【メディア】静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」2016年6月1日

2016年6月1日
静岡朝日テレビ

とびっきり!しずおか

出原大樹のオクシズ暮らし

初夏の風物詩に出会う

vc-2016-06-01-21h32m44s380 vc-2016-06-01-21h32m57s102 vc-2016-06-01-21h33m44s566

農家のおじさん「今、麦を刈ってるところ。静岡でも少ないんだって」

vc-2016-06-01-21h34m33s342

出原「あ、向こうだ!色が違う!」

vc-2016-06-01-21h35m08s930 vc-2016-06-01-21h35m16s415

出原「初めて見た、オクシズで大麦畑!」

vc-2016-06-01-21h35m21s994 vc-2016-06-01-21h36m07s301 vc-2016-06-01-21h36m13s117

ナレーション「佳山地区の農地、およそ1ヘクタールに広がる大麦畑」
「麦秋といいまして、初夏に大麦は収穫の時期を迎えるんですね」
「穂をふっくらとふくらませています」

vc-2016-06-01-21h36m23s882 vc-2016-06-01-21h36m31s288vc-2016-06-01-21h37m13s163

出原「そもそも、なぜ大麦をつくり始めたのですか?」

vc-2016-06-01-21h36m52s378 vc-2016-06-01-21h37m34s878
vc-2016-06-01-21h37m41s010

出原「ということは、この麦はウイスキーの原料の麦?」
山本社長「そうです!」

vc-2016-06-01-21h38m05s710

ナレーション「佳山のとなり、落合地区で建設中のウイスキー蒸溜所」

vc-2016-06-01-21h38m09s702

vc-2016-06-01-21h38m14s807 vc-2016-06-01-21h38m19s577 vc-2016-06-01-21h38m28s191 vc-2016-06-01-21h38m32s003

ナレーション「オクシズの澄んだ空気と、豊富で清らかな水に加え、」
「都市部へのアクセスの良さなどから、」
「清水区で洋酒の輸入販売を手がける会社が建設を決めました」

vc-2016-06-01-21h38m58s595 vc-2016-06-01-21h39m26s027 vc-2016-06-01-21h39m50s012

ナレーション「早ければ、今年の秋からウイスキーの製造が始まるそうです」
「オクシズの麦が使われ、」
「まさにメイド・イン・オクシズのウイスキーが飲めるわけです」

vc-2016-06-01-21h40m02s092

「静岡でウイスキーが、ってちょっと意外な感じだね」
「緑と黄金色が素敵な感じでしたね」

vc-2016-06-01-21h40m47s102
出原「県内で大麦を作っているのは、オクシズと御殿場だけなんだそうです」
「ウイスキーは熟成に3年かかるとのことで、」
「実際に飲めるのは3年後ということになります」
「みなさん、楽しみにお待ちください」

【メディア】静岡新聞 2016年5月28日

静岡新聞 2016年5月28日

ウイスキー蒸留器搬入

葵区落合 今秋の製造開始目指す

静岡市葵区落合に建設中のウイスキー蒸留所に、施設のシンボルとなるウイスキー蒸留器が搬入された。蒸留所は、同市清水区の洋酒輸入販売業「ガイアフロー」(中村大航社長)が、今秋のウイスキー製造開始を目指し整備を進めている。

長野県御代田町で1955年から2011年の間に稼働していたウイスキー蒸留所から麦芽の破砕機など再使用可能な設備数点を運び出したのが、昨年11月中旬。その後、製造元の工場などで整備を行い、今月中旬から建設中の建物内へと設置を始めた。

この日、群馬県高崎市から運び込まれたのはウイスキー製造用1基と老朽化のため展示用に転用された2基の蒸留器。クレーンを使い本体や付属部品を搬入した後、慎重に組み立てた。「国内で伝統のある蒸留器を自分の蒸留所で使用できるなんてうれしい。将来は原料を“オール静岡”にした特徴のあるウイスキーを造りたい」と中村社長は意欲をみせる。配管や内装などの工事が順調に進めば、7月末に蒸留所が完成するという。

