スコットランド製蒸留機、到着!

遠く離れたスコットランドの地から、待望の蒸留機がやってきました!
初留釜(ウォッシュスチル)と再留釜(スピリットスチル)の合計2機。

製作したのはフォーサイス社という、スコットランドでは言わずと知れたウイスキー製造設備メーカーです!
写真は、製造中の蒸留機を、現地まで確認に行った時の一コマ。
一番右側にいるのは、フォーサイス社のジョナサン氏。この蒸留機の製造担当者で、輸送に向けていろいろと確認をしているところです。
img_9690

静岡蒸溜所がまだ影も形もなく、用地の確保すらできていなかった時にオーダーされた蒸留機。
当時はまだクラフトディスティラリーもそれほど多くありませんでしたが、それでも「18ヶ月待ちだよ」と言われたそうです。
実際には、最初オーダーした内容にさまざまな変更を加えたため、さらに制作期間が長くなりました。そのため、すでに稼動している軽井沢蒸留所の蒸留機と比べてだいぶ遅い到着となったのです。

現地での確認から数ヶ月後。やっと清水港にやってきました!
まずは、コンテナからの荷下し。輸送トラックがひっきりなしに行き来する倉庫エリアで行われました。
img_5268ver2蒸留機の釜部分がひとつずつ木の箱に入っています。

img_5361ver2より大きい初留釜は、なんと横幅3.85メートル。クレーンで吊り上げられ、空に浮かぶ光景に、なんだか訳もなくワクワクしてしまいました。


そしていよいよ搬送…といきたいところですが、なんと明朝まで待機。
理由は、この横幅。大きすぎて通常の搬送ができないため、交通量の少ない時間での搬送の許可を取ったのでした。

img_5383ver2まだ暗い午前4:30。右側2台が蒸留機が乗ったトレーラー。左側の2台は、安全のためトレーラの前後を走ることになる誘導車です。いよいよ出発です!

img_5402ver2安全のために夜道を明るく照らす誘導車と、そこに浮かぶ巨大な木箱。中身を知っているせいか、それだけでもカッコよく見えてしまいます。

img_5438ver2明け方の冷気とともに1時間半後、ようやく蒸溜所の敷地内に到着です。
まだまだ暗い蒸溜所で、作業開始までしばし休憩。

そして朝8:00。大きなクレーンもやってきて、搬入の準備が始まりました!
img_5464ver2
とはいっても、まずは木箱を開けるところから。これが中々開きません。
たくさんの長い釘が打ち付けられているため、職人さんが総出でバールを使ってこじ開けます。
img_5512ver2

まず、再留釜の木箱が空きました。クレーンで空高く吊り上げられます。
img_5565ver2
こちらは初留釜。その大きさゆえに、直接クレーンで吊り上げられず、木箱の中の台座ごと動かしました。
img_5665ver2搬入口である蒸溜棟のシャッターは、十分な大きさなのですが、初留釜からはパイプが突き出ているため、ぶつからないかハラハラ。
職人さんが慎重に向きを調整しながらの搬入となりました。

蒸留機の首部分や、ラインアーム、コンデンサーや、スピリットセーフなどの部品も蒸溜ルームの中に、次々と運び入れられます。
img_5774ver2
搬入完了!部品の覆いを解き、搬入漏れがないかどうか、今後の手順などを業者さんと相談中。
img_5815ver2
蒸留機って、もっとピカピカしてるものだと思っていたら、意外と…
組み立て終わったら、ピカピカに磨いてあげよう。
2機の蒸留機は、専門の業者さんの手によって組み立てられます。早ければ2017年2月には、このフォーサイス社製の蒸留機を使用したニューポットも樽詰めできるかもしれません♪

 

 

【メディア】中日新聞 しずおか版 2016年12月20日

2016年12月20日
中日新聞 しずおか版 朝刊

ウイスキー たるで販売
葵区の蒸留所 一般受注開始

静岡市葵区の中山間地で昨年七月にウイスキー蒸留所を開設した企業「ガイアフロー」(同区)は十九日、
今年製造したウイスキーのたる(カスク)所有権を販売する「静岡プライベートカスク2017」の一般受注を始
めた。
ガイアフローは葵区の玉川地区に蒸留所を建設し、今年九月から製造を手掛けている。九日には初めて造ったウイスキーがたる詰めされた。三年間熟成した後、二O二O年からの販売を目指す。
たる所有権は、三種類を販売。バレル(百八十リットル)が九十九万九千円。クォーター(百十リットル)が五十五万九千円、オクタブ(五十五リットル)が二十九万九千円。金額には保管料と保険料が含まれる。熟成後、好きなタイミングでボトル詰めして発送してもらうことができる。酒税、消費税、ボトル詰めにかかる諸費用、配送料は別途必要。
担当者によると、国内の蒸留所のたる販売は珍しい。会員向けの先行受注でも多くの受注があり、既にバレルが売り切れている。購入はインターネットの予約サイトから。問い合わせはガイアフロー = 電054(292)2555 = へ。
(垣見窓佳)

media-2017-12-20-%e4%b8%ad%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e

