【メディア】朝日新聞2020年1月4日(土)「本物の酒」樽に込める魂 山がくれる極上の水 この地に

朝日新聞
2020年1月4日
「本物の酒」樽に込める魂
山がくれる極上の水 この地に

 富士山や南アルプスに囲まれた山梨と静岡は、水も上質だ。自然の豊かな恵みを活かしたウイスキー作りが盛んで、情熱を傾ける人たちがいる。
 南アルプス・甲斐駒ケ岳の山麓。木々の中から工場や木樽が姿を現す。標高約700㍍、サントリーの白州蒸留所(山梨県北杜市)は、その立地から「森の蒸留所」と呼ばれる。
 建設されたのは1973年。南アルプスの山々に降り注いだ雨や雪が、地中の花崗岩にできた空洞を抜ける中で濾過されていく。ほどよいミネラルを含んだ軟水を、蒸留所の小沢浩二・品質担当マネージャーは「ウイスキーの心臓部となる最高級の素材」と表現する。
 清水港(静岡市清水区)から陸送される麦芽や樽を使って仕込み、長いものは何十年もの熟成を経て完成する。地名を冠した「白州」は国際的品評会で様々な賞を受賞し、日本の代表的なウイスキーとなった。

 北杜市高根町清里の観光施設「萌木の村」は3年前、白州蒸留所と連携して一本のオリジナルボトルを完成させた。「ポール・ラッシュ生誕120周年記念 シングルモルトウイスキー」。施設オーナーの舩木上次(70)が「地域の起爆剤」に据える一品だ。
 舩木さんが生まれた頃、地元は戦後の開拓期にあった。裕福ではなかったが、裸電球の下、みんなが楽しく酒を酌み交わした。その後、日本は経済的に豊かになったが、バブル崩壊など厳しい時期も経験。北杜市でも人や店が減った。
 「住む人が誇りを持てる場所にしないと」。地元の強みは何かと考えた時、浮かんだのが酒だった。
 「清里開拓の父」と呼ばれるポール・ラッシュ氏の出身地にちなみ、米国・ケンタッキー州を中心に作られるバーボンの仕込み樽で熟成。果実の甘みとスモーキーな余韻が特徴の一杯に仕上がった。英国の著名なガイド本「ウイスキー・バイブル2019」では、ジャパニーズ・ウイスキー部門で最高評価を受けた。
 ボトルは同施設で飲むことが可能だ。「世界から人が集まる場所でありたい。そのために『本物』を追求していく」

 そんな山梨のウイスキー文化は静岡に影響を与えた。安倍川流域の中山間地、静岡市葵区の玉川地区。森の中に建てられた酒輸入販売会社「ガイアフロー」の蒸留所は今秋、最初の販売を迎える。
 同社代表の中村大航さん(50)は異色の経歴を持つ。静岡市清水区に生まれ、大学卒業後は地元企業に就職。34歳で家業の部品工場を継いだ。
 下請企業の社長を11年間務める中で、「自分で0から何かを作りたい」と思うようになった。コスト削減の「安さ至上主義」に限界も感じていた。転機は8年前。妻とウイスキーの本場、英スコットランドに行き、9カ所の蒸留所を見て回った。創業100〜200年を誇る老舗が大半の中、最後に訪ねた創業7年のベンチャー蒸留所は小さくて旧式の設備にも関わらずヒット商品を生んでいた。「オンリーワンはどの世界でも強い。自分でも勝負できる」と思い立った。
 販路確保のため輸入販売から手をつけた。初めた頃は赤字が続いたが、NHKの連続テレビ小説「マッサン」によるウイスキーブームで軌道に乗り、4年前に蒸留所を建設した。
 大切にしているのは、自然の恵みを生かすこと。蒸留所建設前、白州蒸留所の初代工場長から教わった。ウイスキーは気温や湿度によって樽の中で蒸発し、水分やアルコールが抜けていく。「天使の分け前」と呼ばれる現象を避けて通れないからこそ、上質な空気に触れさせることで何とも言えないまろやかさとコクが生まれる。
 業界で「伝説」と評される長野県にあるメルシャン蒸留所の蒸留器を買い取り、ミネラル豊富な安倍川の伏流水で仕込んだ「シングルモルトSHIZUOKA」。樽の中で3年間寝かせ、今秋、初の出荷を迎える。
 「樽を開けるのが怖くもあり、楽しみでもある」。山梨からつながる一杯のウイスキーが、今年、新たな歴史を刻み始める。(増山祐史)

祝3年熟成!静岡「シングルモルトウイスキー」誕生!

