【イベント】ジンフェスティバル東京2019に出展します!

クラフトジンが盛り上がりを見せる今日この頃。
ジンが大好きな方々にとって、ワールド・ジン・デイ(World Gin Day)は、もはや見逃せない日になりつつあります。

いつなのか?・・・それは、6月の第2土曜日!!
この「世界中でジンを楽しむお祝いの日」に合わせて、日本最大のジンイベントが開催されます。

本日は、ジンフェスティバル東京 2019出展のお知らせです!


ジンフェスティバル東京2019に出展します!


日時:2019年6月8日(土)11:00〜20:00
   2019年6月9日(日)11:00〜18:00

場所:天王洲 Canal Side B&C HALL, T-LOTUS M, 及び周辺施設
東京都品川区東品川2丁目1 天王洲アイル第三水辺広場google:https://goo.gl/maps/imeg6WqY8GE2
入場料:無料
公式サイト:https://www.ginfest.tokyo

続きを読む “【イベント】ジンフェスティバル東京2019に出展します!”

【イベント】ウイスキーフェスティバル2019 in 大阪に出展します!

もうじき6月ですね。・・・6月といえば?

関西のウイスキーファンのみならず、
世界中のウイスキーファンの恒例行事としてすっかりお馴染みの・・・

「ウイスキーフェスティバル2019 in 大阪」

ですよね!
本日は、6月2日(日)に開催されるウイスキーフェスティバル2019 in 大阪出展のお知らせです。
このイベント抜きにはウイスキーファンの夏が始まりませんよ〜!
どうぞ最後までご覧ください。


ウイスキーフェスティバル2019 in 大阪に出展します!


日時:2019年6月2日(日)11:00-17:30
場所:大阪OMM 2F展示ホール
大阪市中央区大手前1-7-31
入場料:前売券 4,000円/当日券 4,500円
ウイスキー文化研究所会員特別前売価格 3,500円

チケットの購入は、こちらから。
https://whiskyfestival.jp/ticket/#osaka2019

続きを読む “【イベント】ウイスキーフェスティバル2019 in 大阪に出展します!”

【イベント】スピリッツ&リキュール&ビアフェスタ2019大阪に出展します!

大阪の洋酒専門店「千雅」さん主催で開催される、スピリッツをはじめとしたイベントに出展いたします!
その名も「スピリッツ&リキュール&ビアフェスタ2019大阪」。
開催は、4月10日。「飲食店関係者限定」のイベントです。

出展するのは、インポーターを中心に70社以上!マニアックなボトルも登場するので、飲食店関係者の方は要チェックです。

本日は、スピリッツ&リキュール&ビアフェスタ2019大阪のお知らせです。


スピリッツ&リキュール&ビアフェスタ2019大阪に出展します!


日時:2019年4月10日 13:00〜18:00
場所:
OMM展示ホール
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1丁目7−31
入場料:無料(飲食店関係者のみ)
*お申し込みは、「株式会社千雅」様まで。
<お問い合わせ>
株式会社 千雅 FESTA担当 山本修士氏
電話:06-6698-6414
Email:yamamoto@e-youshu.net

2年に1度開催される、このイベント。インポーター各社が勢ぞろいし、自慢のお酒を披露いたします。

スピリッツの会なので、ガイアフローが今回出展するのはラム&ジン!ウイスキー好きも目が離せない、注目のアイテムをお持ちしますよ♪

当日出展予定のものを、ちょっとだけご紹介。

☆ブラックアダーBLACKADDER☆

樽出しそのままの味わいが愉しめる「ロウカスク」シリーズ。リリースアイテムは、ウイスキーだけではありません!さまざまな地域のラムもボトリングされているんです。

ロウカスクシリーズからのリリースのため、ラムであっても、シングルカスク・カスクストレングス。ただし、蒸溜所名は非公開となっています。
とはいえ、全くのシークレットというわけではありません。ラベルには、ヒントとなるような地域名やブランド名が記載されていますので、ご安心を。
イベントでお持ちするのは、5ヶ国から合計12アイテム。

・ニカラグア 中央アメリカ
・ジャマイカ 西インド諸島
・グアドループ 西インド諸島
・バルバドス 西インド諸島
・ガイアナ 南アメリカ 
長熟のラムも含めて、ご購入いただける全ラインナップをお持ちします!

☆アスタモリスASTA MORRIS☆

浮世絵ラベルで人気の東海道五十三次シリーズで知られる、アスタモリス。代表のバート氏がプロデュースするジンは、基本はウイスキーの樽で熟成させたもの。これに加え、日本限定!で熟成前のものもリリースされています。

バート氏渾身のレシピで造られたジンは、使用するボタニカルを統一しています。ただし、バッチごとに全て配合を変え、それぞれ異なる印象のジンに仕上げているのです。

左側が、「ノグ!(NOG!)」。モートラック1995の樽で9ヶ月間熟成したものです。No Ordinary Ginが正式名称ですが、それぞれの頭文字をとってノグ!と名付けられました。柑橘を感じる味わいに、ウッディーでビターチョコレートのような苦味が溶け合うジンです。

そして右側が、「ソウルジン」。樽熟成をするノグ!の日本限定バージョンとして生まれました。ジンがスピリッツであることと、スピリッツのもう一つの意味である魂(ソウル)、そしてノグ!の原点であるという意味で、この名前がつけられました。日本限定らしくラベルには「魂」と大きく書かれています。

