【メディア】静岡新聞夕刊2019年9月6日 クラフトビール 県内醸造所20カ所到達 観光の目玉期待感

静岡新聞
2019年9月6日
クラフトビール 県内醸造所20カ所到達
観光の目玉期待感

 県内のクラフトビール醸造所がこのほど、20カ所に到達した。このうち2018年以降の設立が7カ所と、急増傾向。関係者は「多彩なビールが相乗効果を生み、誘客拡大につながれば」と期待する。

 クラフトビールの情報を集めるウェブサイト「Always Love Beer」によると、全国の醸造所は400カ所超。本県以外で20カ所を超えるのは飲食店併設型が主流の東京都、神奈川県と北海道だけという。
 静岡県駿河区で6月から醸造を始めたウエストコーストブリューイングは、1996年から国内3カ所で個性的なビールを手掛けた名匠丹羽智氏(63)を責任者に迎えた。ホップを効かせた米国流ビールを主体に展開。トロピカルフルーツのような風味と濁った色合いが特徴の「ヘイジーIPA」に注力する。
 周辺醸造所との情報交換を通じ、県内の技術底上げも目指す。オーナーのバストン・デレックさん(39)は醸造所や飲食店の”飲み歩き”を念頭に、「静岡はこれから『ビール観光』がキーワードになる」と見通す。
 マウントフジブリューイング(富士宮市)は3月に開業した。富士山の湧水を活用し、甘い香りが漂う優しい口当たりのホワイトエールなど4種を定番とする。富士山本宮浅間大社の近隣で観光客も多いため、飲みやすさを重視。醸造責任者の会森隆介施設長(41)は「地元で長く愛されるビールを」と話す。
 県内ではこのほか、静岡市葵区の飲食店「フィエスタ・ガルシア」が9月、同市清水区で醸造を開始する。
 今夏、同市で開催した「第5回クラフトビール&ウイスキーフェア」の実行委員長中村大航さん(50)=ガイアフロー代表取締役=は醸造所増加の背景について「クラフトビールを提供する飲食店が増え、市場が安定的に広がった」とみる。その上で「イベント、醸造所、専門店の増加と情報発信で、県外の客も増えてほしい」と願う。(社会部・橋爪充)

【メディア】日本経済新聞日曜版2019年8月18日 国産ウイスキー、さらに活況へ 新生マイクロ蒸溜所

日本経済新聞
2019年8月18日
国産ウイスキー、さらに活況へ
新生マイクロ蒸溜所

 日本産ウイスキーの世界的な人気も踏まえ、近年、全国に小規模蒸溜所が誕生している。
 来年には、欧州の基準を満たす3年以上の熟成に達する銘柄もあり、まもなく瓶詰め工程が始まる。
 そこでボトルの小売りに先立ち、蒸溜所を訪れて、蒸留原酒を試飲してみるのは一興だ。

 静岡市の中心から北へバスで1時間ほど。安倍川の支流、中河内川沿いに<ガイアフロー静岡蒸溜所>のモダンな建物が見えてくる。そこは、「オクシズ」の愛称で知られる奥静岡地域。ウイスキー原料である大麦麦芽の発酵を促すのに適した中硬度の水が豊富であり、清涼な空気に満ちた自然豊かな場所だ。
 代表の中村大航さんは元々、酒造とは無関係な家業の精密部品メーカーを経営。新たな事業を計画中、旅行で訪れたスコットランドで、新規参入ながら世界的に評価が高い小規模蒸溜所に心を揺さぶられた。これをきっかけに、まずはウイスキーの輸入販売業に着手。業界内に人脈を築き、ウイスキー製造の研究を重ねる。その後、製造設備の準備と蒸溜所の建設用地探しを進め、発案の4年後に当たる2016年、蒸溜所竣工に至った。
「静岡のこの場所、オクシズでしか出せない風味を目指しています」とは中村さん。麦芽を糖化させた麦汁を入れる発酵槽には、静岡産の杉製木桶を使用。酵母だけでなく、杉や周辺の空気に潜む乳酸菌や微生物によって、麦汁の発酵で生まれた醪に個性を吹き込む。
 この醪をポットスチル(蒸溜器)で2度蒸溜しアルコール分を凝縮させるが、ポットスチルの構造によっても、原酒の味や香りに違いが現れるという。同蒸溜所では、初溜に異なる2種類のポットスチルを使用。ひとつは、英国で特注した薪直火式。もう一方は、旧軽井沢蒸溜所の設備を修繕し再生させた蒸気加熱式だ。それぞれ再溜を経て、ポットスチルの種類別に樽詰めされる。
 一般販売の目安である3年以上の熟成を経たボトルの発売は、来年夏以降を予定。瓶での小売り開始前の現在は、樽ごと購入できる制度を設けている。樽オーナーになれば、蒸溜後抽出したばかりの原酒「ニューメイク」を小瓶に詰めて提供してくれる。