2016年9月に、静岡市内で初のウイスキー製造の免許を取得してから、3年あまり。先日、最初に樽詰めした1番樽が、熟成期間3年を迎えることができました!!!
長いようで、あっという間の年月。静岡の地で育まれた味わいは、いかに。
本日は、3年物となった静岡蒸留所シングルモルトウイスキーのお知らせです。

※シングルモルトウイスキーとは
単一の蒸留所で製造された原酒のみを使用したウイスキーを表します。静岡蒸溜所では、仕込から発酵、蒸溜、そして熟成までを一貫して行い、名実ともに静岡で造ったウイスキーだからこそ、シングルモルトを名乗ることができます。


祝3年熟成!静岡「シングルモルトウイスキー」誕生!


ガイアフロー静岡蒸溜所でのウイスキー造りが始まったのは、2016年10月下旬。

麦芽の搬送ができなかったり、突然お湯が出なくなったり、当然のように予期せぬ初期トラブルが発生しつつ、手探りでのウイスキー造りがスタートしました。

真新しい木製の発酵槽は、まだ乳酸菌が住み着いていなくて、窓を全開にしてけて一晩放置して空気中の乳酸菌を取り込んだりと苦労しました。

そして軽井沢蒸留所から移設した蒸溜機で、11月16日に初めて蒸留したニューメイク。代表の中村大航も嬉しそうです。

初めての樽詰めをしたのは、12月9日。製造開始から、およそ1ヶ月半後のことでした。

樽は、アメリカから輸入したバーボン樽。現在でも、静岡蒸溜所でメインに使用されている樽です。
コンテナに積まれた樽は、アメリカから海を渡って、静岡蒸溜所まで運ばれてきます。初めての樽を下ろす作業も一苦労でした。

そんなところから始まった、静岡蒸溜所のウイスキーづくり。ようやく3年熟成に到達した樽が出始めました!

※熟成期間に関する静岡蒸溜所のポリシーについて
スコットランドの法律では、ウイスキーを名乗るには少なくとも3年の熟成期間が必要です。弊社では世界に通用する造りを目指しているため、3年を超えた物のみ、「ウイスキー」と称することにしております。日本の法律では、最低熟成期間は定められておりませんので、期間に関係なく品名はウイスキーと表示されます。

左下に写っているのが、2016年12月9日に樽詰めした1番樽。サンプルの抜き取りをしました。

早速、試飲室で試飲をしてみます。

初期の仕込みの特徴は、国産麦芽を使用していること&軽井沢蒸留機での2回蒸留。ニューメイクの荒々しさはまだ残りつつも、現在の初留のみ軽井沢蒸留機を使用した場合とは、また一味違ったフルーティーさのある味わいです。

静岡蒸溜所のシングルモルトウイスキーのボトルでのリリースは、2020年秋以降になる予定。原酒をもう少し熟成をさせてからのリリースとなります。
お楽しみに!

シングルモルトウイスキー誕生に寄せて
ガイアフロー静岡蒸溜所 代表 中村大航

ようやく、3年物のシングルモルトウイスキーが生まれました!

2012年にスコットランドを初めて訪問して、現地で「自らの手でウイスキーを造る!」と決めてから、7年と半年。この間に、本当に多くのみなさまのご支援ご協力をいただき、ウイスキーと胸を張って呼べる3年熟成の原酒がとうとう誕生しました。そしてこれから、3年物のウイスキーが続々と生まれていきます。

1番樽に初めて原酒を詰めた日のことは、いまだに鮮明に覚えています。その時には「3年先って、遙か遠い未来のことで、どうなっているか想像もつかないな…」と、自分の視線は宙を見ていました。実際には、無我夢中でウイスキー造りに没頭するうちに3年を迎え、正直、あっという間だったと感じています。

