【4月新商品】フェイブル最終章!ロウカスクの最新作3種とブラックスネーク再入荷☆

春満開!ぽかぽか陽気が心地よくなってきました♪ 新生活の始まった方、新しい仲間を迎えた方、少しずつ慣れてきた頃でしょうか? 街中の新緑も鮮やかで、なんだかうきうきする季節ですね。

さて今月の新商品は、大人気ブランド フェイブルのシリーズ最終作となるグレンスペイのリリース! ブラックアダーからはロウカスクのミルトンダフ、ブナハーブン、そしてアイラモルトのピートリーク。 
さらに、ご好評をいただいたブラックスネークが再入荷いたしました。 

全国の酒販店様では4月19日発売!

WHISKY PORTでは4月25日(火)10時より発売です!
WHISKY PORTのページは、4月25日までは品切れの状態で表示しています

【2023年4月25日(火)発売:商品詳細】 

<フェイブル FABLE >

チャプター 11 “ゴースト” – グレンスペイ 2010 11年 
FABLE CHAPTER 11 “GHOST” – GLEN SPEY 2010 11YO (PEATED) CASK 801095 60.7% 

フェイブル初のシリーズ「クランヤードベイのゴーストパイパー」、ついに最終作となりました! 

有名な蒸留所が林立するスペイサイドの、中心的な村であるロセス。グレンスペイ蒸留所もここに位置しています。 グレンスペイはスペイサイドで最も素朴な蒸留所の1つで、質の高いシングルモルトウイスキーを生産しています。 
この蒸溜所には幽霊が住んでいると言われ、最終章の「ゴースト」にぴったりとも言えます。 

ウィスキー自体は、トロピカルフルーツとレモンキャンディの風味、クリーミーで濃厚なバターのようなスタイル。 あたたかく長いフィニッシュで、実直な製法をしみじみと思わせてくれるでしょう。 

【テイスティングノート】 
香り:力強くモルティ。バター、トロピカルフルーツのクリーミーさ。 

味わい:ハネデューメロン入りのフルーツサラダ、ナッツ入りチョコチップグラノーラに黒胡椒。加水で缶詰の桃が前面に現れ、蜂蜜の甘さとスギへと続く。 

余韻:滑らかで丸みのある仕上がり。香ばしいオークの甘さにかすかに焼きマシュマロ、そして非常に柔らかいスパイス。 

<ブラックアダー BLACKADDER>

ロウカスク ミルトンダフ 2011 10年 
RAW CASK MILTONDUFF 2011 10YO PX CASK FINISH No:99 57.1% 

スペイサイドのミルトンダフは、オフィシャルボトルのリリースがないにもかかわらず、根強いファンを持つ蒸溜所。 バランタインのキーモルトとして知られており、フルーティさとしっかりとしたボディを両立させた銘酒です。 

こちらは、ペドロヒメネス樽でフィニッシュ。みずみずしいフルーツの甘さが、シェリーのヴェールにまろやかに包まれています。 

飲みごたえのあるリッチな味わいは、加水してもバランスが崩れません。潜んでいるフルーツのアロマを解き明かしたくなる、奥深い1本です。 

【テイスティングノート】 
香り:どっしりとしたシェリー、甘みのあるオーク。 

味わい:シェリー由来のドライフルーツに、イチゴジャムが溶け合う。かすかにバター。柔らかくなめらかな舌触り。 

余韻:心地よい甘さにオークが響き、長く続く。質の高いペドロヒメネス樽が持つ、ナッティなアクセントが後を引く。 

ロウカスク ブナハーブン 2007 14年 
RAW CASK BUNNAHABHAIN 2007 14YO HHD Cask No:800010 58.4% 

アイラモルトの中でも、ノンピートタイプで知られるブナハーブン。ピート層を通過しない仕込み水を使い、長めの発酵時間、背の高いストレートヘッドのスチルでの蒸留。これがブナハーブンのユニークな個性を作り上げています。 

ミネラル感や潮を感じながらも、強いピート香のないアロマで、アイランズ好きにもおすすめ。 
ホグスヘッドでの14年の熟成を経て、58.4%でボトリング。樽の影響を受けすぎないすっきりとしたピュアな仕上がりに、ブラックアダーの樽の選定眼の確かさが感じられます。 

