【新商品】「静岡 ポットスティルK 純日本大麦 初版」発売決定!

プロローグが終わり、ついに本章がスタート!
静岡蒸溜所のファーストリリース「プロローグK」の流れを汲む、蒸留機Kからの原酒で構成された『K』シリーズがいよいよ始まります!

日本大麦ウイスキー、覚醒

日本大麦100%というイノベーション

当商品の最大の特徴は、原材料のモルトに日本産大麦麦芽を100%使用していることです。静岡蒸溜所では、2016年の操業開始当初より日本産大麦麦芽での仕込みを開始し、毎年継続して使っています。

現在、多くのジャパニーズウイスキーでは原材料に海外産大麦麦芽を使用しており、日本産大麦麦芽はほとんど使われておりません。国内の大麦産地は限られており収穫量も少ないため、日本産麦芽は海外産麦芽と比べて高価なためです。

弊社では、日本産大麦のウイスキーの風味におけるポテンシャル、また、日本のお酒としてのテロワール(土地の個性)の重要性から、あえて原価の高い日本産大麦麦芽でのウイスキー造りに取り組んでいます。日本産大麦から生まれるウイスキーの味わいは、日本らしい繊細さと柔らかでなめらかな甘さがあり、海外産大麦とはひと味もふた味も違う、テロワール豊かなお酒となりました。

※本商品には、静岡産大麦麦芽の原酒はブレンドしておりません

日本で生まれた蒸留機「K」

静岡蒸溜所が初めてリリースしたウイスキー「シングルモルト プロローグK」は、閉鎖した軽井沢蒸溜所から移設した蒸留機「K」(写真右)で蒸留された原酒のみを使用しています。本作もそのスタイルを踏襲し、蒸留機「K」の原酒のみを使用しています。

この蒸留機の特徴は、間接式蒸留(蒸留機内のパイプ内をスチームが通ることで加熱)、細く長いラインアーム(蒸留機から冷却装置へつながるパイプ)です。この「K」で初留(一度目の蒸留)を行うことで、軽やかで華やかな原酒が造り出されます。

今回の商品では、日本産大麦の繊細で甘美な味わいを、蒸留機「K」がさらにエレガントに磨き上げています。この味わいは、静岡蒸溜所だけが生み出せる唯一無二のものです。

静岡蒸溜所では、常に使用した初留蒸留機ごとに原酒を分けて熟成させています。これは、もう一基の初留蒸留機「W」との個性が全く異なるためです。「W」は、世界的にも珍しい薪を使った直火蒸留で、パワフルでコクのある原酒が生み出されます。この異なる原酒の個性を重視すると同時に、ブレンドすることで複雑な味わいが創り出せるのです。

このような蒸留機ごとに造り分けた製品を『シングルウォッシュスティル・ウイスキー』としています(※ウォッシュスティル=初留蒸留機)。シングルモルトウイスキー(単一の蒸溜所で大麦麦芽原酒のみを使用して造られたウイスキー)であるだけでなく、単一の初留蒸留機からの原酒のみで構成することを示しています。

この製法は世界的にも非常に珍しいため、静岡蒸溜所特有の表現です。

「ポットスティルK」の誕生

こうして造られた原酒は、奥静岡の豊かな自然の中で最低3年から最長5年の熟成期間を経て、美しい淡い琥珀色のウイスキーとなります。同じ条件(日本産大麦麦芽、蒸留機「K」使用)を満たす様々な樽のブレンドを重ね、当商品が完成しました。

商品名は、プロローグKの後継であり、単一初留蒸留機からの原酒で造られていることを表すため、「ポットスティルK」としています。そして、日本産大麦麦芽100%使用の「純日本大麦」と、ファースト・エディションを示す「初版」を冠しました。

日本産大麦麦芽での蒸留は全体の生産量の中でもまだ少ないため、今回のリリースは国内販売数量2,500本限定となります。

ガイアフロー株式会社代表取締役の中村大航は発売に際し、
『ようやく日本大麦100%のシングルモルトが出来ました。日本の大麦で造ったウイスキーを飲んでみたいと思い、スタートしたプロジェクトですが、今回、日本らしさが十二分に詰まったお酒に仕上がったと思います。ウイスキーのテロワールを感じていただければ嬉しいです』
と語っています。

序章に次ぐ本章がここから始まります。日本を極めたジャパニーズウイスキー、静岡蒸溜所の新たな表現をお確かめください。

商品詳細

商品名シングルモルト日本ウイスキー 静岡
ポットスティルK 純日本大麦 初版
Single Malt Japanese Whisky Shizuoka
POT STILL K
100% Japanese Barley First Edition
アルコール度数/容量55.5% / 700ml
原材料モルト(国内製造)
種別ジャパニーズウイスキー
希望小売価格18,150円(本体価格:16,500円)
販売数量2,500本(国内販売)
発売日2022年6月中旬

浜松「空と酒FESTIVAL 2022」に出展します!

