【メディア】日本経済新聞静岡版2020年5月16日(土)「オール静岡」で夢醸す

日本経済新聞静岡版
2020年5月16日(土曜日)
「オール静岡」で夢醸す

 男はグラスの中に自分だけの小説を書くことができる--。
1980年代、米俳優ジェフ・モローが出演したウイスキー「サントリーローヤル」のテレビCMの一幕だ。豊かな自然に囲まれた静岡市の山間地に、ウイスキー生産の夢を熟成させる人がいる。ガイアフロー(静岡市)社長の中村大航さん(51)だ。
 2016年に完成した蒸留所でたる詰めした原酒が世界基準の3年に達し、今秋いよいよ出荷を迎える。ウイスキーの魅力を体感するイベントや蒸留所の見学を企画するなど、地域振興も担う。
 志向するのは原材料を含めた「オール静岡」のウイスキーだ。ミネラル豊富な安倍川の伏流水を使い、県が開発した「静岡酵母」で発酵させる。昨年には焼津市のJAや農家に頼み、大麦の栽培にも乗り出した。
 発酵槽に静岡県産の杉を使うのも「世界初」の特徴だ。日本酒は奈良県の吉野杉を使うことも多いが、ウイスキーはステンレス製が多い。木製は「酵母や乳酸菌がすみやすく味わいが深くなる」と中村さん。蒸留の燃料も地元の間伐材のまきを使うこだわりようだ。
 ウイスキーづくりを決意したのは30歳を過ぎ、祖父が始めた清水区の精密部品メーカーを継いだ後のことだ。下請けの仕事が続く中で「他社がまねできず、海外消費者にも売り込める新しい事業を探し続けた」。
 転機は12年春。スコッチの本場、スコットランドを妻と旅行し、大学時代から愛飲するウイスキーに蒸留所を見学した。老舗が割拠する中で目を引いたのは旧式設備でもヒット商品を生む創業間もない蒸留所だった。「この規模なら自分もできる」。部品会社は親族に委ね、国内蒸留所の門をたたきながらウイスキー生産に取りかかった。
 ガイアフローは販路開拓のため設けた酒類の輸入販売会社だ。知名度もなく経営は厳しかったが、NHKの連続テレビ小説「マッサン」ブームにも救われ軌道に乗せた。今秋発売のウイスキーに欧州、アジアなどから注文が相次ぐのは「輸入販売で培った人脈があってこそ」と目を細める。
 ファンづくりや魅力発信にも汗をかく。市内で15年から始めた「静岡クラフトビール&ウイスキーフェア」の入場者は当初の約300人から、19年は3000人に増えた。フェイスブック友達も3000人を超えた。
 「ウイスキーは人生と同じ。3年たってどんな味になるかは開けてみないと分からない」
 完成にこぎ着けたのは土地探しに手を差し伸べてくれた地元経営者など「静岡の様々な人のおかげ」と振り返る。静岡発ウイスキーは今年静かに時を刻み始める。

ひとこと「新型コロナウイルスの終息に向けて、一生懸命ウイスキーを仕込んでいます」

YouTubeチャンネル更新!第3弾は薪直火!

YouTubeの静岡蒸溜所チャンネルを更新しました。チャンネル登録いただいた方、ありがとうございます!

はじめたばかりなので、まだまだ不慣れな部分も多く、試行錯誤を重ねているところ。動画を通じて、静岡蒸溜所の魅力をたっぷりお届けできるよう、スタッフ一同頑張っています♪

本日は、先日公開された第3弾の動画のお知らせです。


YouTubeチャンネル更新!第3弾は薪直火!


第3弾の今回は、薪を使った蒸留の様子をお届けします。
静岡蒸溜所の特徴でもある、薪の直火の蒸留機。世界で唯一のウイスキー用蒸留機が、どんなふうに使用されているのかをまとめてみました。

炎を上げながら赤々と燃える薪の様子は、キャンプファイヤーのようで見惚れてしまいます。

こちらから、チャンネル登録もできますよ。

●第3弾 静岡蒸溜所が世界に誇る、薪直火蒸溜の作業風景。

動画は、薪を割るところからスタート。この薪の太さや長さも、実は日々研究中。蒸留にちょうどいいサイズを求めて、いろいろな大きさを試しています。

蒸留の途中で、火力を一定に保つために薪をくべる作業も。カマドの分厚い扉を開けて、ひとつひとつ薪をくべていくんですよ。赤々と燃え続ける炎、そして刻一刻と流れ出る原酒の様子がご覧いただけます。

また、服装にも注目してみてください。
カマドに薪をくべる作業では、大きなバイザーがついたヘルメットはもちろん、青いエプロンと手袋を着用しています。これは、カマドの中から舞い上がる炎や火の粉から身を守るため。カマドの中の温度は800度以上!危険があるため、耐熱装備で作業をしています。

