【メディア】読売新聞静岡版11月27日(金)静岡産ウイスキーついに

読売新聞静岡版
2020年11月27日(金曜日)
静岡産ウイスキーついに

 山に囲まれ、南アルプスから流れる安倍川の伏流水に恵まれた静岡市葵区玉川地区に、4年前に設立されたウイスキーの蒸溜所があります。そこで造られたウイスキーがようやく完成し、来月、発売されることになりました。
 蒸溜所を設立したのは、ガイアフロー代表取締役の中村大航さん(51)。6年前まで清水区で精密機械部品メーカーを経営していましたが、ウイスキーが大好きで、本場のスコットランドを訪れて蒸溜所を見学し、「自分で造りたい」と創業を決心しました。
 北海道から九州まで5〜6か所の候補地を訪ね歩き、最適だと感じたのが、玉川地区でした。中村さんは「ウイスキーを造るには空気がよく、水もきれいで、十分な広さが必要。そして地元の方の協力と支援。全部がそろっているのがこの場所だった」と話します。2016年に総額6億円を投じ、「ガイアフロー静岡蒸溜所」を設立しました。
 ウイスキーは、原料となる大麦の麦芽を発酵させ、蒸留した上で「樽詰め」して3年以上、寝かせることで完成します。蒸留には、憧れのスコットランドの専門メーカーに発注した蒸留器と、もう一つ、こだわりの蒸留器が使われています。それは、伝説ともいわれたウイスキー「軽井沢」を造っていた設備です。軽井沢蒸留所は2012年に閉鎖され、その後、オークションで1本1400万円以上もの値をつけて世界をうならせました。中村さんはそこで使われていた蒸留器をオークションで落札し、移設したのです。
 こだわりの蒸留器をそろえ、試行錯誤を重ねて造られたウイスキーを試飲させていただきました。グラスを近づけた瞬間から甘い香りを感じられ、ほんの少し口に含むだけで複雑な味わいと華やかな香りがより一層強く広がりました。飲み口は軽やかなシングルモルトは、来月19日に発売されます。
 中村さんは「ウイスキーで地元の風土を表現したい」と考え、オクシズの木材を「薪」にして燃やすことを思いつきました。一般的なウイスキー造りでは、スチームの熱を利用して蒸留しますが、ここでは地元の木材をエネルギー源にして、直火で蒸留しているのです。
 薪を提供する地元の林業従事者、繁田浩嗣さんは、「木材は家や建物に使うことが多いが、ウイスキーの香りや味に変えるという活用法は画期的。飲んだ人に、少しでも山のことを感じてもらえたらうれしい」と期待を込めます。中村さんも繁田さんも、薪で蒸留したウイスキーを初めて飲んだ時に、「よりまろやかで優しく広がり、ハチミツのようなとろみが感じられた。まさかこんなに味が違うとは」と感動したそうです。
 中村さんはさらに、焼津市で栽培された大麦の麦芽や県の研究所で開発された酵母などを使った「オール静岡産」のウイスキーの仕込み作業をこの秋から本格的に始めました。「よりおいしい、クオリティーの高いお酒を造り、地球の反対側に住んでいる方にも静岡のウイスキーが好きだと言って、日々飲んでいただけるようになったらいい」と意気込み、静岡産ウイスキーが世界で嗜まれる未来を描いています。

ついに発売決定!静岡蒸溜所 シングルモルトウイスキー

2020年12月2日追記****

通販サイトWHISKY PORTでの購入方法は、抽選となりました。抽選方法は、メールマガジンでお知らせいたしますので、お楽しみに。

ご登録がお済みでないかたは、コチラからどうぞ。
→メールマガジン登録フォーム

登録締め切り:12月18日17時
*メールマガジン配信:12月19日(配信は完了しています)
*抽選申し込み期間:12月19日〜23日

メールマガジンは、システムによる自動一斉送信です。 
URLの記載を含む内容のため、お使いのメールソフトの振り分け設定や、キャリアのセキュリティ設定により、迷惑メールと判断されてしまうことがあります。
弊社では、メールマガジンが届かない場合の個別の対応はいたしかねますので、メールの設定確認をお願いいたします。

****************

ついに、ガイアフロー静岡蒸溜所のシングルモルトがリリースとなります。

販売開始日:2020年12月19日(土)

3年超の熟成を経た、静岡蒸溜所の「今」を伝える日本ウイスキー。 限定数でのリリースですが、バーなどでたくさんの方に試していただきたいです。

本日は、ついに発売が決定した、静岡蒸溜所のシングルモルトウイスキーのお知らせです。


ついに発売決定!
ガイアフロー静岡蒸溜所
シングルモルトウイスキー


ガイアフロー シングルモルトウイスキー静岡 プロローグK 55.5%
GAIAFLOW SINGLE MALT WHISKY SHIZUOKA PROLOGUE K 55.5%