「静岡の食と文化のエンターテイメント」を目指すイベント、浜松「空と酒FESTIVAL 2022」。
静岡県内の酒蔵のお酒が勢揃いし、地元の食材を使用したフードのブースも充実。
浜松駅前のオープンスペース「ソラモ」の開放的な空間で楽しむイベントです。

今年はゴールデンウイーク最後の週末で開催されるこの会に、ガイアフローも参加することが決定しました!
当イベントに静岡蒸溜所のウイスキー樽を使用して熟成した日本酒が出品されることから、初めての参加につながりました。

ガイアフローブースには、静岡ウイスキーはもちろん、輸入アイテムも並びます!
ブラックアダーやアスタモリスのシングルカスクに、長熟ハイランドクイーン。そしてアムルットの飲み比べセットとニルギリジン&ソーダをご用意いたします。
今回は、ブレンデッドMのハイボールをご提供いたします。しかも、ただのハイボールではありません。
仕込み水を使用したソーダで割る、「仕込み水ハイボール」なのです!氷も地元の氷屋さんの純氷です♪
爽やかな5月の風を感じながら、ハイボールで乾杯しましょう!

トークショーに代表 中村が登壇!

そして7日 15:20〜 会場内のステージでのトークショーに、代表 中村大航が登壇します。
静岡蒸溜所や今回の出店アイテムのご案内のほか、酒蔵の造り手さんと一緒に熟成酒についてもご紹介します!

会場内のマップはこちら。

静岡の日本酒とウイスキー、地元グルメを堪能できるイベント。ゴールデンウイークの最後のお愉しみとして、ぜひご来場ください!

浜松 空と酒FESTIVAL 2022

■開催日時:
 5/7(土) 11:00〜20:00
 5/8(日) 11:00〜18:00
■場所:
 浜松駅前ギャラリーモール ソラモ
 静岡県浜松市中区砂山町320−1
■イベント詳細:
 https://peloli.jp/sake_event/

静岡蒸溜所ウイスキー樽使用 日本酒熟成酒

静岡蒸溜所の樽を使用した日本酒は、静岡県日本酒研究会のプロジェクトで誕生しました。
KやW、プライベートカスクの原酒熟成に使用した樽に地元酒造所の日本酒を詰め、浜松の山奥のトンネルを再活用したセラーで熟成させています。
静岡市清水区由比にある英君酒造の「英君」、掛川市 土井酒造場の「開運」、藤枝市の初亀酒造の「初亀」など、日本酒もお好きな方ならご存知の、素晴らしい酒蔵さんの日本酒で熟成酒がつくられました!

ウイスキー樽がどんな影響をもたらしているのか、とても気になりますね♪
なんと、この熟成日本酒、当イベントでは樽出しでお飲みいただけるそうです。こちらも要チェックです!

参考・詳細:静岡県日本酒研究会


松坂屋静岡店にてガイアフロー・ウイスキーフェア開催!

静岡駅北口を出てすぐ目に入る、駅前のアイコン 松坂屋静岡店。
1932年創業。今年90周年を迎えるにあたり、全館リニューアル改装されました!

この新たなスタートを記念して、館内ではさまざまなイベント、フェアが開催されます。
地元 ガイアフローも一緒にお祝いさせていただくことになりました!
北館地階の和洋酒売場にて、一週間のウイスキーフェア実施です☆

今回はガイアフローのアイテムとして、スペイ、アムルット、ハイランドクイーンが並びます。
そしてもちろん、静岡蒸溜所のボトルも!


コンタクトSとブレンデッドM、松坂屋静岡店初登場!
こちらは抽選販売となりますので、ご応募の条件をご確認くださいね。

松坂屋静岡店 ガイアフロー ウイスキーフェア

■期間:4/27(水)~5/3(火)
■営業時間:10:00~20:00
■場所:松坂屋静岡店 北館地階 和洋酒売場
       静岡市葵区御幸町10-2

※抽選、販売に関するお問い合わせについては松坂屋様へお願いいたします。
詳細はこちら <松坂屋静岡店 ショップブログ

ロッテYOIYOシリーズ第5弾に「静岡蒸溜所782」登場

ロッテが手がける「日本のクラフト酒チョコレート 『YOIYO』」は、日本の気候風土が育くむお酒を包み込んだ、大人のチョコレートです。これまでに国内のウイスキー蒸溜所とコラボレーションした4作が発売されていましたが、今回、第5弾に静岡蒸溜所が登場します!

続きを読む “ロッテYOIYOシリーズ第5弾に「静岡蒸溜所782」登場”

【メディア】「男の隠れ家 ウイスキーのすすめ。」に掲載されました!

男性向けの趣味、カルチャーの情報誌として知られる「男の隠れ家」。お酒特集やバー特集など興味深い内容が多く、手に取ったことがある方も多いのではないでしょうか?

今回「男の隠れ家」ムックとして発売された「ウイスキーのすすめ。」は、ビギナーから玄人まで楽しめる、歴史や蒸溜所の最新情報からボトル紹介までを網羅した内容。

こちらに、静岡蒸溜所をご紹介いただきました!

WEB版「男の隠れ家」デジタルにてもご掲載いただいています。ぜひご覧ください!
https://otokonokakurega.com/find/ippin/42229/