特徴的な柑橘の味わいを、ダイレクトに味わえるアイテム。現在バッチ4までリリースがされていますが、バッチごとに柑橘の味わいに+αがあるんです。

バッチ2:柑橘+ホップ
バッチ3:柑橘+ラベンダー
バッチ4:柑橘+ココア

わずかな配合の差で全く異なる表情を引き出す、バート氏の手腕が光るジンです。

☆ズイダムZUIDAM☆

先日発表された、ワールド・ウイスキー・アワード2019でも、オランダのウイスキー部門で3アイテムが受賞を果たした、ズイダム蒸溜所。そのウイスキーは、石うすを使って原料の穀物を粉砕することから、「ミルストーン」のブランド名でリリースされています。

ですが!ズイダムはもともと、ジンやリキュールを造る蒸溜所。それらを造る際にも、この石うすが使われているんです。ゆっくりと余計な力をかけず粉砕ができるため、出来上がったウイスキーやジンは、風味豊かな味わいになります。
石うすの動力源は風車、というところもオランダらしくていいですね。

使用する原料自体も、ボタニカルを含めすべてオーガニックのものを使用。細部にまでこだわって造られています。

今回ご用意したのは、ドライジンと1年熟成のオランダ伝統のジュネヴァ
ドライジンは、9種のボタニカルを使用し、14回に分けて蒸溜をしたという手がかかった逸品。柑橘系の味わいはあまり強くなく、優しくまろやか。最近ではあまりないタイプのジンなので、ぜひ試していただきたいです!

1年熟成のジュネヴァは、「オード・ジュネヴァ(Zeer Oude Genever )」と呼ばれるもの。オード=オールド(Old)のことですが、古いという意味ではなく、伝統的製法で造られたジュネヴァ、という意味。ボタニカルは、オランダ産のジュニパーとリコリス、アニスシードなど、7種。小さな樽で1年間熟成させました。
甘いジュニパーの香りとリッチなバニラ、オークの香り。モルティな甘さも感じられる、こちらも優しい味わい。

飲食店関係者のみなさま、4月10日はOMMにお越しください。
自慢のアイテムを揃えて、お待ちしております♪


モルトマニアックス・アワード2018受賞アイテム紹介!

3月25日に発表された、モルトマニアックス・アワード2018。ブラックアダーから2アイテム、アスタモリスから1アイテムが、見事栄冠に輝きました!

ブラックアダーは、最高級レンジの「ステートメント スプリングバンク」と、ピーティーな味わいが魅力の「ロッホインダール」。
アスタモリスは、昨年デイブ・ブルームが2018年おすすめボトルに選んだ、東海五十三次シリーズの「カリラ」。
各国のモルトマニアも認める、納得のラインナップです。

そのほかにも、ガイアフローの取り扱いアイテムから、インドのアムルット蒸溜所やオランダのズイダム蒸溜所のモルトが、高得点を獲得しています。そして、今月下旬からリリース予定のスペイサイド蒸溜所のモルトも。

本日は、モルトマニアックス・アワード2018の受賞アイテムのご紹介です。


モルトマニアックス・アワード2018受賞アイテム紹介!


1997年に、ウイスキーのコレクターなどのモルトマニアによって立ち上げられたのが、モルトマニアックス。最大の特徴は、そのメンバーがウイスキーの販売や製造に携わらない「アマチュア」であるということ。これは、単なる一個人として公平なジャッジをするという、発言の独立性を保つためだそうです。

しかし、単なるアマチュアではメンバーになれないのは言わずもがな。当然、ウイスキーの知識や経験が豊富であることが条件になります。
それは、「プロ」になって脱退した歴代のメンバーを見れば、一目瞭然。なんと、ウイスキーライターのデイブ・ブルーム氏や、アスタモリスのバート氏が名を連ねているんです。そんなモルトマニアの評価となれば、期待も高まりますね。

そして、もうひとつの特徴は、評価を全てブラインドで行うということ。
試飲するアイテムの名前は一切知らされず、ウイスキーそのものの味わいだけで評価が決まります。

出展されたアイテムは、まず3つの価格帯によって分けられ、それぞれ6つのカテゴリで評価。つまり、全部で18の区分になります。細かな評価もマニアックですね。

<価格区分>

  • ウルトラ・プレミアム・ウイスキー(200ユーロ以上)
  • プレミアム・ウイスキー (60ユーロ〜200ユーロ未満)
  • デイリードラム(60ユーロ未満)

<カテゴリ>

  • ノン・プラス・ウルトラ賞(最高賞)
  • ベスト・カスク賞(バーボン樽熟成)
  • ベスト・シェリーカスク賞(シェリー樽熟成)
  • ベスト・ピーテッドモルト賞(ピーテッドウイスキー)
  • サムズアップ賞(新作)

さて、そんなマニアックな基準で判定されたウイスキーの中から、見事受賞を果たしたアイテムをご紹介いたします!

続きを読む “モルトマニアックス・アワード2018受賞アイテム紹介!”

【イベント】秩父ウイスキー祭りに出展します!

夕方の寒さも日の落ちる速さも、随分ゆるんできましたね。
立春を過ぎて、穏やかな春が近づきつつある気がします。

蒸溜所から見える木々が、どうにも花粉を飛ばす気マンマンに見えてしまうのは錯覚でしょう・・・!!

さて、本日は秩父ウイスキー祭り出展のお知らせです!


秩父ウイスキー祭りに出展します!


日時:2019年2月17日(日) 11:00~17:00
場所:秩父神社
〒368-0041埼玉県秩父市番場町1-3
参加チケット:完売御礼!

続きを読む “【イベント】秩父ウイスキー祭りに出展します!”