【静岡フェア】静岡蒸溜所ニューアイテムを発売します!

静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018では、静岡蒸溜所オリジナルアイテムに新商品が登場します!

今年11月から一般公開を予定していますが、その前に静岡フェアでオリジナルアイテムを手に入れちゃいましょう♪


【静岡フェア】静岡蒸溜所ニューアイテムを発売します!


静岡フェアで初お披露目となるのは、2アイテム。

・静岡蒸溜所オリジナルグラス&グラスホルダーセット
・静岡蒸溜所ポロシャツ(限定カラー)

どちらも一般公開に先駆けての販売となります。
静岡フェアでは、飲食だけでなく、グッズもチケットでご購入いただけますよ♪

静岡蒸溜所ロゴ入りグラス2018年版&グラスホルダー 100セット限定
チケット:10枚

静岡蒸溜所ロゴ入りポロシャツ(新色)
チケット:15枚

お求めの方は、ガイアフローブースにお越しください。
メイン会場である大会議室に入って、すぐ左手にあります。
みなさまのお越しをお待ちしております♪

 

静岡市内の観光情報!

今年も、静岡クラフトビール&ウイスキーフェアが開催されます!
静岡市の観光情報もお伝えしようと思います。


静岡市内の観光情報!


静岡市は、静岡県中部に位置する政令指定都市で、駿府城下を基盤とした商業都市の旧静岡市と、港湾都市旧清水市新設合併して誕生した市です。

<葵区><駿河区><清水区>の3区に分かれ、南には駿河湾、北には南アルプスがあり、自然豊かで温暖な気候が特徴です。

今回は、それぞれの区ごとに観光名所をご紹介しようと思います。

<葵区>

駿府城公園
02

徳川家康公が天正13年(1585)から居城として駿府城の築城をはじめ、慶長12年(1607)に石垣を廻らせた三重の堀を持ち、勇壮な天守を配置した城を完成させました。
しかし、失火によりこの駿府城は消失してしまいます。

現在では、本丸、二ノ丸部分は公園として整備され、静岡市民の憩いの場として親しまれています。
また、巽櫓、東御門、坤櫓(ひつじさるやぐら)の復元もされ、一般に公開されています。

お堀から吹く気持ちのいい風に吹かれて、ゆったり公園内を散策するのも楽しいですよ。

 

静岡浅間神社
shizuoka-sengen-jinja_05

古くから駿河国の総社として、広く信仰を集める神社です。
神部神社、浅間神社、大歳御祖神社の三つの御本社と四境内社を総称して静岡浅間神社と呼ばれています。
広大な敷地の中に、美しい社殿が点在し、たくさんの神様が祀られています。

6月30日には、半年間の罪・穢を祓い、無病息災を祈る「夏越大祓式(なごしおおはらえしき)」が行われます。
大祓式の後行われる「大茅の輪(おおちのわ)くぐり神事」では、直径5mの大茅の輪が設けられ、毎年大勢の参拝客が訪れ賑わいを見せます。
9863-96a3c

<駿河区>

久能山東照宮
12074813_1486744334963673_418064115376841665_n

晩年を駿府で過ごした徳川家康が眠る、久能山東照宮。

全国各地に東照宮と名のつく神社は数多く鎮座していますが、久能山東照宮はそれらの東照宮の中でも最初に創建された神社です。
徳川家康公を東照大神として祀る東照宮の歴史は、ここ静岡の地から始まりました。
豪華絢爛な本殿・石の間・拝殿は、国宝に指定されており、1159段の石段からの風光明媚な景観はとても有名です。
日本平山頂からロープウェイも利用できます。

実は、静岡蒸溜所の地鎮祭では、こちらの宮司さんに祝詞奏上をしていただきました!
ガイアフロー静岡蒸溜所としても、大変思い入れのある場所となっています。

登呂遺跡
IMGP1523

約2000年前の弥生時代後期の農耕文化を伝える遺跡。

現在、登呂遺跡は国の特別史跡に指定され、住居や倉庫が復元され、水田跡や森林跡も発掘されています。
史跡公園となっている登呂遺跡内には、登呂博物館があり、縄文時代から近代に至るまでの農業や生活の移りかわりを知ることができます。