【メディア】静岡新聞 朝刊 経済面 2016年12月17日

2016年12月17日

静岡新聞 朝刊 経済面

静岡のウイスキー蒸留所
樽詰め原酒にオーナー制
19日から販売開始

静岡市の中山間地でウイスキー製造を始めたガイアフローディティリング(中村大航 社長)は19日から、蒸留したウイスキーを樽(たる)単位で販売するサービスを展開する。樽詰めをした原酒のオーナーを決め、豊かな自然に育まれながらウイスキーが熟成を深める過程を楽しんでもらう狙いだ。 同社は葵区落合の市有地に「静岡蒸留所」 を新築した。9月にウイスキー製造免許を取得して製造を開始し、 12月9日には初の樽詰めを行った。 サービスの名称は 「プライベートカスク販売」。2017年10月以降に蒸留したウイスキー原酒を、内容量が異なる3種類(180リットル、110リットル、55リットルのカシ樽に詰めた状態で売り出す。購入者は樽詰めの日から3年をすぎれば、決められた貯蔵期間内の好きなタイミングで瓶詰めをして持ち出せる。瓶詰めを複数回に分ければ、異なる味わいを楽しめる。蒸留所を訪れ、樽から少量を取り出して試飲することもできる。 申し込み価格(保管料·保険料含む)は29万9千 99万9千円と高額だが、会員向けの先行予約では酒販店やバーテンダー、ウイスキー愛好者から想定以上の申し込みがあった。19日からは対象を一般に広げる。 国内ではウイスキーを樽で買える機会は少ないという。中村社長は「ウイスキーは樽の材質や大きさ、貯蔵期間などの影響を受けて味わいを変えていく。 熟成の進み具合を自身で見極めながら瓶詰めしたウイスキーは特別な品になる」と話す。

image

 

【メディア】 日本経済新聞 2016年12月17日

2016年12月17日
日本経済新聞 朝刊 静岡経済面

ウイスキー樽ごと販売
ガイアフロー、予約開始
来秋から3年以上熟成

静岡市玉川地区でウイスキーを製造するガイアフローは、19日から初めてウイスキーの販売予約を受け付ける。商品が届くのは最も早くて2020年の秋。樽(たる)ごと販売し、2017年秋の樽詰めから3 年以上熟成した後、瓶詰めして届ける。
インターネットで予約を受け付ける。180リットル、110リットル、55リットルの3サイズから選ぶ。価格はそれぞれ99万9000 円、59万9000 円、29万9000 円(税抜き)。17年10〜12月に樽詰めをした後3年以降、それぞれ最長10年、7 年、5 年までの期間内で商品を届ける。
貯蔵庫への来訪や郵送で試飲し、瓶詰めの時期を決められる。同社は9月に蒸留施設建設にとりかかり、10月末から初のウイスキー製造を始めた。

media-2016-12-17-%e6%97%a5%e7%b5%8c%e6%96%b0%e8%81%9e

【メディア】SBSテレビ 「イブアイしずおか」2016年12月9日

2016年12月9日 16:45〜

SBSテレビ 「イブアイしずおか」

蒸留所で樽詰め 静岡市で初めてのウイスキー

vc-2016-12-10-01h25m59s438「静岡市の山間部、オクシズにウイスキー蒸留所が完成し、
今日、初めての樽詰め作業が行われました」
「静岡市で初めてのウイスキーの仕込み、
どうやって蒸留するのかも、見せてもらいました」

vc-2016-12-10-01h26m11s085こちらがガイアフロー静岡蒸溜所です。

vc-2016-12-10-01h26m56s274中村「これがサイロで、中に麦芽が入っています」

vc-2016-12-10-01h26m39s983水野アナ「ホントだ!つぶつぶ!
これが静岡産ウイスキーの原料になるんですね?」

vc-2016-12-10-01h27m11s919 vc-2016-12-10-01h27m37s027案内をしてくれたのは、ガイアフロー社長の中村大航さん。
大好きなウイスキーを自分で造りたいと、
静岡の山里に蒸留所をつくりました。

vc-2016-12-10-01h27m49s300 vc-2016-12-10-01h28m08s099 続きを読む 【メディア】SBSテレビ 「イブアイしずおか」2016年12月9日