【レポート】ルーキーレーシングのモリゾウさん(トヨタ自動車 会長 豊田章男氏)、静岡蒸溜所にご来場されました!

ルーキーレーシングの「モリゾウ」選手ことトヨタ自動車 会長の豊田章男氏が、プライベートで静岡蒸溜所を訪問されました!

桜の花びらに、しとしと雨が降り続くそんな春の日。
静岡蒸溜所にスルスルと入ってきたセンチュリーSUVから、オクシズの地に降り立ったひとりのジェントルマン。その人こそ、レーシングチーム ROOKIE Racing のオーナーでありレーシングドライバー「モリゾウ」選手こと、トヨタ自動車株式会社の豊田章男 会長でした。

この日はプライベートのお時間ということで、ルーキーレーシングのロゴ入りの上下というスポーティーな出で立ちです。日頃からウイスキーを愛飲されているそうですが、ウイスキーの蒸溜所を見学するのは初めてとのこと。

最初に入ったテイスティングルームでは、熊谷守一の書「我忘吾」の意味を質問されて、代表の中村が「ウイスキーを飲んでいる時の境地、自分とウイスキーが一体になった感覚を表している言葉だと思ったので、これを掛けています」と答え、なるほどと頷かれていました。

分析室では、マスターブレンダーである中村が、ブレンドの手順を説明しました。
候補の数百の樽から香りだけで使う原酒を選別し、レシピを試行錯誤しながら、最後は実際に飲んで味わいを確かめて決めていること。
モリゾウさんからは「私もトヨタではマスタードライバーとして、クルマの最終的な味付けを決めているんですよ」との話があり、クルマ造りもウイスキーもマスターの感覚が大事という共通認識が共有されました。

製造現場のスタートは、粉砕の工程から。
静岡蒸溜所では、外国産大麦だけでなく、静岡や国産の大麦も原材料にしていることを説明しました。
そして、やはり機械が気になるご様子で、英国ポーティアス製の古いミル(麦芽粉砕機)の構造について質問がありました。足元に気をつけながら、ミルのそばへ。

中村「構造は単純なんですが、ベアリングやベルトなど、部品を探すのが大変なんです」
モリゾウさん「どうやって調達するんですか?」
中村「インチ規格のベアリングは国内で見つかりますが、ベルトは古い規格の特殊なサイズのため、英国で探します」

発酵槽では、発酵中のモロミもご覧いただきました。
アルコール発酵中は、二酸化炭素も発生しているので、注意しながら香りを確かめます。発酵のタイミングによって、フルーティーだったり、酸味があったりとさまざまな香りが感じられます。

ここで、発酵槽自体にも注目。
単なる木製ということではなく、テロワールを表現することを目指して静岡産の杉で作ったもの、オレゴンパインで作ったものと2種類あります。それぞれの発酵槽に棲みつく微生物が異なることから、ニューメイクの味わいにも影響があるのではないかと考えていること、酵母によっても味わいが変わってくることなどをお伝えしました。

そしていよいよ蒸留へ。静岡蒸溜所の特徴のひとつ、薪の直火蒸留機です。
扉を開けて、カマドの中で実際に燃える炎をご覧いただきました。薪直火のリアルを感じていただけたかと思います。
内部の耐熱レンガの組み方次第で、空気の流れが変わり、温度が上下するため、自分たちでレンガを並べ替えて改善していることを説明しました。

そしてウイスキーといえば、樽。
熟成庫もご案内しました。この土地に辿り着くまでのエピソードや、山々に囲まれた周辺の環境についてもお話ししました。この日は雨模様で、霧が出ていたのも雰囲気がありました。

蒸溜所のある玉川地区は、「日本一速い男」と呼ばれた星野一義さんの地元であることをお伝えしたところ、とても驚かれていました。星野さんはご自身のチーム・インパルで、トヨタエンジンでスーパーフォーミュラを走らせています。個人的にもモリゾウさんと親しくコミュニケーションをされているそうです。

熟成庫に入ると、何段にも積まれた樽がお出迎え。湿気も手伝って、濃密な甘い香りに包まれます。
「やっぱりウイスキーといえば、これですね」と、モリゾウさんもおっしゃっていました。