また登呂遺跡のそばには、古民家を移築したお店「登呂 もちの家」があり、つきたての安倍川餅や、かき氷も楽しめます。

<清水区>

日本平ホテル
1462963_755788144436824_2097736123_n

日本観光地百選の第一位に輝いた景勝の地として名高い日本平に建つのが、この日本平ホテル。

その景観の素晴らしさから、静岡県景観賞 最優秀賞(知事賞)を受賞しています。
エントランスから目に飛び込んでくる大きな窓からは、静岡の絶景が一望できます。眼下に広がる駿河湾、遠く伊豆の山々を見渡し、正面に霊峰富士を望む絶好のロケーション。

静岡の美しい景色を眺めながらのティータイムは最高です♪

三保の松原img_1

三保の松原(みほのまつばら)は、駿河湾に突き出た三保半島の海岸線に沿って7kmにわたり5万4千本のクロマツが茂る松原です。

その美しさから、日本新三景・日本三大松原のひとつとされており、日本の白砂青松100選にも指定されています。
右手には青い海、左手には緑の松原、そして正面に雄大な富士山を臨む景観。古来から文学や芸術の題材となってきたのは、当然かもしれませんね。
天女が羽衣をかけたとされる羽衣伝説ゆかりの「羽衣の松」があり、毎年10月には薪能も催されています。

エスパルスドリームプラザ
other_cen47_m

静岡の清水港近くにあり、サッカーチーム「清水エスパルス」の応援拠点として、県内外からの観光客も集う複合商業施設。

10軒の寿司屋が軒を連ねる清水すし横丁、寿司の歴史や文化に触れる清水すしミュージアムをはじめ、ちびまる子ちゃんランド、清水サッカーショップ、映画館、駿河みやげ横丁、テイクアウトショップ、その他個性的な店舗が集結しています。

今なら、施設内の飲食店で各店オススメのおつまみとアオイブリューイングのビールが楽しめる企画がありますよ!!!

清水魚河岸 河岸の市
スクリーンショット 2016-06-29 3.33.04

JR清水駅から徒歩3分、マグロの水揚げ量日本一の清水港にある市場。

「新鮮で美味しい魚をもっと気軽に食べてほしい」そんな思いを持った仲卸業者たちが集まり誕生しました。
市場内には清水港でとれた魚を使ったマグロ専門店やお寿司屋、惣菜屋など20軒ほどが賑わいを見せ、いつ訪れても活気に満ち溢れています。
年間100万人以上の人々が訪れる清水のグルメスポットのひとつです。

こちらで静岡の新鮮な魚介類を堪能するのもいいですよ♪

静岡クラフトビール&ウイスキーフェアを楽しんでいただきたいのはもちろんですが、より多くのみなさまに静岡の良さを知っていただけたら嬉しいです。

静岡市 観光情報サイト

静岡市<公式>シティプロモーションサイト

しずおか観光情報 「駿府 静岡市」

 

静岡プライベートカスク2018の受付延長 & 2019の概要発表!

静岡蒸溜所で造られたウイスキーを樽単位でご予約いただける、「静岡プライベートカスク」。

2018年製造分のご予約は受付期間を延長し、8月31日までとなります。
9月からは「静岡プライベートカスク2019」の受付が始まり、2019年製造分のご予約を承ります。


ピーテッドウイスキーのご注文は、8月31日まで!


2018年にラインナップにされた、ピーテッドウイスキー。

静岡プライベートカスク2019では、アンピーテッドのみとなります。
そのため、ピーテッドタイプをご希望の方は、8月31日までにお申し込みください!