テイスティングした初めての静岡ウイスキーは、国産麦芽の繊細なキャラクターと軽井沢蒸溜機の個性が相まって、軽やか熟成感の中に生姜や蜂蜜の味わいを感じる、フルーティーで飲みやすい味わいになっています。

シングルモルトウイスキーとしての実際の商品化は2020年秋の予定と、まだしばらく先になりますが、それまでに多くの樽が3年を迎え、多様な原酒をブレンドに使えるようになります。薪直火蒸溜の原酒も加わり、複雑ながらもバランスの取れた、ついつい手が出てしまうウイスキーができれば、と考えています。

ここに至るまでに、たくさんの方々のウイスキーに対する熱い想いがありました。ひとりのウイスキーマニアを、広い心で迎えてくださったウイスキー業界のみなさま、蒸溜所を快く受け入れてくださり、応援してくださっている地元のみなさま、静岡ウイスキー実現のため、心強いサポートをしていただいている静岡市や静岡県の関係者のみなさま、ベンチャー企業に入社してくれて毎日働いてくれているスタッフのみんな、そしてプロジェクトのスタート時から支えてくれている妻の美香を含め、全ての方に心より感謝申し上げます。

そして、さらに先の目標があります。それは10年物のリリースです。 先日、肥土伊知郎さんに秩父蒸溜所の10年物を飲ませていただいたのですが、とても複雑な味わいと深い余韻を感じさせる素晴らしいウイスキーでした。私も自社の10年物が飲める日を楽しみに、これからも静岡らしいウイスキー造りに勤しみたいと思います。

【メディア】ウイスキーガロアに掲載されました!

ウイスキー文化研究所が発行する、濃密なウイスキー情報誌「Whisky Galore(ウイスキーガロア)」。
その2019年12月号(December 2019 Vol.17)の特集ページ「日本のクラフト蒸溜所最前線」に、ガイアフロー静岡蒸溜所が掲載されました!

稼働から3年を迎える蒸溜所の様子を、ぜひご覧ください!

静岡プライベートカスク2020、2019年9月20日より受付開始!

自分だけのウイスキー、手に入れてみませんか?

誰しもが憧れる、自分だけのウイスキー。そんな願いを叶えるのが、「静岡プライベートカスク」です。ガイアフロー静岡蒸溜所で製造されるウイスキーを、樽単位でご予約いただけます。

2019年樽詰め分は、8月末に受付を終了しました。最後の日まで多くのご予約を頂戴しました。どうもありがとうございました。
迷ってる間に終わってしまった!という方にも朗報です。2020年に樽詰め分のご予約が、早くもスタートいたします!

本日は、まもなく受付が始まる静岡プライベートカスク2020のお知らせです。


静岡プライベートカスク2020、
2019年9月20日より受付開始!


予約開始日:2019年9月20日(金)12:00〜

続きを読む “静岡プライベートカスク2020、2019年9月20日より受付開始!”

【イベント】バート氏来場!アスタモリス&ガイアフロー セミナー&サンプリング会 in 名古屋バーンズ!

9月は3連休が2回も!
何をしようかお悩み中の方、レアなウイスキーの試飲会にお出かけしてみては?

本日は、名古屋のバー・バーンズさんで開催される「アスタモリス&ガイアフロー セミナー&サンプリング会」のお知らせです!


バート氏来場!アスタモリス&ガイアフロー
セミナー&サンプリング会 in 名古屋バーンズ!


アスタモリス&ガイアフロー セミナー&サンプリング会

日時:2019年 9月23日(月・祝)
    第1部 12:00~15:30(受付11:45〜)
    第2部 16:00~19:30(受付15:45〜)

■会費:8,000円
※当日、会場にてお支払いください。

■場所:BAR BARNS(バー バーンズ)
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2丁目3−32
google: https://goo.gl/maps/hi2X7F2Aa6w

■申込方法:お電話もしくはバー・バーンズさんにて直接お申し込みください。
電話番号 052-203-1114 (BAR BARNS)
※募集人数が定員に達しましたら、締め切りとなります。
※9月22日(日)18:00 までにお申し込みください。

続きを読む “【イベント】バート氏来場!アスタモリス&ガイアフロー セミナー&サンプリング会 in 名古屋バーンズ!”