Media-2016-05-28-am-Shizuoka のコピー

【メディア】SBSテレビ 2016年5月13日 イブアイしずおか

2016年5月13日 16:45〜
SBSテレビ  イブアイしずおか

特集 新緑の山里へ 玉川マップ

vc-2016-05-29-18h35m14s954 vc-2016-05-29-20h14m20s082原田さやかさん「玉川を紹介する、玉川マップをつくりました」
「玉川にいろんなお店や素敵な場所があるんですけれども」
「そういったところを詰め込んだマップになります」
vc-2016-05-29-18h36m18s385 vc-2016-05-29-18h37m14s938鈴木アナ「もうだいぶ建物も出来てきました」vc-2016-05-29-18h37m22s362vc-2016-05-29-19h24m58s574 vc-2016-05-29-19h05m53s880鈴木アナ「中村さんは精密機械工場を経営されていたんです」vc-2016-05-29-19h26m07s510鈴木アナ「こういう蒸留機で、ウイスキーの原料を蒸留するんですね」vc-2016-05-29-19h26m30s902中村「静岡らしい味わいをもったウイスキーをつくりたいと思っています」
「やわらかさと、まろやかさを持った味わいになると思います」vc-2016-05-29-19h27m36s450 vc-2016-05-29-19h27m52s520 vc-2016-05-29-19h28m17s899 vc-2016-05-29-19h28m46s166 vc-2016-05-29-19h29m32s108鈴木アナ「ウイスキーの原料は大麦ですね」
「実はその大麦が玉川で実っていたんです」vc-2016-05-29-19h30m02s169vc-2016-05-29-19h30m46s443 vc-2016-05-29-19h30m31s564vc-2016-05-29-19h29m22s507 vc-2016-05-29-19h30m56s015 vc-2016-05-29-19h33m37s871 vc-2016-05-29-19h33m52s533 vc-2016-05-29-19h34m12s767 vc-2016-05-29-19h34m26s045鈴木アナ「玉川の農家が協力して育てました」vc-2016-05-29-19h34m51s318中村「何も分からないところからスタートしています」
「なので、非常に苦労をしていますけれども、」
「こんなに立派に育ってくれたので、みんなで感激しています」vc-2016-05-29-19h35m50s450原田さやかさん「地元の大麦でつくるウイスキーですね?」vc-2016-05-29-19h37m02s102中村「地元の大麦でウイスキーをつくる」
「地元の人と一緒に飲む」
「これがやってみたいんですね」vc-2016-05-29-19h37m52s266原田さやかさん「うわ〜、贅沢〜! いいですね!」vc-2016-05-29-19h38m07s879 vc-2016-05-29-19h39m10s750

【メディア】静岡新聞 2016年5月8日

静岡新聞 2016年5月8日

麦秋

静岡・玉川地区 将来はウイスキーに

静岡市葵区の玉川地区で大麦の穂が黄金色に輝き始めた。大麦の収穫期を指す「麦秋」の景色が周辺の山々の新緑と美しいコントラストを見せている。

この大麦は、同区松野の建築資材業山本建材(山本雅也社長)が事業の一環として同区桂山で栽培している。広さ約1ヘクタールの田畑に二条大麦の種75キロをまいたのが昨年11月。3月初旬には、ひげの生えた特徴的な穂が姿を見せ始めた。「初めての栽培で何も分からず試行錯誤した」と山本社長。収穫は今月下旬になりそうという。

収穫された大麦は、同地区でウイスキー製造を始める「ガイアフロー」(同市清水区・中村大航社長)が活用する予定。それに合わせ山本社長は「地区の活性化になれば」と、ウイスキー蒸留所の近隣地に新たな農地整備を進めている。

Print

【メディア】北海道新聞2016年2月21日

北海道新聞 2016年2月21日

広がる 地ウイスキー

全国に蒸留所 地域も潤す

ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝がモデルで、同社余市蒸留所(後志管内余市町)などが舞台のNHK連続テレビ小説「マッサン」の放送から国産ウイスキーブームが続く中、全国で蒸留所を開設する動きが相次ぐ。今年は釧路管内厚岸町などで誕生し、東京五輪が開かれる2020年までの初出荷を目指す。小規模な設備で個性豊かな味や香りで勝負するクラフトウイスキー(地ウイスキー)と呼ばれ、地域活性化の起爆剤に期待されている。