また、静岡プライベートカスク2018のご予約には、「お1人様各ウイスキータイプごとに1挺限り、最大2挺まで」という上限を設けておりました。
しかし、これについて、多くのお客様から、同タイプのものをサイズ違いで予約したい、といったご要望をいただいておりました。

このようなことから、お申込数の上限を変更し、全てのウイスキータイプ、全ての樽のサイズについて、ご希望の挺数でお申込を承ります。

上記の変更のため、6月末としていた2018年分のお申し込みの締め切りを、8月末まで延長することにいたしました。

お申し込みをご希望の方は、下記のリンクよりどうぞ。
静岡プライベートカスク2018

みなさまからのお申し込みを、お待ちしております♪

そして、静岡プライベートカスク2019の概要をご案内いたします♪


静岡プライベートカスク2019 概要発表!


お待たせしました!
静岡プライベートカスク2019は、蒸留機を選べます

静岡蒸溜所では、下記のタイプが違う2基の蒸留機が稼働しています。

・スコットランド フォーサイス社製の薪直火で加熱する蒸留機
・軽井沢蒸留所から移設した、一般的な蒸気による間接加熱の蒸留機

加熱方法や形状の違う、この2基の蒸留機を使い分け、全く違う個性を持った2種類のニューメイクスピリッツ(ウイスキーの原酒)を造っています。

・フォーサイスの薪直火蒸留機を初留で蒸留したニューメイクは、ヘビー&スウィート。ほのかにスモーキーで、どっしりとしたコクのあるパワフルな味わい
・軽井沢蒸留機を初留で蒸留したニューメイクは、ライト&フルーティ。フルーティで軽やか、かつ華やかな味わい

2017年・2018年のプライベートカスクでは、これら2つの違う味わいのニューメイクをハーフ&ハーフでブレンドし、樽詰めしています。

3年目となる2019年は、よりマニアックに楽しめるように!ということで、これら2種類のニューメイクをブレンドせず、別々で樽詰めします♪
お好みに合わせて、自分だけの味わいを追求してみてはいかがでしょうか?

初留に使用する蒸留機の違いをより感じていただくために、静岡プライベートカスク2019で樽詰めされるウイスキータイプは、アンピーテッドのみといたします
お申し込みは、201891日の開始を予定しています。

続きを読む “静岡プライベートカスク2018の受付延長 & 2019の概要発表!”

静岡フェア2018【ウイスキー】有料セミナー、事前申込を受付中!

静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018では、セミナーもパワーアップ!
2日間でなんと、合計14コマ!の有料セミナーが開催されます。

聞いてみたかったアレやコレ、講演者の方々に直接伺えるチャンスです!
この機会にぜひ、セミナーも受講してみてはいかがですか?

本日は、スケジュールのご紹介とセミナー受講方法についてお知らせします。


静岡フェア2018、有料セミナーの内容および申込方法を発表!【ウイスキー】


セミナー会場は、全部で3つ。
会場ごとに定員が異なりますので、ご注意ください。

●第1会議室(定員60名)
●第2会議室(定員27名)
●第3会議室(定員21名)

今年は、事前申込を受け付けます!


629日(金)正午12時 受付スタート!


お申し込みは、通販サイト WHISKY PORT にて。
予約ページが出現しますので、そちらからお申し込みをお願いいたします。

セミナーごとに申し込みページのリンクからも、予約ページに行くことができますよ。
なお、お支払い方法はクレジットカードのみとなります。ご了承ください。

チケットの発行・事前送付はありません。
当日、セミナー会場まで直接お越しいただいた際に、申し込みの確認をいたします。
注文確定メールが、事前申し込み確定の証明となります。
受付でご提示いただく場合がありますので、大切に保管してください。

日にちごとに、ウイスキーセミナーの詳細をご紹介いたします。

ウイスキーセミナー
2018年7月28日(土)