【メディア】日刊スポーツ2019年8月5日 スコッチ・ウイスキーとアートのコラボ

2019年8月5日
スコッチウイスキーとアートのコラボ

9・21静岡市美術館でレクチャー&試飲会

静岡市葵区落合でウイスキー工場「ガイアフロー静岡蒸溜所」を経営する中村大航(たいこう)さん(50)は、9月21日に静岡市美術館でレクチャー&試飲会「スコッチウイスキーの魅力」を開く。スコットランドの蒸溜所を訪ね歩き、同所を設立したことが縁で、同国の海運王ウィリアム・バレルの収集作品展覧会とのコラボが実現した。このほど、中村さんが日刊スポーツのインタビューに応じた。

中村大航さんに聞く

———スコッチウイスキーの魅力をあらためて教えていただけますか

中村さん 日本のウイスキーといえば、一般的にはスコットランド発祥のウイスキー。蒸留は2回だけで、ヘビーで飲みごたえがある。ブレンデッドと呼ばれる、モルト(大麦麦芽)の原酒とグレーン(トウモロコシなど穀類)の原酒を混ぜたものが多いですね。

———いつごろから日本で飲まれていますか

中村さん 1853年のペリー来航の時には、日本人に飲まれていたらしい。明治維新の後、スコットランド人の技術者の来日に伴い、スコッチ・ウイスキーが輸入されたそうです。

———ウイスキー初心者がバーで飲む時、どんな頼み方をすればいいですか

中村さん バーテンダーさんに教えてもらいながら、いろいろと飲んでみる。飲み方もさまざま。ストレート、水割り、ハイボール、お湯割…。自分が好きな飲み方を探すのも、楽しみの1つですね。

———中村さんの飲み方を教えてください

中村さん 氷なしのストレートで飲み始める。その後、水を少しずつ入れて、薄めて、その時の気分にあった濃さを見つける。

———9月のレクチャーに向けて、ひと言を

中村さん 美術展とコラボするのは初めて。スコットランドの印象派の絵画は、感覚的。ウイスキーと相通じるところがあると思う。時代背景に触れながら、絵画とウイスキーの話を重ね合わせたい。(聞き手・柴田寛人)

展覧会は7日から

○…今回の展覧会「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」は今月7日から10月20日まで、静岡市美術館で行われる。観覧料は一般1300円(前売1100円)、高校生・大学生・70歳以上900円(同700円)、中学生以下は無料。中村さんのレクチャー&試飲会は、9月21日

<詳しくはこちら>
印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」関連イベント
レクチャー&試飲会「スコッチ・ウィスキーの魅力」


【メディア】WHISKY Magazine 香港&マカオ版 2019年夏号に掲載されました!

世界各国のウイスキー情報や、蒸溜所などの情報を掲載している、ウイスキー専門誌「WHISKY Magazine」。
その香港&マカオ版の2019年夏号に、2ページにわたりガイアフロー静岡蒸溜所が掲載されました!!

機会がありましたら、ぜひご覧ください。

【メディア】読売新聞朝刊2019年6月25日 過熱 国産ウイスキー[下]

2019年6月25日
読売新聞朝刊 過熱 国産ウイスキー[下]

 異業種からも進出する。2016年に製造免許を取得した「ガイアフロー」(静岡市)を率いる中村大航(50)は、もともと精密部品メーカーの3代目だ。部品に代わる新規事業を検討中、スコットランドの蒸留所で昔ながらの単純な設備に衝撃を受け、「設備ではなく発想だ」と事業化を決意した。
 「五右衛門風呂」にヒントを得て、蒸留器の加熱にまきを使うことを思いついた。温度が安定するガスと異なり、微妙な温度のムラが、個性的な味わいにつながると考えた。