シングルモルトウイスキー静岡、その序章を飾るのが、プロローグK。日本ウイスキーの新たな未来が、ここから始まります。

静岡蒸溜所では、KとWという呼び名の2基の初留用蒸留機が稼働しています。Kは、1950年代に日本で製造された歴史ある蒸留機。今は無き蒸留所から静岡蒸溜所に移設され、伝説の蒸留機は不死鳥のごとく蘇りました。そのしなやかに伸びた優美なシルエットと、蒸気の間接加熱により、軽やかで華やかな味わいの原酒を生み出しています。

プロローグKは、この伝説的な蒸留機Kで蒸留し、静岡蒸溜所内で熟成された原酒のみをブレンドした、シングル・ウォッシュスティル・ウイスキー。原材料には、英国産大麦麦芽だけでなく、日本国産大麦麦芽を贅沢に使用。繊細でデリケートな、日本らしい味わいのウイスキーが誕生しました。ウッディな味わいにピート香が軽やかに漂う、心地よい余韻をお愉しみください。

◆アルコール度数:55.5%
◆内容量:700ml
◆生産地域:日本
◆蒸溜所名:ガイアフロー静岡蒸溜所
◆樽の種類:ファーストフィル バーボン樽
◆熟成年数:3年

◆販売本数:5,000本(日本市場限定)
◆希望小売価格:8,130円(税抜)
◆販売方法:全国の酒販店様及び通販サイトWHISKY PORT
 WHISKY PORTでの販売は、抽選となりました。抽選方法は、12月19日配信のメールマガジンでお知らせいたします。

*静岡蒸溜所では、販売の予定はありません。
*酒販店様への出荷予定などについては、お答えいたしかねます。

プライベートカスク オーナー様
プレミアムボトル・セレクション メンバー様
特別優先販売のお知らせ

日頃より、静岡蒸溜所を応援してくださる、カスクオーナー及びセレクションメンバーみなさま。感謝の気持ちを込めて、特別優先販売をいたします。11月18日に、詳細を登録メールアドレスにお送りいたしましたので、ご確認ください。

対象
下記に該当するカスクオーナー様またはセレクションメンバー様ご本人のみ
<カスクオーナー様>
※2020年11月15日までに、お申し込み(ご注文・ウイスキータイプ選択・お支払い)が完了しており、弊社からカスクオーナー登録完了のお知らせが届いている方
※ 11月16日以降にご注文されても対象となりません
※日本在住の方(海外在住のカスクオーナー様のご注文は、承ることができません)

<セレクションメンバー様>
*プレミアムボトル・セレクション2018または2019をご注文いただいた方

◆お一人様1本限り
下記の場合でも、購入できるのは1本のみです。
※おひとりで複数の樽を所有されている場合
※プライベートカスクとプレミアムボトル・セレクション両方をご予約の場合

◆登録情報
登録されたオーナー情報・メンバー情報(氏名・住所・メールアドレス・電話番号)と一致しない場合は、ご注文をキャンセルいたします。
グループ名や会社名でのご注文は承っておりません。登録された1名の名義人であるご本人様のみが、お申し込みいただけます。プライベートカスクの場合、ピンバッジを所有していても、登録されたカスクオーナーとしての名義人でなければ、ご注文いただけません。

◆申し込み可能期間
2020年11月17日~2020年11月30日

◆発送
発送は、2021年1月以降となります。
注文時の「お届け日時の指定」の項目は、システムの仕様によるものです。発送時に、あらためてご連絡いたします。 
また、海外発送は承っておりません

ウイスキーの初リリースに寄せて

2012年6月、ウイスキーの聖地スコットランドのアイラ島への旅がキッカケとなって、静岡蒸溜所は誕生しました。
2016年9月にウイスキーの製造免許を取得してから、4年が経ち、初年度に仕込んだ原酒がようやく3年物のウイスキーへと成長してくれました。

最初の年は、軽井沢蒸留所より移設した蒸留機Kで造った原酒がほぼ全量を占め、原材料の大麦麦芽も半分は日本産を使用し、ほとんどをバーボンバレルに詰めています。 
プロローグKは、その造りを反映し、樽はバーボンバレルのみ、蒸留機Kの原酒のみをブレンドし、日本産大麦麦芽の比率を50%超としました。

シングルモルト静岡から、日本ウイスキーの新たな可能性を感じていただけたら嬉しいです。

ガイアフロー静岡蒸溜所
代表 中村大航

【メディア】旅の手帖12月号に掲載されました!