時間 第1会議室
60名)
2会議室
27名)
3会議室
21名)
12:30

13:30
セミナー番号:1
アオイブリューイング
福山康大氏
「<実演>
誰でもわかる
ビールの作り方」
セミナー番号:2
江井ヶ嶋酒造
株式会社
平石幹郎 氏
「江井ヶ嶋酒造の
ウイスキー造り」
13:30

14:30
セミナー番号:3
Octagon Brewing
千葉恭広 氏
「ドイツの学生生活と
醸造所での日常」
14:30

15:30
セミナー番号:4
ガイアフロー
静岡蒸溜所
中村大航
「3年目を迎える
静岡蒸溜所の
酒造りとは」
15:30

16:30
セミナー番号:5
熊谷陣屋氏
「2018年5月
米国クラフトビール
最新事情取材記」
16:30

17:30
セミナー番号:6
よなよなエール
田上峻氏
「木樽熟成ビール
について」
セミナー番号:7
HOROMATA
EXPORTS(NZ)
LIMITED
酒詰智史 氏
「ニュージーランド
ウイスキーの歴史と
トムソンウイスキー」

 

まずは、初日の28日(土)。
ウイスキーセミナーは、ガイアフロー静岡蒸溜所も含めて3つ。

・江井ヶ嶋酒造株式会社(講演者:平石幹郎氏)
・ガイアフロー静岡蒸溜所(講演者:中村大航 氏)
・HOROMATA EXPORTS(NZ)LIMITEDさん(講演者:酒詰智史 氏)

江井ヶ嶋酒造さんのセミナーは、今回初めて。滅多に聞けないお話の宝庫です。
3シーズン目を見据えた静岡蒸溜所は、これまでとこれからをたくさんの試飲サンプルとともにお届けします。
そしてニュージーランドのウイスキーを輸入しているHOROMATA EXPORTSさんも、今回が初セミナー。日本未入荷アイテムを携えてのセミナーです。

どれも見逃せない内容ですよ♪

<セミナー番号:2>

ブランド:江井ヶ嶋酒造株式会社
講演者:平石幹郎氏(代表取締役社長)
タイトル:江井ヶ嶋酒造のウイスキー造り
試飲アイテム:3種
シングルモルトあかし 10年 オールドシェリーバット
シングルモルトあかし 3年 SAKE CASK
シングルモルトあかし(NAS)

時間:12301330
会場:第2会議室
定員:27名
受講料:2,000円

セミナー開催は初!の江井ヶ嶋酒造さん。
今回はなんと、代表取締役社長の平石幹郎氏にいらっしゃっていただくことができました!!!

江井ヶ嶋酒造さんは、風光明媚な瀬戸内海に面した兵庫県明石市にある蒸溜所。
目の前には海が広がる、日本で最も海に近い蒸溜所です。
瀬戸内の焼けるような暑さの中で蒸留されるウイスキーは、まさに職人さんの汗の結晶・・・。
そんな江井ヶ嶋酒造さんでのウイスキー造り、じっくり聞いてみてください。

また、試飲アイテムも見逃せません。
シングルモルトあかしが3種類。
10年もののシェリーバットで熟成、と聞いただけで飲んでみたくなりますが、日本酒の樽で熟成させたウイスキーは、なかなかお目にかかれない逸品ではないでしょうか?
ノーエイジのあかしと飲み比べもお試しくださいね♪

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ

<セミナー番号:4>

ブランド:ガイアフロー静岡蒸溜所
講演者:中村大航(代表取締役社長)
タイトル:3年目を迎える静岡蒸溜所の酒造りとは
試飲アイテム:8種(ニューメイク4種、カスクサンプル4種)

時間:14301530
会場:第1会議室
定員:60名
受講料:2,000円

静岡フェアの実行委員でもあるガイアフロー代表の中村大航によるセミナーです。
2016年10月から製造を開始し、ようやく2シーズン目の製造終了が見えてきた静岡蒸溜所。
これまでの試行錯誤の結果生み出されたニューメイクや、熟成途中のカスクサンプルをなんと8種類ご用意いたします!

