カテゴリー別アーカイブ: 静岡蒸溜所

プライベートカスク2017・樽詰め始まりました!

プライベートカスクとは、ガイアフロー静岡蒸溜所のウイスキーを、樽単位でご購入いただけるサービスです。

昨年の12月に、「プライベートカスク2017」として予約の受付を開始し、ご好評により大変多くのご予約をいただきました。

そこから約1年。ウイスキーづくりも試行錯誤を重ね、ようやくプライベートカスクのためのウイスキーづくりとなりました。
みなさんお待ちかねの樽詰め作業が、いよいよはじまりました!

プライベートカスク2017のための樽詰め作業の模様を、作業手順に従ってご紹介いたします。


プライベートカスク2017・樽詰め始まりました!


cask-flyer-1

まずは、樽の栓を開けるところから。
こちらの樽は、プライベートカスク2017では、一番大きいバーボンバレルです。

大きなネジのような器具を木栓に突き刺して、樽にぴったりとはまっている栓を引き抜きます。

IMG_8747

栓が開いたら、樽の口部分に鼻を近づけ、香りを確認します。もし、ここで異臭がした場合は、ニューポット(ウイスキーの原酒)を詰めることはできません。コンディションが良い樽でないと、いいウイスキーにはならないからです。

IMG_8750

様子を見ながら、ニューポットをゆっくりと樽の中に注ぎ込みます。

IMG_8761

ニューポットは、蒸留したてのため、無色透明。
樽に入れて熟成することで、ウイスキーのあの美しい琥珀色に変化していくのです。

IMG_8786

プライベートカスク2017では、バーボンバレルに入れる容量は180リットル。入れる量を確認し、ゆっくりとタンクの締め口を締めます。

IMG_8752

最後に、木栓でフタをして、樽の口を塞ぎます。
樽の口に、木栓をあてがい、ハンマーで打ち付けると、最初と同じようにピタリと栓が収まります。

IMG_8792

プライベートカスク2017第1号、誕生です!
これから順次、樽詰めをしていきます。今しばらくお待ちください。

カスクオーナーのみなさまには、近日中に大切なメールをお送りいたします。お見逃しなきよう、メールチェックをお願いします!

カスクオーナー証のお届けは、2018年1月下旬を予定しております。あなただけのカスクナンバーが記載してありますよ♪

プライベートカスク2018のご予約については、11月下旬公開予定です。
ぜひお楽しみに!

ウイスキー文化研究所・検定合格者のみなさまにお越しいただきました!

ウイスキー文化研究所さんが実施されている、「ウイスキー検定」。
奥深〜いウイスキーの世界を、より楽しむために作られた試験です。試験とは言っても、レベルに応じてチャレンジができます。
ウイスキー初心者〜マニアの方まで、たくさんの方がチャレンジしているのが、このウイスキー検定なのです。

11月12日(日)、このウイスキー検定の合格者の方30名限定で、ガイアフロー静岡蒸溜所にお越しくださいました!!!

本日は、そのレポートを掲載いたします♪


ウイスキー文化研究所・検定合格者のみなさまにお越しいただきました!


18582567_1979688448926387_3526222252086466212_n

当日は、綺麗な秋晴れ。
少し肌寒いものの、澄んだ空気の中、ウイスキー文化研究所代表の土屋守氏と、ウイスキー検定合格者のみなさまをお迎えすることができました!
みなさん、カメラやスマホを片手に興味津々の様子。

ガイアフロー静岡蒸溜所では、通常15名まででご案内をしているので、2つのグループに分かれて、順番に見学していただきました。

下の写真は、軽井沢蒸留所から移設した、ポーティアス製ミルの説明しているところ。ここで毎日、1仕込みで使う1トンの麦芽を粉砕しています。
みなさん、メモを取ったり、写真を撮ったり。真剣な表情です。

