【メディア】静岡新聞(夕刊)2020年2月10日(月)熟成3年 静岡市発ウイスキー誕生

静岡新聞(夕刊)
2020年2月10日(月曜日)
熟成3年 静岡市発ウイスキー誕生

 2016年に工場が完成した静岡市初のウイスキー蒸溜所「ガイアフロー静岡蒸溜(じょうりゅう)所」(同市葵区落合)でこのほど、設立当初にたる詰めした原酒が規定の熟成期間3年に達し、同蒸溜所初の「ウイスキー」が誕生した。

ガイアフロー蒸溜所
繊細「オクシズ」の味

 記念すべき「第1号」は200㍑のたる2個分。その後に熟成3年を経過したものを含め、1月21日までにおよそ20たるが出来上がった。日本の酒税法にはウイスキーのたる熟成に関する規定がないが、スコットランド(英国)をはじめとする各国は3年以上の熟成が必須条件。同社は輸出を見据え、世界標準を採用した。
 年末に試飲した中村大航社長(51)は「ライトで繊細な味わい」と表現。口に含んだ瞬間、会社を設立してウイスキー造りに乗り出した7年前、たる詰めした3年前からの道のりが、脳裏によみがえったという。
 製造初年度は設備のトラブルに悩まされ続けた。粉砕した麦芽を仕込み水に移動するモーターが止まり、10日ほど作業ができなかった。製造スタッフは当初の3人から8人に増え、18年11月からは週3回の製造工程見学ツアーを始めた。前例のない事業の理解者が徐々に増えている。
 ウイスキーは夏まで熟成を重ね、今秋に瓶入りを一般販売する。秋からは仕込み量も倍増させ、貯蔵庫も増設する予定。多くの見学者に対応する施設や人員も充実を図る。中村社長は「蒸溜所来訪を静岡市の中山間地『オクシズ』の美しい景観やおいしい食材を知ってもらう契機にしたい」と願いを込めた。(社会部・橋爪充)

高まる国産人気

 国産ウイスキーは近年、ハイボールの定着などを受けて市場拡大が続いている。日本洋酒酒造組合によると、2018年の出荷量は14万8000㌔㍑で10年前の2.4倍に達した。追い風を受け、県内ではガイアフロー静岡蒸溜所以外にもウイスキー製造の動きが業界の垣根を越えて相次ぐ。
 磐田市の千寿酒造は17年1月に自社製のブレンデッドウイスキーを発売。担当者は「国内外で需要が高い。しばらくこの状態が続くだろう」と話す。
 特種東海製紙(東京)は静岡市葵区の社有林に10億9000万円を投じて蒸溜所を建設中で、7月の酒造免許取得、仕込み開始を見込む。7年以上熟成のシングルモルトウイスキー製造を目指す。サッポロビール静岡工場(焼津市)も19年7月、ウイスキーの製造免許を取得した。
 1973年からの“老舗”で、「富士山麓」ブランドなどで知られるキリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所(御殿場市)は熟成貯蔵庫を拡充予定。2021年夏に生産能力を2割ほど拡大させる。

【新商品】甘味と一緒で倍旨し?2月10日(月)発売!

この時期、選り取りみどりとなるお菓子!
特にチョコレートは、普段店頭に並ばないような珍しいブランドのものや限定品に、ついつい手が伸びてしまいますよね!

ウイスキーの味わいと甘いものの相性が良いのは言わずもがな。
どんなウイスキーを合わせるかで、さらに楽しみ方が広がるかと思います!

そんな今月の新商品は、スモーキーなアイラ系モルトと、ナッティーでオイリーなハイランドのモルト!お好きな甘いものに合わせて、お試しいただきたいアイテムが登場です♪

本日は、2月10日(月)発売の、新商品のお知らせです。


甘味と一緒で倍旨し?2月10日(月)発売!


2月の新商品は、ブラックアダーより2アイテム。
その名の通り、スモーキーな味わいで人気の「スモーキングアイラ」は、熟成年数が表記された、気になる1本。

そして、幅広いお客様にオススメのアバディーン・ディスティラーズシリーズからは、飲み飽きない味わいの「フェッターケアン」が登場です!

2月10日(月)10時より発売です。
WHISKY PORTのページは、2月10日までは品切れの状態で表示しています。

続きを読む “【新商品】甘味と一緒で倍旨し?2月10日(月)発売!”