3年目を迎えるにあたっての新たな試みも、色々と準備中です。

ぜひ、たくさんの方に聞いていただければと思います。

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ

<セミナー番号:7>


ブランド:HOROMATA EXPORTS(NZ)LIMITED
講演者:酒詰智史 氏(代表)
タイトル:ニュージーランドウイスキーの歴史とトムソンウイスキー
試飲アイテム:2種
トムソンRYE & BARELY (日本未入荷)
The New Zealand Whisky 25 year old 

時間:16301730
会場:第3会議室
定員:21名
受講料:1,001円

これまでなかった、インポーターによるセミナーです。

社名にNZと入っている通り、ニュージーランド産のウイスキーを輸入しています。
HOROMATA=ホロマタ、と読むのですが、これはニュージーランドの原住民マオリ族の言葉で、純粋を意味しているそうです。
ニュージーランドのお酒に対する愛情が込められた、素敵な名前ですよね♪

講演いただくのは、代表の酒詰(さかづめ)智史 氏。
思わず「本名ですか?」と聞いてしまうような、まさにお酒業界にふさわしい名前の持ち主です。

広告会社に22年勤務後、惚れ込んだニュージーランドで会社を設立。
ニュージーランドでウイスキー?という疑問を解き明かすお話を、歴史背景も織り交ぜながら聞くことができますよ。

試飲アイテムは、日本未入荷のものも。
25年もののニュージーランドウイスキー、ぜひ味わってみたいです♪

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ


ウイスキーセミナー
2018年7月29日(日)

時間 第1会議室
60名)
2会議室
27名)
3会議室
21名)
11:00

12:00
セミナー番号:8
本坊酒造(株)
マルス蒸溜所
竹平考輝 氏
河上國洋 氏
「マルス信州蒸溜所の
継承と変革」
セミナー番号:9
カケガワビール
西中明日翔氏
「ベルギービールと
醸造」
12:00

13:00
完売御礼!
セミナー番号:10
ウイスキーファインド
Odin Chou 氏
「ウイスキーファインド
が樽を選ぶ哲学」
13:00

14:00
セミナー番号:11
一騎醸造
IKKI BREWING
阿久澤健志 氏
「伝統と文化を
ヒントにした
麹との調和を目指す
ビール造り」
14:00

15:00
セミナー番号:12
笹の川酒造
安積蒸溜所
山口哲蔵 氏
「笹の川酒造と
安積蒸溜所の
稼働まで」
15:00

16:00
セミナー番号:13
(株)ベンチャー
ウイスキー
吉川由美 氏
「一周回って、
ブレンドの魅力」
セミナー番号:14
南信州ビール
竹平考輝 氏
「イースト特性と
香味について」

 

29日(日)の有料ウイスキーセミナーは、全部で4つ。

・本坊酒造(株)マルス蒸溜所(講演者:竹平考輝 氏・河上國洋 氏)
・ウイスキーファインド by キムラ(講演者:Odin Chou 氏)
・笹の川酒造 安積蒸溜所(講演者:山口哲蔵氏)
・(株)ベンチャーウイスキー(講演者:吉川由美氏)

毎年完売御礼となる、マルス蒸溜所や秩父のベンチャーウイスキーのセミナー。人気の高さが伺えます。
福島県の安積蒸溜所は、戦後間も無くからウイスキー製造を始めた歴史ある蒸溜所。近年設備を増強し、さらなる飛躍を遂げています。
また、今年は台湾のボトラー、ウイスキーファインドさんのセミナーも!!!

