【メディア】静岡新聞(夕刊)2020年2月10日(月)熟成3年 静岡市発ウイスキー誕生

静岡新聞(夕刊)
2020年2月10日(月曜日)
熟成3年 静岡市発ウイスキー誕生

 2016年に工場が完成した静岡市初のウイスキー蒸溜所「ガイアフロー静岡蒸溜(じょうりゅう)所」(同市葵区落合)でこのほど、設立当初にたる詰めした原酒が規定の熟成期間3年に達し、同蒸溜所初の「ウイスキー」が誕生した。

ガイアフロー蒸溜所
繊細「オクシズ」の味

 記念すべき「第1号」は200㍑のたる2個分。その後に熟成3年を経過したものを含め、1月21日までにおよそ20たるが出来上がった。日本の酒税法にはウイスキーのたる熟成に関する規定がないが、スコットランド(英国)をはじめとする各国は3年以上の熟成が必須条件。同社は輸出を見据え、世界標準を採用した。
 年末に試飲した中村大航社長(51)は「ライトで繊細な味わい」と表現。口に含んだ瞬間、会社を設立してウイスキー造りに乗り出した7年前、たる詰めした3年前からの道のりが、脳裏によみがえったという。
 製造初年度は設備のトラブルに悩まされ続けた。粉砕した麦芽を仕込み水に移動するモーターが止まり、10日ほど作業ができなかった。製造スタッフは当初の3人から8人に増え、18年11月からは週3回の製造工程見学ツアーを始めた。前例のない事業の理解者が徐々に増えている。
 ウイスキーは夏まで熟成を重ね、今秋に瓶入りを一般販売する。秋からは仕込み量も倍増させ、貯蔵庫も増設する予定。多くの見学者に対応する施設や人員も充実を図る。中村社長は「蒸溜所来訪を静岡市の中山間地『オクシズ』の美しい景観やおいしい食材を知ってもらう契機にしたい」と願いを込めた。(社会部・橋爪充)

高まる国産人気

 国産ウイスキーは近年、ハイボールの定着などを受けて市場拡大が続いている。日本洋酒酒造組合によると、2018年の出荷量は14万8000㌔㍑で10年前の2.4倍に達した。追い風を受け、県内ではガイアフロー静岡蒸溜所以外にもウイスキー製造の動きが業界の垣根を越えて相次ぐ。
 磐田市の千寿酒造は17年1月に自社製のブレンデッドウイスキーを発売。担当者は「国内外で需要が高い。しばらくこの状態が続くだろう」と話す。
 特種東海製紙(東京)は静岡市葵区の社有林に10億9000万円を投じて蒸溜所を建設中で、7月の酒造免許取得、仕込み開始を見込む。7年以上熟成のシングルモルトウイスキー製造を目指す。サッポロビール静岡工場(焼津市)も19年7月、ウイスキーの製造免許を取得した。
 1973年からの“老舗”で、「富士山麓」ブランドなどで知られるキリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所(御殿場市)は熟成貯蔵庫を拡充予定。2021年夏に生産能力を2割ほど拡大させる。

【新商品】甘味と一緒で倍旨し?2月10日(月)発売!

この時期、選り取りみどりとなるお菓子!
特にチョコレートは、普段店頭に並ばないような珍しいブランドのものや限定品に、ついつい手が伸びてしまいますよね!

ウイスキーの味わいと甘いものの相性が良いのは言わずもがな。
どんなウイスキーを合わせるかで、さらに楽しみ方が広がるかと思います!

そんな今月の新商品は、スモーキーなアイラ系モルトと、ナッティーでオイリーなハイランドのモルト!お好きな甘いものに合わせて、お試しいただきたいアイテムが登場です♪

本日は、2月10日(月)発売の、新商品のお知らせです。


甘味と一緒で倍旨し?2月10日(月)発売!


2月の新商品は、ブラックアダーより2アイテム。
その名の通り、スモーキーな味わいで人気の「スモーキングアイラ」は、熟成年数が表記された、気になる1本。

そして、幅広いお客様にオススメのアバディーン・ディスティラーズシリーズからは、飲み飽きない味わいの「フェッターケアン」が登場です!

2月10日(月)10時より発売です。
WHISKY PORTのページは、2月10日までは品切れの状態で表示しています。

続きを読む “【新商品】甘味と一緒で倍旨し?2月10日(月)発売!”

【メディア】ウイスキーガロアに掲載されました!

ウイスキー文化研究所が、奇数月に発行しているウイスキー情報誌「Whisky Galore(ウイスキーガロア)」。

その2020年2月号(February 2020 Vol.18)に、アムルット蒸留所のブランドアンバサダー、ガンガ・プラサド氏のインタビューが掲載されました!
土屋守氏のテイスティングによる、アムルット蒸留所のウイスキーの味わいも散りばめられた、読み応えのある内容となっています。

インディアンシングルモルトの先駆けとなった、アムルット蒸溜所の最新情報をぜひご覧ください!

【新商品】待望のアイテム、緊急入荷!1月20日(月)発売!

新しい年の特別感や期待に満ちあふれている1月!
今年はどんな年になるのか、今から楽しみですよね♪

そんな中、待望のアイテムが緊急入荷いたしました!
入荷本数ごく僅かのレアアイテムもございますので、どうぞお見逃しなく。

本日は1月20日(月)発売の、緊急入荷商品のお知らせです。


待望のアイテム、緊急入荷!1月20日(月)発売!