【メディア】日刊スポーツ2019年8月5日 スコッチ・ウイスキーとアートのコラボ

2019年8月5日
スコッチウイスキーとアートのコラボ

9・21静岡市美術館でレクチャー&試飲会

静岡市葵区落合でウイスキー工場「ガイアフロー静岡蒸溜所」を経営する中村大航(たいこう)さん(50)は、9月21日に静岡市美術館でレクチャー&試飲会「スコッチウイスキーの魅力」を開く。スコットランドの蒸溜所を訪ね歩き、同所を設立したことが縁で、同国の海運王ウィリアム・バレルの収集作品展覧会とのコラボが実現した。このほど、中村さんが日刊スポーツのインタビューに応じた。

中村大航さんに聞く

———スコッチウイスキーの魅力をあらためて教えていただけますか

中村さん 日本のウイスキーといえば、一般的にはスコットランド発祥のウイスキー。蒸留は2回だけで、ヘビーで飲みごたえがある。ブレンデッドと呼ばれる、モルト(大麦麦芽)の原酒とグレーン(トウモロコシなど穀類)の原酒を混ぜたものが多いですね。

———いつごろから日本で飲まれていますか

中村さん 1853年のペリー来航の時には、日本人に飲まれていたらしい。明治維新の後、スコットランド人の技術者の来日に伴い、スコッチ・ウイスキーが輸入されたそうです。

———ウイスキー初心者がバーで飲む時、どんな頼み方をすればいいですか

中村さん バーテンダーさんに教えてもらいながら、いろいろと飲んでみる。飲み方もさまざま。ストレート、水割り、ハイボール、お湯割…。自分が好きな飲み方を探すのも、楽しみの1つですね。

———中村さんの飲み方を教えてください

中村さん 氷なしのストレートで飲み始める。その後、水を少しずつ入れて、薄めて、その時の気分にあった濃さを見つける。

———9月のレクチャーに向けて、ひと言を

中村さん 美術展とコラボするのは初めて。スコットランドの印象派の絵画は、感覚的。ウイスキーと相通じるところがあると思う。時代背景に触れながら、絵画とウイスキーの話を重ね合わせたい。(聞き手・柴田寛人)

展覧会は7日から

○…今回の展覧会「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」は今月7日から10月20日まで、静岡市美術館で行われる。観覧料は一般1300円(前売1100円)、高校生・大学生・70歳以上900円(同700円)、中学生以下は無料。中村さんのレクチャー&試飲会は、9月21日

<詳しくはこちら>
印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」関連イベント
レクチャー&試飲会「スコッチ・ウィスキーの魅力」


【イベント】ウイスキーフェスティバル2019 in 大阪に出展します!

もうじき6月ですね。・・・6月といえば?

関西のウイスキーファンのみならず、
世界中のウイスキーファンの恒例行事としてすっかりお馴染みの・・・

「ウイスキーフェスティバル2019 in 大阪」

ですよね!
本日は、6月2日(日)に開催されるウイスキーフェスティバル2019 in 大阪出展のお知らせです。
このイベント抜きにはウイスキーファンの夏が始まりませんよ〜!
どうぞ最後までご覧ください。


ウイスキーフェスティバル2019 in 大阪に出展します!


日時:2019年6月2日(日)11:00-17:30
場所:大阪OMM 2F展示ホール
大阪市中央区大手前1-7-31
入場料:前売券 4,000円/当日券 4,500円
ウイスキー文化研究所会員特別前売価格 3,500円

チケットの購入は、こちらから。
https://whiskyfestival.jp/ticket/#osaka2019

続きを読む “【イベント】ウイスキーフェスティバル2019 in 大阪に出展します!”

【新商品】初夏にピッタリ南国感?!5月15日(水)発売!

日差しが日を追うごとに強くなり、夕暮れ時には雨が増えましたね。
風はまだまだ涼しいけれど、しっかりと夏の気配を感じます。

ちょうどこの時期はゴールデンウィークの疲れ&季節の変わり目で、体調を崩す方も増えてきます。みなさまどうぞ心身ともにご自愛くださいませ。
何事も、楽しむためには健康第一ですよ〜!

さて、本日ご紹介するのは、5月の新商品です♪
この時期にピッタリの、南国を感じるアイテムです。どうぞご覧ください!


初夏にピッタリ南国感?!5月15日(水)発売!


5月の新商品は、ブラックアダーのロウカスクシリーズより2アイテム。
フレッシュな味わいの短熟グレンマレイと、イベントでも好評のガイアナのラムが登場です!

「ロウカスク」ですので、もちろんシングルカスク、カスクストレングス。
樽から出したそのままの魅力的な味わいが、ボトルにしっかり詰まったシリーズです。

アイテム詳細は下記をご覧ください♪

5月15日(水)10時より発売です。
WHISKY PORTのページは、5月15日までは品切れの状態で表示しています。

続きを読む “【新商品】初夏にピッタリ南国感?!5月15日(水)発売!”