順番にご紹介いたします。

<セミナー番号:8>

ブランド:本坊酒造(株)マルス蒸溜所
講演者:竹平考輝 氏(信州蒸溜所所長)・河上國洋
タイトル:マルス信州蒸溜所の継承と変革
試飲アイテム:3種
2014年原酒
2015年原酒
2018年ニューメイク

時間:11001200
会場:第1会議室
定員:60名
受講料:2,000円

長野県上伊那郡にあるマルス蒸溜所さん。
雪深い駒ヶ根の地でゆっくりと熟成されるウイスキーがある一方、自社で保有する屋久島でもウイスキーを熟成させています。

蒸溜所所長の竹平氏がお伝えする、マルス蒸溜所の2011年から2018年の歩み。

お話を伺いながら味わう試飲アイテムの3種は、新しい驚きを感じられるハズ。
ウイスキー造りにおける、継承と変革をぜひご自身で体験してみてくださいね。

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ

<セミナー番号:10>完売御礼!

おかげさまで、完売いたしました!

ブランド:ウイスキーファインド by キムラ
講演者:Odin Chou
タイトル:ウイスキーファインドが樽を選ぶ哲学
試飲アイテム:5種
山海経1989
鄭問三國誌1977 Blended Malt
鄭問三國誌Ledaig 1997
Filmnik! Orkney 1999
Silent Third Fire Bruichladdich 2004

時間:12001300
会場:第3会議室
定員:21名
受講料:1,001円

バーや酒屋さんで、ちょっと変わったデザインのウイスキーを見たことはありませんか?
これは、独立系瓶詰業者(インディペンデント・ボトラーズ)が、蒸溜所から原酒を樽ごと購入して、独自にボトリングをしたもの。
このようなボトルを「ボトラーズ」と言います。
これに対し、各蒸溜所で、製造からボトリングをまでをしているウイスキーは、「オフィシャル(公式)」ボトルと呼ばれています。

ボトラーズでは、樽ごと購入した原酒をさらに熟成させたり、異なる樽に詰め替えて熟成させたり、オフィシャルにはない独自の味わいが楽しめます。
ブラックアダーやアスタモリスも、この「ボトラーズ」に該当します。

そんなボトラーズの中から、今回セミナーをしてくださるのは、台湾のウイスキーファインドさん。
2014年に設立された、新進気鋭のボトラーです。

そのウイスキーファインドさんから、創業者であるオーディン氏が来日し、セミナーをしていただけることになりました!

ボトラーとして、オーディン氏が樽を選ぶ際に重要視するものは何か?じっくり聞いてみましょう!
物語性のあるラベルも特徴的な、ウイスキーファインドのボトル達。
その中から、話題の5種をご提供いたします。

通訳の方もいるので、言葉の心配はしなくても大丈夫!
今までにない新しい世界を覗いてみましょう♪

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ

<セミナー番号:12>

ブランド:笹の川酒造 安積蒸溜所
講演者:山口哲蔵 氏(代表取締役社長)
タイトル:笹の川酒造と安積蒸溜所の稼働まで
試飲アイテム:なし
*書籍「ジャリ道ーそれでも立ち上がった経営者たち」のお土産付き

時間:14001500
会場:第2会議室
定員:27名
受講料:3,000円

福島県にある、笹の川酒造の安積蒸溜所さん。
もともと造り酒屋である笹の川酒造さんは、多種多様なお酒を造っています。
ウイスキーの製造は、戦後間も無くから。
かつての社名「山桜」の名前を冠したウイスキーをリリースしています。

その笹の川酒造さんの新たな取り組みが、創業250年の節目にはじめた「安積蒸溜所」です。
貯蔵庫の一角を改装し、日本の三宅製作所製のポットスチルを新たに設置。本格的にモルトウイスキーの製造を開始しました。

この安積蒸溜所の稼働に至るまでの軌跡を、お話ししてくださいます。

また、笹の川酒造さんは、秩父蒸溜所=イチローズモルトとも深い関わりのあることで知られています。
秩父蒸溜所の肥土伊知郎氏の祖父は、同じ埼玉にある東亜酒造の創業者。事業再編により、行き場を失ったウイスキーの樽を預かったのが、笹の川酒造さんだったのです。