20171112-1

続いて、糖化作業をするマッシュタンへ。15人もいると満員状態ですね〜

20171112-2

糖化の後は、発酵です。ちょうどこの日は、静岡市産材の杉で造られた発酵槽でも、発酵の過程をご覧いただくことができました。

20171112-3

そしていよいよ蒸留ルームへ。
静岡蒸溜所の特徴とも言える軽井沢の蒸留機や、フォーサイス製の直火のハイブリッド蒸留釜などが、どーんとそびえています。釜の内部がどうなっているのかも、じっくり見学いただけましたよ♪

20171112-4

下の写真の右上、ガラス窓のところが、テイスティングルームです。テイスティングルームにも人影が♪
1つのグループの方が見学している間、別グループの方にはテイスティングルームでお待ちいただいていました。

20171112-5

テイスティングルームの中から見ると、こんな感じです。

20171112-6

カウンターには、静岡蒸溜所が掲載された雑誌などが並んでいます。
もちろん、「ウイスキーガロア」も!!!

見学が終わると、次はお待ちかねの試飲タイムです☆
試飲会場は、発酵槽の空きスペース。セッティングした時はこんな感じ。

IMG_8578

ご用意したテイスティングサンプルは、3種類。
・ニューポット(軽井沢蒸留機使用)
・ニューポット(フォーサイス直火ハイブリッド使用)
・カスクサンプル(バーボン樽4ヶ月熟成)

IMG_8628

先日のボックス蒸溜所のイベントで教えてもらった、「スウェディッシュスタイル」のテイスティングからスタートです。解説なしにまず自分の舌で、という方法で、先入観なしにニューポットを味わっていただきました。

20171112-7

みなさん、「どっちが軽井沢?」「直火だとこんな風味が出るのかな?」と周りの方とお話ししながら、味わっていたようでした。

そして、解説の後は質問タイムへ。
蒸溜所内の温度管理をどうしているのか、今まで大変だったことはなにか、など。みなさんから、たくさんの質問をいただきました。

20171112-8

そして、テイスティングの後はみんなで貯蔵庫へ。
樽のたっぷり詰まった貯蔵庫をご覧いただいて、最後に記念写真となりました。

20171112-9 2

お越しいただきました、ウイスキー検定合格者のみなさま、本当にありがとうございました♪
一般公開を楽しみにお待ちいただいているみなさま、年明けには、今後の予定もお知らせできると思いますので、今しばらくお待ちください!

Pen11/15号に静岡蒸溜所が掲載されました!

Pen No.440 11/15号に、静岡蒸溜所が掲載されました!

Penといえば、おしゃれな大人のバイブル。

憧れのブランドの広告は眩しく、世界中のことが記事になっている情報量の多さ、洗練された配置の見開きページを眺めているだけでうっとりします。

そんな有名紙に静岡蒸溜所が!

今号の特集が「次に飲むべき銘柄はどれだ!?ウイスキー最新案内」ということで、ジャパニーズウイスキーの蒸溜所がいくつも掲載されています。

ぜひ、書店にてお買い求めいただけますと、嬉しいです♡

オランダのズイダムと、スウェーデンのボックスについても、蒸溜所とウイスキーの記事を書いていただきました。
もっともっと、ニューワールド・ウイスキーが知られるようになるといいな。

10月31日NHKラジオ「旅ラジ!」にガイアフロー代表中村大航出演 & 特別観覧者募集!

連日雨が続いて、めっきり寒くなってきましたね〜
静岡蒸溜所では、夏季メンテナンス期間を挟み、ようやく製造が再開しました。
麦芽の香りや、発酵途中の香り、いろいろな香りが漂ってきて、ワクワクします♪

そんな中、またまたワクワクするような話が飛び込んできました!

本日は、10月31日(火)にNHKラジオで中継される「旅ラジ!」へ出演 & 特別観覧者募集のお知らせです。


10月31日NHKラジオ「旅ラジ!」にガイアフロー代表中村大航出演 & 特別観覧者募集!