中村からは、ウイスキーは何年もの長い年月をかけて熟成が必要なので、いま仕込んでいる物は未来のためのものであり、次の世代に渡すべく日々造っていることをお話しました。モリゾウさんは、時間がかかる点はクルマも同じであり、次の世代に伝えることの重要さも同じですね、と将来的なスタンスについても共通点を見つけられていました。

その後も一番古い樽を見つけたり、鏡板の表記について確認したり、ウイスキーの香りで胸いっぱいにしながら、出発の時間ギリギリまで雰囲気を味わっていただきました。

最後に、弊社スタッフとの記念写真をお願いして、パチリ!
モリゾウさん、静岡蒸溜所へお越しいただき、ありがとうございました!

ご縁の始まりは、富士スピードウェイホテルから

そもそものご縁のキッカケは、ハイアットグループのラグジュアリーリゾートホテルである富士スピードウェイホテル。御殿場市にある、トヨタ自動車が運営するサーキット「富士スピードウェイ」に隣接して建設されました。

サーキットに隣接するオフィシャルホテルとして、内装はモータースポーツをモチーフにしていて、「富士モータースポーツミュージアム」も併設。クルマ好きでなくともワクワクする、趣向が凝らされた圧巻の展示です。

ブレンデッドMが、モリゾウさんに発見される

ここでは2022年の開業時から、ホテルのオフィシャルウイスキーとして、静岡蒸溜所の「ブレンデッドM」が採用されています。モータースポーツをイメージしたスポーティーなコンセプトが、ホテルのテーマにピッタリと合ったからでした。

モリゾウさんが、ホテルでこのブレンデッドMを飲まれて、「このMは、MorizoのMだな!」と気に入っていただいたそうです。以来、トヨタのイベントやプライベートでもブレンデッドMをお飲みいただいているとのこと。

そして、ルーキーレーシングとのコラボレーションが実現!

富士スピードウェイは、トヨタ自動車株式会社のホームサーキット。豊田章男氏がオーナーを務めるレーシングチームのルーキーレーシング(ROOKIE Racing)のガレージも置かれています。

「モリゾウ」の名でドライバーとしても活躍する豊田氏が、ブレンデッドMを気に入っていただいたことから、ルーキーレーシングとのコラボが実現。モリゾウさんが乗る水素エンジンのGRカローラ32号車にちなんで、320本を販売しました。(本商品は完売しています)

ルーキーレーシングでは、他にも14号車や28号車がありますので、将来的にさらなるコラボレーションができたらいいですね。

  • All
  • AMRUT
  • ASTA MORRIS
  • BLACKADDER
  • box
  • fable
  • notice
  • shizuoka-fair
  • SPEY
  • お知らせ
  • イベント情報
  • プライベートカスク
  • プレスリリース
  • メディア情報
  • 創業者コラム
  • 商品紹介
  • 静岡蒸溜所
All
  • All
  • AMRUT
  • ASTA MORRIS
  • BLACKADDER
  • box
  • fable
  • notice
  • shizuoka-fair
  • SPEY
  • お知らせ
  • イベント情報
  • プライベートカスク
  • プレスリリース
  • メディア情報
  • 創業者コラム
  • 商品紹介
  • 静岡蒸溜所
SD&AR202407-top.001 イベント情報

【セミナー】 「静岡蒸溜所&アムルット プロ向けセミナー 」大阪、東京、静岡にて開催

2024-07-newtop.001 商品紹介

【7月新商品】アスタモリス&フェイブル、人気シリーズ最新作!

2024-07 new-release.001 BLACKADDER

【ブラックアダー】秩父8年 2024年7月発売!

Forbes-AR-top.001 AMRUT

【メディア】Forbes JAPAN 2024年6月号 「美酒のある風景」

brutus-2406-top.001 メディア情報

【メディア】ブルータス2024年6月3日「本当に美味しいアイスクリーム」

KI2024-image-s 静岡蒸溜所

【新商品】「静岡 ポットスティルK 純外国産大麦2024年版」6月下旬発売!

PAGE TOP