笹の川酒造の山口氏と、肥土氏との出会いについては、埼玉新聞社から出版されている「ジャリ道ーそれでも立ち上がった経営者たち」に掲載されています。
この本を、セミナー受講者のみなさまにプレゼント!
こちらも面白い内容ですので、要チェックですね♪

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ

<セミナー番号:13>

ブランド:(株)ベンチャーウイスキー
講演者:吉川由美 氏(ブランドアンバサダー)
タイトル:一周回って、ブレンドの魅力
試飲アイテム:カスクサンプル5種

時間:15001600
会場:第1会議室
定員:60名
受講料:2,000円

秩父のベンチャーウイスキーで、ブランドアンバサダーとしてご活躍されている吉川氏。
バーテンダーの経験もあり、またウイスキーの本場スコットランドでもウイスキーづくりに携わったことも。

これまでも、さまざまなセミナーがありましたが、今回はなんと!「一周回って、ブレンドの魅力」。
ベンチャーウイスキーならではの、魅惑のブレンドの世界にご案内いたします。

お申し込みはこちらから
セミナー申し込みページ

申し込み開始は、6月29日(金)正午12:00〜
お楽しみに♪


【最新情報は、こちらから】
イベントの最新情報および過去のレポートはFacebookでも発信しています。
静岡クラフトビール&ウイスキーフェア Facebookページ

イベントページもありますので、来場される方はぜひ参加予定のボタンを押してください!
静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018 Facebookイベントページ

7月28日、29日は静岡で、みなさまのお越しをお待ちしています☆

【ボランティアスタッフ募集】
静岡フェアを一緒に盛り上げてくれるボランティアスタッフさんの募集も行っております!
ボランティアスタッフ希望の方は、こちらのブログ記事をご覧ください。

静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2018ボランティアスタッフを募集!

【告知ご協力のお願い】
静岡フェアを応援してくださる飲食店を募集中!!!

もし、「静岡フェアを応援してるよ!お店にチラシ置いてもいいよ!」という飲食店さんがいらっしゃいましたら、下記お問い合わせフォームより、ご一報ください。
ポスターとチラシの設置可能枚数をお知らせいただければ、こちらからお送りいたします。

お問い合わせフォームはこちら

静岡県内・外問いません!
よろしくお願いいたします!

【イベント】ウイスキートーク福岡2018に出展します!

ワールド・ジン・デイの先週末。
天王洲で初の開催となった「ジンフェスト東京2018」では、たくさんのお客様にお越しいただきました♪
ガイアフローブースにお立ち寄りのみなさま、ありがとうございます!

今週末6月17日(日)は、福岡でウイスキーイベントですよ〜
九州のみなさまのウイスキー愛が感じられる、とっても素敵なイベントです♪

今日は、ウイスキートーク福岡2018出展のお知らせです。


ウイスキートーク福岡2018に出展します!


日時:2018年6月17日(日)12:00〜18:00
場所:電気ビル共創館3F・4F
福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
google:https://goo.gl/maps/UpyFH1wzgM82

入場料:前売券 3,500円/当日券 4,500円

公式サイト:https://www.whiskytalk.net

九州最大のウイスキーイベント「ウイスキートーク福岡」。
今回で第9回目となるこのイベント。年々参加者も増え、初心者からマニアまで、海外からもたくさんの方が参加しています。

今年も3階・4階の2フロアで開催されます。
まずは、3階でエントリー!

3階では、2つのオープンセミナーも含め、7つのスペシャルテイスティングセミナーを開催。
ここでしか聞けない、特別なセミナーをぜひ体験してみてくださいね。
ラベルを眺めながらウイスキーを楽しめるバーや、ジャパニーズ・ジンのバーもありますよ♪

そして4階は、ガイアフローも出展するメーカーブース!!!
過去最大級のブース数で、みなさまをお迎えいたします。

当日のラインナップを一足先にご紹介いたします!