スクリーンショット 2017-10-17 17.30.10

番組名:旅ラジ!(NHKラジオ第1、全国放送)
放送日時:2017年10月31日(火)午後0:20〜0:55
場所:賎機都市山村交流センター「安倍ごころ」
〒421-2106静岡市葵区牛妻2352
テーマ:静岡のお酒
〜静岡市葵区・『オクシズ』の自然が育むウイスキー〜

NHKラジオの放送開始80年を記念し、2005年にスタートしたのがこの「旅ラジ!」。
周年にちなんで、80(はちまる)ちゃん号というラジオカーで全国各地から生放送をしていました。
そして、2015年。めでたく90周年を迎え、ラジオカーも90(きゅうまる)ちゃん号へリニューアル。1年かけて全国47都道府県を巡り、今日もふるさとの魅力を伝えているのです♪

この90ちゃん号が、10月30日(月)~11月3日(金)にかけて、静岡にやってきます!
10月31日(火)は、オクシズと呼ばれる静岡市の奥座敷エリアから、静岡蒸溜所についてお話しさせていただけることになりました!

出演は、ガイアフロー代表中村大航。
静岡蒸溜所誕生の経緯や、ウイスキーづくりについて、生放送で全国のみなさまにお届けします!

そして、もちろん!

ラジオカー90ちゃん号での生放送、ということは、直接現地にて観覧もできますよ☆
大自然に囲まれながらの放送は、どんな感じになるのか、今から楽しみです♪
観覧希望の方は、10月31日(火)お昼12時ごろに、生放送現場の「安倍ごころ」にお越しください。

旅ラジ!について、詳しくはこちらをどうぞ。
旅ラジ!(NHKラジオ第1)

みなさんのお越しを、おまちしております♪

 

静岡蒸溜所プレミアムボトル・セレクション2018予約開始日時決定!

先日発表した、静岡蒸溜所プレミアムボトル・セレクション2018。
とうとう予約開始日時が決定いたしました!

10月1日(日)に大阪で開催されたウイスキーヒストリー in 大阪でも、多くの反響をいただいております♪

本日は、静岡蒸溜所プレミアムボトル・セレクション2018予約開始日時のお知らせです。


静岡蒸溜所プレミアムボトル・セレクション2018予約開始日時決定!


BottleOffer_1-min

予約開始日時:2017年10月12日(木)12:00〜

静岡蒸溜所でつくられたスピリッツやウイスキーを、年に1度お届けします!
2018年以降6年間にわたり、毎年3月末までに6種ずつ、合計で36本のウイスキーをお届けいたします。
初年度は、ニューポットを6種、2年目〜3年目はニュースピリッツを6種ずつ、それ以降は6種のシングルカスクのウイスキーをお届けいたします。

静岡蒸溜所の熟成過程を感じられるボトルセレクション。数ある樽の中から、特別なお客様のために選び抜かれた、限定のウイスキーです。

お届け予定時期

内容 1種あたり容量

2018年3月

ニューポット6種

200ml

2019年3月

シングルカスクニュースピリッツ6種(1年熟成)

200ml

2020年3月

シングルカスクニュースピリッツ6種(2年熟成) 200ml

2021年3月

シングルカスクウイスキー6種(3年熟成)

700ml

2022年3月

シングルカスクウイスキー6種(4年熟成)

700ml

2023年3月 シングルカスクウイスキー6種(5年熟成)

700ml

価格:255,500円(税込275,940円)
*配送料及び当該商品に係る消費税・酒税についても、この金額に含まれます。ただし、上記諸費用について2017年10月時点から著しく増加した場合は、その差額分を別途配送時にお支払いいただきますことをご了承ください。

予約の受付場所:オンラインショップ WHISKY PORT ( http://whiskyport.jp/ )
静岡蒸溜所プレミアムボトル・セレクション2018

お支払い方法:銀行振込

BottleOffer_2-min

※!!! 必ずお読みください!!!※
静岡蒸溜所プレミアムボトル・セレクションにつきましては、商品の性質上、規約を設けております。
高額かつ、お届けまでに年月のかかる商品となっておりますのでご予約の前には、商品ページ記載の規約を必ずご一読くださいますようお願いいたします。

詳しくはこちらもご覧ください。
→発売決定!静岡蒸溜所プレミアムボトル・セレクション2018