1月の新商品は、ブラックアダーより3アイテム。
新年にふさわしい人気アイテムが緊急入荷いたしました!

「レジェンダリー」シリーズからは、2012年蒸留の7年熟成が、ラベルも一新してのリリースです。
また、ブラックアダーの高級レンジであるステートメントシリーズから、待望の「ジュラ」が登場。80年代蒸留の貴重な1本は要チェックです!

さらに、サブ・ブランドのアバディーン・ディスティラーズからは「ブナハーブン」が初登場となります。こちらもお見逃しなく!

ブラックアダーのプレミアムジン「オランチア」も、待望の再入荷となります!
詳細は下記をご覧ください。

1月20日(月)10時より発売です。
WHISKY PORTのページは、1月20日までは品切れの状態で表示しています。

続きを読む “【新商品】待望のアイテム、緊急入荷!1月20日(月)発売!”

【メディア】朝日新聞2020年1月4日(土)「本物の酒」樽に込める魂 山がくれる極上の水 この地に

朝日新聞
2020年1月4日
「本物の酒」樽に込める魂
山がくれる極上の水 この地に

 富士山や南アルプスに囲まれた山梨と静岡は、水も上質だ。自然の豊かな恵みを活かしたウイスキー作りが盛んで、情熱を傾ける人たちがいる。
 南アルプス・甲斐駒ケ岳の山麓。木々の中から工場や木樽が姿を現す。標高約700㍍、サントリーの白州蒸留所(山梨県北杜市)は、その立地から「森の蒸留所」と呼ばれる。
 建設されたのは1973年。南アルプスの山々に降り注いだ雨や雪が、地中の花崗岩にできた空洞を抜ける中で濾過されていく。ほどよいミネラルを含んだ軟水を、蒸留所の小沢浩二・品質担当マネージャーは「ウイスキーの心臓部となる最高級の素材」と表現する。
 清水港(静岡市清水区)から陸送される麦芽や樽を使って仕込み、長いものは何十年もの熟成を経て完成する。地名を冠した「白州」は国際的品評会で様々な賞を受賞し、日本の代表的なウイスキーとなった。

 北杜市高根町清里の観光施設「萌木の村」は3年前、白州蒸留所と連携して一本のオリジナルボトルを完成させた。「ポール・ラッシュ生誕120周年記念 シングルモルトウイスキー」。施設オーナーの舩木上次(70)が「地域の起爆剤」に据える一品だ。
 舩木さんが生まれた頃、地元は戦後の開拓期にあった。裕福ではなかったが、裸電球の下、みんなが楽しく酒を酌み交わした。その後、日本は経済的に豊かになったが、バブル崩壊など厳しい時期も経験。北杜市でも人や店が減った。
 「住む人が誇りを持てる場所にしないと」。地元の強みは何かと考えた時、浮かんだのが酒だった。
 「清里開拓の父」と呼ばれるポール・ラッシュ氏の出身地にちなみ、米国・ケンタッキー州を中心に作られるバーボンの仕込み樽で熟成。果実の甘みとスモーキーな余韻が特徴の一杯に仕上がった。英国の著名なガイド本「ウイスキー・バイブル2019」では、ジャパニーズ・ウイスキー部門で最高評価を受けた。
 ボトルは同施設で飲むことが可能だ。「世界から人が集まる場所でありたい。そのために『本物』を追求していく」

 そんな山梨のウイスキー文化は静岡に影響を与えた。安倍川流域の中山間地、静岡市葵区の玉川地区。森の中に建てられた酒輸入販売会社「ガイアフロー」の蒸留所は今秋、最初の販売を迎える。
 同社代表の中村大航さん(50)は異色の経歴を持つ。静岡市清水区に生まれ、大学卒業後は地元企業に就職。34歳で家業の部品工場を継いだ。
 下請企業の社長を11年間務める中で、「自分で0から何かを作りたい」と思うようになった。コスト削減の「安さ至上主義」に限界も感じていた。転機は8年前。妻とウイスキーの本場、英スコットランドに行き、9カ所の蒸留所を見て回った。創業100〜200年を誇る老舗が大半の中、最後に訪ねた創業7年のベンチャー蒸留所は小さくて旧式の設備にも関わらずヒット商品を生んでいた。「オンリーワンはどの世界でも強い。自分でも勝負できる」と思い立った。
 販路確保のため輸入販売から手をつけた。初めた頃は赤字が続いたが、NHKの連続テレビ小説「マッサン」によるウイスキーブームで軌道に乗り、4年前に蒸留所を建設した。
 大切にしているのは、自然の恵みを生かすこと。蒸留所建設前、白州蒸留所の初代工場長から教わった。ウイスキーは気温や湿度によって樽の中で蒸発し、水分やアルコールが抜けていく。「天使の分け前」と呼ばれる現象を避けて通れないからこそ、上質な空気に触れさせることで何とも言えないまろやかさとコクが生まれる。
 業界で「伝説」と評される長野県にあるメルシャン蒸留所の蒸留器を買い取り、ミネラル豊富な安倍川の伏流水で仕込んだ「シングルモルトSHIZUOKA」。樽の中で3年間寝かせ、今秋、初の出荷を迎える。
 「樽を開けるのが怖くもあり、楽しみでもある」。山梨からつながる一杯のウイスキーが、今年、新たな歴史を刻み始める。(増山祐史)