<BLACKADDER>

ブラックアダーといえばロウカスク(RAW CASK)シリーズ!
これから発売予定のものも含めて、ご用意しました。

6月発売のアイテムから、ソーテルヌカスクでフィニッシュをかけた、イングリッシュウイスキー。イングランドの、セントジョージズ蒸溜所で造られています。過去にもブラックアダーでボトリングしており、モルトマニアックスアワードも受賞した経歴も!大阪のイベントでも、大好評だったアイテムです。
(6月14日発売のため、現在は品切れで表示しています。)

7月発売のアイテムも!!!
グレンオードは、シェリーパンチョンで熟成させたの13年もの。敷地内に自社の製麦施設を持ち、モルティングも行なっている数少ない蒸溜所です。モルティーでフルーティーな味わいが魅力です。
(7月発売のため、現在は品切れで表示しています。)

【ロウカスクとは】
冷却濾過をせず、最低限の濾過のみをした、ブラックアダーオリジナルの代表的シリーズのこと。
「樽の中で眠るウイスキーこそ、最高の味わいを持つ」というブラックアダー代表ロビン氏の想いが詰まったシリーズです。

もちろん、加水なしのカスクストレングスで、着色も一切しておりません。
ビンの中に沈む樽の中の木片は、最低限の濾過しかしていない証明です。

 

<ASTA MORRIS>

東海道五十三次シリーズはもちろんのこと、ジンのシリーズもお持ちします!
代表のバート氏がレシピから創り上げたジンを、モートラックの樽で9ヶ月熟成したノグ!(NOG!)。そして日本限定の、熟成前のソウルジンも。
また、前回即完売となったノグ!のカスクで熟成させたウイスキー「グローリアス・バスタード」もお試しいただけますよ♪前回は、ベンリアックをノグ!のカスクでフィニッシュしたものでしたが、今回はまた別のモルトとのこと。
ぜひ、ブースでお試しくださいね。

<AMRUT>

近年特に注目が集まるインドの蒸溜所。
その中でもアムルット蒸溜所は、インドのバンガロールに位置し、標高は約900m。1980年代初頭にモルトウイスキーの生産を始め、2004年からは、シングルモルトの「アムルット」をリリースしています。

使用する麦芽にもこだわりが。アンピーテッドタイプのインディアンウイスキーには、インド産の六条大麦を使用。華やかで独特のスパイシーな味わいが魅力です。

また、インド産の六条大麦で造ったアンピーテッドウイスキーと、スコットランド産のピーテッドモルトで造ったピーテッドウイスキーを3対1の割合でヴァッティングしたフュージョンも評価の高いアイテム。ウイスキー・バイブルにおいても、100点中97点という高得点を獲得しています。

この機会にぜひどうぞ。

<BOX>

スウェーデンのカリスマ、ボックス蒸溜所からは、2アイテム。
ボックスのフラッグシップアイテム「ダルヴィ」。スウェーデンの少数民族サーミ族の言葉で「冬」を意味する、ほんのりピーティな逸品です。

また、初のアンピーテッドアイテム「クエルクス ローバー」。樽の材質に焦点を当てた、クエルクスシリーズ第1弾。ヨーロピアンオークで熟成させた、個性光るアイテムも見逃せません!
樽熟成の面白さを体感してくださいね♪

<ガイアフロー静岡蒸溜所>

今回も、静岡蒸溜所で造られたニューメイクと、カスクサンプルをお持ちします!!!

プライベートカスクで樽詰めされているニューメイクと、熟成したカスクサンプルをお持ちいたします♪
静岡蒸溜所のウイスキーの熟成過程を年ごとに体感できる「プレミアムボトル・セレクション」も、2019年バージョンが6月5日から受付開始しています。
5年間かけて、静岡蒸溜所の熟成過程を1年ごとに体験できるシリーズ。

詳しくはコチラから。
プライベートカスク2018
プレミアムボトル・セレクション2019

みなさまのお越しを、お待ちしております♪