毎回さまざまな視点から旅の楽しさや、日本の美しさを伝えている「旅の手帖」。12月号の特集は、「郷土の“酒”を地の味で」というテーマ。日本各地の酒蔵や、美味しそうなお料理の数々が紹介されています。

そんなテーマの中、「注目のジャパンクラフト」ということで、日本国内で製造されるウイスキーを紹介するコーナーも。「新進の国内蒸溜所」というコラムで、ガイアフロー静岡蒸溜所もとりあげていただきました!

ページには、話題のウイスキーがずらり。飲んだことがあるものや、これから試してみるものもあるのでは?
今や日本各地で造られるウイスキー。旅の手帖を片手に、現地を訪れてみるのも楽しいですよ。

静岡県産大麦の栽培が本格スタート!

静岡市のお隣、マグロやカツオでも有名な焼津市で、ウイスキーの原料となる大麦の栽培がスタートしました!

地元静岡県内でウイスキー用に大麦を栽培していただくのは、今回で2回目。焼津の農家さんを始め、JAおおいがわ、静岡県経済農業協同組合連合会、静岡県農林技術研究所など、たくさんの方々にご協力を得て、無事収穫することができました。

収穫の模様は、9月3日(木)のBSフジ「ウイスキペディア」(毎月第1木曜23:30〜)でも取材いただいたので、放送をお楽しみに。

これから製麦を経て、秋以降に仕込みをする予定です。
本日は、第2回目となった静岡産の大麦の収穫についてお知らせします。


静岡県産大麦の栽培が本格スタート!


ウイスキーの原料のひとつ、麦芽。これは、字からもわかる通り、大麦を発芽させたものをいいます。

大麦自体、国内では限られた量しか生産されていません。価格も高いため、日本の主な蒸溜所では、麦芽をスコットランドなど海外から輸入をしているのです。

静岡蒸溜所では、海外から麦芽を輸入しつつ、一定量は国産の麦芽でウイスキー製造をしています。麦芽の品種はもちろんですが、産地によっても異なる味わいのウイスキーになるんですよ。

国産の麦芽の主な産地は、九州か北関東。残念ながら、静岡県内では近年、ほとんど栽培されていませんでした。

せっかく静岡でウイスキーを造るなら、静岡産の大麦麦芽で造りたい!

そこから始まったのが、地元静岡産の大麦栽培です。2018年には、僅か一日分だけではありますが、静岡産の大麦と酵母、そして仕込水のオール静岡産ウイスキーの仕込を実現することができました。

そして、もっとたくさん静岡県産大麦で仕込みたい!ということで、2回目のチャレンジとなる今回は、静岡市のお隣の焼津市で2019年からスタートしました。

ご協力いただいたのは、3名の農家さん。
どなたも、大麦の栽培は初めて。静岡県が開発した酒米「誉富士」の栽培はしていても、麦は全く異なります。それでもチャレンジしてくださいました!

大麦の播種は2019年11月から始まり、12月に畑を見に行ったときには、早くも青々とした芽が出ていました。

焼津でははじめてのチャレンジということで、技術的なことから流通までをたくさんの方にサポートもしていただきました。

  • JAおおいがわ
  • 静岡県経済農業協同組合連合会
  • 静岡県農林技術研究所

2月には、芽の中に幼穂という穂になる部分も。これからの成長をじっくり確かめているところです。

そして、5月には刈り入れ。見事な黄金色に実った大麦を、まとまった量で収穫することができました!

今後は、この大麦を麦芽にする製麦の作業が待っています。
大麦に水分を与えて発芽させると、糖化酵素が活性化します。その後、酵素の力を維持できる温度で乾燥させ、ようやくウイスキーの原料となる麦芽となるのです。

製麦を終えた麦芽は、10月から始まる次年度の製造シーズンで使用予定。そのための静岡酵母も準備中です。ウイスキーの原料となる麦芽、酵母、水の全てを静岡産で、まとまった量仕込める日がいまから楽しみです。

【要予約】蒸溜所見学ツアー、週末開催はじまります!

ついに!週末の蒸溜所見学ツアーが開始します!
今まで、平日のみ開催だった静岡蒸溜所見学ツアー。ようやく週末の開催準備が整いました。8月末の土日から、いよいよ開始。
参加をご希望の方は、静岡蒸溜所の公式ホームページよりご予約ください。

本日は、週末の開催が決定した蒸溜所見学ツアーのお知らせです。


【要予約】蒸溜所見学ツアー、週末開催はじまります!



土曜日・日曜日は、一日なんと3回開催。
スケジュールはこちら。

■見学ツアー1:10:00〜12:00(受付10:30〜)
■見学ツアー2:12:30〜14:30(受付12:00〜)
■見学ツアー3:13:30〜15:30(受付13:00〜)

ツアー所要時間:合計2時間
蒸溜所見学 1時間
テイスティング 1時間

■入場料:1,100円(税込)
ただし20歳未満は無料

続きを読む “【要予約】蒸溜所見学ツアー、週末開催はじまります!”