カテゴリー別アーカイブ: メディア情報(掲載・放映)

【メディア】ボックス蒸溜所がオンラインマガジンPAPPAに掲載されました!

北欧発のオンラインマガジンPAPPAにて、スウェーデンのカリスマ蒸溜所「ボックス」が掲載されました!

水の国で生まれた、心躍るウイスキーBOX WHISKY

という、素敵なタイトル!

レンガ造りの建物が美しいボックス蒸溜所とともに、初のシリーズ商品「ダルヴィ」をご紹介いただきました。

BOX_Dalvve_w_box_v2_72dpi

ボックス ダルヴィ バッチ03 46%
BOX DÁLVVE BATCH 03 46%

スウェーデン在住の KENNETH ISHII 氏による、ボックス蒸溜所の素敵な映像もご覧いただけますよ♪

硬質な美しさのあるスウェーデンの街並みと、ボックス蒸溜所が映し出された素晴らしい作品です。
ボックスのウイスキーを楽しむスウェーデンの人々の笑顔を見ると、タイトル通り「心躍る」ものがあります。

こちらの映像を撮影したKENNETH ISHII 氏は、こんな方です。
KENNETH ISHII
66781-Kenneth-S-I-kopia

数多くの映像作品を手掛けていらっしゃいます。

ボックス蒸溜所のページは、こちらからご覧ください。
PAPPA:水の国で生まれた、心躍るウィスキー BOX WHISKY


オンラインマガジンのPAPPAについても、あわせてご紹介いたします♪pappa-youtube-オンラインマガジンPAPPA

PAPPA とは、スウェーデン語で 「パパ 」お父さんを意味しています。

配信をしている奥畑知佳氏は、お子さんが生まれることをきっかけに、スウェーデンに移住したそうです。
そこで目の当たりにしたのは、日本にはない、新しい視点や価値観、そして父親像。
北欧ならではのこの文化を、日本に住むお父さん、そしてこれから親となる若い人に伝えるべく、このオンラインマガジンは始まりました。

配信されるコンテンツは、北欧のライフスタイルから環境問題、最新の音楽、アート、ファッションなど。
動画をメインに、現地から配信される情報は、多岐にわたります。

また、サイト内にはPAPPA SHOPというショッピングカテゴリーもあり、独自にセレクトされた北欧アイテムが紹介されています。

日本と北欧をつなぐ、新しいメディアプラットフォームPAPPA。
ぜひご覧くださいね♪

 

 

 

 

【メディア】2017年12月15日 日刊食品通信 第16317号

2017年12月15日 日刊食品通信 第16317号

ガイアフロー、静岡蒸溜所の概要を説明

ガイアフロー静岡蒸溜所は、13日に都内で行われた「静岡市 世界に輝くプレゼンテーション2017」(主催・静岡市)に出席、中村大航代表取締役が蒸溜所設備の概要や、今後の展望などについて説明した。

同蒸溜所は静岡市玉川地区に2016年8月竣工、競売で購入したメルシャン軽井沢蒸留所の設備一式に加え、世界初の薪式蒸留機(スコットランド・フォーサイス社製)と地元産の杉を使用した発酵槽を各1基導入。1回の仕込みで約1tを製造し、増産に合わせ発行槽を4基まで増設する予定。原料大麦の一部は静岡産で、仕込み水は敷地内の井戸から汲み上げる安倍川の伏流水、蒸留機に使用する薪も周辺から調達し、地元の素材にこだわった。同年10月から製造を開始、12月販売の予約制「プライベートカスク」は150樽以上の受注で即日完売。ボトルでの販売は2020年、静岡ウイスキー「シングルモルトSHIZUOKA」として展開する予定。味わいは「温暖な気候から、まろやかで素直なもの」になるという。会場では、熟成前のアンピーテッドとピーテッド、樽熟成4ヶ月目のアンピーテッド計3種の試飲を行なった。中村代表は、「目指しているのは“静岡らしさ”の詰まったウイスキー。いずれ静岡酵母を使用した地元ならではの商品造りも行い、静岡市をウイスキー銘醸地として世界に発信したい」などと語った。また、その他の製造に関しては、「設備的に可能で視野に入れている」(岡部美香マーケティング・ディレクター)とした。

注1)発酵槽は、現在全部で5基。オレゴンパインを使用したものを4基、地元静岡産の杉を使用したのもが1基。

注2)仕込みでは1tの麦芽を使用し、約500ℓのニューメイクができる。

Media-2017-12-15日刊食品通信紙面ロゴ_preview

Media-2017-12-15日刊食品通信紙面2切抜き

 

 

【メディア】雑誌SWITCH 1月号に掲載されます!

12月20日発売のSWITCH 1月号に、静岡蒸溜所が掲載されます!

またも、素敵雑誌の1ページに加えていただくことができました。

素敵な写真と、インタビューがぎっしりと掲載されているSWITCH。その読者の方に、静岡蒸溜所や、クラフトウイスキーの世界はどのように映るのでしょうか?

ぜひ、書店にてお買い求めください!

switch36_1_cover_fin_ol

whisky_GAIAFLOWforBlogupload

※記事内容についてはボカシを入れております。詳しくは書店にてどうぞ☆

サライ12月号に掲載されました!

サライ2017年12月号に、静岡蒸溜所が掲載されました!

サライというと、さまざまなジャンルより学びを得て、上質な生活を送っているような、品格ある方々が読まれる雑誌のイメージ…

そんな素敵なサライ読者さんに、静岡蒸溜所の記事をお届けすることができました!

12月号の大特集として「ウイスキー基本のき」ということで、「ジャパニーズ・ウイスキーを旅する」と題し、特集していただきました。

別冊付録の「大人の逸品」も興味深い商品がいっぱいで、物欲が><

ぜひ、書店にてお買い求めください!

サライ表紙web版

2017-11サライ12月号web用

※記事内容についてはボカシを入れております。詳しくは書店にてどうぞ☆

Pen11/15号に静岡蒸溜所が掲載されました!

Pen No.440 11/15号に、静岡蒸溜所が掲載されました!

Penといえば、おしゃれな大人のバイブル。

憧れのブランドの広告は眩しく、世界中のことが記事になっている情報量の多さ、洗練された配置の見開きページを眺めているだけでうっとりします。

そんな有名紙に静岡蒸溜所が!

今号の特集が「次に飲むべき銘柄はどれだ!?ウイスキー最新案内」ということで、ジャパニーズウイスキーの蒸溜所がいくつも掲載されています。

ぜひ、書店にてお買い求めいただけますと、嬉しいです♡

54-55pぼかし有り100dpi 56-57pぼかし有り100dpi

オランダのズイダムと、スウェーデンのボックスについても、蒸溜所とウイスキーの記事を書いていただきました。
もっともっと、ニューワールド・ウイスキーが知られるようになるといいな。

90-91pぼかしありズイダムボックス100dpi

※記事内容についてはボカシを入れております。詳しくは書店にてどうぞ☆