「これもまたアイラ」と島の魅力をさらに広げてくれる、表情の豊かなアイテムです。 

【テイスティングノート】 
香り:開くのに少し時間がかかる。白ブドウ、完熟した洋ナシに潮風のニュアンスが徐々に。心地よいオーク、かすかに干草。 

味わい:しっかりとした甘さに、ややアルコールの熱を感じるが、悪くはない。クリーンでありながらオイリーな口当たり。 

余韻:苦味のないドライなフィニッシュ。ほのかにハーブ、麦芽糖。

ロウカスク ピートリーク 10年 リチャーカスクフィニッシュ 
RAW CASK PEAT REEK 10YO RE-CHARRED CASK FINISH Cask Ref:PR2022-3 58.4% 

ピーティーなアイラウイスキーがお好きな方にはたまらない、ピートリークシリーズの最新作が到着いたしました。 

こちらはフェノール値21ppmのミディアムピーテッドタイプ。リチャーカスクでフィニッシュしています。 
強すぎず弱すぎないピートのスモーキーさに、香ばしい甘さが加わった絶妙のバランス。ロウカスクでパワフルな樽のアロマをしっかりと残した、骨太なシングルカスク・アイラモルトです。 

【テイスティングノート】 
香り:バニラクリームをたっぷりとかけたフルーツのコンポート。暖炉のおき火のようなくすぶるスモーキさ。 

味わい:クリーミーなファッジの奥から広がってくるピートの煙。灰、かすかに潮っぽさ。濃く淹れたダージリンティー。 

余韻:洋ナシ、リンゴを追いかける、土っぽい煙。舌の上には蜂蜜の甘さが残る。 

<BLACKADDER 再入荷>

★ブラックスネーク ヴァット No.17 サードヴェノム 
BLACK SNAKE VAT No.17 THIRD VENOM 59.6% 

シェリーカスクフィニッシュで高く評価される、ブラックスネーク。人気のアイテムが、再入荷いたしました。 

ブラックスネークは、まず、あるスコットランドの蒸溜所のバーボン樽熟成原酒3樽をヴァッティング。1年間シェリー樽で熟成させ、1/3を残してボトリングします。 

残った樽の1/3には、同じ蒸溜所の原酒2樽分を継ぎ足し、さらに1年熟成。いわゆるソレラシステムの形で、いわゆるソレラシステムで、バッチごとのリリースをヴェノム(ヘビの毒の意味)と名付け、リリースを重ねています。 

ヴァットNo.17は、オロロソシェリー樽。その3度目のボトリングが、今回のサードヴェ 
ノムです。濃厚なオロロソの風味が程よくこなれて、原酒本来の華やかな味わいと見事に調和してい 
ます。 

リリースごとに異なる個性が楽しめ、根強いファンを持つユニークなシリーズ。1つとして同じ味わいのな、ブラックスネークの魅力をご体感ください。 

【テイスティングノート】 
香り: 完熟したフルーツ、ビターカカオ、ドライフルーツの複雑なアロマ。 

味わい:柔らかくもパワフル。ナツメグ、レーズン、革などが溶け合っている。 

余韻: ほろ苦さの後に、まろやかな甘い余韻が続く。

  • All
  • AMRUT
  • ASTA MORRIS
  • BLACKADDER
  • box
  • fable
  • notice
  • shizuoka-fair
  • SPEY
  • お知らせ
  • イベント情報
  • プライベートカスク
  • プレスリリース
  • メディア情報
  • 創業者コラム
  • 商品紹介
  • 静岡蒸溜所
All
  • All
  • AMRUT
  • ASTA MORRIS
  • BLACKADDER
  • box
  • fable
  • notice
  • shizuoka-fair
  • SPEY
  • お知らせ
  • イベント情報
  • プライベートカスク
  • プレスリリース
  • メディア情報
  • 創業者コラム
  • 商品紹介
  • 静岡蒸溜所
S-news-ec.001 メディア情報

【メディア】静岡新聞 2024年4月17日 [オール静岡県産ウイスキー誕生]

RR-ec 静岡蒸溜所

【レポート】ルーキーレーシングのモリゾウさん(トヨタ自動車 会長 豊田章男氏)、静岡蒸溜所にご来場されました!

JAN2024-ec.001 メディア情報

【メディア】日本農業新聞 2024年4月10日 [静岡県産大麦のウイスキー完成]

Nikkei0326-ec.001 メディア情報

【メディア】日本経済新聞 2024年3月28日 [静岡市の蒸留所、「オール県産」ウイスキーを商品化]

0326-EC.001 静岡蒸溜所

【レポート】「100%静岡大麦」完成報告 静岡県知事を表敬訪問

0327-Chunichi1.001 メディア情報

【メディア】中日新聞 2024年3月27日 [県産大麦と水でウイスキー完成]

PAGE TOP