッシュ。

<ブラックアダー BLACKADDER>

ロウカスク ピートリーク エンバース アモンティリャードカスクフィニッシュ 
RAW CASK PEAT REEK EMBERS AMONTILLADO CASK FINISH Cask Ref: EMB11 57.4% 

パワフルなピート香で人気の高いピートリーク。その中でも特別な樽として選ばれたものが、この「エンバース」シリーズです。 残り火、燃えさしを意味する「エンバース」の名が示す通り、今もピートが燻っているようなアロマが特徴です。 

蒸溜所名は非公開。そのピーティーな原酒をバーボン樽で熟成し、アモンティリャード樽でフィニッシュをかけました。 
*アモンティリャードフィノもしくはマンサニージャから第二段階の酸化熟成をしたシェリーのこと 
ピートとシェリー由来のナッティさが絶妙に響き合う、バランスの取れた1本です。 

【テイスティングノート】 
香り:はっきりとしたピートスモーク、香ばしく焦げた木材、わずかに粉っぽい灰。その奥にシリアルとヘーゼルナッツ。 

味わい:火が消えかけた暖炉、ドライフルーツ、煎りたてのナッツ。かすかにキャラメルバニラキャンディを感じるが甘すぎず、スモーキーさが口いっぱいに広がる。 

余韻:ウッディさ、土の香りが煙の中に混じり合い、ややドライながらもリッチな余韻。 

ロウカスク シャトー•ガロー バ•アルマニャック 2005 16年 
RAW CASK SELECT Château Garreau Bas ARMAGNAC 2005 16YO 52.3% 

ブラックアダーから、希少なアルマニャックが登場! 
シャトー•ガローは、1919年に創業したアルマニャックの生産者。バ•アルマニャックは、アルマニャックの3つの生産区域の中で、最も高級とされています。 

その最上級土壌質の広大な自社ブドウ畑で栽培された、バコ種のブドウを100%使用し、2005年に蒸留。地元のクーパーで造られたガスコンオークの樽に詰め、アルマニャック地方唯一といわれるシャトーの地下セラーで熟成させました。 

野性味あふれる印象が強いアルマニャック。ですが、このシャトー•ガローは、繊細な華やかさも併せ持っているのが特徴です。 

老舗ボトラーである、ブラックアダーが厳選したアルマニャックを、ぜひお試しください。 

【テイスティングノート】 
香り:フルーティ、リッチで香り高い。洋ナシのコンポート、完熟したリンゴ、かすかにエキゾチックなフルーツも感じられる。 

味わい:バランスが良くまろやか。白桃、ナツメグ、ヘーゼルナッツ、蜂蜜。丸みがあり、パワフルさとフレッシュさのどちらも感じられる。 

余韻:蜂蜜やキャラメルがほのかに漂い、トーストしたオークのスパイスが穏やかに長く続く。

ステートメント NO.49 ロウカスク オーヘントッシャン 1991 30年 シェリー カスク フィニッシュ 
STATEMENT NO.49 RAW CASK AUCHENTOSHAN 1991 30YO SHERRY CASK Cask No.2917 56.1% 

ステートメント新作は、ローランドモルトのオーヘントッシャン。30年シェリー・ホグスヘッドで熟成させた、シングルカスクです。 

3回蒸留で得られたピュアで華やかな原酒が、長い熟成を経て美しい琥珀色に色づき、馥郁とした風味を持つウイスキーに成長しました。 

貯蔵庫から払い出された、そのままの味わいを保つロウカスク。 世界限定47本、日本国内では6本のみ入荷です。 

ゲール語で「野原の片隅」という名を冠した蒸留所からの、控えめでありながらも長い年月を経て豊かに花開く至極の1本。その味わいをぜひお確かめください。 

【テイスティングノート】 
*僅少入荷のため、テイスティングノートはございません。ご了承ください。

<ブラックアダー BLACKADDER 再入荷>

ステートメント No.18 ロウカスク レディバーン 1973 43年 
STATEMENT NO.18 RAW CASK LADYBURN 1973 43YO Cask No.5680 41.5% 

ステートメントのレディバーン、限定2本のみ再入荷いたしました! 

1966年に創業し、1975年に閉鎖。 9年間という短い期間だけ創業した蒸溜所です。 その限られた生産量から、3大レアモルトの1つに数えられるほど。 
「貴婦人の川」を意味するその名のごとく、穏やかでエレガントな、ローランドらしいスタイルのシングルモルトです。 

その幻のモルトの73年ヴィンテージ、43年熟成となればさらに希少。長い熟成を経て複雑味が増し、なめらかなテクスチャーの優美なモルトに仕上がっていま 
す。 

特徴的なトロピカルフルーツのフレーバーが長期熟成でより際立っており、軽やかなハーバル感をまとった、完成度の高い1本。 

【テイスティングノート】 
*僅少入荷のため、テイスティングノートはございません。ご了承ください。

  • All
  • AMRUT
  • ASTA MORRIS
  • BLACKADDER
  • box
  • fable
  • notice
  • shizuoka-fair
  • SPEY
  • お知らせ
  • イベント情報
  • プライベートカスク
  • プレスリリース
  • メディア情報
  • 創業者コラム
  • 商品紹介
  • 静岡蒸溜所
All
  • All
  • AMRUT
  • ASTA MORRIS
  • BLACKADDER
  • box
  • fable
  • notice
  • shizuoka-fair
  • SPEY
  • お知らせ
  • イベント情報
  • プライベートカスク
  • プレスリリース
  • メディア情報
  • 創業者コラム
  • 商品紹介
  • 静岡蒸溜所
S-news-ec.001 メディア情報

【メディア】静岡新聞 2024年4月17日 [オール静岡県産ウイスキー誕生]

RR-ec 静岡蒸溜所

【レポート】ルーキーレーシングのモリゾウさん(トヨタ自動車 会長 豊田章男氏)、静岡蒸溜所にご来場されました!

JAN2024-ec.001 メディア情報

【メディア】日本農業新聞 2024年4月10日 [静岡県産大麦のウイスキー完成]

Nikkei0326-ec.001 メディア情報

【メディア】日本経済新聞 2024年3月28日 [静岡市の蒸留所、「オール県産」ウイスキーを商品化]

0326-EC.001 静岡蒸溜所

【レポート】「100%静岡大麦」完成報告 静岡県知事を表敬訪問

0327-Chunichi1.001 メディア情報

【メディア】中日新聞 2024年3月27日 [県産大麦と水でウイスキー完成]

PAGE TOP