動画は、20分弱。のんびりご覧になってみてはいかがでしょうか。

チャンネル登録は、こちらから。
Youtube 静岡蒸溜所チャンネル

【メディア】読売新聞2020年4月2日(木)「静岡らしさ」ウイスキーで

読売新聞
2020年4月2日(木曜日)
「静岡らしさ」ウイスキーで

静岡市中心部から車を北に走らせて約30分。霧が立ちこめる山あいの「オクシズ」に、市内で初めて設立されたウイスキーの蒸留所が静かに時を刻んでいた。
 ウイスキーの国内市場は近年、ハイボール人気に伴い急拡大した。こうした中、最初に樽詰めした原酒の熟成期間が世界基準の3年に達し、今秋にも静岡市産ウイスキーを販売する。他とは異なる静岡らしさを出すため、二つのこだわりを徹底した。

 ウイスキーはまず、麦芽と水を混ぜて酵母で発酵させ、アルコールが発生した液体「もろみ」を作る。中村大航社長(51)は、立ち並ぶ直径2.5メートルほどの木製のおけを前に、「地元産の杉も使ってる」とこだわりを強調した。発酵させるおけはステンレス製が多い。木製だとこまめな清掃や、ひび割れを防ぐメンテナンスが必要だからだ。一方で、乳酸菌が桶にすみ着きやすいといい、「香りや味わいが深くなるんです」と胸を張った。
 出来上がったもろみをウイスキーの原酒にする。アルコールは水よりも沸点が低い。沸点の差を利用し、もろみの温度を上げてアルコール濃度の高い液体をつくる工程だ。この蒸留を、ウイスキーでは通常、2、3回繰り返す。
 ここに二つ目のポイントがある。蒸留の燃料として地元間伐材の薪も使っていることだ。安定して蒸留するには、蒸留器の温度を一定に保つ必要がある。薪は火加減の管理が難しく、約8時間にわたって目を離せないほか、酵母が高温で焦げ付くリスクもある。それでも、地元産を徹底することにした。中村社長は、「蒸留器は釜のメーカーに特注してつくってもらいました。世界でうちだけじゃないですか」と笑った。
 おいしさには水も重要となる。使っているのは安倍川の伏流水。茶の名産地・静岡を支える名水だ。

 中村社長のウイスキー造りの原点は、12年に訪れたスコットランド旅行だった。地元の小規模ウイスキー蒸留所を見学し、「この規模ならできるかもしれない」と思い立った。経営していた精密機械メーカーを親族に引き継ぎ、覚悟を持って工場の設立に踏み切った。スコットランド留学や国内蒸留所での研修を重ねてウイスキー製造を学んできた。
 中村社長は、ウイスキーを「コピーできない商品」と表現する。その土地ならではの自然環境や独自の製法が商品の特徴を生み出す。静岡らしさを国内外にアピールするには絶好の酒とみており、「オンリーワンの特徴を与えるからこそ静岡産の価値を生み出すことができるんです」と語る。飲んだ人がオクシズの自然に思いをはせ、訪れてみたいと思わせるようなウイスキーを目指すという。
 今年1月に最初の原酒は3年の熟成を経た。琥珀に色づいたウイスキーを試飲した中村社長は「ショウガやハチミツを感じさせるようなフルーティーな味わい」と表現する。
 原料となる大麦は現在、県内でほとんど生産されていない。焼津市で地元農協などに協力を求めるなど、「オール静岡ウイスキー」を見据えた準備を進めている。中村社長は「静岡の良さを伝えつつ、気軽に飲んでもらえるウイスキーをつくっていきたい」と意気込む。

YouTube静岡蒸溜所チャンネル始めました!

静岡蒸溜所のYouTubeチャンネルをスタートしました!
オクシズの豊かな自然や、ウイスキー造りの様子、携わる人々や過去に撮り貯めた秘蔵映像などをご紹介していきたいと思います。

本日は、第1弾・第2弾の動画内容について、お伝えいたします。


YouTube静岡蒸溜所チャンネル始めました!


今回、YouTubeにて、第1弾と第2弾の動画を公開いたしました。
よろしければチャンネル登録をお願いいたします!

それでは、動画内容について、ご紹介いたします。

第1弾 蒸溜所の外観風景&ご挨拶

第1弾は、静岡蒸溜所の外観・風景をご紹介。
快晴のもと、蒸留棟や第1・第2貯蔵庫の外観を撮影しています。
水面に映る蒸留棟も必見です!
最後には、弊社代表 中村からご挨拶があります。

続きを読む “YouTube静岡蒸溜所チャンネル始めました!”

【メディア】おとなが愉しむウイスキーの世界に掲載されました!

ジャンルを問わず、多数のムック本を出版されているぴあMOOK。
3月19日に発売された「おとなが愉しむウイスキーの世界」に、ガイアフロー静岡蒸溜所が掲載されました!

ジャパニーズ・ウイスキーの新時代という特集の中で、紹介いただきました。

ウイスキーの基礎知識から世界の5大ウイスキーまで、幅広く掲載されております。これからウイスキーを飲んでみようとお考えの方でも楽しめる1冊となっています!

セブンイレブンPB商品となっております。お近くのセブンイレブンにてお求めください!