「ウイスキーに情熱を燃やしたマッサンの志を継ぎ、余市蒸留所のように全国から人が集まる観光拠点を静岡につくって盛り上げたい」。静岡市の洋酒輸入業「ガイアフロー」の中村大航(たいこう)社長(47)は力を込める。

03年に訪れた余市蒸留所でウイスキーの魅力にはまり、政孝が留学した英国スコットランドの蒸留所で学んだ。約6億円を投資し、水質に恵まれた静岡市の安倍川上流部に、地場商品の売店や遊歩道を併設した蒸留所を建設している。銘柄は大麦が原料の3年熟成モルトウイスキー「静岡」。中村社長は「女性や若者が飲みやすいフルーティーな味にしたい」と言う。9月に操業を始め、19年末の初出荷を見込む。

厚岸は10月操業

道東初の蒸留所を厚岸につくり、10月操業を目指す食品原材料輸入業「堅展(けんてん)実業」(東京)の樋田(といた)恵一社長(49)。国産ウイスキーの輸出を手掛けてきたが、ウイスキーブームで原酒が手に入らず、数億円を投じて自社生産に乗り出す。

厚岸は本場スコットランド・アイラ島に気候と風土が似て、同島で生産されるスコ
ッチ・ウイスキーの風味に欠かせないピート(泥炭)が採れる。熟成技術に精通した乳業大手の元社員を採用。原料にスコットランド産大麦を使うが、将来は道東産の大麦やトウモロコシも活用したい考えだ。樋田社長は「ウイスキーは大きい会社ではなくても、いいものが造れる。世界に厚岸ブランドを発信したい」と意気込む。

酒造会社もウイスキー事業に意欲的だ。地ビールで有名な木内酒造(茨城県那珂市)、1765年創業の笹の川酒造(福島県郡山市)は今年からウイスキーの試験蒸留を始め、蒸留所開設を視野に入れる。長野県に蒸留所を持つ本坊酒造(鹿児島市)も原酒不足解消と輸出拡大を狙い、11月に鹿児島県南さつま市で日本最南端の蒸留所を設ける。

新興勢力も続々

帝国データバンクによると、ウイスキーの国内市場はサントリーとニッカの大手2社で9割を占める。ただ、世界的のウイスキーブームを背景に日本ブランドの人気が高まり、地域色を個性にした新興勢力はこれから増えるとみている。

ニッカの中川圭一社長は会社経営で苦労した政孝を例に「熟成に一定の年数がかかるため、ある程度の資金力がないと続かない」と指摘する。サントリーは「魅力的な地ウイスキーが増えれば、市場活性化につながる。品質の高い商品を安定供給してほしい」とエールを送る。

ベンチャーウイスキー 肥土社長
世界に通用する商品に

地ウイスキー人気の火付け役で、看板ブランド「イチローズ・モルト」が海外でも評価されているベンチャーウイスキー(埼玉県秩父市)の肥土(あくと)伊知郎社長(50)に地ウイスキーの魅力を聞いた。

──国産ウイスキーブームが続いています。
「バブル崩壊後、焼酎など安い酒の人気が高まり、ウイスキー離れが加速しましたが、それでは味覚に物足りなくなった人がハイボールブームなどで戻り、ウイスキーの魅力を再認識する動きが幅広い世代に広がっています。ワインブームが曲折を繰り返しながら右肩上がりに続いているように、ウイスキーブームも一過性ではなく、息の長い新時代になると期待しています」

──地ウイスキーの台頭をどう考えますか。
「地域性や個性で勝負する地ウイスキーが脚光を浴びることで、消費者の選択肢が広がります。全国各地の地ビールが市民権を得たように、地ウイスキーの主体も酒造りを知る酒造会社だけでなく、厚岸や静岡のように一から醸造、蒸留、熟成を手がける企業が現れました。新たなファンを開拓し、業界全体の持続的な成長につながります」

──新規参入組への協力に積極的ですね。
「プレイヤーが増えることで競争原理が働き、品質や技術の底上げ、ブランド力の向上につながればいいですね。いつか世界に通用する地ウイスキーブランドが生まれてほしい。厚岸など全国各地の蒸留所を訪れる観光客が増え、地域が元気になってほしい」

Print